« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.31

アクリルボール

R0010134ちょっと前に安くなっていたのは知っていたのですが、なかなか手が出なかったので、えいやっとアクリルボールを買ってしまいました。ナランハで1個1785円の60mmを4個購入してしまいました。前々から欲しかったのは欲しかったのですが、遂に購入してしまいました。前の値段だとちょっと躊躇していたのですが、この値段だったら、一気に購入しても良いかなと思い月曜日の深夜に注文して、水曜日の夜に受け取りました。大きさもどれくらいが良いか迷っていたのも、今まで購入しなかった一因か。とりあえず売っている中で最小の大きさを選択。

拙いながらもバタフライとか、アイソレーションなどを練習していたりします。コンタクトジャグリングでは特にアイソレーション系がやってみたかったので、複数購入したので、それだけでも身に付けたいと思っていますが、いつになることやら。とりあえず飽きるまでは継続してやってみようと思っています。パームロールなんて出来ませんが、地味に練習していけば出来る様になるのかなぁ。これは長い目で見ないと身に付かないと思っているので、ひたすら地味に練習していく所存です。

しかしながら、アクリルボールは下手くそが扱うと、腕の骨や指の骨にコツコツ当たるので、すぐに手が痛くなります。全然手に馴染みません。バタフライなんて練習すると、骨に当たりまくりで、朝起きたら青あざになっていたりしないかと思い、ヒヤヒヤしています。バタフライはもう少し上手くなるまで、ステージボールで練習しよう。更に普段使用しない筋肉を異常に使用するので、あっと言う間に腕がだるくなります。まぁこの辺は慣れだと思うので、しばらくは骨と筋肉が痛くても仕方ないかなぁと思っています。いつまで続くかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.30

買いたい物がある

何だかネタが切れてきて、何を書いたら良いか判らなくなってきているHIGEです。さてと色々と大量に様々な物を購入しようかなぁと思っています。とりあえず既に購入していて、届くのを楽しみにしている道具があるのですが、これが来ると、ますます時間が無くなる予感がしています。ネタ切れなんで、近いうちに記事にしてしまうでしょう。はまらないようにしないといけないな。その前に諦めてしまうかもしれないな。

warehouseのカートに入っているのをそろそろ処理してしまおうかなぁと思って、久しぶりにアクセスしてみたら、カートの中身が空っぽになっていて、何が欲しかったんだか判らなくなってしまいました…。HOT ITEMから選んでいたから、もう探せないので、適当に入れていたら、あっと言う間に$300ほどに。消えても消えなくても関係無かったようです…。円安なんて気にしない状態に突入してきたので、近いうちに購入してしまうんではないかな。

その他にマジック関係ではなくて、その周辺の道具を買おうと思っているわけです。衣装とか着ぐるみとか帽子とかステッキとか何かそんな感じの物。何に使うかは決まっているのですが、なかなか「これだ!」と思えるものが無いんですよね。あれば即購入なんですが。特に変な物を求めているわけではないと思うのですが、やっぱりニッチな方向なのかなぁ。ぼちぼちと探して、あれば良いかな程度で、熱心に探すことはしないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.29

色々雑々

そろそろ色々準備を開始しておかないとやばいよなぁと思いながらも、なかなかモチベーションが上がってこないHIGEです。後1ヶ月くらい先の話なので、まだまだ追い込まれてこないので、モチベーションを上げるのが難しい。とは思いつつ、全然練習しないのもいかんなぁと思いながら、リベンジ回したり、クロースアップマジックの練習したり。久しぶりにCutting EdgeのDVDを観て、すっかりと騙されてしまったコインマジックを練習したりしています。無駄に道具を使うので、もう少しすっきりさせたいと思いながらも、良い考えが浮かばないので、しばらくDVD通りの手順を淀みなく出来るようにしたい。

そういえば大道芸を見ていて思い出したものがありました。ここにも何度か書いたダイススタッキングです。理想が相当おかしな方向に向かっているので、それはそれで実現したいなぁと思っています。出来ない動きがかなりあるので、それは練習しないと出来ないので、徐々に練習を始めていきたいところ。半年ほど前にもやろうと思っていて、そのまま放置していたので、出来る出来ないは別にしてやり始めるかなぁ。

そして、ファイナルスウィッチに向けて、何か手順を探しています。やりたいのは色々あるけれど、出来るのが全然無い状態です。2つほど候補はありますが、どちらを選択するか非常に悩みます。また、抽選になったら…と思うと、決まるまでなかなか練習を開始出来ない部分もあります。ここも難しいところ。まぁ今後どこかでやれれば良いと思いながら、練習していくしかないかなと思っています。なかなか色々どうして難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.28

ヘブンアーティスト イン 丸の内

Res010895月27日は、丸の内に加納真実様が出演なさるヘブンアーティストイン丸の内を観てきました。結構良い天気で、気温もぐんぐん上昇して、日なたにいると暑いくらいでした。また風も少なく、絶好の大道芸日和でした。相変わらず加納真実様を観たら、満足してしまうので、他の方はほとんど見ていない状態です。まぁ目的は達成しているので、OKなんですけどね。この会場は、人があんまりいませんでしたので、結構観る方にとっては、都合の良い会場かもしれません。休日のオフィス街だから仕方ないのかもしれませんが、なかなか穴場的かもしれません。事前の告知もほとんど無かったので、それが原因か。

Res01098とりあえず、一発目は加納真実様です。これを観ないと始まらない。というか観たら、満足感でいっぱいになり、終わりのような感じにもなってしまいます。相変わらずの至芸。もう何度も何度も観ているのに、安定して変わらないのに、何故か面白い。もうほとんどストーカー状態になっていると思われてもおかしくないくらい観に行ってますねぇ。2ヶ月で6回くらいですか。凄いペースです。まぁ楽しいものは何度観ても楽しいのです。今回は人も少なく、本当に真正面で観ました。真正面だと少し怖いのですが、今回は新たな発見があり、あぁこういうこともやっていたんだと、細かい部分まで観ることが出来ました。何度も観ているから、出来ることでしょう。結局第1回目と第2回目の公演を観覧してきました。第1回目はひとり遊びから恋人よ、演歌と続き、最後はFに捧ぐ。第2回目が、追いかけてヨコハマから恋人よ、演歌と続き、最後はMに捧ぐ。まだ観たことが無いものもあるのかなぁと思いながら。

Res01111続いて、歩いている途中にちょこっとだけ見たKoji Koji Mohejiさん。ディアボロとバグパイプしか見ていません。ディアボロは、始めは1個で行っていました。その後にバグパイプ。駒を2個にしてのディアボロ。その後にバグパイプと続いていきます。ディアボロの後はバグパイプでお決まりなんだろうか。ディアボロは個人的にちょっとやってみたいものではありますが、練習スペースの都合上、手は出していません。まぁきっとやらないだろうなぁ。

Res01128最後は、目黒陽介さん。ジャグリング。気が付くと、いつの間にか始まっていた不思議な感じでした。三節根のような棒のジャグリングから始まったのかなぁ。その前のボール?ディアボロ?とにかくどこからが始まりかは判りませんでした。その後ボールのジャグリング、ディアボロと続きます。ボールは個人的に好きなので、楽しく見ることが出来ました。上手い人のボールは、ゆっくりに見えて不思議です。三節根は難しいのか、簡単なのかはなかなか判断が難しいところ。きっと難しいのでしょう。ディアボロは、今まで見たことのない感じでした。縦の空間をほとんど使わずに、横の空間を使っているのは新鮮でした。微妙に意図が伝わってこない部分が多くて難解だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.27

ファイナルスウィッチ開催日

さてさて遂に第2期マジックスウィッチの終了が近づいて来ました。2007年7月1日(日)は解散パーティーとして、ファイナルスウィッチが開催されます。場所は、ちょっと懐かしくもあるかやの木会館(3Fホール)で、12時半開場となります。最後なんで結構盛大に楽しみましょう。仮装したい気持ちもありますが、どうしようか迷っています。さすがに前回と同じ格好じゃ面白くないから、何か考えてみよう。

そういえば前回のファイナルスウィッチはえらい苦労した思い出があります。というかえらい難しい手順を題材にしてしまったので、苦労したので、選んだ自分が悪いのですが…。あれだけ苦労したけど、もう出来ません。本当に付け焼き刃で、今思えばよく披露したなぁと、赤面ものでこっ恥ずかしいですね。まぁ他に披露する場所も無いし、いつかはやってみたいと思っていた憧れのマジックが出来たので、満足して納得しないといけない。あのようなマジックは他にどこでやれと。やっぱりあそこしかなかったなと。

で、今回は初舞台の人が優先されるので、エントリーされる方は頑張って下さい。是非ともああいう場で、ああいう感じでやってみると良いと思います。経験値が上がります。緊張しますが、楽しいです。観る方としてもとても楽しみです。とりあえず抽選になってしまうとは思いますが、こそっと私もエントリーしようかなぁと考えています。使いどころに悩む道具を購入してしまったので、1回くらいは使ってみたいところです。

何だか第2期もあっと言う間に終了してしまうのですねぇ。本当に早かった感じがします。ほぼ毎回色々何かを演じていたように記憶しています。こういう場があると、色々考えてつい変なことをやってしまいます。あんまりまともなマジックをやった記憶がありませんが、こんなものかなと。基本的に自作している物をどうにかこうにか披露していたなぁ。というか売ってないから作っただけだし、実現したい現象が基本的に変なので売っていないという話も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.26

探し回す日々

ようやくルービックリベンジで8分を切ることが出来て、嬉しいHIGEです。まだまだ伸びる余地が十分に残っていると言い聞かせて、今日も明日も回し続けます。どうやら3×3×3の手順をすっかり忘れているのが遅い原因の一つと考えられるので、そちらの手順も思い出しながら、やっていこうと思っている所存です。そのうちリベンジでエンチャンテッドキューブをやってみたい気がしてきています。ノーギミックで出来そうだけど。という感じなので、全くマジックの練習をしたり、マジックのDVDを観たりなどということとは縁遠い生活を送っています。今週は忙しかったしね。

とまぁ練習をしていないだけで、色々と考えていたりはします。ちょっと最近可能性を感じる物を発見しました。相変わらす、これはマジックの道具ではなくて、ゲームだったりします。以前考案した「黒HIGE危機一発」のような感じのゲームです。可能性を感じるだけで、まだ具体的な現象は思い付いてはいないのですが、触っていれば何かを思い付くのではなかろうかと、購入してきたのです。とは言っても、触る時間もあんまり無い状態ですので、なかなか思い付かないかもしれませんが、不思議じゃないことはいくつか思い付いた。

個人的な趣味として、玩具コーナーに行って、色々と見て回るのが好きです。何か使えそうなのないかなぁと思いながら、目的も無く、ただ単に歩き回るのが楽しい。最近は対人戦のゲームを色々と物色しているのですが、なかなか使えるのがなくて、困っています。む、本来の利用方法とはかけ離れているが、それは気にしない。所謂カジノに置いてあるようなギャンブル製品ではなく、大抵の人がルールを判っているゲームで、更にマジックに使えそうな物を探すと、驚くほど少ない。Wizard Card Gameというカードゲームを購入してみましたが、何だかピンと来ません。使えなかったら、カードだけでも使おうかなぁと思っていましたが、カードマジックをやらないことに、今気が付いた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.25

明治サイコロキャラメルパズル

Res01083ちょっと前から売っていたのは知っていましたが、なかなか買う機会がなかったり、たまたま現金が寂しかったりで先送りになっていた「明治サイコロキャラメルパズル」です。ヨドバシにて820円で購入。何となくキャラメルを箱に詰めれば良いだけのよくある箱詰めパズルなのかなぁと思っていて、買うほどでもないのかなぁと思っていた部分もありました。数あるパズルの中でも、箱詰めパズルはあんまり興味をそそられないので、ほとんど持っていません。

Rimg0084中には、キャラメルピースが15個とケースが1個入っています。実際にやってみると、思っていたパズルと違いました…。一体どういうパズルなのかパッケージを確認しました。パッケージにははっきりと書いてありました。キャラメルを箱に詰めますが、箱にはキャラメル16個分のスペースがあります。普通に箱に詰めると、1個分スペースが余ってしまいます。この15個を箱の中にずれないように配置するわけです。蓋を閉めて、ケースを傾けて中身を確認すると、結構動いてしまうのです。そして、15個が出来たら、数を1個減らして、14個で同じ事を行います。

とりあえず、12個までは1通り出来たと思うのですが、果たしてそれが正解かどうかは不明です。まぁ動かなかったから正解なんじゃないだろうかと思っているだけです。さらにパッケージを見てみると、15個で21通り、14個で72通り、13個で1通り、12個で3通りと書いてあります。特筆すべきは14個の場合と13個の場合です。72通りって、キャラメルの向きとかもやっぱり関係あるのか、それとも本当に違う形状で収まって72通りなのかは気になるところですが、そこまで思い付きません。また13個の1通りもかなり気になるところです。何となく出来たのですが、本当に1通りだとしたら、おそらく間違いなんだろうなぁ。物凄く単純なパズルだと思っていたのですが、思いの外奥が深い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.24

リベンジデイズ

Res01081やばいくらい楽しい感じになってきました。先週辺りからちょっと本格的にルービックリベンジをくるくるっと回し続けています。ルービックキューブを回していた時は、手順を覚えるのに精一杯で、いっぱいいっぱいになりながら、パズルを楽しむよりも、競技を楽しむ感じになっていたので、久しぶりに楽しんでいます。いただいたルービッククロックは放置したまま、リベンジをするのもなんだかなぁと思いながらも、この楽しさからは抜けられません。マジックはもっと放置中…。いかんともしがたい。

とりあえず以前購入した「頭を鍛えるルービックキューブ完全解析! 決定版」のリベンジを3×3×3にするの箇所を見ながら、やっています。あんまり見ないかと思ったけど、この部分だけでも購入して良かったなぁと。長々と載っている手順は、覚える気もさらさらないし、とてもじゃないけど覚えきれません。無駄なページだなぁと思いながら、この部分だけを見ています。

センターセットは、適当に自分で考えた(?)方法で行いながら、エッジセットは、3点入れ替えを行ってます。3点入れ替えですが、基本的には2点入れ替えを行ってから、最後だけ3点入れ替えを行っています。ようやくエッジセットの手順を覚えた辺りからが楽しくなりました。まぁ結局手順は覚えないといけないのですが、このエッジセットの部分が妙に楽しい。まだまだエッジセットには時間はかかりますが、楽しいので良し。しばらくは地味に楽しみながら、手順を覚えていこうと思っています。

リベンジに特有のパリティに関しては、かなり苦労しています。手順を見ながら、結構ゆっくりと回す方向を確認しながら、回しているけど、なかなか思う通りに揃ってくれません。まぁ覚えられそうな感じになってきているので、きちんと正確に覚えて、早く何も見ないで、するするっと揃えられるようになりたいですね。そうしたら、ようやくプロフェッサーに手を出せそうな感じですが、揃う気がしないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.23

美少年にて

関西からkushioさんがやってきていたので、八重洲の美少年にて、プチオフ会をやってきました。実は前回のマジックスウィッチにもいらっしゃっていたので、10日ぶりだったわけですが。とりあえず色々、ここには書くことが出来ないシークレットなお話をたくさんしてきました。色々アドバイスをもらったりして、ちょっと使いどころが難しいコインの技法に挑戦しようかなとも思ってみたり。無駄に練習はしていたりするのですが、実践投入することがためらわれていたのですが、安定するようになってきたら、いつかどこかで使ってみたい技法です。やっぱり競技ではなくて、シークレットムーブとして使用したい。

後は、先日届いた解説書を帰りの電車の中で読んでいたら、急激に眠くなり、目が痛くて、左目から涙が止まらなくなり、涙目のルカ状態に陥ってしまい困りました。猛烈に眠いと何故か左目のみ涙が出ます。冬の寒い日も左目のみ涙が出て来ます。右目はいたって普通なんですがね。で、電車の中で怪しげな英語のプリントを読んでいて、泣いていると思われたら恥ずかしいなと。誰も見ていないとは思うのですが、こういう時って、みんなが注目していると思う心理は何故だろう?

というか土曜日の夜から、徹夜で遊んで、眠りが足りない状態なので、結構身体がしんどくなってきていますが、何とかかんとかやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.22

まず一つ届いた

ようやく届いた!Stevensに注文してから、早3ヶ月。一時は諦めていただけに、ちょっと嬉しい感じです。バックオーダーになった時点でもう入手出来ないのかなぁと思いながら、催促のメールもせずに放置して、明細で代金を引き落とされていないことを確認していました。送料は、DVD1枚で$20と馬鹿高いですが、3ヶ月も忘れずに送ってきてくれるのは嬉しいですね。また$20余計に取られると思うと、かなり円安でがっくりと来てしまいます。送料だけで、他の道具が蛙のにと思ってしまいます。

届いた道具は、ちょっと箱がいきなり欠けていたり、思っていたよりもちゃちい感じでした。これなら、もう少し良い箱を探して購入したいです。付属の道具が少しばかりいただけないので、少し自分でみつけたりする必要がありそうです。解説書は当然ながら英語なので、しばらく通勤時間などにでも読んでみたい気持ちです。いや、これは結構真剣に取り組んで、少しでも楽しんでもらいたい気持ちでいっぱいです。というか自分がやってみたいだけなんですけども。まぁとりあえずはこの道具が何であるかはまだ伏せておきます。いや別に公開しても良いのですが、何となく秘密にしておきたい気分です。しばらくしたら公開すると思うので、それまでお待ち下さい。

とりあえず最近は練習をしてみたいマジックが増えていますが、手軽に練習が出来るものではないのが辛いところです。練習するとなったら、気合いを入れて、みっちりと練習しないといけないです。なかなかそういった時間が取れない時期だけに難しいところです。道具さえあれば、いつでもどこでも出来るくらいに…なれると良いですね。人ごとみたいだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.21

世界でいちばん美しい景色のはなし

なんだか身体の中から毒素を抜くような、泣けるような読書をしたいなぁと思って、適当に検索をかけていたら、みつけた本「世界でいちばん美しい景色のはなし」です。とりあえず最近は泣くほどの感動がないなぁと思っていたので、早速注文してしまいました。極希に何故か無性にこういう衝動に駆られてしまうのです。そして、泣けば自分の中の毒素が少しは減るような気がします。不意に感動して泣くのが、たまーにあればいいのですが、あえて自分からその機会を作るのも楽しい。

無料で読みたい人は今すぐここをクリック。メールアドレスを登録するとPDF版が読めます。私はこれを読む前に、感想だけを見て、これは買っても良いだろうと判断して、Amazonに注文したら、翌日の夜には到着していました。Amazon恐るべし…。だいたい18時間くらいで届いてしまうのですね。こういった本は、本屋で探しても探しきれないし、検索システムがある本屋では、軒並み売り切れていたので、かなり嬉しい。しかしながら有料のお急ぎ便の意味があんまりないような気もしますが…。

中身はほとんど絵本の様な感覚で読めるので、あっという間に読み切ることが出来るでしょう。さぁ、そろそろ来るか、ん?まだか?と思いながらページを捲っていきましたが、どうやら泣くポイントが無いままに終了してしまいました。確かに良い話で、感動的な話なのですが、自分の感性にはイマイチ合わなかったようで、泣けませんでした。基本的に泣き耐性が強い方なので、本来はなかなか泣かない人間だからかなぁ。めちゃくちゃ良い話でしたが、泣くほどには感動は出来なかったと言うべきか、それともまだ自分にはまだ早かったのかは謎です。後年読み返してみると、また違った感想も出てきそうなそんな感じの本でした。何となく読んだ方の感想が聞きたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.20

パイレーツオブカリビアンキューブ

R0010074_1上野のヤマシロヤで見かけたので、即購入してしまったパイレーツオブカリビアンのキューブです。1029円。別にパイレーツオブカリビアンのファンでもないし、映画も全く見ていないけど、ただ単にこれがキューブであるだけで、つい購入してしまいました。これを機に映画でも見てみようかしら。まぁ何となく絵柄も格好良いので、ちょっと持っているだけでも嬉しいかもしれません。今回は予算の都合上、1個しか購入出来なかったので、開けることはないでしょう。きっと保存用。しかしこのプラパッケージは嵩張るし、保存しづらいなぁ。

また、地下1階のキューブコーナーを見ていたら、ルービックレボリューションの予約受付中の張り紙があったので、結構じっくりと読んでしまいました。日本でも発売になるらしいことを知って安心しました。7月下旬発売らしいです。さすがに予約はしてきませんでした。多分おそらく普通に購入出来るでしょう。やっぱり回さないで、光る部分を探して、反射神経を競うようなゲームのような感じでした。7種類ほど遊べるらしいのですが、あんまり面白くはなさそうな感じです。実際に購入してみて遊ばないとこの辺は未知の部分ではありますので、今の段階で判断は下しません。1個はきっと購入するでしょう。

まぁWEBを調べていると結構情報もちらほらと出てきているようで、何となく遊び方も判るような判らないような状況ですね。とりあえず販売元のメガハウスのページを見てみたら、キューブ関係の興味深そうな話がちらほらと出てきていました。シールが有償になったり、注油の注意書きがあったり、リベンジの組み立てが載っていたりと。先月辺りまで、3×3×3が品薄だったみたいだし、人口が増えたからかもしれませんが。まぁシールは作るし、シリコンスプレーは購入済みだし、リベンジは今のところ快適なので、私にはほとんど関係ありませんが、公式ページに書いてあるというところに注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.19

忘れた頃にやってくる

3日連続のDVDレビューに疲れてしまい、後1本「STEEL AND SILVER LIVE!」があるのですが、これはレビューする間でもないかと思っているHIGEです。結構DVDのレビューは時間がかかってしまうのです。普通に記事のネタがある時は、適当に書いていても、大体30分くらいで書き終えます。ネタが無い時は、夕方辺りからどうしようどうしようと思いながら、どうしようという思いを書くので大体1時間くらい。書いているうちに、思い付いたことを書いているので、そこそこ早い。DVDのレビューの場合、観てから書くので、軽く3時間くらいかかっています。既に観ているものなら、忘れたところだけ観て、思い出しながら書くのですが、初見のDVDを観ながら書くと、時間がかかります。なかなか大変です。良いものを観たら、紹介したくなりますが、しばらくやらないかもしれません。

と言うわけで、本日はタイトルに書いてある通り、やってくるものについてです。やってくると書いておきながら、まだまだしばらく到着までに時間がかかるのもあるのですが、ここに書いておけば自分が忘れないでしょう。3月の頭に書いたBack Order…と言う記事があるのですが、どうやらようやく到着しそうです。先日見慣れない宛先からメールが来ていたので、何だろうと思ったら、MARK M STEVENS氏の荷物が発送されたとのこと。

うーん何だろうと思っていたら、あぁ2月の下旬に勢い余って欲しくなってしまって頼んだ物かとの記憶に至りました。実に3ヶ月も経っているのですねぇ。すっかり忘れていました。当時は物凄く欲しかったのですが、それが到着しないとあって、軽く諦めかけていた所にこの一報。しかしながら為替はどんどん円安に加速している最中です。あの頃よりも数円安くなっているのが恐ろしいところです。去年の明細を見たら、112円くらいだったのが夢のようです。まだまだしばらく円安は続きそうです。今のレートで、さらに送料も追加で請求されるのは、痛いところですが…。

そしてもう一つ、忘れていたのがぬいぐるみです。5月下旬発送予定が6月中旬に延期されたとのメールが来て、そういえば買っていたなぁと思い出しました。今月はちょっと財政がピンチ気味なので、来月の方が嬉しいかもしれない。まぁ後一週間乗り切れば何とかなるので、あんまり気にしていませんが。

で、他には無いかなぁと考えてみたら、ありました。百町森でネフの積木の限定カラーを予約していました。こちらは、もともと発送が2008年となっていたので、本当に忘れそうです。というかあれで本当に申し込めたのかが不安です。何も音沙汰ないけど大丈夫かいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.18

STEEL AND SILVER Vol.3

Rot02064Paul Gertner師のDVD「STEEL AND SILVER Vol.3」です。今までの巻に較べると、若干小粒なマジックが多い感じがします。まぁ全部が全部大物でも、観ている方も疲れる気がしてしまうので、これはこれでバランスが良いのかもしれません。どの巻にも共通して言えることは、スライハンドが伴わないと、なかなか難しいので、練習のしがいはたっぷりとあります。下に書いた現象の他にもMCA Vanish and Changes、KIX Vanish, halves/quartersなど、小さいコインマジックの解説もあります。

・Unshuffled…マジシャンは印の付いたカードを使うと言って、デックからカードを取り出します。カードの横に何やら印が付いています。観客に1枚、カードを選んでもらいます。カードをデックに戻し、1回混ぜると、カードの側面に「UNSHUFFLED」の文字が4行現れます。さらにもう一度カードを混ぜると、今度は文字が2行になります。さらにもう一度カードを混ぜると、今度はカードの側面いっぱいに「UNSHUFFLED」の文字が現れます。観客のカードをデックの一番上から取り出すと言って、カードを捲りますが、観客のカードではありません。そしてもう一度カードの側面を見ると、観客のカードの名前が書かれています。(3/5)マジックをやっている人間が見ると、全く不思議でも何でもありませんが、現象は面白いです。一組くらいは作っても良いかなぁと思いましたが、あのシャッフルは苦手なことに気が付きました。

・Four King Surprise…観客にカードを1枚選んでもらいます。デックに返してもらい、観客に探してもらう様に頼みます。デックを弾いていき、観客にストップと言ってもらい、そのカードを見てみますが、観客のカードではありません。このカードはテーブルに置いておきます。更に後2回挑戦してもらいますが、観客のカードではありません。今度はマジシャンがやってみますが、これも失敗してしまいます。テーブルに置いた4枚のカードの上に、観客に指を置いてもらい、指を離していきます。最後に残ったのを捲ると、観客のカードです。更に残りのカードも同じランクのカードになっています。(3/5)これは最後の最後のところが非常に面白く感じました。なるほどと一人納得してしまいました。この部分だけでも覚えておくと使えそうな感じです。

・Three and Three(Coins)…右手に3枚の銀貨、左手に3枚の銅貨を握ります。おまじないをかけると右手の銀貨が1枚ずつ左手の銅貨の方へ集まっていきます。(2/5)微妙に銅貨を握っている理由がわかりませんでした。これなら銀貨だけでコインズアクロスを行った方が良い様な気もしますが、解説を観て、使わざるを得ない理由がありました。ここで使用している技法は、詳しく解説されています。

・Four Part Transposition…銀貨と銅貨を使用します。銀貨をマジシャン側に置き、銅貨を観客側に置きますが、一瞬にして銀貨と銅貨の場所が入れ替わります。これを数回繰り返し、最後には銀貨も銅貨も消してしまいます。(3/5)現象は単純ですが、なかなかに難しい感じです。バリエーションとして、最後に消えるのではなく、2枚ともチャイニーズコインになる現象も解説しています。こっちの方が難しいけど。

・Those Are the Aces...Not…4枚のAをテーブルに置き、観客に手で押さえてもらいます。表を見せながら、観客に1枚を選んでもらいます。そのカードを観客の手の下に差し込みます。おまじないをかけ、観客の手の下から、観客のカードを消してしまいます。観客のカードは、デックの中から表向きに出てきます。今度は、はっきりと観客のカードをAの間に挟み、観客に手で押さえてもらいます。おまじないをかけますが、観客のカードは消えません。デックを確認すると、今度はAが4枚表向きに出てきます。挟んでいるカードがAではありません。(3/5)これは1回だけでも効果的だと思います。2回目の現象は、ちょっとマニアックかなぁと。

・Snapping the Halves…チャイニーズコインを1枚取り出し、コインををパチッとやると、銀貨が分裂して現れます。もう一度パチッとやると、また銀貨が出て来て、さらにもう1枚をパチッとやって取り出します。その後、チャイニーズコインを左手に握ると、1枚ずつ銀貨が左手に飛び移っていくコインズアクロス現象を行います。余分なコインを使用していましたと言って、さらにパチッパチッパチッと銀貨を3枚、チャイニーズコインを取り出してきます。(3/5)これは面白い現象です。がしかし難しすぎる。

・$100 Card to Wallet…観客から1$札を借り、紙幣を破ってしまいます。その破片をテーブルの脇に置いておきます。1$札を折り畳んで開くと100$札に変わります。この100$札は胸のポケットに見える様に入れておきます。続いて、ペンとデックを取り出します。トランプを箱から出すと、箱が半分くらいになってしまいます。観客にカードを見せながら、1枚選んでもらい、カードにサインをしてもらいます。カードをデックに戻します。トランプを上から落とし、観客にストップと言ってもらいます。この時のカードをテーブルに置いておきます。デックを見ると、観客のサインしたカードは、デックの中にはありません。が、このカードではありません。ここでマジシャンは財布を取り出します。財布のチャックを開けると、中に封筒が入っています。糊付けされた封筒を開けると、サインされたカードが出て来ます。さらに破れた1$札も出てきます。(2/5)多分読んでもなかなか伝わらないかもしれません。書くのを断念しようかと思いました…。実際に観てみると結構すっきりしているのですが、文章に起こすのが難しい。色々と現象が詰まっているので、準備が大変かなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.17

STEEL AND SILVER Vol.2

Rot02061Paul Gertner師のDVD「STEEL AND SILVER Vol.2」です。この巻はかなりの傑作揃いだと思います。特にRing on HourglassとCups and Balls/Steel Ballsは必見です。他のマジックも面白い現象なので、観賞用として持っていても充分楽しめます。Cups and Balls/Steel Ballsは早速鉄球を購入してきて、いつの日か実現出来るように練習中です。久しぶりに面白い手順に出会えました。

・Ring on Hourglass…砂時計を取り出しますが、ちょっと小さいのですが、マジシャンは一瞬で砂時計を大きくしてしまいます。砂時計はテーブルに置いておきます。さらに指輪を入れる箱に、観客から借りた指輪を入れておきます。その後、That's Ridiculous、Cups and Balls/Steel Ballsを行います。指輪の箱を確認すると、指輪がありません。その指輪は、砂時計のくびれにはまっています。(3/5)実現不可能なマジックではありませんが、それでもやるにはなかなか難しいかも。非常にインパクトがあります。

・That's Ridiculous…4枚のAを1枚ずつテーブルに四角形になるように置いていきます。さらにジョーカーを2枚取り出します。そして、ジョーカーの間からハーフダラーが現れます。このハーフダラーを右手に握って消してしまいますが、Aの下から出て来ます。それを全てのAで繰り返し行います。そしてAの下を見ると、ハーフダラーがそれぞれ4枚出てきます。さらに後2枚のハーフダラーと、2枚のワンダラーとジャンボコインが出てきます。(3/5)これは非常に面白いクライマックスです。これだけたくさん出てくると、単純に嬉しい感じです。しかしながら、このマジックを行うには、色々と大変です。技術的にも物理的にも。

・Cups and Balls/Steel Balls…鉄球を使用したカップ&ボールです。細かい現象は、書くのが大変なので割愛させていただきます。(5/5)一体鉄球を使用して、どうやって行うんだろうと思っていましたが、観て納得です。鉄球だと音がしてしまうのですが、その音を上手いこと利用して錯覚を強めています。これは気に入りました。早速鉄球も購入してきました。

・Reversed Matrix…4枚のコインと4枚のカードを使用したリバースマトリックス現象です。(2/5)どうもリバースマトリックス現象は、マニアックな印象を受けます。戻すなら、移動させる必要も無いとか思ってしまったりするのですが、個人的に観るのは好き。自分じゃやらない。

・Blackjack Surprise…ブラックジャックのゲームの説明をしながら、カードを配っていきます。カードを見せて、数字を足していきますが、4枚配った時点で22となり、バーストしてしまいます。しかしその4枚を捲ると、全てAになっています。(2/5)何とも説明しづらい現象です。しかも現象の割には、結構難しいことを行っています。

・Snap/Bounce Assembly…4枚のコインと2枚のカードを使用したコインアセンブリ現象とリバース現象です。パチパチとカードで音を立てながら、1枚ずつコインが移動して、1箇所に集まります。その後で、コインを1枚ずつ、元の場所に戻していきます。(4/5)観ていてなかなか気持ちの良い感じのコインアセンブリです。パチパチという音が気持ちいいのでしょう。これは少しやってみたいかもしれません。

・Spellbound Roll/Reverse…指先に銀貨を持っていますが、軽くなでると、銅貨に変わってしまいます。銅貨をまたなでると、銀貨に変わってしまいます。(3/5)ちょっと観た瞬間に、おっと思ってしまいました。思っている方法とは若干違う方法を使用していました。単品でやるよりも、手順の中に組み込んだ方が良いかもしれません。

・Card in the Candy Box…キャンディの箱を出して、テーブルに置いておきます。観客にカードを見てもらいながら1枚を選んでもらい、サインをしてもらいます。この後アンビシャスカードのルーティンを行います。テーブルに観客のカードを置きます。その後テーブルの上のカードを確認すると、観客のカードではありません。キャンディの箱を開けると折り畳まれたカードが入っています。広げると、確かに観客のサインが書かれたカードです。(2/5)アンビシャスカードのクライマックスとして、このマジックが行われています。最後の現象だけを行うとしたら、間に何かを挟まないと弱いのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.16

STEEL AND SILVER Vol.1

Rot02060Paul Gertner師のDVD「STEEL AND SILVER Vol.1」です。何だか気になっていたDVDです。しかしながら、レビューされているサイトもなかなか少ないようで、謎に包まれているようで、それともみんな秘密にしたいのかどうかはさっぱり判りませんが、書くのがめんどくさいのでしょう。結構現象がこみ入っていて書くのがちょっと大変だったりするかもしれません。とりあえず観て楽しむDVDと言うわけでもないので、そこそこ実用的だと思います。もちろん観る楽しみは充分にあります。ただ、解説が結構あっさりしているので、アレ?と思っている間に次に行っていたりする箇所があったりします。

・Triple Die-lemma…大きめの帽子と、サイコロ3個、ウォンドを使用します。サイコロを握り、ウォンドでおまじないをかけると、消えてしまいます。消えたサイコロは、帽子の下から出てきます。これを後2回繰り返します。その後、手に2個握り、1個をポケットに入れますが、手の中には、3個のサイコロがあります。もう一度同じ事を行うと、今度は3個とも消えてしまいます。帽子の下を見ると、大きなサイコロが出てきます。そしてさらに帽子の下を見てみると…。(5/5)久しぶりにこれは練習したいと思える手順に出会いました。ただネックとなるのが、この道具一式をどうやって揃えるかということでしたので、どうやって探そうかと思案していたところ、師のサイトに一式が売っているので、即注文してもらいました。届くのが楽しみです。しかしながら、なかなか披露する場所を探すのがちょっと大変かもしれません。

・A Familiar Ring…コインズアクロス現象です。観客から指輪を借り、観客の手の上に指輪を置いておきます。4枚のコインを左手に握り、観客の手の上に右手をかざします。おまじないをかけると1枚コインが指輪の上にチャリーンと落ちます。次々とコインを指輪の上に落としていきます。後1枚になったところで、観客の手の上の指輪を取り上げ、ポケットに入れてしまいます。今度はコインを観客に握ってもらいます。マジシャンは最後のコインを左手に握り、おまじないをかけてから開くと、左手の中には指輪があります。観客に手を開いてもらうと、観客の手の中から4枚のコインが出てきます。(3/5)ちょっと微妙かなぁ。指輪の上に落ちていく音はなかなか良いと思いましたが、2枚目以降は意味がないような気もします。また、指輪を使用することによって、最後の最後が若干判りにくくなっているような気がしました。

・The Vanishing Card Stab…マジシャンは紙ナプキンとデックを取り出します。デックから観客にカードを1枚選んでもらいます。カードをデックに戻してもらい、デックを紙ナプキンで包みます。思い出した様にポケットナイフを取り出し、観客にカードの名前を聞きます。そのカードをナイフで突き刺しますが、観客のカードしかありません。(2/5)やはりナイフを取り出してくるのは、違和感があります。まぁこの現象ならナイフを使わなくても大丈夫そうです。

・Bill in the Cigarette…観客から紙幣を借り、一部を破り取って、観客に持っていてもらいます。残った紙幣は、マジシャンが消してしまいます。その後、観客から1本のタバコを借ります。そのタバコを観客に千切ってもらいますが、固くて千切れません。よく見ると、タバコの中に先ほど消えた紙幣が入っています。観客に持っていてもらった破片ともピッタリと一致します。(2/5)現象自体はかなりのインパクトがありますが、紙幣を千切ったりするのは、やりたくありません。また工作の仕方のレクチャーもありますが、ちょっと適当に流している感じなので、自分で頑張れってことなのでしょう。

・Photo Copy…マジシャンは見えないパームの方法を説明します。その後、マジシャンは財布を取り出し、中の折り畳まれた紙を見せます。手のコピーが印刷されています。手を閉じる動作と紙を折る動作を関連づけて、紙を財布にしまいます。観客にカードを1枚選んでもらいます。財布を再度開き、別の観客に財布を指で押さえてもらいます。選んでもらったカードを見えないパームで消してしまいます。デックの中を探しても、観客のカードはありません。押さえてもらった財布の中の折り畳まれた紙を開くと、観客のカードが現れます。さらに…。(2/5)デモンストレーション気味に技法を解説していますが、どうにもこのスタイルは好きにはなれません。その場は良いのかもしれませんが、その後のことを考えると、なかなか出来ません。

・Salt Shaker Surprise…テーブルにコインを置きます。その上に塩瓶を置きます。それを更に紙ナプキンで隠してしまいます。おまじないをかけ、消そうとしますが、何も消えません。もう一度行うと言って、同じ事をします。観客の手を借りて、上から塩瓶を叩いてもらいますが、塩瓶が消えてしまいます。(4/5)かなり良く知られているマジックだと思いますが、あらためて見ると良いかもと思えます。実はこのマジックは知っているけど、やったことないので、いつかどこかでやってみようかなぁという気になっています。

・Ring Thing…左手の親指が取れて、切れたように見せます。観客が疑っているので、今度は親指に指輪を引っかけて、親指を切り取ってしまいます。(2/5)こういったマジックを真面目に行っているのも、面白いなと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.15

マッキーインパクト

フレンチドロップより購入した「マッキーインパクト」です。4200円。消耗品。現象は、ペンを封筒に入れて、マジシャンは封筒をぐしゃぐしゃに潰してしまいます。ペンは何処へ…?というような感じの現象です。結構見た目のインパクトがありますので、紹介動画を見た瞬間に欲しい!と思ってしまって、購入しようと思っていたのですが、その時は売り切れで、買えなかったのですが、再入荷は見逃さずに、その時に即ゲットです。

付属のDVDの解説がいらないほど、やり方は簡単だし、セットも数分で終わります。セットした後に持ち運ぶのに若干気を使いますが、それほど気にすることでもないでしょう。また、これは実際にペンで書くことが出来るので、上手いこと使用して、普通のペンであることをアピールすることも出来ますが、無理にやることもないかなぁと。先日行った際には、スケッチブックに文字を書いてみたのですが、若干流れが悪くなったような感じでした。

本当はあんまりレビューを書きたくなかったのですが、ちょっとネタ切れなので、書いてしまいました。消耗品と言っても、一部を購入すれば大丈夫なので、1回あたり100円程度に収まるのも嬉しいところです。しかしながら、消耗する部分が微妙に気に入らないので、何とか上手いこと自作出来ないかと検討中です。クロースアップで行う場合には、ちょっと気になる部分です。手渡すわけでもないから、それほど気にしなくても良いかと思っていますが、個人的には拘りたいところかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.14

第9回マジックスウィッチ

2007年5月13日は、第9回マジックスウィッチの開催日でした。天候も若干危ぶまれましたが、とりあえず雨が降らなかったので、良かった。ただ、同日にMichael Ammar師のレクチャーも行われていたので、いつもよりも若干人数が少ないかなぁと思っていましたが、徐々に参加者も増えてきて、総勢50人ほどに。また、今回は初参加の方も何名かいたようです。あんまり把握出来ていないから、何人とは判りませんが。

今回は、つけとどけを持って行くのを断念しました。前日のひたち国際大道芸でお土産でも買えば良いかなぁと思っていたら、ろくな物が売っていなくて、何も考え付かなかったのです。もう少し何かを考えていれば良かったのですが、ちょっと残念でした。次回は豪勢に持って行く予定。何故豪勢かは後述。

そして、今回の司会担当はつちのこさんです。上手いこと場を仕切っていたり、良いタイミングで拍手をしてくれたり、なかなかの名司会ぶり。で、つちのこさんの元気な挨拶により、マジックスウィッチが始まります。まずつけとどけ紹介からディーラーショー。結構良い商品がありましたが、先月末より続いていた買物祭りがようやく収拾してきたところだったので、欲しい物もぐっと我慢していました。普段なら、あっさりと買っているところですが、リアルに生活出来なくなりそうなので、我慢。

続いて、チャレンジコーナー。今回のお題は「棒」。今回もこのチャレンジコーナーに注力しています。なかなかこうやってお題で縛られると、限られた枠の中でどれだけ表現出来るかということに、結構燃えます。決して萌えません。今回は、チャレンジコーナー用に購入した道具で演技です。スケッチブックに言葉をあらかじめ書いておいてのサイレントなマジックを行いました。文字通り文字勝負です。アピアリングストローから、割りバニッシュ、マッキーインパクトです。ここまでがマジック。ここから先は、オリジナルのうまい棒バニッシュへと続きます。念のため書いておきますが、うまい棒バニッシュは、オリジナルなだけで、オリジナルなマジックじゃありません。実はこの部分がやりたいが為に、今回の手順を作成しました。さすがにうまい棒バニッシュだけじゃあんまりなんで、他の商品は全て脇役に回ってもらいました。どれもこれも、十分に主役で使用しても構わないくらい良い商品ですが、心を鬼にして臨みました。基本的に売っている商品をそのまま使用することには、抵抗がありますが、今回だけはあまりインパクトを与えない様に演じたつもりです。サラリと流す。

その後は、いつもの様に、宿題コーナーへと続きます。トーンアンドレストアカードやらミリオンカードの一部やら、遅れてきたカップ&ボールなど実に様々に、完成度高く行われます。みんな宿題達成していましたね。レクチャーコーナーでは、何やら難しそうなことをやっているかに見えて、実は意外と簡単なものをレクチャーしていただきました。きちんと必要な道具も揃えて下さったりと至れり尽くせり。さらに初めてのなにがしコーナーは今回は盛りだくさんな感じでした。前回は誰も演じなかったので、少し寂しい感じがしましたが、盛況でした。

休憩を挟み、自慢の逸品コーナー。今回は色々なグッズが入り乱れていました。普通に欲しくなってしまう物があったりして、ちょっと羨ましい限り。最後は、披露しちゃおう会です。ここでもたくさんの方のマジックが見られました。なかなか色々と考えているなぁと感心することしきり。参考になるような手順や、笑ってしまうような手順など、実に様々。マジックを見るのは、本当に面白いと体感出来るコーナーでした。

そうこうしているうちに、終了の時間です。アンケートを書きながら、片付けをします。そして同時に、レギュラーのマジックスウィッチの最終会となっていました。もうあれから1年が過ぎようとしているのですね。随分と前のことにも思えるし、またつい先日のことのように思い出せる気がします。次回は、第2期マジックスウィッチ解散パーティ「ファイナルスウィッチ」でお会いしましょう。時は7月1日、場所はかやの木会館です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.12

ひたち国際大道芸

2007年5月12日にひたち国際大道芸にご出演される加納真実様に会いに行って来ました。だいたい1ヶ月で、5回くらい観てるので、軽くストーカー状態ですが、それくらい魅力のあるパフォーマンスをしているので、仕方ない。どこかに出演しているとなれば、スケジュールを調整して、体調も整えて、万全で臨みたいところです。が、先日書いた身体の痛みは、疲れからきているものではなく、どうやら体調不良による風邪が原因だと判りました。金曜日は熱を出して、大道芸を観に行くためには、風邪を治さないといけないと思い、会社を休んでしまいましたよ。全力で風邪を治して、無事に観に行くことが出来ました。

さて、ひたち国際大道芸ですが、とりあえずこのHPは色々と修正して欲しいところだらけで、見ていてイライラしました。まぁタイムスケジュールが記載されていないのは、たった100円の公式ガイドブックを購入してもらうためだとしても、アクセスが前日まで表示されなかったり、マップが妙に見にくい表示だったり、リンクが滅茶苦茶なのは、正直勘弁してもらいたいです。携帯電話で見るページも、情報らしい情報が無くて、一体この画面を見てどうしろと…。久しぶりに酷いなぁと感じてしまいました。とまぁ不満はこれくらいにしておきましょう。

Res01038さて、まずは何は無くとも、加納真実様の第1回目に間に合うように、午前中に移動を完了させました。1回目のパフォーマンスの時は、やはり人が少なくて、観る方にとっては、かなり都合が良いのです。一番前で観ることも出来るし。いつものように準備の状態から、加納真実様に釘付け状態でした。今日は何をやるんだろう?という期待感で、徐々に気持ちも盛り上がってきます。まぁ今まで散々書いている通り、同じパフォーマンスだけど、毎回楽しく観られるのは、凄いことです。ひとり遊びから恋人よ、演歌と続き、最後はひとり咲きでした。

Res01042次に見たのは、ピーター・ポストさん。何だろうこの人は?って感じのパフォーマンスでした。やれば出来ると思われるジャグリング系の技も、失敗しては、キレて道具を放ってしまうのが持ち味なのでしょうか。ディアボロを適当に放り投げて、観客に当たりそうになったのは、かなり危険です。小気味良いデビルスティックは見ていても楽しかったのですが、何度も不安な心理に陥りました。

Res01050ここでちょいとばかし、休憩を取って、中国雑伎団を見ることに。開始10分前に行ったけど、結構な混雑でした。やっぱりこういったパフォーマンスは、凄さがはっきりとして、判りやすくて良いですね。台の上での片手倒立バランス、目隠しをしてのブルウィップ、4本のフラフープ、椅子を7個積み上げてのバランス芸など、様々な技を見ることが出来ました。

そして、最後はまたもや加納真実様のパフォーマンスを堪能して、帰宅してきました。最後の回は、本当に360度囲まれている状態で行っていました。本当に凄い人数が集まっています。パフォーマンスの内容は、オープニングとラストが違っていました。オープニングは、カスタネットから入るやつでした。ラストはMに捧ぐ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.11

疲れているので、簡単に

今週は身体が非常に厳しいくらいに疲れてきた…。特に仕事が忙しいわけでもないのですが、先週のGWの疲れがドッと出てきた感じです。先週はしゃぎ過ぎたからなぁ。ちょっとばかり無理をしてきたので、そろそろ疲れが溜まってきた模様です。弱音を吐くくらい背中がコチコチにこっています。肩こりも徐々に酷くなってきた模様。

というわけで、DVDのレビューもしないといけないし、カメラも慣れないといけないし、マジックスウィッチに向けての練習もしないといけないし、それよりも前に道具を作らないといけないし、色々とやることが山積みになってきていますが、今日はちょっとお休みさせていただいて、道具作りとリハーサルに専念致します。間に合うのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.10

かなり詰まってきた

とりあえず週末に向けて、精力的に準備をしているHIGEです。週末は、ひたち国際大道芸に行って、サラリと帰ってきて、翌日のマジックスウィッチに備えないといけないわけです。日程が近づくにつれて、徐々にこなせるのかどうかが不安になってきますけど、いつものように何とかなるでしょう。非常に楽観していますが、やるときゃやるよ。

と言いながらも、カメラを弄くっていたりしています。こんなおもちゃを私に与えたら、それこそ延々と遊び続けてしまいます。週末にたくさん使おうかなぁと思っているので、それまでに慣れておかないといけないのです。と言い聞かせながら、触っています。触っているだけで、何か楽しいのは気のせいでしょうか。周辺機器も色々と揃えたくなってきてしまいます。

これではイッカーーン!とガイバラ先生のように、我に返り、マジックスウィッチ用の手順を書く。今回のは、マジック自体は楽なので、スクリプトで勝負ですよ。月曜日に書き始めたのを見ると、冗長過ぎるなぁと。書いている時は楽しいので、冷静さが足りないので、後でみつめる目が必要です。あのまま演じていたら、恥ずかし過ぎるところでした。危ない危ない。

その後見直して、随分とすっきりとなった気がしますが、まだまだなのかもしれません。もう一度くらい、見直した方が良いのかも。もう少し推敲して、現象はすっきりとはっきりとさせたいです。ただでさえ今回のは、何をやりたいのか判りにくいので、シンプルにしてみたいと思っています。結局最後の最後を見せたいので、最後だけでも良いかもとか思ってしまいますが、ギリギリまで考えてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.09

Caplio GX100

Dsc01433何故か、何故か、何故かぁ、デジカメが欲しくなってきたので、何か無いかなぁと、3月下旬辺りからずっと探していたのですが、これと言って良い物も無かったので、欲しいのが出てくるまで待つかと思っていました。そこで候補に挙がったのが、シグマのDP1とリコーのCaplio GX100だけだったのです。どちらも外観だけで決めました。スペックとか見ても、全く判らないので、そんな決め方もありかと。どちらにしようかなぁとここ2ヶ月ほど悩んで悩んでいたのですが、遂に決断しました。DP1は未だに発売日が決まらないし、値段も10万円を越えそうなので、我慢出来なくなって、こちらを購入。66,980円と値段も若干他より安かったマップカメラにて購入しました。

まだまだ全然弄くっていませんが、とりあえず所有する喜びを与えてくれる一品であることは疑いようがなく、間違いありません。というかそれよりも問題があるとしたら、全く写真には興味が無かったので、今後これを使うシーンがあるのでしょうか?本当に欲しい度がマックスになってしまったので、とりあえず購入してしまったのです。買っちゃいかんよなぁと思いながらも、我慢出来なくなる辺りダメ人間です。でも良いのです。買った本人はかなり満足しているのです。

まぁカメラを購入したら、何かを撮りたくなるものですが、被写体がブログに載せるようなグッズくらいしか無いのが玉に瑕。とりあえずこのカメラを撮ったのは、今までと変わらず携帯電話だし、まだ何も撮っていないに等しい。休日になって、天気が良かったら、カメラを握りしめて、どこかに行きたい気分です。そういえば週末はひたち国際大道芸に、加納真実様にお会いに行くので、少し撮りたい気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.08

STEEL AND SILVERを観た

随分と前から、教授の戯言を読んでから、ずーっと気になって気になって、シュガーマウンテンの木になっていました。このフレーズは判る人だけ判ってくれたら良いや。教授さんの現象の説明は判りやすくて参考になります。うちとは大違いですな。それでようやく入手出来たPaul Gertner師のSTEEL AND SILVERをちょこっとだけ観たのです。さすがにレビューを書けるほど観てないので、とりあえずの感想から。とは言っても、気になる部分しか観ていないので、ほんのさわりだけです。

久しぶりにカードマジックばっかりではないDVDを観た気がします。こういうのは良いね。カードばっかりだと、観ていて飽きてしまうんですよね。超個人的嗜好です。師は何だか穏やかな口調で、マジックを始めますが、結構裏では大変なことをやったり、大胆なことやったりしています。というか何もそこまでやらんでもと言った感じのところが何カ所か見受けられました。

とりあえず一番気になっていたのは、Triple Die-lemmaでしたが、観た瞬間に、アレはどこに売っているんだろう?ともう買う気満々状態になっていました。あんなの観たことないから、一番始めのサイコロをもっと小さくするとか、しょぼいことを考えていましたが、師のサイトがパッケージの裏に書いてあったので、早速探してみると、ありました。購入決定です。現象等は、後日レビューします。多分。

後は鋼鉄球を使用したカップ&ボールもかなり気に入りました。堅いボールを使用することによって、難易度がかなり上がってしまいますが、上手いことカバーしています。なるほど、こんな方法があったのかと感心することしきり。非常に上手い使用方法ですね。鉄球を購入してきて、すぐにでも練習したいと思いましたが、練習する暇が無さそうです。が、これはちょっと習得したいマジックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.07

勢いが大事

穏やかに過ぎていったGWの最終日、この日は久しぶりにマジックに漬かることになりました。いや、本当に久しぶりです。GW唯一と言っても良いくらいですが、買い物をしまくった道具がちょうどGWに入る頃に到着していたので、色々とこれで遊ぶことはあったのですが、それほどマジックをした感じは無かったなぁと。適当に練習したり、道具を作ったりはしていました。微妙に不可能物体なども急遽作ったりしていましたが。

道具の方は完成率60%と言ったところでしょうか。形成してから、どうしようかなぁと迷っています。とりあえず東急ハンズで使えそうな物を購入してきたので、少しは作成も進むかもしれませんが、強度が無いので、その辺にまた悩むことになりそうです。何となく構想はあるのですが、もう少し使えそうな物をみつけるまでは、時間がかかりそうなので、気長に作っていこうかなと思っています。完成したら、公開予定。

というかまた欲しい物が増えたのが気になります。一体それは何かは、後日記述することになりますが、全く学習していない自分が、もっと好きになりそうです。とあるDVDを観たら、これはやりたいと思えるマジックがあったので、入手するのが大変そうだと思っていたら、売っている場所を発見してしまいました。いや、正確には売っていると思われる場所に自ら飛び込んでいった夏の虫。DVDはレビュー予定。

本当に、もうこれ以上買わないぞと思っても、その場限りです。でもそれくらい魅力的な現象だったので、仕方ない。日本で揃えようとしたら、どこで購入して良いのかをまず探すことになるし、とにかく売っていなそうです。更に値段も躊躇してしまうような値段になりそうな予感です。まぁ売っていたら躊躇せずに買いますが。それならば、一気にセットで売っている海外で購入してしまうのです。このセットの値段くらいで、探している一品が購入出来そうな値段も魅力。こういう場合は、為替レートなんか一切無視して購入してしまうのです。勢いが大事。今すぐ欲しいくらいの道具は、状況や自分の経済状態なんか見ないで購入するしかありません。と言い訳。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.06

マイザーズドリーム・グランテッド

ミカメクラフトの逸品「マイザーズドリーム・グランテッド」です。5040円。まぁ結構説明がしにくい商品ではあります。結構な値段がするので、物凄い物が付いてくるのかと思われるかもしれませんが、物は非常にコンパクトです。コインを取り出して、放り込むバケツやアイスペールは付いてきませんので、ご注意下さい。また、マイザーズドリームを行う上で必要なパーミングコインは20枚付属しています。この付属のコインが…と言った話は後述。但し、これを購入したからと言って、マイザーズドリームがすぐに出来るようになるわけでもないので、注意が必要です。あくまでも補助道具として考えた方が良いのかな。

マイザーズドリームの現象は、書かなくても良いかもしれませんが、一応念のために記述しておきます。マジシャンは空中より、コインを取り出し、それをバケツに放り込みます。さらにまた空中よりコインを取り出してきます。どんどんどんどん空中からコインが現れます。その時に奏でるチャリーンとコインがバケツに入る音がたまらないですね。バケツも良い物を使いたいところです。

で、本題の「もの」何ですが、個人的には非常に良い出来で満足しています。なるほどねー、こういう風になっているのねーと言った感じです。これだけでは伝わるとは思っていないのですが、これくらいしか言い様が無いので、ご了承下さい。まぁマイザーズドリームだけに使用するのは、ちょっと勿体ないかと思うくらいです。私としては、ちょうど探していた物なので、タイムリーな逸品です。とは言っても、実演までにはまだまだ時間がかかりそうな感じですが。

DVDが付属しているのですが、何故か8cmのディスクなので、縦置きPCを使用している私としては、観ることが出来ません…。うーむ、何故わざわざ8cmなのだろうと考えてしまいます。他の方は、普通サイズのディスクで入手したという情報もあるにはあるのですが、イマイチ良く判りません。なかなか良い使い方が収録されているみたいなので、観てみたいのですが、こればっかりはどうしようもないですね。

後、付属のパーミングコインの出来がちょっとよろしくありません。買った瞬間からエッジが潰れているのはどうかと思うのですが、これも仕方ないか。エッジが潰れているので、かなり滑るのです。従って、このコインは使わない、もしくはエッジが気にならない使用方法を考えるかのどちらかの選択になりそうです。まぁハーフダラーを使う分には、ぴったりのサイズなので問題無いのかなぁ。

と色々書いてしまいましたが、物自体の出来は良いです。非常に使いやすいし、実用的だと思います。もう1個くらいは購入しても良いかもなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.05

Ghost in the bottle

Dsc01412何故か今、不可能物体を作るのがマイブームです。とは言っても、これ以上作るには、素材が足りないので、しばらく作ることもないかと思います。で今回は、マウスウォッシュのボトルがちょうど空いていたので、その中にバイシクルのゴーストを入れてみました。作成時間は1時間ほど。もっと早く作れるかと思います。とりあえず写真では判りませんが、箱の中にはカードが52枚入っています。とまぁとりあえずで作ってみたので、かなり雑な感じがしてしまいます。入れたのも使い古しのカードだし、箱はヨレヨレだし…。これでは到底納得出来ないので、もう一度チャレンジしてみたいと思います。

Dsc01414一応真上から撮った写真も載せておきます。これでちゃんと入っていることが判るかと思います。まぁそこまで強調しても仕方がないかもしれませんが、正面の写真だと後ろにあるだけかもしれない様な感じに見えてしまいますね。本当に適当に作ってしまったので、もうちょっと考えながら作れば良かったなぁと反省しています。一度作ったら、これはこれでもうどうしようもなくなってしまうので、修正を加えることも出来ませんので、もう一度作りたい気持ちはどこに持って行けばいいのやら…。

というわけで、少々不可能物体についての制作意欲が上がっております。がしかし、それを作る素材が絶対的に不足しているのが悩ましいところ。空きボトルなんて、もう家にはありません。ペットボトルとかでも良いのかもしれませんけど、携帯電話が入ってしまうご時世なので、ペットボトルだとインパクトが弱いのかもしれないなぁと考えてしまいます。新品のトランプとか入っている画像を見ると、色々と試したくなるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.04

矢ったら出来た!

Dsc01423先日購入した「矢れば出来る!」ですが、「矢ったら出来た!」に変更になりました。チャッチャッと通してしまったのが写真です。さすがに自分で挑戦して、そのまま写真を並べても、2つ購入すれば出来るじゃんと思われたくなかったので、挑戦はするまいと思っていましたが、ふと「何も馬鹿正直に付属の5円玉に通すこともないか」と思ったので、50円玉に通せば、とりあえずは通したと思っていただけるのではないかと。なので、急遽挑戦してみました。通し方については、質問を受け付けませんのであしからず。別に意地悪ではないのです。

さすがに50円玉の方が、5円玉よりも10倍難しいということはありませんが、良く見ると50円玉の方が穴が小さかったのですね。今まであんまり比べたことが無かったので、こんなことには気が付きませんでした。その分5円玉よりも難しいかもしれません。とりあえず簡単に通ってしまいました。こういった不可能物体の作成については、「こうやるんだ」と聞いても、本当かどうか疑わしいと思ってしまうので、実践するまでには至らなかったのですが、まぁ何でも自分で体験してみるのが一番理解が早いなぁと実感しました。

そして、何で不可能物体については、答えが少ないのかが、自分で作ってみて何となく判ってきました。教えても本当に実践する人が少ないからなのでしょう。それならば、不思議と思わせておいた方が良いのかと。作り方を聞くと、「本当にそんなので出来るの?」と思うくらい、作り方についてはあっさりとしています。この辺はマジックに通じるところがあるかもしれません。聞いたら絶対に「なぁんだ」と思うはずですので、各自挑戦してみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.03

矢れば出来る!

Dsc01411東急ハンズで見かけたので、ついつい購入してしまいました。不可能物体である5円玉と矢の「矢れば出来る!」です。フレンチドロップでも扱っている商品です。価格は840円ですが、5円玉2枚が付属しているので、実質830円。10円キャッシュバック。これは、既に矢が5円玉に通っている状態の「完成品」と、通っていない状態の「挑戦品」がいっぺんに入っています。今まではこういった売り方をしていなかったので、なかなか賢い売り方だなぁ思ってしまいました。挑戦品が入っているので、本当に挑戦するのもありだとは思いますが、なかなか実際にやるまでには至らないところですが、挑戦してみようという気にはさせてくれます。矢を用意するのが、案外めんどくさいので、付属してあれば、色々と試してみたくなりますねぇ。

実際は「矢っても出来ない!」と思われる人の方が多いかと思います。それくらい不思議なものです。やはり1個しか購入しなかったのは失敗だったかもしれません。ちょっと勿体なくて、挑戦していません。今度見かけたら、もう少し購入してきて、矢ってみようと思っています。また、このように挑戦品が入っている状態だと、マジックのアクセントとしても、色々と使えそうな気がします。直接的過ぎて、あんまりやろうとは思わないけど…。

不可能物体は、作成方法を知ってはいても、その方法が恐ろしく困難だったり、技術が必要だったりするので、なかなか作成までには至らないのですが、何かこれを購入してから、少しだけ自分も不可能物体を作ってみたい気持ちになりました。特に精度とかを求めないのであれば、いくつか作成してみたい気持ち。とは言ってもそんなに種類を作れるほど、方法も知らなければ、道具も無いので、しょぼい物しか作れないだろうとは思いますけど。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007.05.02

逆転裁判4 閉廷しました

GWに突入してから、ようやく時間が出来たので、逆転裁判4を解いてみた。結論から申し上げますと、何でもっと早くからやっていなかったのだろうと…。とは思いながらも、時間が無い時にやっていたら、続きが気になって気になって木になっていたでしょう。それくらい後を引くと言ったら良いのでしょうか。ストーリーだけで引っ張る魅力に溢れています。濃厚で濃密で重厚で緻密なストーリーを堪能致しました。

とりあえずこのソフトは買い!です。今までのシリーズをやっていなくても楽しめるかと思います。綺麗にこの4だけで完結しているので、4からやっても大丈夫でしょう。もちろん今までのシリーズ全作品をプレイしていれば、濃厚に楽しめるのは間違いないです。未経験者は騙されたと思って、プレイしてみて下さい。本当に面白いって!!

第1話から伏線張り過ぎな感じでしたが、その伏線も全てきちんと、ある程度納得出来る形に落ち着いています。個人的に一つだけ、これは解決したの?と思わせる部分があるのですが、それもまた体験者同士で色々と議論をしたいところです。とりあえず誰か聞いて下さい。幾重にも折り重なる謎という謎が、美しく着地していくラストは本当に圧巻です。また、謎ではないと思われる部分に対しても、それはそれは細かいフォローが入っていたりと至れり尽くせり。

とお奨めしておいても、なかなかこのシリーズは、やったことない人に説明するのが難しいのですよねぇ。画面だけだと面白さが、(失礼ながら)あまり伝わって来ないのです。知っている人には、嗚呼面白そうだと伝わりますが、それ以外の人に訴求するほど力が無いと言うべきか。簡単に言ってしまえば、昔懐かしのテキストアドベンチャーゲームの延長です。それがただ単に裁判と言う題材を扱っているだけと考えてもらえば良いかな。圧倒的なテキストとストーリーがこのゲームの魅力です。

本当はネタバレも含む形で、色々と書きたいところですが、書いたら、この極上のストーリーを楽しめる人が減ってしまう可能性があるので、絶対に書けません。もし、自分が未体験で、そんなネタバレを聞いたら、怒り狂っているでしょう。この書けない気持ち…もやもやっとしますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.01

出かけないDAYS

出かけよう!と思ったら、雨が降っていたのでどこにも出かけなかった引きこもり漢HIGEです。振り込みだけはきちんと忘れずにしてきました。一人で自由に動けると思える日は、逆算すると今日くらいしか無いのになぁと思いながらも、どうせ買い物だから、明日でも良いかと思ってしまうのですよねぇ。というかあんまり買い物に行くと、また大変なことになってしまうのは目に見えているので、実はそんなに行きたくなかったり。行くとなるとお店に還元しなくてはいけなくなるしなぁと。

というわけで家でマジックのDVDを観たりしていたのですが、微妙にレビューする気にもならないようなものでしたので、特に書いたりしないかな。一つだけ気になるネタがあったので、それのために購入したのですが、他のが微妙というか、絶対に自分がしないタイプのマジックばかりだったので、途中でスルーしたりしながら観てました。まぁ一つでも面白いのがあったので良しとします。

後は何故か4つ玉を練習していたりします。ん~何でだろう?と思いながらも、ちょこっとずつと練習しています。今までも何度か練習したことがありますが、ことごとく挫折しています。練習しても、難しくて断念したり、飽きたりで、身に付きません。また、あんまり何を表現したらいいかを自分が理解していないから、なかなか満足することが出来ません。と思っていながら練習していると、また断念してしまいそうです。後はダイヤとルビーを振ったり、ミルクとクルミを練習したり、適当に過ごしましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »