« 第8回マジックスウィッチ | トップページ | コルク細工 »

2007.04.17

ダイヤとルビー

Dsc01398自分のなかでは非常に今更感が強いのですが、先日のマジックスウィッチの2次会で、またまたパドルマジックに火が着いたHIGE・パドルスキーです。火を着けた人には責任を持って、チンカするまで見てもらおうと思っていますので、心当たりのある人はよろしく。テンヨーのダイヤとルビーです。2100円。で、過去記事を検索してみたところ、このダイヤとルビーについては、ほとんど言及していないので、ちょっくら書いてみようかと思ったのです。写真は、以前シャツのポケットに入れっぱなしでケース毎洗ってしまって、本体にシミが付くわ、ケースはしわくちゃになるわで、大変です。みなさんも洗濯しないように気を付けて下さい。

現象は、黒い棒に突然ダイヤが現れたり、消えたり、もう一本の棒に飛び移ったり、2つになったり、移動したり、色が変わったりと、この道具だけで様々な現象が起こせます。というか2本あれば、上記したことが出来るのです。ここでのポイントは2本を使うというところです。2本使えば、結構色々なことが出来るようになるのですが、その分、手順は複雑になるし、左手も使用しなければいけなくなるので、かなり大変になります。未だに2本を使う手順は覚えきれないし、出来ないので、ちょっと封印中だったのです。

とりあえず道具は綺麗だし、現象も美しいので気に入っていたのですが、なんとなく自分に合った手順が無い感じもしていたのです。で、結局難しくなるくらいなら、自分に負担がかかるくらなら、1本で良いだろという結論になりました。まぁ現象の幅が狭まってしまいますが、それはもう少し練習してから出来るようになれば良いかなと。自分の力が抜けていた方が、観客も力が抜けて楽しめるのではないかなぁと思います。左手も地味に練習しながら、スムースになってきたら、段階的に2本目を入れることにしよう。

|

« 第8回マジックスウィッチ | トップページ | コルク細工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤとルビー:

« 第8回マジックスウィッチ | トップページ | コルク細工 »