« ナッシング・ボックス | トップページ | ウミガメのスープ »

2007.03.11

Visions of Wonder Vol.3

Tommy Wonder師のVisions of Wonder Vol.3です。相変わらずえげつない解決方法を用いたマジックを演じていますが、個人的にはこの巻が一番楽しめました。基本的にマジックは、裏でやっている解決方法なんて、観客にとってはどうでも良いことなので、何をやっていようが問題ありません。がしかし、師が行っている素晴らしいマジックについては、やってみたいなぁと思わせるものが多くあるものの、準備やら工作やらが異常に大変なので、挫折してしまうものばかりです。この巻では、難しいのですが、実現可能なマジックも収録されていました。本当に難しいんだけど…。

・Nest of Boxes…まず、リボンが付いている大きな箱をテーブルに置いておきます。観客から借りた時計をハンカチでくるみ、小さなテーブルに置いておきます。ハンカチでくるまれた時計をガンガンとハンマーで叩きながら、オークションの様なことを行っています。そのうち小さなテーブルは壊れてしまいます。マジシャンは財布を取り出し、替わりに小銭を渡します。さらに鍵を渡します。マジシャンは触らないように大きな箱のリボンを持ちながら、観客に箱を鍵で開けてもらいます。すると中におもちゃの時計が入っています。その裏を回しながら開けると、観客の腕時計が入っています。(2/5)予想も付かない方法で実現しています。さらにこの他にも2つの方法を紹介していますが、どれもこれも難しい方法です…。現象としては物凄い不思議なんですが、これを演じようと思ったら、たくさんの障壁を越えなければなりません。この解説だけで1時間近くありました。

・Coins Across…マジシャンはコインボックスを取り出し、中から銀貨を3枚と銅貨を1枚取り出します。銅貨を左手に握り、銀貨を右手に握ると、銀貨は銅貨に引き寄せられるように、1枚ずつ飛行していきます。さらにボックスの中に銅貨を入れますが、銅貨はボックスを通り抜けてしまいます。次に銅貨も銀貨も左手に握りますが、銀貨が1枚ずつ右手に飛行していきます。最後に銅貨も右手に飛行させようとしますが、左手に全てのコインが集まります。さらに…。(4/5)コインズアクロスだけでこれだけ観客が沸くのも非常に珍しいですが、それだけの面白さはあります。やっていることは難しいのですが、この手順なら少しは練習したくなるかなぁ。地味になりがちなコインボックスを効果的に取り入れています。

・Card Through Handkerchief…マジシャンはデックを取り出し、観客に1枚のカードを引いてもらいます。デックにカードを返してもらい、ハンカチを取り出し、デックをハンカチでくるんでしまいます。デックを静かに振っていると、観客の選んだカードがハンカチを通り抜けてしまいます。(4/5)やっぱりこういった単純なマジックも師にかかれば面白いです。単純ですが、細かいところまで配慮してあります。

・Everywhere and Nowhere…マジシャンはデックを取り出し、観客に1枚のカードを引いてもらい、デックにカードを返してもらいます。デックを裏向きにスプレッドすると、1枚のカードが表向きになっていますが、観客のカードではありません。間違ったカードは、もう間違わないようにテーブルに置いておきます。さらにもう一度カードを取り出しますが、これも観客のカードではありません。そして3枚目もやっぱり違います。マジシャンは困りながら、カードを袖で擦ると、観客のカードに変わります。さらに先ほど間違ったカードも一瞬で観客のカードに変わります。もう1枚の残っているカードも観客のカードに変わってしまいます。デックを良く見ると、全てのカードが観客のカードに変わっています。しかしそれらのカードも一瞬で元のバラバラのカードに戻ります。(3/5)これはとても楽しく観ることが出来ました。マジシャンが困っている様な感じですが、最終的には非常に不思議なことが起こります。

・Ambitious Card Plus Ring Box…アンビシャスカードの手順です。マジックを始める前に小さな箱を出しておき、サインされたカードでアンビシャスカードを行います。一連の手順が終了したら、小さな箱を開けるとカードが折り畳まれて入っています。このカードが観客のサインの入ったカードです。(3/5)アンビシャスカードは好きではありませんが、この手順は非常に面白く観ることが出来ました。最後の箱の中に入っているという現象も緻密な計算がされていて、納得です。ま、私がやることはないでしょうが。

|

« ナッシング・ボックス | トップページ | ウミガメのスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Visions of Wonder Vol.3:

» の検索結果 約 [毎日更新]
民間人は今年 暮らし エンタテインメント 労働党 [続きを読む]

受信: 2007.03.12 00:05

« ナッシング・ボックス | トップページ | ウミガメのスープ »