« WoodWarlock訪問紀 | トップページ | 久しぶりのカード »

2007.03.26

オリガミックカード

Dsc01329東急ハンズでウロウロしていたら、目に飛び込んできた一品「オリガミックカード」です。目に飛び込んできたと言っても、目立つ場所に置いてあるわけではなく、微妙な位置にあったのですが、高性能高感度(但し、変な物、素敵な物限定)のHIGEアンテナに引っかかりました。写真は、カサブランカというタイトルのグリーティングカードです。これで472円。たった1枚の紙に切れ目と折り目を入れて、緻密な建物や広大な空間を表現しています。一度出来てしまえば量産も可能だとは思いますが、最終的にこの形を表現するには、相当な時間と試行が必要だったのではないでしょうか。などといらない心配もしてしまいます。

Dsc01330そして同時にもう一つ購入したのが、こちらの大聖堂です。こちらの作品は、かなり奥行きがあって、見ていると吸い込まれそうなくらい、向こう側まで窓があります。2次元の紙をこのように3次元で表現することが、もうアートになっていますね。真っ白い紙で作っているというのも良い感じです。さらにここから、様々な作品群を見ることが出来ます。他にも欲しい作品があったのですが、たくさん買ってもグリーティングするような人がいませんので、厳選してこの2つだけを購入してきました。もちろん、これは自分用です。凱旋門とか白い舞台とかも見ていると欲しくなってきてしまいます。

先日購入してきた積木はとりあえず後回しです。スピールは何だかただ単に何も考えずに、積み上げていくのが楽しい。微妙な形をしていながらも、積み方によっては、安定感があったり、すぐに崩れてしまったりと、一筋縄ではいかない面白さがあります。それはそうとダイヤモンドが届いたら、セラとキュービクスと並べて、ネフの素敵な青で統一された写真でも撮って、一人でにんまりうっとりしようかと思っています。

|

« WoodWarlock訪問紀 | トップページ | 久しぶりのカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリガミックカード:

« WoodWarlock訪問紀 | トップページ | 久しぶりのカード »