« アステルパーム | トップページ | 公開予定 »

2007.03.16

お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた

Dsc01281特に買う物も無く、何気なく本屋をフラフラとうろついていたら、何となくみつけてしまいました。「お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた」です。なんてたって公式ですよ、公式。一体どこら辺が公式なのかなぁと言うと、この辺が公式たる所以らしい。まぁ見た瞬間にとりあえず買っておけという感じで購入してしまいました。いくらあっても困る物でもないし、むしろ楽しいのでいいのです。先日出た「おとなのおりがみ」から派生している本だと思いますが、日本でもこういった本が出てくるのは嬉しいですね。ようやくこういったものが日本で気軽に買える時代がやってきました。数年前から求めていましたよ。海外のお札で折るおりがみの本も数冊購入していたりしますが、やはりそこは紙幣のデザインが違うので、何となくしっくりこないものを感じていました。と言うか日本のお札の折り紙の場合は、肖像、デザインを上手く利用していたりしますが、海外の本だとあまりお札のデザインを生かした物よりも、造形に重きが置かれている様です。今後もこういった本が地味に発売されることを願うばかりです。自分でも考えてみようかなぁとは常々思っていますが、なかなかこういった事は苦手な様です。

この本に収録されているのは、ターバン野口を筆頭に、キューピー野口や忍者野口、ダイバー野口等々色々載っているので、かなり楽しめるのかなぁと思います。この本は写真をふんだんに使用しているので、おとなのおりがみよりも若干判りやすいかと思います。また、難易度もこちらの方が易しいと思うので、気軽に折ることが出来ます。あちらは絵で折り方を書いてあるので、多少判りにくい部分もあって、一体どうなっているんだ?と思う箇所もありました。この辺は後発の強みなんでしょうか。絵で説明する方が大変な気もしますが。また、「おとなのおりがみ」はどちらかと言うと、折った造形を駄洒落と共に楽しむ感じですが、この「お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた」は、野口英世の肖像を上手く生かすことに重点が置かれているみたいです。それが面白いのですが。そういった特徴が分かれているので、どちらも買いです。久しぶりにまた折ってみるかな。

|

« アステルパーム | トップページ | 公開予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた:

» マック(マクドナルド) はみんなに大人気 ☆ マック(マクドナルド) は 屋外で また美味しい [ヤフー グーグル 2ちゃんねる 検索で エンタメスクープ  @  ヤフー グーグル 2ちゃんねる 検索で 楽天 生活]
マクドナルド(2702)は、みんな大好きですよね。マクドナルドは、4月2日、2007年3月度の売り上げが過去36年間の日本マクドナルド史上最高の値を記録したことを発表しましたね。マクドナルドによると2007年3月度の月間売り上げは430億4700万円となり、これまで最高額だ...... [続きを読む]

受信: 2007.04.07 23:32

« アステルパーム | トップページ | 公開予定 »