« 書けないことが多いかも | トップページ | 久しぶりに発注 »

2007.02.24

Visions of Wonder Vol.1

先日ようやく入手することが出来たのと、ようやく観る時間を作れることに成功したので、久しぶりにレビューでも書いてみることにします。昨年、大変惜しまれつつ急逝してしまったTommy Wonder師のVisions of Wonder Vol.1です。このDVD自体は色々な方がお奨めしてくれていて、観たいなぁと思っていてもなかなか観る時間が無かったのです。まだVol.1のみしか観ていませんが、非常に不思議で面白いマジックがたくさん収録されています。しかしながら、自分が演じたいものがあるかというと微妙です。ある意味観賞用になりそうなので、やってみたい度は低めになっていますが、観るだけでも十分に面白いし、考え方も非常に参考になりました。このDVDを購入しても出来そうなのが、あんまり無いかもしれませんが、一見の価値ありです。

・The Ring, The Watch, and The Wallet…指輪と時計と財布から金が盗まれ、それらが後日家に封筒に入れられてみつかった話をします。ここで再現してみると言って、指輪を外し、時計も外して、財布から金を抜き取ります。封筒を取り出し、これらを全て封筒の中に入れてしまいます。ここで封筒を示してから、封筒をビリビリに引き裂いてしまいます。封筒の中身は空っぽになっていて、中に入っていた物は…。(2/5)かなりのインパクトがあります。但し、これを演じるとなるとかなりのハードルを飛び越えていかなければなりません。演じるだけでも大変です。解説が無くても良いくらい面白いです。

・Magic Ranch…観客に1枚のカードを選んでもらい覚えてもらいます。するとテーブルにいつの間にか、おもちゃの卵が現れます。その卵を割ると、観客の選んだカードのミニカードです。そしてデックを見ると…。(3/5)おもちゃの卵の出現にはびっくりしてしまいました。解説も非常に細かいセッション形式で、もっと英語が理解出来たらなぁと。

・Through the Eye of The Needle…マジシャンは針と糸を取り出します。指に糸をぐるぐると巻き付けます。そして針の穴に糸を近づけますが、なんと針の穴の中に何本もの糸が通ってしまいます。(3/5)とりあえず不思議。そして解説を見てびっくりしました。マジック自体はそんなに難しくはありませんが、やっぱり大変です。

・The Tamed Card…同じ時間に選んでもらった同じカードをコレクションしている話をします。そして、そのコレクションを見せますが、今回観客が選んだカードとは違います。今選んだカードを変化させると言って、コレクションのカードと擦りあわせますが、コレクションのカードが変化してしまいます。次々に変化して、最終的には全て同じカードになってしまいます。(3/5)師のワイルドカードの手順です。ワイルドカードもこういった感じで観ると非常に面白いです。そして非常に不思議です。

・Two Cup Routine…非常に有名なカップ&ボールの手順です。カップは2つしか使用しません。(3/5)何故か私の周辺で、この手順を演じる人が多いのです。これだけ魅力的な手順であれば納得できます。かなり計算し尽くされた、完成された手順ですが、難しいです。

|

« 書けないことが多いかも | トップページ | 久しぶりに発注 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Visions of Wonder Vol.1:

« 書けないことが多いかも | トップページ | 久しぶりに発注 »