« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

ドラマジックその1

ドラえもんのマジックグッズが出ると何でもかんでもドラマジックになるのは、安易過ぎるのではないかと毎回毎回思うのですが、出てしまうものは仕方なし。というわけで3月1日までマクドナルドハッピーセットに付いてくる、3種類のマジックグッズです。しかしながらさすがにおまけだし、子供向けだし、チープさは否めませんが、集めたいだけなので、問題無しです。対象年齢も3歳以上なので、大丈夫なのです。3月2日から始まる第2弾も購入予定です。

Dsc01261まずどこでもドアです。ドアでも何でもなくて何というか箱です。どこでもドアにドラえもんを入れます。この入れるという表現だけでも箱です。そして再びどこでもドアを開けると、なんとドラえもんは消えてしまっています。きっとどこでもドアでどこかに行ってしまったのでしょう。というか箱でか過ぎ。いや、どこでもドアが大き過ぎです。でもこれに付属しているドラえもんの出来がかなり良いので、ドラえもん目当てに購入しても良いくらいです。これだけはおまけとは思えないくらい良い感じです。なんだかんだ言っても、結局これが一番良かったかも。

Dsc01259続いてタイムふろしきです。ドラえもんが持っているタイムふろしきをどら焼きの上にかざすと、なんと、どら焼きが消えてしまいます。そして、ドラえもんの下からドラえもんのスタンプが現れます。む、意味不明。せめてスタンプがどら焼きであれば、微妙ですが、若干意味があったのではないかなぁと思わないでもない心。というかちっとも不思議さが伝わってこない道具というのも問題ありかなぁと。さらに、これをマジックの分類にしてみるのは、なかなか度胸がいることです。そして、無駄に目の表情が変わるギミックが付いているので、途中で白目になってしまうのが不気味なのも捨ておけません。

Dsc01256そして最後は、ドラミちゃんのないしょペンです。付属のペンで何やら秘密の見えない文字を書くことが出来ます。その秘密の文字はドラミちゃんを台座から外し、その下にあるペンでなぞると見えるようになります。とりあえず、ペンを外す時に目が変わるギミックは良い感じですが、ペンでなぞるとかはどうかなぁと。結構ペンが早めに使えなくなりそうな予感がしています。あっさり使えなくなりそうなペンはかなり微妙です。絶対にあっさりと乾燥するよなぁと。

で今週の金曜日から、また3つ出るので、またまた買わなければいけません。いや、買わなくても良いんだけど、せっかく3つ揃えたら、全部揃えたくなるのです。絶対に文句ばっかり言うのも判っているし、使えないのも判っているけど、何故か欲しくなってしまうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.27

第7回マジックスウィッチ開催日

ようやく第7回マジックスウィッチの開催日と会場が決定致しましたので、告知します。2007年3月18日(日)13時より、東京文具共和会館4F-C室にて開催されます。最寄り駅は浅草橋。JRだったら総武線、地下鉄だったら都営浅草線から、徒歩3分。近くて便利かも。なかなか会場が決まらずに、どうなることかと思っていましたが、これで一安心ですね。写真で会場の感じを知ることが出来ますが、なかなか素敵なところっぽい。今後も定期的に取れる会場になると良い感じです。しかしながら、会場の地図はどこだろう?と探してしまいました。会社概要のところにあるのですね。例によって地図。

35/41/32.755,139/47/25.085

さて、次回のチャレンジコーナーのお題は「ボディマジック」です。つい先日、このボディマジックとはなんぞや?と結構話し込みましたが、結局結論として、身体のみで行うのがボディマジックなのであろうということになりました。つまり、他の道具は一切使わないで、身体だけで何かマジックをしなければいけませんね。まぁ道具を使うにしても、身体が主であれば大丈夫かなぁと。これは特に自分に課した制約なので、誤解のなきよう。さらに会場の前に出てやる場合、指とかだと後ろまで見えないから、ますます難しくなります。

こんな感じで考えていくと、かなり絞られますので、ネタが重複する可能性も大きいので、何かないかと躍起になって探している次第。みつからなかったらみつからないで、やらないだけだから気が楽ですが、可能性は追求していきたいと思っています。こういう時に特異な柔軟性を持った肉体が欲しいと考えたりするわけですが、3週間程度で驚異的な柔軟性が身に付くはずもなく…。

他には数日前に思いついたネタがあるので、そちらも形にしていけたら良いかなぁと考えています。今のところ実現出来そうな可能性は3割程度。本当に思い付きなので、もう少し時間がかかるかもしれません。後、いくつか思い付いただけで実現していないマジックも少なからずあるので、徐々に形にしていけたら面白いかなぁとか思っていたり思っていなかったり。全てにおいて工作が必要なので、なかなか厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.26

D-BALLカラフル

Dsc01252やのまんから発売されているD-BALLカラフルです。1260円。やのまんと言えば、立体のジグソーパズルですが、こんな感じの商品も扱っていたのね。探せば解法のページもみつかりますので、どうしても出来ない方は、どうにかして探してください。簡単にみつかります。これは、まぁ特に欲しくも無かったはずなのですが、やっぱり買っておかなければいけないという、訳の判らない強迫観念にも似た思いに駆られて購入してしまいました。そんなに高い物でもないので良いかなと。こういったものを見たら結局購入してしまうあたり駄目ですね。

Dsc01253このD-BALLカラフルはボール状になっていますが、ルービックキューブの2×2×2と同じ動きにですね。球形なので、止める場所が判らなかったりすると、地味に動かない角度があったりして、若干難しくなっているのかな。カラースキームは良く見たら何故か一緒です。結構回しづらいのと、ホールドしにくいのも、難しくなっている要因ですかね。一体どういった構造になっているのか、分解してみたい衝動に駆られたい気持ちになりますが、どこから手を付けて良いのか謎なので、やめておきます。あっさりと壊れそうです。

Dsc01254また他にも、地球儀の模様であるとか、アンティークな感じの模様のD-BALLもあるので、購入してしまいました。普通の地球儀は、それほど魅力的では無かったので、まだ購入していませんが、せっかくですので、集めきってしまいたいと思います。近いうちに全ての種類が揃うでしょう。カラフル以外は開封する気は無いので、買わなければ良いのにと言う声が聞こえてきそうですが、そんな声は絶対に聞こえないように出来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.25

久しぶりに発注

土曜日の夜から、一晩かけて、接待をしてきました。なかなか楽しく過ごすことが出来ましたが、その分疲れもすごくて、日曜日は帰ってきてから12時間くらい寝続けることになり、何も出来ないまま日曜日も終わりつつある今日この頃HIGEです。いやー、たまには徹夜で遊ぶのもいいもんですな。2週続けてですが、楽しいから大丈夫です。参加された皆様お疲れ様でした。

そういえば、物凄い久しぶりに、マジックの道具なんかを発注してしまったりしてしまいました。本当に買うのも久しぶりなStevens Magicです。売っているのもここくらいしか無いので、仕方なく購入です。まぁ円安傾向であるから、買うのも控えていた訳ですが、もうさすがにここしばらくは円高に振れても、この水準を保ってしまうんだろうなぁとの思いもあり、即購入。どうしても欲しかった訳では無かったのですが、なんとなくやってみたいかなぁと思っていました。ま、たまにはこういった感じの道具も良いでしょう。お蔵入りになりそうですが、ちょっと頑張ってみようかなぁと。まだまだ何を買ったのかは秘密です。出来るようになったら、公表しても良いのですが、未知の道具なので、自分でもやってみるまで判断出来ません…。

さてとそろそろ来週に向けて始動しなければなりませんが、なかなかモチベーションも上がらず、結局はギリギリまで何もしない可能性が大ですが、さすがに無理にでも練習だけでもしていかないといけません。来週に何があるかは、来週には更新されているので、それまでは秘密です。細かい部分に修正を入れながら、台詞を洗練させながら、流麗に出来るようになりたいなぁと思っています。どんなマジックでも未だに満足出来た演技というものがありません。あの程度では満足出来ませんから、この辺は地味にでも向上出来たらなぁと思っている次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.24

Visions of Wonder Vol.1

先日ようやく入手することが出来たのと、ようやく観る時間を作れることに成功したので、久しぶりにレビューでも書いてみることにします。昨年、大変惜しまれつつ急逝してしまったTommy Wonder師のVisions of Wonder Vol.1です。このDVD自体は色々な方がお奨めしてくれていて、観たいなぁと思っていてもなかなか観る時間が無かったのです。まだVol.1のみしか観ていませんが、非常に不思議で面白いマジックがたくさん収録されています。しかしながら、自分が演じたいものがあるかというと微妙です。ある意味観賞用になりそうなので、やってみたい度は低めになっていますが、観るだけでも十分に面白いし、考え方も非常に参考になりました。このDVDを購入しても出来そうなのが、あんまり無いかもしれませんが、一見の価値ありです。

・The Ring, The Watch, and The Wallet…指輪と時計と財布から金が盗まれ、それらが後日家に封筒に入れられてみつかった話をします。ここで再現してみると言って、指輪を外し、時計も外して、財布から金を抜き取ります。封筒を取り出し、これらを全て封筒の中に入れてしまいます。ここで封筒を示してから、封筒をビリビリに引き裂いてしまいます。封筒の中身は空っぽになっていて、中に入っていた物は…。(2/5)かなりのインパクトがあります。但し、これを演じるとなるとかなりのハードルを飛び越えていかなければなりません。演じるだけでも大変です。解説が無くても良いくらい面白いです。

・Magic Ranch…観客に1枚のカードを選んでもらい覚えてもらいます。するとテーブルにいつの間にか、おもちゃの卵が現れます。その卵を割ると、観客の選んだカードのミニカードです。そしてデックを見ると…。(3/5)おもちゃの卵の出現にはびっくりしてしまいました。解説も非常に細かいセッション形式で、もっと英語が理解出来たらなぁと。

・Through the Eye of The Needle…マジシャンは針と糸を取り出します。指に糸をぐるぐると巻き付けます。そして針の穴に糸を近づけますが、なんと針の穴の中に何本もの糸が通ってしまいます。(3/5)とりあえず不思議。そして解説を見てびっくりしました。マジック自体はそんなに難しくはありませんが、やっぱり大変です。

・The Tamed Card…同じ時間に選んでもらった同じカードをコレクションしている話をします。そして、そのコレクションを見せますが、今回観客が選んだカードとは違います。今選んだカードを変化させると言って、コレクションのカードと擦りあわせますが、コレクションのカードが変化してしまいます。次々に変化して、最終的には全て同じカードになってしまいます。(3/5)師のワイルドカードの手順です。ワイルドカードもこういった感じで観ると非常に面白いです。そして非常に不思議です。

・Two Cup Routine…非常に有名なカップ&ボールの手順です。カップは2つしか使用しません。(3/5)何故か私の周辺で、この手順を演じる人が多いのです。これだけ魅力的な手順であれば納得できます。かなり計算し尽くされた、完成された手順ですが、難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

書けないことが多いかも

ちょっと見ないといけないDVDが大分溜まってきているので、少しずつでも消化していきたいところなのですが、先日購入した「レイトン教授と不思議な町」も楽しくてやり続けてしまうくらい面白いので、やめられない状態になってしまってきてるHIGEです。たまーに一つのナゾが解けなくて、イライラしながらも、ずっと考え続けたりしてしまうので、なかなか進まない場合もあったりします。ゲームを開始する前に1枚でも消化しようと思っていますが、明日で良いかとかも考えてしまうのです。こんなことばっかりだから、ついついしなければいけないことがどんどん溜まってしまうのですねぇ。いかんいかん。で土曜日は夜から朝までたくさん遊ぶ予定なので、その時間までに色々とこなしておかないといけないのですね。

で、最近はちょっとだけ練習したいなぁと思っているマジックがあるのですが、そちらにも手をつけようとは思っていながらも手がつけられない状態になっています。コインを使ったスルー系のマジックでいくつか練習したいかなと。スルーさせるのは、シルクだったり、ジップロックだったりするのです。久しぶりにコインマジックの手順を覚えてみようかなぁという気になっています。手順的にはすぐに覚えられるのですが、技術的なところがねぇ…。地味に地道に練習し続けてみようかなという気にはなっています。

ま、考えているだけでは上達しないので、身体を動かさないとねぇ。しかしながら、なんだか3月中旬辺りまで、予定が詰まってきてしまったので、練習時間も減るけど、少しくらいは、たまには頑張ってみようかなぁと、思ってみたりするけどね。とりあえずは来週に向けて、練習です。すっかりさぼっていたから、まずいかなぁと。でも結局はダラダラとしてしまいそうな予感もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.22

レイトン教授と不思議な町

Dsc01251レイトン教授と不思議な町を購入するために、会社の帰りに、ヨドバシに寄ったら、何だか判らないくらいの長蛇の列があって、クラクラとしてしまって、買うのを断念しようかと思ったのですが、Wiiがゲリラ的に発売していたのね…。30分から40分待ちだと。有り得ないと思いながらも、普通のソフトは列が分かれていたので、とりあえず売っているかどうかを確認してから、もう一個の短めの列に並んだ。しかしながら、レジが一つしかないので、なかなか進まないし、暖房が効いているのか、それとも熱気が凄いのか判らないのですが、とにかく暑かったのですが、我慢して並んでいて、自分の番が来たけど、結局売り切れ…。ソフトが並んでるところには完売とか書いてなかったから並んだのに!まぁ自分が聞かなかったのも悪かったけど、何のために並んだのか判らず、イライラっとしながら、入手出来ないとなると、欲しくなる気持ちが他の人よりも数倍くらい欲しくなってしまうので、テクテク歩いて、ビックカメラまで移動。む、売っていた。買った。む、何か付いていた。レイトン教授のマスコットフィギュアだ。これからはビックカメラに切り替えてしまうしくゎっ!まぁ特典は無くても良いのですがね。

というか先週既に発売していたのに、CMで見て欲しくなった時には、周辺では売っていなかったので、ますます欲しくなるスパイラルに陥っていました。ようやっと入手出来たら、なんだかずっとやっていました。肝心のゲーム内容ですが、画面をタッチしたり、キャラクターに話かけたりすると、ナゾが登場して、それをタッチ画面で色々操作しながら、ナゾを解いたりしていくと、話が進んでいくのです。まだまだ序盤だから、結構地味な感じですが、ストーリーは二の次で、このナゾを解くのを楽しんでいます。まぁストーリーも面白ければ大満足です。画面の絵があたたかい感じで結構好き。ニンテンドーWi-Fi USBコネクタに繋ぐと毎週新たなナゾが追加されるってのも嬉しいですね。

さすがにこのナゾは、多胡輝師が監修しているだけありますねぇ。頭の体操">頭の体操シリーズは中学生くらいまでは、夢中になって新刊が出たら買っていたことを思い出しました。初期のシリーズは本当にひらめきで解く感じで、面白かったのですが、後期になると、意地悪な問題が多くなってきて、いつの間にか読まなくなっていました。久しぶりにやると新鮮だったりします。ゲーム画面だと、解答が次のページに無いから、解くまで頑張ってしまいますね。さすがに知っている問題とかもありますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.21

チャレンジコーナーに向けて

久しぶりにマジックの話でも書かないとさすがにまずいかなとも思いながらHIGEです。次回のマジックスウィッチの開催日も場所も決まっていないけど、チャレンジコーナーのお題だけは「ボディマジック」と決まっているので、少しだけどんなんがあるかなぁと考えてみた。考えているだけではなく、DVDも観てみたりしたり。というかボディマジックって、範囲が相当広いんではないかなぁとか思ってみたり。

で、手伝ってもらう観客だけが不思議ってな感じのマジックは結構あるのですが、それだと見ていてもあんまり面白くはないかなぁと。やってもらう本人は結構楽しいとは思いますが。それだったら2人でこっそりとやってしまいます。面白く見せるような感じのボディマジックってかなり少ないのかなぁと。そしてマジックスウィッチの場で出来るものと考えるとさらに限定されてしまいます。

まぁ何個かはすぐにでも出来るのですが、絶対にネタかぶりするよなぁというようなものくらいしか出来ないので、ちょっとどうしようかなぁと思ってます。昔購入した本でも見返してみるかなぁとか思いながら、今更新しいネタを買うのもなんだかなぁと。こうやって色々考えると出来るボディマジックなんざ無くなってしまいますね。何か考えながら、指のストレッチをやっていたりします。

とまぁここまで書いていて気が付いたのですが、これは第1期の後期の宿題コーナーで私が宣言していた「~を使った何か」ってことと同じだなぁと。とりあえず素材だけ決めて、後は色々と試行錯誤しながら、当日までに何とか形に仕上げてしまうという。今考えるとよくあんなことやっていたよなぁと思うこと仕切り。チャレンジコーナーと違って、宿題だからやらなければいけないというプレッシャーで、前日は明け方まで練習していたのも良い思い出。なるほど、だから宿題宣言しなくなったのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.20

決定版 頭を鍛えるルービックキューブ完全解析!

Dsc01250昨日に引き続き、今日もキューブのネタになってしまいました。こうやって固めて書かずに、様々な記事をちりばめられたらどんなに素敵だろうと思っていても、なかなかそう上手いこと回りません。その辺はフィーリングと購入してきたもので記事も決まってしまう適当な感じでやっています。元々このネタを書く気は無かったのですが、フラーッと久しぶりに本屋にでも行ってみようかなぁと思って、なんとなく眺めていたところ目に付きました。「決定版 頭を鍛えるルービックキューブ完全解析!」です。

以前にも「頭を鍛える ルービックキューブ 完全解析!」という本が出ていましので、「む、表紙を変えて、中身は変えずに、再販したのか?」などと思いながらも、少しだけ読んでみることにしたところ、基本となる部分は変わらずに、若干中身も変わっていたので、ついつい購入してしまいました。前のは、今は家のどこにあるかが判らない状態なので、丁度良かった。ちょっと調べてみたところ、なんと今日が発売日だったようですね。決してがっついて購入しているわけではありません。

拙い記憶を頼りに同じところや違うところを書いてみようと思います。記憶違いがあるかもしれませんので、ご了承下さい。同じであるところは、ツクダ式の解法、簡易LBL法、リベンジの解法(完全1面から作成するタイプ)、パターンキューブなど。細かい部分は違うかもしれませんが、この辺は同じっぽい。違うところと言えば、2×2×2の解法が載っていたり、リベンジのセンターファーストからエッジを揃えて仮想3×3×3にする解法などが載っています。そういえば、OLLとPLLの図はちょっと見やすくなったかもしれません。持っている人があえて買うこともないかもしれませんが、個人的には買いの本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.19

キューブネタを少々

森羅万象ドットコムを見て知ったのですが、ルービックレヴォリューションなる製品が出るのですね。何気にキューブネタ多いですよね。この新製品は見ているだけだと一体どういう風に遊ぶのかがまるで判らないのですが、何故だか期待が高まってしまうのです。もう売っているもんだと思って、早速注文しようとしたら、まだまだ4ヶ月近くも先なのね…。だいたい6月12日頃辺りに発売なんでしょうか。とは言っても日本だともっと遅くなりそうですね。とりあえずカラースキームは日本のとは違うが、カラースキームなんか関係無いかもしれないなぁ。とりあえず買えるようになったら、為替レートは関係無く、数個購入してみたい気持ちで一杯です。徐々に情報も出てくるでしょう。

光がキーワードになっているみたいだから、パーツが光ったりするのかなぁ。そもそもこれは回せるのだろうか?このセンターの窪んでいるような感じは何?等と色々と夢想してしまいます。と思っていましたが、どうやら違う模様…。回せなくて、次々に人に渡していく動画を見てみました。動画はここ。これを見ても、遊び方は謎が深まるばかりです。光っているところをみつけて、次の人に渡すのかなぁ。誰にでも出来るってのが、ちょっとだけひっかかりますが、ルービックキューブ自体、誰にでも出来ます。断言します。これだけ解法が出回っているのだから、出来ないのは努力が足りないだけなんです。と自力で解けなかったHIGEがほざいてみます。まだ6面揃えていないという方がいたら、これから自力で揃える楽しみがあるので、ある意味うらやましい。まぁパズルが嫌いって言うなら話は別ですが。

そしてちょっとだけ気になるゲームが「頭の回転のトレーニング ルービックキューブ&超有名パズルたち」です。リンク先には画面が載っていないので、画面はここを。ニンテンドーDSで一体どんな感じになるのかが非常に気になります。商品説明が間違っていたり、知っている名前が見受けられたりしています。2×2×2は普通に販売しています。まぁ他にも色々とパズルが入っているようなので、購入してみようかなと思っています。これもまだまだ発売が先なので、忘れないようにしないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.18

何だか忙しいかもしれない

予想以上に先週は疲れてしまっていて、ほとんど何も出来ない状態でした。身体も疲れていたので、家に帰ってきても寝るだけの日々が続いていましたが、まぁ今週は少しは余裕が出来るのかなぁと希望を持ちつつ、仕事をこなしていかないといけませんねぇ。どんなペースで生活をしていたかを忘れるほどに忙しかった。とりあえず今週を乗り切ってしまえば、少しは楽になるのかなぁと思っています。

というか週末には突然忙しくなってしまったりして、久しぶりに徹夜しちゃったりなんかして。徹夜でボードゲームなんかしていたりしたのです。本当に唐突だけど、個人的にはとっても楽しかったので良し。色々とお世話になりました。そしてありがとうございました。とここで簡単にお礼を書いてしまったり。

それよりもなかなか予定通りに事が運ばない状況なので、徐々にやらなければいけないことが後回しになってきて、溜まってきている状態を解消しないといけないと思いながらも、それをやる時間があんまりないのが正直なところ。DVDも観たいし、マジックの練習もしたいし、解いていないパズルも触りたいし、本も読みたいしと様々にあるんですが、何にも出来ていない状態です。少しは解消するために時間を作らなくてはいけないなぁと思いながらも、とりあえず体力回復に努めたいと思います。ゆっくりな休日が1日だけ欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.17

なんだかとってもつかれたよ

昨日までで仕事のピークをどうにか越え、土曜日はゆっくりと静養しようかと思っていたのですが、何やら突然、忙しくなりそうなので、ゆっくり更新しようかと思っていましたが、急遽電車の中から更新をしているHIGEです。傘忘れたが、雨は降らないよね?

というか昨夜は本当にしんどかったので、サササッと寝てしまいました。起きているのが辛いくらいで、個人的危険信号である「背中の痛み」が金曜日辺りから出ていたので、先ほどまで寝てました。大分回復したので、とりあえずなんとかなるのではないでしょうか。

というわけで、ここ数日はマジックどころではないし、ましてやパズルどころでもない、一番嫌いな仕事ばっかりだったのですが、来週は若干の余裕もある…と良いなぁ。3月過ぎるまではちょっと大変なのかもしれないが、適当になんとか今回のように疲れない程度に乗り切りたいなぁと思っていますが、果たして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.16

帰ってきたら

15日中に帰ってこれなかったので、一日空くことになってしまいましたが、特に毎日更新とかに拘っていないので良いのです。書きたい時に書けば良いのです。とは言うものの、自分が巡回するところが更新していないと寂しい気持ちになるので、とりあえず何らかの形で更新はしておきたいものです。とは言っても、書くことが無い場合は、結構搾り出して、だらだらと書いているだけで中身は無いので、あんまり誉められたものでもないのですが。

基本的には、寝る前にちゃらちゃらっと書きたい気持ちは山々なんですが、日によってサラサラッと書けたり、全然書けなくてダラダラとしている時もあり、あんまり安定はしていません。しかも書きたいものがある時は、たくさんあって、記事に出来ない場合もあったりします。旬を過ぎると何だか書く気も失せるのです。逆に書くものが無い時は、本当に書けないような日もあるのです。何本か記事はストックしてあるのですが、事情があって公開出来なかったり、中途半端だったり、まとまっていなかったりするのです。レビューはとにかく時間がかかるから、休日を絡めないとなかなか書けないし。

まぁ適当に好きなことを書いているだけなので、あまりにも書くことが無い場合は、家の中にある道具を引っ張り出してきたりします。が、これが思わぬ効果を呼ぶこともあるので、馬鹿に出来ない。久しぶりに見る道具(マジックに限らず)に思わず夢中になってしまったりする時もあります。

とまぁ今日はこの辺で切り上げてしまいます。あんまりネタも無いことだし、搾り尽くすと次の日にも影響してしまう場合があるかもしれない。そこまで切り詰めてもいませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.14

コルクとか

Dsc01244先日のマジックスウィッチで購入したレクチャーノートを読み込んでいます。このレクチャーノートに付属していたコルクを異様な頻度で弄んでいます。これがなかなか楽しい。今までコルクなんて無縁な生活をしていたので、何だかちょっと新鮮に感じています。家にあるコルク製品なんて、コークスくらいしかありません。そのコークスだって、あんまり遊んでいないので、コルクに触ることすらほとんど無いからなぁ。

で、購入したレクチャーノートにはコルクの貫通が掲載されているのですが、これがなかなか楽しい。他にもカードマジックとかコインマジックも載っているのですが、コルクのマジックがこれだけ詳細に解説されているものを今まで読んだことがないからでしょうかねぇ。まぁやり方自体は以前から知っているのですが、こんな風に書かれていたら、いっちょ頑張って練習しようって気にもなるものです。久しぶりにじっくりと取り組みたいようなマジックに出会いました。

とまぁコルクだけで記事を書いてみても、これ以上書けないので、今までに書いたレビューの記事を読み返して、やってみたい度が5のマジックをみつめなおそうかなぁとも思っていたりします。結構印象で書いているので、見返してみると、これをやりたかったのかと、うーんと唸ってしまったりしてしまうものもあったりするのですが、ファーストインプレッションを大事にして、記事は訂正せず。基本的にDVD1枚にひとつでもやりたいのがあれば良いかなと思っているので、それはそれは膨大な数になってしまうので、そこから2つ3つをセレクトして練習しながら、次回の宿題宣言へと繋げようかと目論んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.13

ロープマジックを考える

第6回マジックスウィッチのチャレンジコーナーでのお題「ロープマジック」を実際に演じてきました。しかしながら、反省点は昨日挙げたので、今日は辞めておこう。あんまり書いてると青くなる。個人的にロープマジックを今までやらなかったのにも、とある理由があるので、今日はちょっとそれについて書いてみたいと思います。

ロープマジックというと、カット&リストア(切っても元通りに戻る)が主たる現象だと思うのですが、間違っている認識かもしれません。ただ単に自分の見てきたロープマジックというと、ほとんどがそれだったりするのです。とりあえず個人的にはカット&リストアがどうにも演じる気にならないというか。また、結び目の移動という現象も多々見受けられますが、こちらもどうやらあんまり好きではないらしい。こちらは、それなりに演じても良いのではないかなぁと思いながらも、なかなか好きになることが出来ません。誤解しないように書いておきますが、他の方がカット&リストアや結び目の移動を行うことに否定的なわけではありません。自分が演じるスタイルではやる気にならないだけです。まぁ今回のチャレンジコーナーではカット&リストアを行った人がいなかったわけですが…。

そういうことを排除していくと、恐ろしく演技の幅が狭まってしまうのです。それは充分に判っているのですが、やはり趣味で行っている以上、自分でやりたくないことは出来るだけやりたくないのです。ただ単にそれに尽きるのです。そんなことを考えて演じたのが、今回のロープマジックでした。かなり制約が付いてしまった状態でやってしまいました。あんまり練習もきちんとしてなかったのも理由かと。

今回はAlexander de Cova師のRopingというマジックをベースに、カット&リストアの部分を排除してみました。排除した分、説得力に欠ける部分があったり、意味の無い動作が入ってくる箇所があったりするのですが、今のところはこれが良いのかなと。まぁもっと学べば、色々な現象を取り入れて、自分なりのルーティン組めるようになることがロープマジックについでの目標です。高木先生のロープマジックをもっともっと読まないといけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.12

第6回マジックスウィッチ

2007年2月12日に、2007年初のマジックスウィッチが開催されました。会場では第5回となっていましたが、第6回ですよね?今回は会場を広めにとってあったのですが、若干参加者が少なかったようです。それでも50名弱ですが。会場が広かったこともあって、フリーマーケット、喫茶、プログラム進行と綺麗に分かれていて、それはそれでやりやすかったのでしょう。これくらい広いと良いですが、まぁその分会場費が上がってしまうというトレードオフがあるのですが。

で、今回もつけとどけが盛りだくさんで、こちらも充分に堪能することが出来ました。ヴァレンタインデーが近いということもあって、チョコレートが多かったようです。私は今回は地元のお菓子屋さんで購入して持って行きました。お菓子云々よりも、ケースが良かったのです。ほとんどケース代じゃないかなぁと思われるくらいにお菓子は少なめでした。まぁ喜んでもらえたので良しとします。毎回毎回たくさん食べてしまうので、常に持って行きたいところ。次回は何にしようかなぁと、早くも次回のことを考えてしまいます。

またフリーマーケットもかなり充実していて、お店が立つや否や、黒山の人だかりが出来てしまうほどでした。相変わらずの激安バイシクルや、絶版の商品やら色々とありました。今回は少なめにレクチャーノートを一冊だけ購入しました。コルクを使用したマジックが収録されていて、さらにコルクも付いていたので、思わず購入してしまいました。帰りの電車の中で少々読みましたが、なかなか面白そうなので、少し練習してみようかなと思っています。

プログラムが進行していって、チャレンジコーナーだけ今回は演じさせていただきました。やるつもりがあったのですが、トップバッターとなってしまい、準備にも時間が取れない状況で演じてしまったのが少し失敗でした。もう少し入念に準備をしたかったのですが、仕方無し。色々と見えてはいけないものが見えていたり、技術の方に集中していたりしてしまった箇所があったり、観客に手伝ってもらったのですが、最後お礼を言うのを忘れてしまったりとかなりダメな状態でした。やっぱり観客に手伝ってもらうマジックは、いきなり本番はダメですね。難しい。まぁこういったマイナス面が見えたので、今回は良しとしましょう。ロープマジックについては、今後思うところがあるので、ちょっと別記事で書くことにします。次回のお題は「ボディマジック」か?

今回のレクチャーは、今までに較べて若干内容が難しく感じましたが、まぁあれくらいでも大丈夫なんだろうなとも思いました。千円札が見る見るうちに、500円玉になってしまうマジックでした。宿題コーナーは相変わらずいつの間にか終了していて、今回も宣言することが出来ませんでした。先日から宿題になりそうなマジックを考えていたのですが、思い付かなかったとも言いますが。

で今回はなんだか色々と見たような、見ていないような感じであっと言う間に終了時間がやってきました。今回も非常に楽しむことが出来ました。最後はいつものようにアンケートに答えて、片付けて、全て終了です。次回は未定です。まぁだいたい3月の同じ頃にやるのではないかなぁと予想。あくまで予想ですので、公式発表をお待ち下さい。後は恒例のさくら水産での2次会を22時過ぎまで行っていましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.11

ブレッド紳士-HIGE-

昨日は家に帰ってきたら、もう0時を回っていたし、何やら異常に疲弊しきっているので、更新はお休みしてしまいました。なかなか疲れが取れにくくなってきているような気がしますが、久しぶりに予定が無い日曜日なので、ゆっくりと静養しようかなと思ったのですが、先日注文した数々が届いたので、そちらに注力していました。マジックのグッズでもなければ本でもない、さらにはパズルでもなければジャグリングの道具でもない。とすると残るはホームベーカリーしかありませんよね。

Dsc01234というわけで、ナショナルのSD-BT153-Wを遂に購入してしまいましたよ。年末くらいからずーっと欲しくて欲しくて、何度も購入しようと思いながらも、なかなか購入に踏み切れなかったのですが、「迷うなら買え、迷うのは買ってから」というのがモットーのHIGEとしては、買ってから迷うことにしました。なかなか在庫状況が芳しくないので、ずるずると引き延ばしてしまったような感じになりました。

Dsc01243で日曜日はこれを作るために材料買ったり、焼きあがるのを待っていたりしました。焼いてる間にとあるマジックのDVD観たりもしてましたけど。焼いてみてやっぱり購入して良かったなぁと。お米も好きですがパンも好きなので、これはもう私の生活必需品です。文明の利器はすごいやね。とりあえず材料を計量して、ボタンを押して、待っているだけで、こんなにも美味いパンが出来てしまうのですから。これからはマジック紳士を辞めて、ブレッド紳士にでもなろうかと思うくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.09

帰ってきたけど

2泊3日のロングな研修からやっとこさ家に帰り着いたHIGEです。座っているばかりなので、眠っていたことはミンナニハ ナイショ ダヨ。しかしながら疲れました。やることないから、普段よりも早く寝て、移動の手間もないから、普段よりも遅く起きたのに、異常に疲れています。マジックどころじゃありませんでした。やっぱり環境が変化すると安心して眠れないのでしょう。基本的に環境が変わると寝付きが非常に悪くなるくらいに繊細なのです。それにしても自由にネットが出来ない環境と、自由にテレビが見られないのはかなりのストレス状態でした。HIGEは現代っ子なのです。

それにしても世間は3連休に突入ですが、土曜日は仕事を猛烈にしてみる予定だったりします。それも全て、これ以上休日に出勤をしたくないために、猛烈に。少しでも仕事を進めて、ゆっくりしたい日曜日。そして、マジックスウィッチな月曜日を過ごしたいものです。果たして、2連休は確保出来るのか怪しいものですが、疲れた身体に鞭打ってみようかと思っています。日曜日はヘロヘロだな、こりゃ。でもちょっとくらいは練習しないとなぁ。

というわけで、起きているのも辛い状態になってきましたので、そろそろ眠ろうかと思いますが、適当に時間を潰しながら、特命係長だけは見てから寝ようと思っています。まるで中身のない記事で本当に申し訳なく思っているところではありますが、まぁきっと研修に行かないとしても、こんな感じだろうと自分に言い聞かせている次第であります。明日も仕事だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

今日は出先から

何も出来ないストレスばかりが溜ってしまい、無性に人恋しいHIGEです。ようやく明日帰還します。自分で好んで行ってる場所ではないので、長く感じるのです。久しぶりに携帯から更新してるけど、上手いこといくのかしら?

とりあえず死ぬほどネタがありません。そりゃ家に帰ってないし、快適な入力機器もないので、生きてることを報告程度に書いています。とりあえず金が減らないことくらいしか、メリットがありません。飯は揚げ物ばっかりだし、コロ助か!?間違えた、殺す気か!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.07

Mmmmパズル

Dsc01232先日赴いたtoritoにて購入した岩沢宏和師のパズル「Mmmmパズル」です。1050円。木の暖かさが感じられる逸品です。手触りが良い感じです。さて、これはどうやって読むのか謎なんですが、とりあえず「えむえむえむえむぱずる」と読んでいますが、おそらく間違っているのではないのかなぁとは思いながらも他に読み様が無いのでこう呼ぶことにしています。正式名称が判れば、それを使用します。これは4つの同じピースを箱の中に入れて、蓋をきちんと閉めるのが最終的な目的です。そして、3枚のピースを収めることが第一の課題です。

随分と前から展示してある商品を触っていたのですが、なかなか購入までには至らず。遂に購入してしまいました。とりあえず出来る気がしないというのが、ここまで購入しなかった大きな大きな理由です。どうやってもこんなピースが4つも収まって、しかも蓋まで閉められるとは思えない状態なのに、正解は綺麗に収まるってどういうことだろうと思いながらも、ちょっとだけチャレンジしてみました。2枚なら誰がやっても余裕なんですが、これが3枚となると、途端に難しくなってしまいます。

Dsc01233とりあえず3枚までは、箱に収めて蓋をきっちり閉めることが出来ました。がしかし4枚目がさっぱりです。箱に収まったは良いが、蓋が閉まらない状態になってしまいます。がしかしこれで良いのです。4枚がすっきり入ってしまっても、ちょっと勿体無いかなぁと思っているので、4枚目はまた後ほど楽しむことにします。しかしながら気になります。うーん、どうしたものか。この蓋が憎い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.06

ぼやきながら

7日から9日にかけて、2泊3日の南京錠タイ!いや、間違えた軟禁状態にて、研修に行ってきます。何故この忙しい時期に?と疑問がふつふつと湧き上がってくるのですが、去年断っているから仕方無し…。すごく行きたくないのです。今から準備もしないといけないし、その間色々なことが出来ない弊害の方が多いし、生活リズムが崩れるし、何よりここの記事も書けないかもしれません。更新は出来るかと思いますが、疲れてそれどころじゃない予感もします。マジックの練習もしたかったけど、出来ない状態に陥ってしまいます。とりあえず練習中の道具は持って行くけどね。

さてと、来週の2月12日(月)は約2ヶ月ぶりのマジックスウィッチです。今度の月曜日なので、間違えないようにしなくてはいけません。日曜日にうっかりかやの木会館に行ってしまいそうです。いやいや本当に久しぶりです。散々書いている通り、チャレンジコーナーのお題「ロープマジック」に照準を合わせているのですが、参加出来るかどうかも危うい状態です。計画通りに事が進めば、参加出来そうですが、そればっかりはどうにも判りません。こういった時に限ってトラブルが起きてしまうのでしょうね。経験済み。

ロープの方なのですが、すっかり購入したことを忘れていた「ロープマジック」をみつけました。そういえば、とりあえず買ってみたものの、まぁ後にしておくかと思っておいた本です。もうちょっと早くみつけていれば、少しは色々と覚えられたのにと思いながらも、今の手順にちょっとだけ付け加えてみたい気もしますが、やっぱりリズムが崩れるので、それはやめておくことにします。大筋は出来ているので、さっぱりと短めの手順で臨みたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

大めに見てね

秋葉原と言えばパズルの街です。いや、正確にはパズルの街でしたと言った方が正しいでしょうか。アキハバラデパート閉鎖に伴い、コスモ物産が無くなってしまっている現実を見て、ちょっと悲しくなりました。平野さんは元気にやっているでしょうか。とは言ってもまだパズル専門ショップのtoritoがあるので、パズルの街と言い張ります。で昨日モルキュール開演前にちょろっとtoritoに寄って参りました。欲しい物が若干売り切れていたので、満足のいく買物も出来ませんでしたが、それなりに収穫あり。またまたしばらく楽しめそうなパズルを購入してきました。その前に解いてないパズルをどうにかしろよ…というのは置いておく。

Dsc01231今回のお気に入りは、写真の「大めに見てね」です。504円。この写真は解答ではありませんので、ご安心を。これはパッケージに掲載されている通りにピースを並べただけです。これはシルエットパズルに分類されるパズルです。ピースを重ねないようにして、並べ替えて、問題の形を作るパズルです。これはアクリルパズルシリーズ14となっています。14もシリーズ化していたとは知りませんでしたが、とりあえずtoritoの売り文句「柔軟な思考が必要です」というあたりに惹かれて購入してみました。サクッと解けても良し、難しくても良しという感じで購入したのですが、思いの外難しい…。ちょっとずれているキーになるパーツの収まる場所が全く見当がつきません。作者の思う壺に思いっきり嵌っているような気がしないでもないが、それもまた楽しい。

そういえばシルエットパズルは苦手なことに今更気が付いた。出来ないこともないと思いますが、これはちょっと時間がかかりそうです。時間がかかればかかるほど、コストパフォーマンスは飛躍的にアップするので、それはそれで良いのですが、解けない状態で置いておくのも精神衛生上良くないよなぁと思いつつ、解けないパズルがどんどん溜まっていくのです。まぁいつでも楽しめる状態にあれば、思い出した時にでも引っ張りだせば遊べるし、パズルとかは、年月が経つと入手しにくくなるので、どんどん買った方が良いのです。と言い聞かせて、また買いに行くのです。次回訪れる時には、今回売り切れていた品々が入荷していますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

第5回モルキュール

2007年2月4日(日)はモルキュールの第5回公演の日でした。今回は秋葉原のルノアールにて開催されました。借りた部屋は今回の観客の人数だとちょうど良い感じの広さで、なかなか良かったのではないでしょうか。もう少し人数が増えてくると、ちょっと狭いかもしれないなと思いましたが、隠れ家的な感じでした。今回の観客の人数は3人。直前で観客が少なくなってしまうというハプニングにもめげずに、何とか開催出来ました。マジシャンの数も3人だったので、まぁ丁度良かったのかもしれません。いやマジシャンが多いか…。

今回は前回開催から結構時間も空いてしまったので、久々に緊張してしまいました。やっぱり自分の演技は余裕が全然足りない感じで、演じている最中も気が付いていたのですが、軌道修正出来ませんでした。時間が空くとなかなか難しくなります。手順的にはいつも演じている固定された手順+1という演技構成で行いました。直前までその+1の部分をどうしようか迷っていたのですが、結局ここは経験値を稼ぐ場所だと割り切り演技してしまいました。演技自体は反省する部分が多々。かなりもたついた部分があったのは、反省しています。普段から演じていないとダメだなぁと実感しました。まぁこういったことも実際に演じないと判らない部分ですので、次回までに修正しようかと。

今後はモルキュール自体どうなっていくのか判りませんが、個人的には着実に一歩ずつ各演技のレベルアップが図れると良いかなぁという感じです。同じマジックをいつも同じ様にやる難しさみたいなものを最近顕著に実感していたりします。相変わらずそういったことはなかなか出来ないのですが、地味に収束していく地点を探しているつもりです。次回は来月に開催出来るかと思うので、練習はじっくりと続けていこうかと思っている次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

足りない時間…

追い詰められないと力を発揮しない男HIGEです。というわけで本当に何も練習していない状態です。これは学生時代に勉強していないよと言っていながらも良い成績を取ってしまうように、周りを油断させるようなことでは無く真実です。こんなところでこんなことをカミングアウトしても、良い結果が得られるわけでもなく、実際に手と身体を動かさなくてはいけないので、これを書いたら少し練習します。まだ18時間くらい時間があるので、そのうち数時間で仕上がれば良し、仕上がらなければ現状維持ということにしておきます。

ということで来週の月曜日にはマジックスウィッチが控えているのです。散々書いているように、チャレンジコーナーのお題「ロープマジック」について、地味に練習を続けて…いません。とりあえず休止状態になっています。何だか演じようかと思っている手順について、個人的に気に入らない部分を削ったりしていたら、思いの外短くなってしまいました。マジックの手順なんて長ければ長いほど難しくなるのですが、余りにも短いので微妙にやる気が削がれています。

マジックを演じる時間ですが、特に最適な時間もあるわけでもなく、最終的には自分の好みで、観客が飽きることなく出来れば長くても良いと思うのですが、そこそこの時間にまとめることも重要だと思っています。そこそこの時間の見極めがいつも悩ましいのですが、演者の都合の部分がどうしても入ってきてしまうので、その辺を感じさせないように上手いこと出来るようになりたいなぁと考えながらも練習していたりもします。というか地味に面白そうなテーマなので、時間のことについては後日まとめたいなぁと思っています。私の場合は、後日と書いても忘れていたりするし、覚えていても相当後になってしまったりするので、いつか書けたらなぁと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.02

謎の鍵束

Dsc01230雑貨屋を巡っていたら、何やら怪しい謎の鍵束を発見しました。何のためにこの様なものが売っているのか理解出来かねるのですが、こんな怪しいものが売っているのならば買わない手はありません。ということで即買い。997円。値段的にも良い感じだったので、それも購入理由の一端を担っています。いったいどうやって使うのかは、全くもって謎なんですが、とにかく購入してしまいました。それくらいのパワーはある商品だと思うのですが、冷静に考えてみると使い途なんか無いのです。どっこも開くことが無い鍵ほど利用価値の無いものもありませぬ。おそらくは、壁にフックを掛けて、それを吊るしておくことで雰囲気を出そうということを目的としているのでしょう。それ以外は理解不能。

しかしながら、購入してしまったのは、よくある館を脱出するゲームとか、密室状態の館を舞台にした小説とかに出てきそうなアイテムだったから、つい購入してしまったのです。こんな人間こそがターゲットなのかもしれません。現代に生活する我々にとって、これほど存在が不自然なものも無いと思わせるものですが、これが自然に見えるような処って、未だに存在するのかなぁと。あるところにはあるとは思いますが、こんなファンタジーっぽいアイテムこそ、逆に欲しくなってしまうのかもしれません。

特にこれでマジックを行ったりとかは出来なさそうなんですが、無理をすれば、輪っかからスルリと抜けたりさせることは可能かと。まぁ無理にやるのは好きではありませんので、その辺は自重。いかにもマジックに使えそうなアイテムですが、あまりにも使えない感じです。ま、特にそういったことに使用することもなく、何となく気に入ってしまった一品です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.02.01

SQUARE PENCIL ROUTINE

Dsc01225二川先生のお店MAGIC HOUSEにて販売している「SQUARE PENCIL ROUTINE」です。2000円です。現象と詳しい解説はリンク先を見て下さい。というのは余りにも手抜きなんですが、いや実際手を抜いています…。でもマジックの現象を知りたくない人も、もしかしたらいるかなというのは明らかな言い訳ですが、私が書いても陳腐になるだけだし。

これには、このマジックを行うための道具一式と、解説書とDVDが付属しています。何とクライマックス用の本物まで付いてきます。DVDには小川勝繁師による実演と、二川先生の実演と解説が収録されています。小川勝繁師による演技はテンポも良い感じです。逆に二川先生の演技は独特の空気感に包まれた演技となっています。また、二川先生の解説がとても判りやすくて、特に練習する気も無かったのですが、映像を観ていたらいつの間にか道具を持って、練習していたり。また手元をアップにした後ろからの映像も収録されているので、判りやすさは抜群です。痒いところにも手が届くと言ったそんな感じです。

そういえばこれは前回のマジックスウィッチでまじまじさんが前で実演していたのを観て、売ってくれーと言うことで手に入れました。まだまだこの系統のマジックも面白いものがあるんだなぁと実感。若干テクニカルではありますが、ちょっと練習すれば大丈夫だと思います。若干最後の最後の部分の矛盾が気になりますが、それはマニアの目から見たからかなぁと。ここら辺はちょっと解消してみたいところではあります。どんなマジックでもそうですが、面白くするということを考え出すと、その先は果てしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »