« サイコロのパズル | トップページ | みたりおもったり »

2007.01.05

My Best vol.3

John Mendoza師のDVD「My Best」のVol.3です。すっかり書くのを忘れていました。書いたつもりになっていました。というわけで年を跨いでのレビューとなってしまいましたが、2007年一発目のレビューです。この巻に収められているのは全てカードマジックになります。この辺も放置していた理由かもしれない。演技は楽しめたのですが、個人的にやってみたいと思うようなマジックが少なくて残念。SIMPLE TUNNELだけはかなり好きでやってみたくなりました。相変わらず括弧の中の数字は、マジックの良し悪しではなくて、私がそのマジックをやってみたいかどうかです。

・KORAN PREDICTION…マジシャンは、財布を取り出して、中に封筒が入っていることを示します。観客にデックを渡し、表向きに配ってもらい、好きなところでストップしてもらい、次のカードを見ないでテーブルに置いておきます。財布の中の封筒からカードを取り出すと、観客のカードと一致しています。(3/5)とても不思議な予言なんですが、ちょっと準備がめんどくさいのが難点か。

・COLOR CHANGING DECK…赤いデックを取り出し、表向きにしてカードをシャッフルし、観客にストップと言ってもらいます。そのカードを観客に覚えてもらいます。これを後2人繰り返し、計3人の観客にカードを選んでもらいます。マジシャンはカードの表が観客に向くように広げて、カードの裏側だけを見て、観客のカードを全て当てることが出来ます。観客のカード以外は、全て青いカードに変化しています。(3/5)この手の現象にしては、かなりはっきりとデック全体が赤だと認識出来る感じがします。途中のカットがかなり効いています。

・POKER MACHINE(Performance only)…マジシャンは電卓のようなカードを入力できるものを取り出します。トランプをテーブルにスプレッドし、裏向きのまま観客に5枚のカードを選んでもらいます。更にその中から1枚を選び、見ないようにして、観客のポケットにしまってもらいます。残った4枚のカードを先ほどのマシンにカードの数字とマークを入力していきます。そのマシンから導き出されたカードは、観客のポケットの中にあるカードと一致します。

・UNIVERSAL CARD…青いデックをカットしていき、観客にストップしてもらいます。ストップしたところから3枚のカードを裏向きのまま、テーブルに置いておきます。マジシャンは赤い3枚の何も書いていない「ユニバーサルカード」を取り出します。テーブルの上の1枚のカードの上に3枚の赤いカードを置くと、それは全て同じカードです。次のカードの上に3枚の赤いカードを置くと、今度は別の同じカードになっています。3枚目も同様に全て同じカードになっています。最後に青いカードの上に1枚ずつ赤いカードを置いていくと、赤いカードと青いカードは同じカードになっています。(3/5)上手く見せるのが大変そうな印象です。見た目ははっきりしているけど、見ている方にも難しいかもしれません。

・CLYDE…マジシャンは紙とペンを取り出します。観客に好きなカードを思ってもらい、それを紙に書きます。が「CLYDE」と書いてしまいます。マジシャンはデックを取り出し、観客から思ったカードを聞き、そのカードを抜き出します。カードの裏側には全て違う名前が書いてありますが、観客が思ったカードの裏には「CLYDE」と書かれています。(3/5)非常に不思議で面白い現象なのですが、準備が大変です。もっと楽なVol.1のFEMALEの方が良いか。

・THE ULTIMATE TORN & RESTORED CARD…トーン&リストアの手順です。カードの裏に観客のサインを、表にマジシャンのサインをしたカードを破りますが、ライターの火であぶると元に戻ります。(2/5)あまり好きではない現象ですが、非常にクレバーな方法です。

・MYSTERY OF THE 19TH CARD…観客にデックを渡し、混ぜてもらいます。カードを表向きに配り、数字のカードが出たら、その数字から10までを数えて表向きに配ります。例えば7が出たら、8、9、10と数えて4枚の山が出来ます。それをカードがなくなるまで繰り返します。出来た山の3つをひっくり返してもらいます。それ以外の山は避けて、マジシャンが重ねて裏向きに持ちます。マジシャンはそのカードから、「19」を数えて配ってしまいます。残った山から2つの山のトップをめくり、その数字を足します。その枚数をまたマジシャンが配ります。最後に残った山のトップの数値が、マジシャンが持っている枚数と一致します。(2/5)セルフワークのマジックです。ちょっと観客に頼む手続きが長くて多いかも。

・UNEARTHLY POWERS…観客に1枚のカードを選んでもらい、デックに返してもらいます。適当にシャッフルした後に、デックを2つに分け、観客のカードがあると思う方を残し、他はテーブルに置いてしまいます。残っているカードを1枚ずつ上下により分けながら、またあると思う方を残します。これを繰り返していくと、最後に1枚残ったカードが観客のカードです。さらにテーブルに置いた山のトップからAが現れます。さらにひっくり返すと…。(2/5)ちょっとやり過ぎな感じがした現象でした。なんとなくアンフェアな印象でした。

・VISA VERSA…マジシャンの左右2人の観客にカードを覚えてもらい、デックに返してもらいます。一番上から観客のカードが出てきて、カードを覚えた観客の前に裏向きに置きます。が先ほど覚えたカードと観客のカードが入れ違いになっています。もう一度カード確認すると、いつの間にかカードが入れ替わっています。(2/5)かなり微妙なサッカートリック風のマジックです。途中ではっきりと見せられるのは良いのですが。

・THE AMBITIOUS CARD…アンビシャスカードの手順です。(1/5)個人的にはアンビシャスカードはあまり好きではない現象です。師の演技は楽しかったのですが。

・BETWEEN YOUR PALMS…マジシャンはあらかじめ1枚のカードを抜き出し、テーブルに裏向きに置いておきます。3人の観客にカードを選んでもらい、デックに返してもらいます。この時1人にカードの表にサインをしてもらいます。先ほどテーブルに置いたカードには、観客に上から押さえてもらいます。1人ずつカードを当てていきます。当たったカードは観客の押さえているカードに重ねて、また押さえてもらいます。サインをした観客のカードだけがどうしても当たりません。押さえているカードを見てみると、観客のサインがしてあるカードです。(3/5)かなり不可能性が高い現象です。このタイプのマジックは見てる方が好きです。

・SIMPLE TUNNEL…観客にカードを1枚選んでもらいます。マジシャンもカードを1枚選びます。この2枚のカードをデックの横から、縦に差込みます。2枚のカードがはみ出ている感じです。そのカードをずらして、2枚の表が見えるように広げます。ゆっくりとデックの中に押し込んでいくと、観客のカードだけがひっくり返ります。(4/5)カードワープっぽい感じの現象を普通のカードで行っています。単純で判りやすい。

・THE MOST DIFFICULT CARD TRICK IN THE WORLD…マジシャンはデックを弾いていき、2人の観客に、ストップと言ったカードを覚えてもらいます。マジシャンはデックを裏向きにスプレッドして、1枚のカードを探しますが、このカードは観客のカードではありません。このカードを空中に投げて、デックでキャッチします。その前後のカードが観客の覚えたカードです。(1/5)題名ほど難しいことはないのですが、私はあまりこういった感じでマジックを演じることがありません。

・MCDONALD'S FOUR ACES…マクドナルドフォーエーセスの手順です。(2/5)このマジックは何度見てもひっかかります。やることはないのですが、見るのは好きです。

|

« サイコロのパズル | トップページ | みたりおもったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: My Best vol.3:

» 佐世保バーガー [ハンバーガ レストラン って]
ハンバーガ レストラン 私の街にはたぶんありません 簡単手軽なイメージのハンバーガー そのハンバーガを立派な料理とする ハンバーガ レストラン ハンバーガー レストランの魅力を探ります [続きを読む]

受信: 2007.01.06 13:44

« サイコロのパズル | トップページ | みたりおもったり »