« マジックのタネ | トップページ | 書いても書いても哀しい感じ »

2006.11.15

頭がよくなる1分間ふしぎマジック

庄司タカヒト師の待望の新刊「頭がよくなる1分間ふしぎマジック」です。ようやく本屋でみつけてもらうことが出来ました。こういった文庫本の場合、出版社を覚えていないと、どこにあるのか判りません。当然マジック関連の書籍のコーナーには無いし…。大きな本屋に行ったので、膨大な数の中から探し出すのは半分諦め、店員さんにピュピュッと探し出してきてもらいました。楽チンです。こういう場合は、探している間に新しく欲しくなる本が目に入ると、そちらも購入してしまいそうなので、金があんまりない時はこの探し方が良いかも。

収録されているマジックは全部で30個。基本的にはどれも簡単なマジックばっかりなのですが、こういったマジックも侮れません。前作の「クロースアップマジック秘密のネタ本」よりも、この本はかなり幅広い年齢層の読者を想定しているような感じです。ちょっと個人的にはあまり好きではないイラストが書いてあったりしましたけど、手順の中に書いてあるイラストは本格的で見やすかったです。マジック自体はどれも複雑ではなく、簡単なのですが、やっぱり楽しく面白く演じるには練習が必要です。

本の内容は、身のまわりのものを使うトランプを使うお金を使うの3章で構成されています。身のまわりのものを使うマジックでは、輪ゴム、名刺、ストロー、ロープなどを使用したマジックが10個解説されています。ロープが身のまわりにあるかどうかはかなり謎ですが、様々な素材を使用して、簡単に出来そうなマジックが解説されています。ストローを使うマジックは楽しいかも。次のトランプを使うマジックでは、単なるカード当てに留まらないマジックも解説されています。というかカード当てはほどんどありません。まぁ色々と解説するにはページが足りないのでしょうね。ちょっと変わった感じのトランプマジックが面白いです。最後のお金を使うマジックですが、ここに解説されているマジックは、かなり良いネタが揃っています。ここで解説されているハンカチを使用したマジックは、かなり効果的だと思います。個人的にはこの辺りのマジックは好きです。

|

« マジックのタネ | トップページ | 書いても書いても哀しい感じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭がよくなる1分間ふしぎマジック:

» 書籍「頭がよくなる1分間ふしぎマジック」庄司タカヒト [もりむすブログサイト]
だれにでも出来る簡単マジック集です。前回紹介した「アッというまにマジシャンになれる本」で言えば、みんな驚く入門マジックばかりを集めた内容。とはいえ、面白いタネが多い。その分、馴染みやすいのが特徴。かといって、読んでさっと演じられるかというと、そうでは無...... [続きを読む]

受信: 2006.11.21 11:28

« マジックのタネ | トップページ | 書いても書いても哀しい感じ »