« 悩み解消 | トップページ | サルヂエマジックトランプ »

2006.10.07

指輪と紐について

外国為替が、特に対ドルが、非常に気になるので、Googleのブログパーツを貼り付けてみました。なかなか良い感じで、気に入っているのですが、貼り付けてから(というわけでもないでしょうが)どんどん円安が進んでしまって少しばかり残念なHIGEです。まぁ自分のところで為替が確認できるのは非常に便利なので、当分外す気もないので、良いんですけど。そしてしばらくは海外から輸入する気もないので、良いんですけど。

ちょっとだけ新しいネタを練習中です。新しいといっても、目新しいというわけでもなく、今までやっていなかった指輪と紐の手順を練習中です。相変わらずこういったスライハンドなんですが、何か好き。まぁいつでもどこでもといった訳にも行きませんが、とりあえず紐さえ調達出来れば何とかなるかなぁと。練習をしているのは、MARK LEVERIDGE師の「THE RING AND STRING ROUTINE」ですが、実際に手順としてやってみると、ちょっと気になる点がいくつか出てくるものですね。師にとっては問題ではないのでしょうが、この辺は個人的な趣味の問題かも。ちょっとした違和感みたいなものが湧き上がってきました。

気になる点は、その手順の流れです。①指輪が紐に通る、②指輪が紐から抜ける、③指輪が紐から抜ける、④観客に握ってもらった手の中の指輪が紐から抜ける、という流れになっているのですが、なんとなく③の部分は逆に指輪が紐に通るようにしたいと思うのですが、師の手順だと、この③が肝の様な感じもしています。まぁこの辺は適当に見繕って、通る手順を持ってくることにしよう。その前にこの手順をもっともっと練習しないといけないのですが。

|

« 悩み解消 | トップページ | サルヂエマジックトランプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指輪と紐について:

« 悩み解消 | トップページ | サルヂエマジックトランプ »