« 没ネタ | トップページ | ENIGMATIC Vol.2 »

2006.10.21

ENIGMATIC Vol.1

Alexander de Cova師のDVD「ENIGMATIC Vol.1」です。なんとなくVol.2に収録されているMISERS DREAMだけが見たかったのですが、揃っていないと気持ち悪いので、当然の如くセットで購入しました。師に対する予備知識も無かったのですが、結構色々なジャンルのマジックが入っているのも購入の動機です。カード、ロープ、シルクと様々な素材のマジックが入っています。ほとんどがサロン的なマジックです。カードを使ったマジックはクロースアップでも出来そうな感じです。

解説はかなり丁寧です。また難しいテクニックもほとんど使用していないので、判り易いのですが、一部のマジックが観てて判らなかったり、プロットが複雑だったりします。解説聞いて、ようやくマジックの意味が判ったりするものありました。この中ではシルクのマジックが強烈に素敵でした。個人的にはカードを使用したマジック以外は楽しめました。

・Roping…一本のロープの真ん中辺りを結びますが、両端を引っ張ると結び目がロープから飛び出してきます。もう一本ロープを取り出して、ロープの真ん中辺りを結ぼうとしますが、いつの間にか両端が結ばれてしまいます。結び目を解いて、鋏の取っ手をロープにぶら下げます。そうすると取っ手の部分からロープを切れてしまいます。観客一人に出てきてもらい、ロープを結んで輪っかを作ります。この輪っかになったロープ同士が繋がってしまいます。(4/5)これは現象がはっきりしていて、手順にも無理が感じられず、結構個人的にはお気に入りの手順です。解説では結び目の移動も追加で解説していました。

・Premonition…封筒と時計、デックとサイコロが入っている小箱を取り出します。封筒には予言が書いてあります。観客に好きなカードを一枚言ってもらいます。別の観客に1~52までの好きな数字を言ってもらいます。観客にトランプを表向きに先ほど言ってもらった数字まで配ってもらいます。が、その場所からは、観客の言ったカードは出てきません。さらに全部を確認しても、観客の言ったカードは無く、さらにトランプは51枚しかありません。封筒の中身を読んでもらうと、先ほど言った観客のカードの名前が書かれています。(2/5)なんだか色々道具が必要です。さらに時計が出てくるのですが、あんまり意味が判りませんでした。変な時計だし。解説をじっくりと観て、なんとなく現象が判りました。

・Bavarian Beer Game…コップを6つ並べます。さらに名前の書かれた6枚のカードを使用します。一つのコップにビールを注ぎ、他のコップには額面の違うお札を入れます。観客が適当に並べ替えて、観客にシャッフルしてもらった名前のカードをコップに立てかけます。そして用意してある紙に書かれている通りに動かしていくと、マジシャンはお金を、観客はビールのグラスを手にします。(3/5)セルフワーキングトリックです。段取りが長いので、なかなか解釈するのが難しかったです。

・Master Silks…4枚のシルクを使用します。2枚のシルクを観客にも手伝ってもらい、結んで置いておきます。さらに2枚のシルクを観客に渡して、握っていてもらいます。マジシャンが結び目を移す仕草をしてから、結ばれたシルクを持ち上げると、シルクは解けています。そして観客の握っていたシルクに結び目が出来ています。(5/5)これは頭が良いというか、なんというか秀逸です。準備は若干めんどくさいのですが、それ以上に現象が美しい。道具を揃えて是非やってみたいマジックです。

・Stab in the Dark…マジシャンが後ろを向いて、観客に一度カットしてもらい、その時の一番上のカードを見ずに、ケースの中にしまってもらいます。マジシャンは表を向きます。軽くカードの表を見て、観客のカードを言い当てますが、まだ誰一人カードが何か判っていません。そしてデックにハンカチをかけて、その状態でデックの間にナイフを入れます。ナイフの入ったところのカードを取り出します。ケースの中のカードと一緒にそのカードを見ると、メイトカードになっています。(3/5)軽くカードの表を見る部分が無ければ、かなり不思議な現象に仕上がりそうです。カードを見てから当てるのでは、少し不思議さが減ってしまうような印象でした。

・Ring-O-Change…マジシャンは棒にぶら下がったバッグを持っています。観客にそのバッグを取ってもらいます。ハンカチを取り出し、その中に観客の指輪を入れてもらいます。ハンカチを開くと指輪はありません。観客に持ってもらっているバッグの中に指輪のケースがあるので、開けてもらいます。が、観客の指輪ではありません。もう一人の観客に、指輪を借り、棒に通してもらいます。すると棒に通してある指輪が最初の観客の指輪になり、ケースから後に借りた観客の指輪が出てきます。(2/5)かなり複雑な印象を受けました。ハンカチから消えた時点で、ケースから指輪が出てくれば、最高だったのに、さすがにそれは無理なのでしょう。

・Cup and Ball Move…短いカップアンドボールです。これはとある技法を解説しているものです。

|

« 没ネタ | トップページ | ENIGMATIC Vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ENIGMATIC Vol.1:

« 没ネタ | トップページ | ENIGMATIC Vol.2 »