« 衣装を探して | トップページ | ダイヤモンドカットなスーパーボール »

2006.08.29

ウォンドを作ってみよう

素敵なウォンドを持っているにも関わらず、何故か自作のウォンドを作成してみたくなりました。それもこれも東急ハンズで、それなりの長さでそれなりの太さでそれなりの重さの金属の棒をみつけてしまったのが、事の発端。こんなのをみつけなければ、何もしないで練習する時間も捻出できたというのに…。

普通のウォンドは、真ん中が木材で、両端に金属チップが付いています。この金属チップを固定するのが大変なので、今まで自作はしませんでした。ところが、あることに気が付いてしまってからは、もうとにかく上手く出来なくても良いから、作成してみたいと思いが募るばかり。その思い付きとは、金属チップを付けないで、全部を金属にして、真ん中を塗装してしまえば良いのではないかと思った次第。マジックで使用されるウォンドは、要は両端が違う素材っぽければ良いわけです。そう思ったら、作成せずにはいられませんでした。

Dsc00882とりあえず購入してきた金属棒は、長さ30cm、直径8mmのサイズです。ちょっと軽めのアルミとそこそこ重めのステンレスの棒を購入してきました。またステンレスの棒は手が臭くなってしまうので、作成しませんでした。今回はアルミ棒で作成。他にも真鍮やら銅やら鉄やらもありましたが、これらの金属はちょっと重過ぎるかなぁと思い、今回は断念。そのうちピュピュッと作ってしまおうと思っています。とりあえず、金属用の塗料を購入してきて、端っこをビニールテープで巻いて、軽く表面をヤスリで均して、スプレーでシューッと吹きかけて乾燥を待つだけです。ただ塗料がきちんとのるかどうかが心配でしたが、思った以上に綺麗に仕上がりました。かなり満足のいく結果となりました。

Dsc00880端っこの金属をそのまま残した部分のアップ。気になるのは、境目の塗った部分から塗料がパリパリと剥がれてしまうことくらいです。もし剥がれてきたら、また塗りなおして、上手いこと加工を新たに考えてみようと思います。これだけ上手く出来れば、なんだか高い(と思われる)製品版のウォンドを買わなくて良いどころか、非常に安くあがります。単価は恐ろしく安いです。まぁ金属棒なので、全体的に重くなってしまうのが難点か。

|

« 衣装を探して | トップページ | ダイヤモンドカットなスーパーボール »

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。

境目から塗装が剥がれる件ですけど、この上から両端を含む全体に、さらにコーティング剤(スプレーのクリアとか)を塗ってみてはどうでしょうか?

投稿: サトリ | 2006.08.29 22:29

サトリさんどうも。
やはりコーティングが一番良いのですかね。
今のところ、ご提案いただいたアイデアと合わせまして、3つほど案がありますので、上手くいったら、また記事にします。

投稿: HIGE | 2006.08.30 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォンドを作ってみよう:

« 衣装を探して | トップページ | ダイヤモンドカットなスーパーボール »