« ファイナルスウィッチ | トップページ | ファイナルスウィッチへの道 »

2006.06.27

盛大な2次会と濃い3次会

マジックスウィッチも新たに第2期として華々しく船出しました。その後、会場を後にして、2次会が行われる会場へとてくてくと歩いていきます。ファイナルスウィッチが終了し、心地良い虚脱感が全身に襲いますが、それどころではないくらいの大人数です。ざっと数えて50人ほどが参加していました。最後とあって、今までに2次会に参加したことが無い方もいたりして非常に嬉しかったり。会場のさくら水産には一足お先に二川先生とゆうきさんをタクシーにて送り、我々が後から馳せ参じる段取りです。

全員がなかなか揃わなかったのですが、とりあえずにゃふーさんが登場したところで、皆勤賞の千代田さんが乾杯の音頭を取って、2次会の始まりです。ここでは、6卓ほどに分かれてしまったので、あっちから「おっー!」、こっちから「えっー!」と歓声が上がります。色々な方が色々な場所で色々なマジックを行っていた模様。これだけの人数になると、本当に把握できません。結構いっぱいマジック見たかな。そして、二川先生とゆうきさんのテーブルには、それはもう黒山の人だかり状態で、なんと店員さんも食い入るように見つめていました。働けよ…。素のリアクションが面白かったり。

この会場は2時間で終了なので、19時半過ぎに2次会が終了しました。もう帰る人、まだまだ物足りない人と様々です。まだ明るいようなので、3次会の会場を探し彷徨う。3次会の人数も20人強くらいでしたので、何軒か入れずに断れたり。その後落ち着ける場所を見つけましたが、やはり2卓に分かれてしまいました。二川先生とゆうきさんが別々に座っていただいたので、これはありがたい。どっちかに片寄ってると、さすがにみんなそっちへ行ってしまうからねぇ。

まずは先ほどのお店では満足に食事も出来なかったので、腹ごしらえから。その後、ゆうきさんに色々と会場では聞けなかった質疑応答タイム。たくさんの質問にも丁寧に深いところまで答えていただいて感謝です。また、マジックの難しい一面が見えてきた次第。そして、そのゆうきさんの提案で「HIGEさんから、ぐるっと一周してみんなのマジックを見せて」とのこと。何故に私から?と思いつつも、何があるかなぁと考えながら少々時間稼ぎしながらも必死に考えます。そろそろ場の空気が早くやれよぉという感じになっていきます。なってない?で結局やったのは、久しぶりでもできるメテオパドルです。最近は他のマジックを全く練習していなかったので、何にもできなかった…。結構発表会の演技で燃え尽きていたので、すみませんでした。

でここからどんどんリレー方式で我々の卓でマジックが始まりました。隣からもギャラリーが続々と増え、いつの間にか全員がこちらのテーブルを注視しています。で結局二人ほど増えて、全員がマジックをやりきりました。なかなかこういうのも、準備万端なら楽しいかもしれない。その後も色々とマジックが続いて、結局23時を回ったところでちょろちょろと帰る人も出てきて、3次会も終了です。まぁ他にも色々とエピソードはあるのですが、書いているとキリがないので、この辺で。

ファイナルスウィッチ及び、2次会、3次会参加者の皆様長い間お疲れ様でした。次回は第2期マジックスウィッチの第1回マジックスウィッチでお会いしましょう。んー、結構ややこしい呼び名になってきたぞ。

|

« ファイナルスウィッチ | トップページ | ファイナルスウィッチへの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛大な2次会と濃い3次会:

« ファイナルスウィッチ | トップページ | ファイナルスウィッチへの道 »