« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.30

忙しくないのに忙しい

ファイナルスウィッチの発表会終了後、…燃え尽きたぜ、真っ白な灰によ…状態なので、特に何にもしていないのに忙しい。なんだろう、この忙しさは。ただ単に遊んでいるからだろうなぁ。そして、今後のマジックの方向性やら、どんなのを練習していくかなどを考えていたりはしているのですが、一向に手を動かしていません。さてどうしようか。

やりたいマジックの方向性は、かなりクリアに見えているので、練習もしやすいかも。キーワードは「観客と一緒に」です。今まであまり観客に出てきてもらって、お手伝いをしてもらうといったことをしたことがなかったので、少しこの辺の弱点を1年間くらいかけて、克服していこうかなと。とあるどうしてもやりたいマジックについて、少しずつでも出来るように近づけていけるといいなぁと。マジックの使用する技法自体は簡単なのですが、それをどうやって面白く仕上げるかは、演者のパーソナリティに拠るところなので、非常に難しい。

また、少ししっかりとしたクロースアップマジックもきっちりと練習していきたいなと。今までの財産を少しずつ使って、きっちりとね。とりあえず今までのように無差別に買いまくることは、徐々に控えめにしていこうかとも思っています。まぁ欲しいのが出てきたら、それはそれで買ってしまうのは目に見えているのですが、今更抑えられないので、仕方ない。ここの読者は、何も買わないHIGEを期待している人もいないでしょうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.28

ファイナルスウィッチへの道

ファイナルスウィッチにて行った「Dragon Ballissimo(仮称)」なんですが、様々な方からお褒めいただき、ありがとうございます。あまり褒められ慣れていないので、軽く流しているように見えるかもしれませんが、私は照れまくりでした。さらに言うとあれは元々Ballissimoというマジックが優れているのです。ぼーっと見ていても判り易い現象が次々と立て続けに起きるので楽しい。

さて、ここでファイナルスウィッチまでの私のマジックの選択と演出(というほでもありませんが)などを綴ってみようかと思います。くだらないかと思いますので、読み飛ばしてもらって構いません。今までの読んでも判らない日記の部分の集大成だと思っていただければ、何となく判るかな?

実際に最後まで書いてみて、こんな裏の事情を書くのは粋ではないと思いました。努力の跡を見せるのは格好悪い。かなり公開するかを迷いましたが、とりあえずアップ。こんなこと書いて良いのかなと思った次第。基本的にファイナルスウィッチで演技を観ていない人は読まない方が良いかもしれません。おそらく読んでも楽しくないでしょう。再演を観た後に読んだ方が良いと思います。しかも長いし…。

続きを読む "ファイナルスウィッチへの道"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.27

盛大な2次会と濃い3次会

マジックスウィッチも新たに第2期として華々しく船出しました。その後、会場を後にして、2次会が行われる会場へとてくてくと歩いていきます。ファイナルスウィッチが終了し、心地良い虚脱感が全身に襲いますが、それどころではないくらいの大人数です。ざっと数えて50人ほどが参加していました。最後とあって、今までに2次会に参加したことが無い方もいたりして非常に嬉しかったり。会場のさくら水産には一足お先に二川先生とゆうきさんをタクシーにて送り、我々が後から馳せ参じる段取りです。

全員がなかなか揃わなかったのですが、とりあえずにゃふーさんが登場したところで、皆勤賞の千代田さんが乾杯の音頭を取って、2次会の始まりです。ここでは、6卓ほどに分かれてしまったので、あっちから「おっー!」、こっちから「えっー!」と歓声が上がります。色々な方が色々な場所で色々なマジックを行っていた模様。これだけの人数になると、本当に把握できません。結構いっぱいマジック見たかな。そして、二川先生とゆうきさんのテーブルには、それはもう黒山の人だかり状態で、なんと店員さんも食い入るように見つめていました。働けよ…。素のリアクションが面白かったり。

この会場は2時間で終了なので、19時半過ぎに2次会が終了しました。もう帰る人、まだまだ物足りない人と様々です。まだ明るいようなので、3次会の会場を探し彷徨う。3次会の人数も20人強くらいでしたので、何軒か入れずに断れたり。その後落ち着ける場所を見つけましたが、やはり2卓に分かれてしまいました。二川先生とゆうきさんが別々に座っていただいたので、これはありがたい。どっちかに片寄ってると、さすがにみんなそっちへ行ってしまうからねぇ。

まずは先ほどのお店では満足に食事も出来なかったので、腹ごしらえから。その後、ゆうきさんに色々と会場では聞けなかった質疑応答タイム。たくさんの質問にも丁寧に深いところまで答えていただいて感謝です。また、マジックの難しい一面が見えてきた次第。そして、そのゆうきさんの提案で「HIGEさんから、ぐるっと一周してみんなのマジックを見せて」とのこと。何故に私から?と思いつつも、何があるかなぁと考えながら少々時間稼ぎしながらも必死に考えます。そろそろ場の空気が早くやれよぉという感じになっていきます。なってない?で結局やったのは、久しぶりでもできるメテオパドルです。最近は他のマジックを全く練習していなかったので、何にもできなかった…。結構発表会の演技で燃え尽きていたので、すみませんでした。

でここからどんどんリレー方式で我々の卓でマジックが始まりました。隣からもギャラリーが続々と増え、いつの間にか全員がこちらのテーブルを注視しています。で結局二人ほど増えて、全員がマジックをやりきりました。なかなかこういうのも、準備万端なら楽しいかもしれない。その後も色々とマジックが続いて、結局23時を回ったところでちょろちょろと帰る人も出てきて、3次会も終了です。まぁ他にも色々とエピソードはあるのですが、書いているとキリがないので、この辺で。

ファイナルスウィッチ及び、2次会、3次会参加者の皆様長い間お疲れ様でした。次回は第2期マジックスウィッチの第1回マジックスウィッチでお会いしましょう。んー、結構ややこしい呼び名になってきたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

ファイナルスウィッチ

2006年6月25日に、かやの木会館にて、待ちに待ったマジックスウィッチの解散パーティであるファイナルスウィッチが盛大に開催されました。前日というか当日は興奮してなかなか寝付けなかったのはご愛嬌。とりあえず会場に着くなり、もう人で溢れています。一体何人いるのか検討もつきませんが、最終的に60人は越えていたのではないでしょうか?始まる前から凄い事になっています。これだけの人数がいるともう誰が誰だか収拾もつかず…。中には懐かしい人や新しい人もいましたね。

受付にて、会場に入り、早速お着替え。ようやく1月に購入した出張スウィッチ用の衣装をお披露目することが出来た。これで結構満足したり。こんな時でもなきゃ着る機会の無い衣装です。一応マギー系ではなくDaryl師をイメージしています。他にもメイドさんがいたり、魔女がいたり、ウルトラクイズだったりと様々な仮装をした人々で会場内は賑わっていました。開会の宣言の後、とりあえず食事を行ったりしていましたが、緊張してそれどころではなく、ほとんど味わうこともしないで、ひたすらお茶を飲んだり、サプライズ企画の根回しをやったりと結構忙しく。

そして夢の発表会の時間がやってきます。クロースアップ部門とサロン/ステージ部門に分かれて、それぞれの演者がそれぞれマジックスウィッチでの一年間の成果を発表しました。みんな色々と考えて楽しいマジックを行っていました。みんなすごいよ!面白いマジックの数々を観ることが出来ました。細かい演技等については、公式ホームページのレポートを読んでもらうとして、自分の演目についてだけ記述したいと思います。

今回私はサロンでエントリー。ボールのマジックをやりますと宣言していました。で今回行ったマジックはCarl Cloutier師のBallissimoを自分風にアレンジしまくったDragon Ballissimo(仮称)です。師ほど華麗に軽やかに出来ないので、とりあえず自分色に染めてみました。このマジックはDVDで一目観て惚れ込んで、解説を観て落ち込んだマジックでした。とてもじゃないけど、出来そうにないマジックでしたが、惚れたマジックにアタックしないでどうするのと思い直し、果敢に挑戦してみました。去年くらいからボールを使用したマジックには思い入れがあったので、ちょうど成果発表にしても良い題材かなと思いました。それにこういう場所でも無いと絶対にやらないだろうなぁという思いも少なからずあったり。

結果から言うと、個人的にはまだまだ満足できるものではありませんでしたが、観ている方々には楽しんでもらえた模様なので、やって良かったなぁと。手順も間違えなかったし、チラリはあったかと思いますが、ポロリが無かったのは、とりあえず良かった。結構な達成感あり。また会場も若干暑かったので、ロード等は怪しいよなぁと思いつつ。またゆうきとも師に「面白かった」と言われたのはかなり嬉しかったです。様々な方に暖かい感想をいただいて、これで少しは報われた気がします。観ていただいた方には感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、時間も押している中で、スペシャルゲストのゆうきとも師のクロースアップマジックショーです。リング&ロープから始まり、そしてとっても不思議で面白いカードマジックを演じて下さいました。スクリーンに映っていたのを観るのでは満足出来ず、勝手に舞台袖の方に行って、間近で観たりしていました。特にリング&ロープは観たことないムーブや外し方があったりしてとても興味深かったり。リング&ロープは個人的に好きなマジックですので、色々教わりたくなったりしました。そしてマジックショーの後に、質疑応答があって、ためになる話や聞けない話などをしてくださいました。

その後、皆勤賞の表彰が突然始まりました。これにはサプライズ企画をしている我々がサプライズです。慌てて壇上に上がり、私は準皆勤賞の賞状と商品をいただきました。どうもありがとうございます。本当は皆勤賞を目指していたのですが、そうそう都合が合うわけでもありません。そして最後の主催者の挨拶の直前にサプライズ企画のメンバーが「ちょっと待ったぁ!」と割り込み、にゃふーさんありがとうの文字を披露&クラッカー破裂。そしてみんなの感謝の気持ちを込めて、マジックスウィッチのメンバーのメッセージ入りポラロイドデックを贈呈。この企画に参加していただいた方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。

最後に主催者であるにゃふーさんによる解散宣言が行われました。そう、これで本当にマジックスウィッチは終了しました。そして、その後に「今から第2期マジックスウィッチ開催します!」との宣言が行われました。そしてマジックスウィッチの正式ロゴや、ドメイン取得などが発表されました。新生マジックスウィッチはhttp://magicswitch.jpとなります。今後も続くとあって嬉しい限り。この後急いで集合写真撮影やら後片付けやら着替えやら入会届けなどを書いて、無事にファイナルスウィッチも終了しました。

長いようであっという間だった1年間のマジックスウィッチが終了しましたが、個人的にはかなり成長できたかなと思っています。マジックスウィッチがもし無かったとしたら、おそらくオフ会等で地味にマジックをする程度しか無かったと思いますが、今までやらなかったジャンルのマジックをやったり、出張スウィッチに参加したり、新しい友人がたくさんできたりとかなり自分にとっては充実していました。特に出張スウィッチに参加できたのは、かなり経験値も得ることが出来、またマジックについて深く考える機会が与えられて本当に良かったです。本当はもっともっと言いたいことがあるのですが、今回はこの辺で。そして色々な方々にお礼を言いたいのですが、全員に言うことは叶わないので、ここでお礼に代えさせていただきます。本当にどうもありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。

第2期のマジックスウィッチの第1回目の開催日は7月23日(予定)です。場所は聞くのを忘れてしまいましたので、公式発表を待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.25

にっこりとして全てを終了

ワールドカップを横目で見ながら、ファイナルスウィッチ向けの手順を練習していたわけですが、やはり難しいので如何ともし難い状態になってしまいました。手順だけはとりあえず頭に入っていますが、相変わらず出来ない部分が大きいです。これが出来ないともう大失敗なので、安全に行こうかと思っています。安全に行く分怪しさが出てしまうのですが、失敗するよりは良いかな?このマジックを行うのは、時期尚早だったのかもしれませんが、なんとかなるでしょう。

とうとうファイナルスウィッチの当日になってしまいましたね。なんとか天気がもってくれると、荷物が多いので助かるのですが、微妙な天気となりそうです。まぁ私のマジックも同様なのですが。今回は本当にどうなることやら、ハプニングがあったら、パニックになりそうな気配です。なるべくそうならないように細かな工夫をやりつつ練習をしているのですが、やはり本番では、そう上手くいかないような気がしています。こんなに大変で自信が無いのは久しぶりなので、まばゆい光に包まれたい気分で一杯です。明日もまばゆい光はあるのでしょうか?

というわけで、もう練習しても上手くなる時間もないので、明日に備えます。最後ににっこりと笑って、全てを無かったことにする…という事態だけは避けたいのですが、果たして上手く行くのでしょうか。とりあえず頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.24

ゃじんたきてり降でけかっきがとこたしとふ

ファイナルスウィッチ用の手順がどうしても上手くできない日々を悶々として過ごしているので、タイトルは右から書いてみたHIGEです。まぁたまには、右から読んでみるのも良いんじゃないか。こういう風に書けば、もしかして降りてくるんじゃないかと思って、願掛けです。まだ来てませんが…。今回は無いかも。

もう何度やっても通しで上手く行くことができないので、どうしようかなぁと考えてしまっています。何度か続けていると、出来るのですが、初っ端だと慣れていないせいか、失敗しまくりです。そこで、練習には最悪のコンディションかつ難しい道具で行って、本番は簡単な道具で行うというロス式練習法を取り入れました。簡単な道具で行うと、やはり難易度がぐいっと下がって、そこそこ出来るようになりますが、その分色々とマイナス面もあるので、その辺もどうしようかな悩み中です。練習に時間を取られて、記事も内容が無くなってます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

| SWISS-LINE |

Dsc00688そういえば、先月にこんな物も購入していたので、とりあえず記事をアップ。これもネフの製品です。SWISS-LINEキーホルダー。どうやら期間限定品だったみたいで、気が付いた時にはネット上では売り切れていたのですが、広尾のNikitkiにて普通に売っていたので、普通に購入してみました。まぁSWISS-LINEシリーズはこれしか眼中になかったのですが。なんだかがっついた感じが出ていなかったかどうかがちょっと不安です。値段はもう忘れてしまいました。調べてみたところ2200円となっていましたが、もう少し高かったような気がしますが、そんなに高くないと感じてしまうのは、恐ろしい。ネフの製品は軒並み高いので、感覚が麻痺しているのでしょうか?

Dsc00698なんだか真紅の鮮やかさと白の美しさがキラリと光る一品です。相変わらず発色が綺麗で素敵です。ただのキーホルダーなのですが、ちょっと傷が付いたりすると泣きそうになってしまいますので、なかなか使用することが出来ません。これは結局使わないまま、綺麗に保存しておくだけになってしまいそうなんですが、それもちょっと勿体無い。かといってどうやってこれを生かす使用方法があるのかが今のところ判りません。とりあえず大事にしまっておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.21

さくっと染めてみた

Dsc00683アクリルのボールを買ってきて、染料でさくっと染めてみましたよ。思っていたよりも簡単に、綺麗に染めることが出来ました。写真は2cmほどの大きさのアクリルボールですが、なかなかどうして綺麗に染まっています。右のボールが染める前、左のボールが染めた後です。まぁ言わずもがな。この色はどこかで見た色ですが、はて。

今回は練習として、染めてみたので、次回染める時が本番です。もっと大きな見映えのするボールを染める予定です。そして、それをどっかから調達してこないといけないのですが、さてどこから調達するのが良いかなぁ。今のところある程度の大きさが欲しいのです。大きさは45mmがあるとかなりナイスです。しかし探してみると、40mm、50mmってのはあるのですが、45mmの大きさってないのですね。まぁ大きさはこの際どうでも良いので、40mmと50mmを2個ずつオーダー。他にもスーパーボールはやっぱり素敵な色が欲しいので、これもオーダー。スーパーボールの方はまとめ買いなので、またまた大量に余るなぁ。ま、そのうち無くしたりして、地道に量が減っていくので大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.20

んー、どうにかしないとなぁ

今日も今日でファイナルスウィッチに向けて練習をしていたのですが、とうとう恐れていたことになってしまいました。30分ほど練習を続けていたところで、道具がぶっ壊れました。この時期に壊れてしまうとは…。壊れてても出来るかなぁと思いつつ練習をしてみたのですが、ちょっと無理があるかも。まぁ道具の修繕自体は簡単に行えると思っていますので、とりあえず大丈夫かと思っています。単純な道具で良かった。明日にでも、材料を買ってきて、直すことにします。直せなかったらどうしよう?演目変えるかも…って、もう既に登録をしているので、それもどうかと。いやここまで練習したので、変えないですけど。

そしてもう一つ問題なのは、どういった話をベースにマジックを行うかということです。とりあえず道具立ては決まった。手順も決まった。技術はまだまだですが、通してできるようになった。さて、というところで立ち止まっているわけです。このままやったとしてもどうにも面白くないような気がしています。考えたところで面白くなるとも思っていません。こういうのは何かが降りてくるのです。今は暗闇の中で、微かな光を求めつつ、彷徨い続けています。どうしたら面白くなるのか皆目検討もつきませんが、いつものように、直前に決まる予感がしています。これだと駄目なんだけどなぁ。たいてい練習を続けていると思いつくので、まだまだ練習が足りないだけなのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.19

あと一週間だ

Dsc00678ファイナルスウィッチまで後、一週間になりました。発表会に出場の皆様は、私同様練習に励んでいると思いますが、一週間前だというのに、上野から秋葉原に移動して、そして池袋でのんべんだらりとしていました。練習してねー。そんなこんなで秋葉原の露店のにて、写真のような素敵なライターを発見して、即購入しました。これは絶対に使える。とりあえず店頭にある物を全て購入してきました。こんな風にオイルを入れるために真ん中から開くので、本当にこいつは色々使えるぜ。

他にもヤマシロヤにて、く~ちゃんキューブが980円で売っていたので、保存用に購入しました。あの不祥事で売れなくなったのかなぁと邪推をしてみたり。もう一つ欲しかったので、タイミングが良かった。また発表会にて使用したいボールを見に行ったりしました。ボールの方はこれといった物がなかったので、残念。とりあえず数個だけ購入はしておきました。今から仕入れていも良いのですが、仕方がないので、今練習しているボールを使用することにします。道具としては問題ないので、良し。

Dsc00681秋葉原では、メイドさんがお出迎え状態でわらわらと。いつの間にこんな街になってしまったのかと、軽くショック。もっと殺伐としていたのになぁ。平野さんのお店に行く気満々でしたが、雨のためやっていませんでした。まぁこれで出費がかなり抑えられたと考えれば良いのか。そして定番のtoritoへと行き、写真のからくり小箱4をゲット。2600円。このシリーズは値段も安く、しかもそう簡単に開けられない(場合もある)ので結構好きです。他にも色々と魅力的な細工箱があるのですが、値段が高くて購入せず。いつかはいくつかを所有してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

リアルな押し心地

Dsc00675タカラトミーから発売されているスキマ産業(名前も素敵)のスイッチスイッチです。840円。横浜の東急ハンズに売っていたから、買わないわけにはいかないでしょ。なんだか先行発売だったようなので、他ではまだ売っていないかもしれません。リンク先にも7月上旬発売って書いてあるし。この見た目といい、押した感触といい、さらにはとんでもない音といい、買わない理由が何一つみつからないくらい素敵過ぎる一品です。とりあえず男の子の夢に出てきたあのボタンの形状をしているボタン型を購入。だって本物みたいなんだもん。本物がいったいどういう形状をしているのかは知りませんが、おそらくこんな感じだろうと。裏にはマグネットが仕込んであり、色々な所に貼り付けられます。オフィスなら、さらに色々楽しめそうですが、周囲の状況に拠るところが大きいかなぁ。こんなジョークグッズが許される職場なら大丈夫でしょう。うちの職場はまず無理だろうなぁ。持って行くけど。

Dsc00676とりあえず4種類ほどあるのですが、どれを買うのかを迷ったほど。どうせなら全部買っても良いかなぁと思ったのですが、音がパワータービンとベルトコンベヤーの2種類しかないので、そこが残念。全部音の種類が違っていたら、全部買っているのにね。今回は一番痺れたボタン型を購入。鍵型にも惹かれつつ。この鍵型はテンヨーの名作魔法のマスターキーと似ているのも素敵です。音は単純に「どかーん」といった爆発音だけの方が、馬鹿馬鹿しい面白さがあって好みですが、パワータービンは結構良い感じの音がします。また、現在開発中の道具もそれぞれ気になるところです。今後も要注目です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.06.17

がんばり

気が付けばファイナルスウィッチはもう来週です。今回は意外と準備期間があったようなないようなそんな感じです。マジックを決定するまでは長かったような気がしますが、決まってからは早かった。足りない道具は迷わず購入して、後は足りない技術を本番までどうにか補うだけとなりました。まだ少しどういった感じで行うかに迷いがありますが、本筋は決まりました。後は当日までのお楽しみと言う事で。

しかしながら、また仕事が忙しくなり、練習時間がじわじわと削られていきます。こういった状況は十分予想していたのですが、いざとなるとこの忙しさが憎らしい。今回はちょっと雰囲気が変わり、地味で綺麗目な衣装も着るので、どうにか美しくやってみたいのに、そこまで時間が取れません。まぁ仕事の合間に見えないようにやるのもありかもとか思っていますが、おそらくそれは無理なので、上手く出来たことを妄想しながらイメージトレーニングしか出来そうにありません。でも平日以外の出勤時なら、少しは出来るかもしれませんが、練習している姿を見られるのは、何よりも恥ずかしいので、やっぱやりません。なかなか練習するのも難しい。

ファイナルスウィッチが終了したら、少しはクロースアップに戻ろうかなとも思っています。最近サロン系のマジックばっかりやっているから、ちょっとコインが恋しい感じです。いや洒落じゃなく本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

とんでもなく面白い

Dsc00674待望のCharlie Frye師のEccentricks3をようやく観ることが出来ました。発売されると判ってから、結構経ってしまいましたが、もう大満足です。とにかく師の演技は見ていて楽しいのです。もう本当に解説なんかが邪魔なくらいに師の演技を見続けたいと思わせてくれる一枚です。まぁどうせ解説されても到底出来ないってのもあるんですが。「Like that!」と言われても、そんな風に出来ませんから。

このシリーズは本当に大好きで、たまに引っ張り出してきて、元気が無い時に本当に見るだけだったり。ただ単に面白いものを見たい時には、このシリーズが最高に面白いのです。すごいよなぁ。ジャグリングもマジックもハイレベルな部分まで研ぎ澄まされ、それが融合し、さらに師の演技もとても面白くて全てが一体化しているのだから、面白くないわけがないのですよ。改めて去年の静岡に行っておくべきだったなぁと、今更ながら感じています。

このDVDってレビューできないので、今までは何も書かなかったのですが、この感動はどうしても書きたい衝動に駆られてしました。このシリーズはとりあえずなんとか手に入れて観てみることを強くお奨めします。とりあえず収録されているものをメモ。いつものやってみたい度は今回は無しです。出来るのがほとんど無いし…。また途中にあるジャグリングの解説も楽しく観ることが出来ます。観るだけなら…。あぁなんか感想を書いていると、陳腐に見えてくるなぁ。イマイチ伝わらないかもしれませんが、ご了承を。

ECCENTRICK CARD MANIPULATION…師のミリオンカード。かなり難しいので、見てるだけが良いかなぁ。とても美しく面白い。

THE OLD BALL VASE…スポンジボールを使用したボールベースのルーティンです。この道具がそんなに好きではありませんが、こんなに楽しく出来るのかと驚きました。

RING & ROPE…ジャグリング用のリングを使用してのルーティンです。これは普通のリング&ロープで使えそうな動きがあったりして、これだけはなんとか出来そうですが。

PSYCHO…師のマクドナルドエーセス。有名なマジックですが、これはかなり驚きました。こういったマジックもやるんですねぇ。

THE JONGLUR'S MONTE…師のサイドウォークシャッフルです。かなり大きなカードを使用していますが、このカードでもジャグリングしています。なんでもやるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.15

う、難しくなってきた

なんだか難しく感じてきました。ファイナルスウィッチ用に練習しているマジックの話です。とりあえず一通り手順を覚えて、黙々と練習をしているわけですが、練習すればするほど、アラが見えてくると言うかそんな感じです。一部を抜粋して、繰り返して練習中だったりします。またボールを使用しているので、落としたりするとどっかに飛んでいってしまったりしてもう大変です。下手したら秘境になっている部屋の中に埋もれてしまうのです。

とある師のDVDを参考に練習をしているのですが、さすがにまんまコピーしても面白くもなんともないので、少しだけ自分に似合った味付け(アレンジではない)をして、ファイナルに少しだけ似つかわしい感じにしようかと思っています。とりあえず家の中にある道具だけで出来そうな感じです。がしかし、もう少し良い道具を時間ギリギリまで探してみようと思っています。フロストのスーパーボールもこれはこれで良い感じなのですが、3ボールトリックで使用しているので、少し道具を変えてみたい気が満々です。

そうそう、使ってみたい道具と言えば、コンタクトジャグリング用のクリスタルボールをナランハにて、注文する気がMAXまで急上昇したので、久しぶりに訪れてみると、クリアが軒並み売り切れなのね…。おそらく間に合わないなぁ。UVクリアでも良いかと思ったのですが、単価が上がってしまうので、ここはゆっくりと待つことにします。とりあえず今回のマジックでは使用しなくなったので、半分どうでも良かったのですが、そろそろコンタクトジャグリングにも手を出そうかと思案中。今月は無理だけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.14

コインを染めてみよう

Dsc00670なんだか黒染め液で道具を渋く染めることが私の周りで流行っているようなので、これに負けずにやってみた。やり方はとても簡単で、70℃~80℃のお湯に、黒染め液を2~3滴ほど垂らして、良く混ぜて、その中にピンセットか何かで銀貨を摘んで入れるだけです。一瞬で銀の輝きを無くし、驚くほど黒く染まってきます。入れる前に銀貨は軽く洗って、油分を落としておきました。本当は重曹などを使って洗った方がもっと綺麗になると思いますが、急いでいたので仕方なし。家にあるもので間に合わせてしまいました。もうちょっと綺麗にしておいた方が良かったなぁと思いつつもそれなりに満足しています。

Dsc00669とりあえず家に余っているフランクリンを染めてみました。裏側はこんな感じです。本当は磨いて彫刻をはっきりくっきりさせようと思っていたのですが、なんだかこれはこれで良い感じなので、このままにしておこうかなぁと思っていたり。これだけ違いがはっきりと出るのであれば、この渋さは素敵です。まぁそのうち磨いてみることにします。

Dsc00672ついでに最近Ring Thing用に購入した指輪も染めてみた。デザインは違いますが、渋くなった感じが伝わるでしょうか?安物だったのですが、それなりに気に入った感じに染まり、かなり満足しています。おそらく銀ではないので、あまり黒く染まらなかったのが幸いしたか。あまりにも簡単すぎるので、どんどん染めてしまわないかが心配です。異臭がするので、やりたくないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.13

ダイススタッキングボード

Dsc00662とある友人に購入してもらったダイススタッキングボードです。どんなのか判りにくく、ただ単にダイススタッキング用にこういうのがあれば良いなぁと思ったので思い切って購入してもらいました。$24.95です。結構大きいので、送料がこの半分くらいかかった模様…。ダイススタッキングは、普通の机でやると、カップや机の表面が削れてくるので、自分の家以外でやりにくいし、滑りも安定しないのでなかなか難しいのです。個人的に適当な大きさのアクリル板を購入してきて、裏に滑り止めを貼り付けた板を使用していました。これで慣れていればいつでも出来るという寸法です。しかし、こういったものが売っているとは知らずにいました。この写真はダイススタッキング用の面です。そして、これをひっくり返すと、

Dsc00664このような少し渋めの色のクロースアップマットになるのです。これは全く想像していなかったので、ちょっと嬉しかった機構。実際には張り合わせただけなのですが、大きさを揃えたりするような労力を考えると、非常にお得。張り合わせている分、少しだけクッションが弱いのですが、特定のマジックをやらないことにすれば、問題なし。今度から、これだけ持ち歩けば、少しだけ荷物が減るので嬉しいかも。と言うかまたクロースアップマットが増えたことにもなるのかなぁ。未開封のマットを含めると7枚目か…。色々試している訳でもないんですが、徐々に増えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.12

発表会にエントリーして、購入した物など

さてと、ファイナルスウィッチへの発表会用のエントリーも済ませ、後は野となれ山となれHIGEです。とりあえずエントリーを決めたことですっきりとして、練習にも励むことができるってなもんです。後は目標の日までこれを練習するのみとなりました。もしかしたら途中で変えてしまうかもしれないくらい流動的なのですが、とりあえずこれでいくことにしました。大丈夫か?また本日は、ハンズで怪しげな物を購入してきました。この怪しげな物をファイナルに向けて作成していけば、とりあえず準備完了となるはずです。

そして何故か先日届いた道具をいじっていたりもしています。「ダーティ・プール」とかを購入したりしたので、少しこれも練習したりしようかとも思っていますが、余裕があるのかどうか不明。これでGarrett Thomas師の「3 BALLS」が出来るのでちょっと嬉しかったり。他にも何故かタイトルに惹かれて買った「Sentimental Postcard」というマジックがあるのですが、どうもメンタルマジックだったようで、これはどうしようか迷っています。まぁ適当に解説読んで、面白く出来そうであればやってみますが、そうでなければお蔵入り。さらに青が欲しくて購入した「D'Lite」なんですが、一個しか入っていなくて、かなりショックを受けています。むー、もう一個購入しないと面白くもなんともないや。そして待ちに待ったCharlie Frye師の「Eccentricks 3」も購入したので、練習の息抜きにとことん観てみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.11

後、二週間

Dsc006596月25日(日)ファイナルスウィッチまで後、二週間になりました。いよいよ本当にマジックスウィッチが終了する時期が近づいてまいりました。かなり思い入れが強いので、寂しさ満載で最後の解散パーティに臨む次第です。

さてさて、土曜日に追加で注文した道具がようやく届きましたので、やっとフルルーティンの練習を行うことが出来ました。しかし届いた道具の中で、使いたいと思っていた物が使えなかった事が判明し、若干落ち込んでいます。まぁこの部分はどうにでもなりそうなので、とりあえず使わない方向で練習していくしかないなぁ。まだ少し本番まで時間があるので、作成しても良いかもと思ってみたり。そして、当日の衣装を着て練習しました。この衣装だと、当日は少し暑いかなぁと若干気にしつつ。フルルーティンを練習していて、意外と出来そうな感じがしてきて、ちょっとやる気満々になりました。通して出来るようになっただけなので、まだまだですが。思っていたよりも順調なので、大丈夫かなぁと。

今回はボールを使用してのマジックを行います。去年からずっと拘ってきた道具なので、思い入れも人一倍。ところで人一倍って言葉は、他の人と同じってことですか?一倍しかしていないなら、変わらないと思うのですが、それはそれ。おそらく今回のマジックは5分間と言う尺に堪えられないので、もう一つくらい短めのマジックをやってしまうのもありかなぁ。万が一他の人とかぶったらどうしようという心配が杞憂になれば良いのですが、もしそうなったら少しだらだらと時間をかけるクラシックなマジックを演じようかと思っています。万が一ということなので、その確率は1万分の1ってことで良いのですか?もしそうなら大丈夫だな、うん。4つ玉じゃありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.09

ちょっとずつ練習

地味にですが、ファイナルスウィッチに向けての練習を徐々に開始しています。解説を観ながら練習していますが、手順が覚えにくく、やっと前半部分を覚えてきたところ。実際に確実に当日着るであろう衣装を身に付け、どれくらいできるのか等を考えながら練習中。完成には程遠く、まだまだです。しかし千里の道も4000キロと言う紛れも無い事実があるので、じっくりと時間をかけて練習しています。そろそろ時間も考えながらやらないとまずいかも。

あまりにも中途半端になるようだったら、別の機会にでも披露できれば良いかなぁと考えが変わってきたり。準備だけは万端にしたいので、必要な道具やら、参考になりそうなもの等を既に注文済みなので、道具が揃い次第フルルーティンをやってみようと思っています。とてもじゃないけど、美しく出来ません。綺麗に出来たらマッホーにしか見えないくらい素敵なんだけどねぇ。まだ揃っていないところが致命的かと。

自分的には、かなり難しいと感じているので、始めの部分が出来たら満足してしまいそうな勢いです。そして他のネタをちょこちょこっとやって誤魔化して終了してしまう可能性が随分と高し。今日は練習中に道具がどっかに無くなってしまって、モチベーション低下中…。でもやってみたいから、練習も楽しくできます。色々気を使うところが多くて、嫌になりそうですが、今回は保険の手順があると考えると、結構気楽に練習できそうです。保険の方の完成度を上げた方が精神的に楽なんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

ED EMBERLEY'S PLAYING CARDS

Dsc00655つい先週の土曜日のオフの移動の間に見かけた良い感じの雑貨屋があったので、皆に無理を言って、入店してみたところ、なかなか良い物が揃っているではありませんか。他の方々が早々に飽きていたので、この手の店を見る時間としては異例の短さで購入し、店を出てしまいました。そしてここで見かけた、Ed Emberley師のプレイングカードです。これはマジックスウィッチの最終回で、とある方がとある店で購入していました。それで私もどうしても欲しくなっていたので、即購入でした。Ed Emberley師は絵本作家とのこと。私は全然知りませんでしたが、なんだか絵に惹かれてしまいました。

Dsc00656これはただの絵が可愛いだけのトランプとは、ちょっと違っていて、マーク毎にテーマがあって、それを1から13まで並べてみると、一つの絵になっているのが素敵。写真は撮影場所の都合で2段に分かれています。たまたまハートを選びました。なんだか単純な絵なのですが、とても暖か味があって、見ているだけで和んできます。これでマジックをしようとは思いませんが、持っているのも良いかなぁと思っている次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.07

キュービクス

Dsc00648ネフ社の積木が売っていたので買ってみた。今度はとっても欲しくて堪らなかったキュービクスです。色を何色にするかが非常に迷ったのですが、とりあえずクラーセン師の作品は、一番綺麗な青で統一しようと思っています。アングーラは色を選べないので、仕方なし。次はダイヤモンドの青を買うことに決まりそうです。写真はばらしたパーツの全て。結構細かいパーツになるので、思っていた以上に面白い組み方ができるのです。しかも写真を見ただけではどうやって組んでいるかが全然判らなかったりするので、それも面白い。

Dsc00638適当に組み上げてみたのが、この写真の通り。なんだかこの様に適当に組んでも、なんとなくそれっぽく見えるところが本当に素敵です。まぁ4つの正方形ブロックのパーツが余ったので、適当に配置。セラよりもパーツが色々な形状をしているので、組む楽しさはこちらの方が面白いかもしれません。

Dsc00645こちらはなんとなく横に広く組んでみました。形状から縦に伸びるのが当たり前過ぎて、ちょっとだけひねくれてみたのです。正方形ブロックのパーツを使用できなかったのがちょっと残念ですが、これはこれでお気に入りです。横だけでなく、実際は奥行きも結構あります。

Dsc00649そしてなんとなく積んでいて、アシンメトリーな感じにできたのが、この写真の形状です。今のところ一番のお気に入りの組み方です。左右はもちろん、上下も適当な感じですが、城を彷彿させるのが素敵。


なんだか奇抜なのばっかりになってしまったので、ここに他の写真も掲載してあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.06

何をやろうか決定!?

Dsc00635_1とりあえず、寝ながら一晩考えて、ファイナルスウィッチ用の手順の候補を3つほどに絞りました。今の時期に3つもあるのは大丈夫なのか、かなり不安なんですが、やってみたいのを選んでみました。選択基準は、少しくらい離れていても現象が判りやすいもの。そして自分が大好きかどうかです。趣味である以上、これは重要です。

一番やってみたいのは、色々準備しなければならないので、かなり大変です。しかも今までにやったことのない技法をバリバリと使用しているので、出来る希望が今のところ見えません。一年計画くらいで取り組まないと無理そうです。道具を揃えて、道具を作って、練習している時間があるかしら。

もう一つは、去年から地味に練習をしていたけど、いつの間にか全くやっていない状態になってしまった、ある意味マジックではないような演目。これは果たしてやってもいいのかどうかが疑問です。どちらかというとジャグリングに近いショーみたいな感じです。とてもじゃないけど時間が足りないので、来年のファイナルスウィッチでやってみようかとも考えています?

最後の一つは、大好きなマジックをちょっとシチュエーションを変えて、クラシック風味満点でやってみようかと思っています。これはとりあえず出来そうなので、今のところ有力候補。そして演目申告の締め切りギリギリから練習しても間に合いそうな、ある意味保険的なマジックです。ちょっと難しい部分があるので、その辺は要練習です。

とまぁまたもや読んでいる人を無視した、全く判らない日記となってしまいました。ある程度見慣れている読者様ならば、なんとなく想像もつくのかなぁと思いつつ、やはりこれは当日までの秘密にしておくのが、個人的に楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

何をやろうか考え中

日曜日は完全に休日とすることができたので、観たことないDVDを黙々と鑑賞。とりあえず2.5枚ほど消化。着々と減ってきています。後、30枚ほどを鑑賞したら、やっと追いつきます。これはマジックのDVDに限ったことで、普通に見ていない映像ソフトは盛りだくさんです。

でマジックのDVDですが、前々から気になっている手順を観たり、観てみたらちょっとやってみたい手順があったりして、そこそこ満足。そのうちの一つに、どうしてもかなりの工作しなければいけなかったり、どこかで材料を入手してこなければならなかったりと、演じるまでのハードルが結構高かったりします。この手順はちょっとファイナルスウィッチでやってみようかとも思っていたのですが、さすがに今から準備したのでは間に合いそうにありません。

そういえば、去年の夏頃にやろうと思っていて出来なかった手順(?)があるのですが、急に思い出しても出来ないことに気が付きました。継続して練習しておけば良かったなぁとか思ってみたり。とりあえず今週は適当に自分の好きな手順を練習していくつもりです。その中で発表会ようの手順があれば良いのですが、今のところはどうやら皆無です。そろそろ演目を決めて、それ一本で練習しないとまずそうなのですが、もう少し自分を追い込まないと何にも出て来なそうです。というわけでしばらく保留中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.04

Stars of Magic vol.4

Stars of MagicシリーズのDVDのVol.4です。ビデオシリーズだとVol.8にあたります。このDVDにはDEREK DINGLE師のマジックが収録されています。この巻は今まで観てきたシリーズに比べると若干物足りない感じがしました。

We'll Twist…デックからダイヤの2から5を取り出します。カードを数える度に1枚が表向きになります。さらに最後にはカードの裏の色が変わります。(3/5)1枚特殊なカードを使用しています。1枚ずつ表向きになるのは結構良い感じです。

Elmsley Aces…デックから4枚のエースを取り出します。エースを裏向きにテーブルに並べます。さらにデックから3枚のカードを観客の指定したエースの上に乗せます。指定されなかった3枚のエースをデックに戻します。デックを軽く弾いて、テーブルのカードを見てみると、テーブルに4枚のエースが集まっています。(4/5)軽くひっかかりました。最後の4枚のエースのディスプレイがかなり強烈でした。ちょっと難しいかもしれませんが、出来ないこともなさそう。簡単な方法も解説しています。難しい方法でできた方がインパクトは強いかなぁ。

Universal Card…ワイルドカードの手順です。8枚のジョーカーがいつの間にか4枚のエースとキングに変化しています。(2/5)個人的にワイルドカードの現象はそんなに好きではありません。

Bertram Coin Assembly…4枚のコインと2枚のカードを使用したコインアセンブリーです。(2/5)あえてこの手順ではやらないような…。最後のオチも意味が判りませんでした。

All Backs…観客にカードを1枚ひいてもらい、デックに返してもらいます。デックを観ると、どのカードも全て裏になっています。どこを調べても表がなくなっています。マジシャンがおまじないをかけると、デックは元通りになり、スプレッドすると観客のカードだけが裏向きになって現れます。(3/5)準備もなくできるので、覚えておこうかなぁと思っていたり。この現象はやっている人を観たことが一度しかありません。やっぱり地味なのかなぁ。結構こういった感じのマジックは好きなんですけどね。

Cigarette Through Quarter…観客から借りたコインにタバコが通ります。(1/5)お馴染の現象ですが、なんでこのシリーズに収録されているかが不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.03

コカ・コーラのポーカーチップ

昨夜はファイナルスウィッチの告知を少し長めに表示しておくために、記事を書きませんでした。いや、決して眠かったわけでも、決してネタが切れていたわけでも…。まぁ一日書かないと気持ち悪いけど、たまには休みたくなるのです。毎日更新にそれほど拘ってるわけでもありませんので。

Dsc00627で先日ポーさんからコメントがあって、ちょっと良さそうな感じだったので、一つ買ってみようということになり、およそ1日で4枚ほど購入してみました。とりあえず同じ物が数枚必要なので、同じ物を選んで購入しています。なぜか一枚目に選ばずに手に取ったのがメキシコだったので、これを集中的に買うつもりです。また、他の色にも変化させてみたいので、他の色も適当に購入するつもりです。コーラだったので、買うのを躊躇していたのですが、炭酸飲料以外にも付いているのでそちらを買うことにします。

Dsc00626写真は大きさ比較のために、ワンダラーと一緒に並べて撮りました。少しワンダラーよりも大きいぐらいですが、厚みが倍くらいありますので、コインのように扱うにはそれなりに慣れが必要かなと思いました。まぁそれほど気にならないといえば気になりませんが。結局はいつものように集めては、飽きが来てそれっきりになりそうな予感がしていますが、旬のものなので、とりあえず集めますが、32ヵ国はいりません。メキシコが後数枚あれば、目的は達成しますので、他の国も適当に数枚選んで購入します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.01

ファイナルスウィッチ詳細決定

Dsc003035月31日をもって、マジックスウィッチの活動も終了しました。なんだか非常に感慨深いです。そして非常に充実していた1年間でした。これも主催者のにゃふーさんの並々ならぬ努力の賜物だと思っています。感謝。そして、マジックスウィッチの解散記念パーティーとして、ファイナルスウィッチが開催されます。詳細はリンク先を熟読のこと。時は西暦2006年6月25日(日)、場所は東京の蔵前「かやの木会館」にて執り行われます。これが本当にファイナルなので、心から楽しみたい。

さてさて、ここで少しばかり問題発生です。発表会なんですが、何をやろう?それともやらないで観ていようかをちょっとだけ迷っています。せっかくなので、何かやりたいなぁとも考えているのですが、5分という限られた時間の演目が見当たりません。心当たりはあるのですが、今から間に合うかが非常に微妙。その前に何度か実演してみたい気もしているので、何か別のものを考えることにしよう。

エントリーは、サロン系にしようと思っています。どうせなら大勢の人に見てもらいたいのです。なんだか最近は専らサロン系のマジックばっかりやっています。と言うかシルクマジックばっかり練習しているので、最近はこれしかできないと言う話もちらりほらり。あんまり派手なのも出来ないので、地味に面白い演目を探すことにしよう。6月17日までに決定しなかったら、スルーしよう。そうしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »