« ふりふりシェイク | トップページ | 最近買った物 »

2006.05.17

THE RING THING

大好きなGarret Thomas師のDVD「THE RING THING」です。リングシングのみのDVDなので、ちょっと買うのを躊躇していましたが、予想以上に面白く、様々な手順が組めることを再認識致しました。最近は指輪のマジックにも手を出し始めているところなので、指輪一個あれば出来るマジックは重宝しそうです。他のだとウォンドとか紐とかも無いとできないし。DVDの中では、指輪一個では出来ない手順もたくさん解説されていますが…。しかしリングシングに適した指輪を探すのがちょっと大変かもしれません。作っても良いかなぁと思ったのですが、手順の都合上、今のところ作成は無理と断念。ワックスから作成すれば問題ないのですが。

DVDの前半は、リングシングの歴史を語る「History of the Ring Thing」や、指輪の特性を生かした様々なバニッシュの解説など。この部分は、かなり詳細に、そして丁寧に解説しています。基本的に師の英語は聞き易いので、非常に助かります。中盤から後半にかけて、以下の手順のパフォーマンスと解説を観ることができます。さらに最後には、このムーブの有効な使い方やアドバイスなどがあります。

The Ring Thing…右手の指輪を左手で外しますが、一瞬で右手に指輪がはまってしまいます。(5/5)リングシングです。この手順はお手軽だし、かなり効果的なので、かなり好き。単純ですが面白い。

Karate Coin #1…空中に投げたコインに指を突き刺すと、指にコインが刺さります。(2/5)この手順に必要なコインがありません。もし持っていたら、やりたい度+1。

Flare Karate Coin…karate Coin #1と一緒です。カラテコインが違います。(2/5)このタイプのコインはDVDと同時購入したのですが、ちょっと応用が効かないかなぁ。ちょっと微妙。

Karate Coin #2…指輪とコインを見せ、左手に指輪を渡します。右手にコイン、左手に指輪を握りますが、おまじないをかけると、右手から指輪、左手からコインが出てきます。指輪を置いて、コインをなでていると、コインが指に刺さります。(4/5)この手順はかなり好きです。最後にコインが指に突き刺さるところなんて、かなりビジュアルで面白いです。このタイプのコインを探さないといけないなぁ。

Ring to Coin /Coin to Ring…指輪を外し、左手に握ると、指輪がコインに変化します。そのコインに向かって、指を突き刺そうとすると、コインが指輪に変わり、指にはまっています。(5/5)かなりビジュアルにコインが指輪に変化します。これは是非とも覚えてやってみたい手順です。

1-3 Invisible Ring…指輪をなでていると、指輪が見えなくなります。見えない指輪をまたなでていると、突然指輪が見えるようになります。(3/5)これは少し微妙かなぁ。師の演技でもフラッシュしていたので、私がやるともっと駄目そうです。

Ring Catch…指輪を外して、外した指輪をはっきりと見せます。空中に投げ、指輪に向かって指を突き刺すと、一瞬で指輪がはまります。(4/5)これもかなり強烈なインパクトを与えそうです。出来そうだけど、絶対に出来ないギリギリ感が素敵です。

Forever Ring…指輪を外し、ポケットにしまいますが、いつの間にか指輪が指に戻っています。何度も何度も戻ってきます。(2/5)マイザーズドリームの指輪版とでも言えば判りやすいかも。しかし指輪がたくさん増えても、そんなに嬉しくないかと。

Hand to Hand…右手の指輪が、一瞬で左手に移ります。そして左手の指輪が、一瞬で右手に戻ってきます。(3/5)これはすごく見た目が面白いので、やってみたいのですが、ちょっと難易度が高いです。出来るようになるまでは大変そうです。

Pull Through…指輪を上から引っ張ると、指輪が指を貫通し、取れてしまいます。さらに指輪を指の上から押し込むと、指輪が指にはまってしまいます。(4/5)これも面白い現象です。上に指輪が抜けるのは見ていて気持ち悪いほど、はっきりと抜けたように見えます。ちょっと難しいか。

|

« ふりふりシェイク | トップページ | 最近買った物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE RING THING:

« ふりふりシェイク | トップページ | 最近買った物 »