« 「マジっすか」扇子 | トップページ | 2次会のみ »

2006.05.29

第10回マジックスウィッチ

5月28日の日曜日に第10回マジックスウィッチが開催されました。今回はなんと最終会です。寂しいものですが、しかし今回も実にパワフルな内容で開催されました。最終的な参加者は、40人強くらいでしょうか。同日に魅力的なレクチャーも行われていたので、若干少なめの人数でした。会場は綿商会館でしたが、結構最寄り駅が4つも5つもあったり、目立たなかったり、うるし工芸展が同ビルで開催されていたりで結構迷う人が続出したようです。初めて行く場所には余裕を持って行きましょう。

今回は会場設営の手伝いもしたかったので、少し早めに会場に着くと既に設営が完了していました。既に10人ほどいた模様。手伝えなくて残念。始まるまで腹ごしらえをしつつ、ショップを開いている方もいらっしゃるので、早い者勝ちのグッズ争奪戦に早々に参戦。今回も楽しくお買物をして、数点ほど気に入った商品をゲットしてきました。特に今回から参加していただいた、日曜手品師さんの手作りマジックグッズは、格安だったし、魅力的だったので結局全部購入していたり。

そんなこんなで最終回が遂に幕を開けました。今回の司会は及川さん。そつなくこなしている姿は頼もしい感じでした。まずはチャレンジコーナーです。前回のレクチャラーのにゃふーさんの演技が始まります。相変わらず素敵。他にチャレンジする人もいないので、これにて終了。今回のチャレンジコーナーでは、実はやりたい手順があったのですが、私の都合で練習時間がまるで取れず、断念。本当はあんなこととかこんなこととかをやりたかったのですが、まぁ後日できればいいかなと。

有志によるレクチャーでは、レクチャラーのジャック天野さんによるカードマジック3点です。いきなり3点を覚えるのは私には不可能なので、現象を見て、好みの1点を覚えようと。内容は参加者だけの秘密です。どうしても知りたい人は、公式ホームページのレポートを参照のこと。決して覚えていないから書かないわけでは…。

そしてマジックスウィッチ最大の名物の披露しちゃおう会コーナーです。最大の目玉はサイトーさんのフォンデスリュレシアポーレです。確かにこんな感じのフランス語のタイトルのマジックでした。これも有り得ないマジックで、非常に大げさに言えば、背筋が凍りつくくらいでした。さらに二川先生の目を惹くイエローデックを使用した、進化した(?)これでもかっエレベーターです。これは本当に練習して、レパートリーに加えないといけないと改めて思いました。しかし難しいんだよなぁ。他にも様々な人がたくさんのマジックを披露していました。本当に記憶の容量が少なくなってきたので、いっぱい見ると覚えきれません。書ききれない方々には申し訳ないです。

そういえば休憩時間には、「サーカスがやってきた」と「うごく浮世絵!?」を持参したのですが、かなり好評で自分も嬉しくなってしまいました。みんな子供のようなキラキラした眼で熱心に絵を動かしていたのが、印象的でした。ここの人達には堪らないみたいです。

そんなこんなで色々あったマジックスウィッチも、今回を持って最終会となりました。一年間お世話になりました。がしかし6月25日(予定)に、マジックスウィッチの集大成とも言うべき、ファイナルスウィッチの開催が予定されています。レギュラープログラムとは別の内容で色々な試みがあるそうなので、まだまだ物足りない方は是非とも参加してみてください。今までの成果を発表するコーナーもあったり、解散パーティがあったりと盛りだくさんの内容だそうです。詳しくはまだ良く判りませんので、公式発表をお待ちください。

|

« 「マジっすか」扇子 | トップページ | 2次会のみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第10回マジックスウィッチ:

« 「マジっすか」扇子 | トップページ | 2次会のみ »