« 銀術事始 | トップページ | ある日常 »

2006.04.11

Stars of Magic Vol.6

Stars of MagicシリーズのDVDのVol.6です。ビデオシリーズだとVol.10にあたります。このDVDにはEric DeCamps師のマジックが収録されています。私はこのDVDを観るまで、師の名前すら聞いたことがありませんでしたので、鑑賞するのが非常に楽しみでした。演技はとても楽しいもので、新鮮な気持ちで観ることが出来、とても楽しめました。ほとんどカードマジックですが、飽きることなく楽しめました。

尚、Splitting The Twos~Showboat Aces~Royal Travelersは一連の流れで演技を行っています。続けて行うとちょっと冗長かもしれませんが、演技はスムースに繋がるかと。この部分は流れで評価するとやってみたい度は5になります。各マジック単独だとちょっと低めかなぁ。括弧の中の数字は個人的にやってみたい度、5点満点です。特に面白いとか難易度とかではありません。

・The Inverted Card…観客にトランプのフェイスにサインをしてもらってのアンビシャスカードルーティン。それから、もう一人の観客にトランプのバックにサインをしてもらいます。マジシャンがおまじないをかけるとそのカードが真っ白くなってしまいます。先程書いたサインは…。(3/5)普通のアンビシャスカードかなぁと思ってみていたら、クライマックスが違いました。あのサインの消え方と現れ方は結構好き。

・Splitting The Twos…デックから赤と黒の2のカードを1枚ずつ抜いておきます。黒の2のカードをデックの上でめくると、黒のエースが2枚になります。同様に赤の2のカードをデックの上でめくると、赤のエース2枚になります。(3/5)個人的には正直微妙ですが、結構受けは良いような感じがします。

・Showboat Aces…エースをデックの中にバラバラに入れて、カッティング・ジ・エーセスを行います。(3/5)このカッティング・ジ・エーセスはかなりスピーディで混ざっているようにしか見えませんでした。最後の1枚の現れ方が非常にビジュアルでした。

・Royal Travelers…エースが一枚ずつ見えない飛行を行って、リーダーのエースに集まっていきます。トラベラー系の演技を行いますが、ラストはなんと最強のポーカーハンドになってしまいます。(4/5)極普通のトラベラー系のマジックかと思っていたのですが、最後にはやられました。

・Jokers Are Wild…観客の選んだ1枚のカードと、6枚のカードを使って行うワイルドカードです。最後にはお金が出てきてしまいます。(4/5)ワイルドカード系では久しぶりにやってみたいマジックかもしれません。最後の最後はいらないかもしれませんが。

・Ring And String Routine…リング(指輪ではありません)とロープの手順です。(3/5)少しだけクラシカルな感じの手順です。ロープにリングが通ったり、外れたりします。観客が異様に盛り上がっているのが印象的でした。

・Card In Wallet Routine…3人の観客にカードを選んでもらいます。1人がカードにサインをします。デックに3枚のカードを戻します。ここでマジシャンが財布を取り出し、観客に持っていてもらいます。1人目のカードがデックから飛び出てきます。その飛び出してきたカードがいつの間にか2人目のカードに変化しています。3人目のカードは財布の中からサイン付きで出てきます。(2/5)この財布を持っていないのでなんとも言えないのですが、個人的には結構微妙でした。

|

« 銀術事始 | トップページ | ある日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Stars of Magic Vol.6:

« 銀術事始 | トップページ | ある日常 »