« Linking Rings | トップページ | Stars of Magic Vol.6 »

2006.04.10

銀術事始

先週の予告通り、新しい物作りを始めてしまいました。アートクレイシルバー(銀粘土)による工作作業です。指輪のマジックを行うのに、ちょうど良い指輪を探していたのですが、そこそこ安いのだと程よい物がみつからず、ちょうど良い物があっても高かったりしていたので、探す手間を省くために「それなら作ってしまえ」と思った次第。実際は借りた指輪でやるのが一番効果的だったりするのですが、それはそれ。

Dsc00478初めて作った割には、思った以上に上手い事できた気がします。まぁ説明書の通りに作ればある程度のクオリティで出来てしまうくらい簡単。目指していたのはある程度フラットな感じで、そこそこ肉厚で、幅がそれなりにある感じの指輪でしたので、概ね満足いく仕上がり。本当はもう少し複雑な形状の指輪が欲しいとは思っていますが、とりあえず初めての作成なので、簡単な形状でやめておきました。

Dsc00476この写真は銀粘土をこねて、大まかな形状を作ってから、乾燥させただけの物です。これが銀の指輪になるのは、作っている最中でもちょっと半信半疑でした。しかし、粘土をこねて、形を作ってから、乾燥させて、成形して、焼成して、磨き上げるだけで作れてしまいました。作業時間も乾燥に時間がかかるだけで、その時間を抜くと、正味4時間くらいかなぁ。乾燥の工程が重要なので、ここにじっくりと時間をかけてしまったので、2日に跨ってしまいました。また購入した銀粘土がスロードライと言う商品でしたので、乾燥に一段と時間がかかりました。

しかし、こんなに簡単であるならば、週に一個ずつくらい作れそうな感じです。まぁ実際はそこまで作りまくりたいとは思いませんが、もう少し練習も兼ねて、ぼちぼちと作っていこうかなと思っています。

|

« Linking Rings | トップページ | Stars of Magic Vol.6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀術事始:

« Linking Rings | トップページ | Stars of Magic Vol.6 »