« メタルキューブをてにいれた | トップページ | コインボックス »

2006.03.14

TRUE MAGIC Vol.1

ここ最近とんとマジックの話題から遠ざかっていたので、ちょっと前に買って、ようやく観ることができたので、レビューします。大好きなAldo Colombini師の最新(?)のDVDです。2巻ありますので、もう一枚は後日。なんかタイトルの前に「Hong Kong」と書かれています。が香港で撮影されたのかどうか、よく判りませんでした。背景はなんだか一枚絵で、テーブルがあって、4人の観客がいます。なんだろう、このチープな感じは…。しかし内容は素晴らしいので、細かいところは気にしない。

このDVDにはほとんどがカードマジックを中心に収録されています。始めに演技を行い、その直後に解説を始めるという形式になっています。久しぶりにカードマジックだらけのDVDを鑑賞しましたが、Colombini師のマジックはとても楽しめるものなので、やってみたいのが多いかもしれません。

毎度のことですが、以下に収録されているマジックを記述します。括弧の中の数字は、5点満点での、私のやってみたい度です。とりあえず映像を観ての感想だけなので、実演はしていないし、練習もしていないので、あしからず。

・Contact Colors…マジシャンは一枚のカードを表にして、デックの中にしまいます。観客に一枚のカードを選んで覚えてもらい、デックに返してもらいます。そしてデックを混ぜてしまいます。デックを2つに分け、適当にめくっていくと、表返したカードが出てきます。表返したカードが出てきたところをめくると、観客の覚えたカードです。そしてさらに…。(5/5)これは良いなぁ。そこで終わりかと思っていると、さらにクライマックスが待っています。

・Jesters…青裏のジョーカーを4枚取り出します。裏通しをこすると、ジョーカーの裏が赤色に変化します。これを繰り返して、全てのジョーカーの裏を赤くしてしまいます。が一瞬でまた青裏に戻ってしまいます。(5/5)これもかなり好きな感じのマジックです。なんだか久しぶりにパケットマジックをやってみたいと思いました。これは簡単にできるし、手順も複雑ではないので、練習してみたい。

・Hong Kong Colors…マジシャンは一枚の青いカードを取り出します。メイトカードを探し出すと言って、観客に赤い一組のデックの好きなところに挿してもらいます。デックを表返して、先程のメイトカードを見つけて、抜いておきます。がデックは全て青色になっていて、抜き出したカードのみが赤いカードになっています。(4/5)なんだか書くと判りにくいのですが、非常にビジュアルな現象なので、観た方が早いかと。また非常に簡単で非常に効果的です。

・Fling…絵札12枚全てを使います。適当に混ぜて、観客に枚数以内の数字を言ってもらいます。そのカードを1枚前に抜き出して置いておきます。残ったカードを2枚ずつペアにして置いていきます。残ったカードと前に置いたカードを見てみると、それはメイトカードです。そして残った全ても…。(2/5)こういった現象に興味がなくなってしまったのは、マニアックになっている証か。観客は驚いていたのですが、どうも自分の趣味ではありませんでした。ちょっとした準備で出来るので、覚えていてもいいかなぁという程度。

・Get Off My Spread…4枚のエースを使います。観客に1枚のエースを思ってもらいます。4枚を混ぜた後、2枚ずつに分け、右にあるか、左にあるかを問います。もう一度混ぜて、もう一度問います。マジシャンは袖を使って、観客の思った一枚を胸のポケットから取り出します。(5/5)これには唸ってしまいました。かなり不思議な感じがしました。簡単なのがまた良いです。

・Rope In…3本ロープのルーティンです。(5/5)最近興味のあるロープマジックです。これは面白い。

・Cutting Edges…4枚のキングをデックから抜き出しておきます。デックを観客に4つにカットしてもらいます。その上にキングを一枚ずつ置いていきます。マジシャンが見えないキングを一枚ずつ取り出していくと、一つの山にキングが集まります。さらにそこから…。(4/5)観客が操作している部分にクライマックスがあるので、そこが良いかなぁと。こういうのは色々覚えたいですね。

・Men of Mystery…デックから一枚のカードを抜いておきます。観客にカードを一枚触ってもらいますが、マジシャンが見てしまうので、その前後のカードをそれぞれ覚えてもらいます。適当に二つの山に分けます。先程抜いたカードを見てみますが、見当違いのカードです。しかしそのカードが…。(5/5)これは良い!なんだか観ていて笑ってしまうほど良い。早速覚えてみます。

・Personally Yours…ブランクの名刺大のカードを4枚見せます。そこに星のシールを一枚貼ります。たった一枚貼っただけなのですが、いつの間にか4枚とも星のシールが現れます。そして…。(4/5)師のHave A Nice Dayというマジックに似ています。最後の最後がかなり好きです。

・Deep Impact…デックから3枚を予言として、抜き出しておきます。観客に2枚のカードを選んでもらいます。一枚は先程抜いておいたカードと3枚のカードが一致しています。観客の選んだカードを胸ポケットに見えるように入れておきます。もう一枚選んだカードも残ったカードと一致しています。(5/5)マジックのタイトル通りのインパクトがあります。これも良いなぁ。

・Full Speed Aces…観客にカードを一枚選んでもらいます。カードをデックに返してもらいます。デックから4枚のエースを抜き出します。観客の選んだカードと同じマークは上がってこないと言って、エースだけのアンビシャスカードみたいなことをします。一枚残ったカードを観客の掌に乗せて、デックの上で軽く振ると…。(3/5)最後の最後の部分だけは好きなのですが、その前段がちょっと好みではありませんでした。

・Flip Flop!…観客2人に2枚のカードを選んでもらいます。数枚ずつひっくり返していくと、一人目の観客のカードが出てきます。それを脇に置いておきます。また同じように数枚ずつひっくり返していくと、先程と同じカードが出てきます。先程脇に置いたカードがもう一人の観客が選んだカードです。(3/5)最終的にカードが入れ替わっているという現象です。かなりインパクト強いようですが、微妙です。

・Transpo Elevator…3枚のジャックと1,2,3のカードを使ってのエレベータカード現象を行います。続いて、3枚のジャックの中に入れたカードが一番上に上がるという現象を見せます。上がってきたカードは観客に押さえてもらいます。3枚とも押さえてもらった後に、カードを押さえている手の上で振ると、カードが入れ替わってしまいます。(3/5)エレベータカードに色んな現象をてんこ盛りにしたような感じです。ちょっと詰め込み過ぎかなぁと。

|

« メタルキューブをてにいれた | トップページ | コインボックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TRUE MAGIC Vol.1:

« メタルキューブをてにいれた | トップページ | コインボックス »