« TRUE MAGIC Vol.2 | トップページ | Stars of Magic Vol.8(後半) »

2006.03.19

Stars of Magic Vol.8(前半)

Stars of Magicシリーズはなぜか後ろの方から見ています。まだVol.1を入手していないから仕方なく。それとただ単にDavid Roth師のマジックが観たいからという理由もあります。この巻も2巻分が一枚になったお得な仕様。タイトルは「TEACHES MASTER COIN MAGIC」となっています。これの見所はなんといっても「The Portable Hole」です。「世界のコインマジック」に掲載されているし、レクチャーノートもExpert Coin Magic(洋書)もCoin Magic(洋書)持っているのですが、なんだか長くて読む気がしなくて、今まで放置状態でした。一度で良いから演技を観てみたいと思っていたところでした。全体的に観たことがある手順が多くて、新鮮味はそれほど無かったのですが、やはり面白いです。

・Winged Silver…4枚のコインを使用します。右手に4枚を握りますが、一枚ずつ左手に見えない飛行をします。(4/5)これは一番好きなコインズアクロスの手順です。いまだに出来る気がしないので、こまりもの…。綺麗に演じるには難しいです。

・Chink A Chink…4枚のコインをテーブルに四角形に並べます。手でコインを覆うと、コインが一枚ずつ、もう一方の手に移ってしまいます。(4/5)今ではかなりオーソドックスなチンカチンクです。基本ですが、Roth師の演技は魔法にしか見えません。

・Hanging Coins…4枚のコインを左手に持ちます。一枚を右手に取って、左手に握りこみますが、忽然と消えてしまいます。コインが見えなくなって空中に引っかかってしまいます。3枚目までこの様に空中に引っかかって消えてしまいます。空中から見えないコインを一気に取ると、全てのコインが見えるようになります。(3/5)ハンギングコインはそんなに好きなコインマジックではありません。なんだか表現方法に無理があるように思えるし、4枚目は?とどうしても思ってしまいます。

・Retention Vanish…リテンションバニッシュの解説です。

・Copper Silver…銀貨と銅貨を使います。右手に銀貨を握り、左手に銅貨を握ります。おまじないをかけると右手から銅貨が、左手から銀貨が現れます。今度は観客に銀貨と銅貨を握ってもらいます。観客が銅貨を手の中から取り出します。マジシャンが銅貨を受け取り、おまじないを掛けると、銀貨になってしまいます。観客が握っているのが銅貨です。(4/5)かなりテンポの良い銀貨と銅貨の交換現象です。たった一枚の道具を使うことによって、非常にクリアな現象に見えます。

・The Portable Hole…パースフレームから、コインを3枚取り出します。さらにポータブルホールをパースフレームから取り出します。ポータブルホールの上にコインを投げ入れると、吸い込まれるかのようにコインが消えてしまいます。全てのコインが消えてしまいますが、また一枚ずつパースフレームから取り出します。もう一度コインを全て消してしまいます。が今度はポータブルホールの下から消えたコインが現れます。(3/5)観るのは楽しいのですが、やるとなると少し尻込みしてしまいそうな手順です。思っていたよりも手順的には難しくはないのですが、マジシャンの仕事が多いです。

・The Purse & Glass…3枚の銀貨と銅貨、透明なグラスと財布を使います。財布の中に銅貨を3枚入れておきます。銀貨を握ると、銀貨が一枚ずつ銅貨に変わってしまいます。消えた銀貨は財布の中から現れます。(3/5)3枚とも入れ替わってしまうのがとても不思議でした。グラスの使い方が個人的に微妙かなと。

・Coins Through The Table…ミニチュアのテーブルを使います。3枚のコインが一枚ずつミニチュアのテーブルを通り抜けます。最後にはミニチュアのテーブルがテーブルを通り抜けてしまいます。(3/5)これは非常に面白かったです。なんだか最後は笑ってしまうようなオチでした。このテーブルは自作するしかないよなぁ。

|

« TRUE MAGIC Vol.2 | トップページ | Stars of Magic Vol.8(後半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Stars of Magic Vol.8(前半):

« TRUE MAGIC Vol.2 | トップページ | Stars of Magic Vol.8(後半) »