« Stars of Magic Vol.8(前半) | トップページ | にんじんとうさぎとスポンジと »

2006.03.20

Stars of Magic Vol.8(後半)

Stars of MagicシリーズのVol.8です。サブタイトルは「TEACHES MORE MASTER COIN MAGIC」です。この巻では、David Roth師が様々なコインマジックを魅せてくれます。どちらかと言えば、コインマジックに使える素材集みたいな感じかも。プロダクションとか、手順が終わった後に見せる現象とか、そんな感じの現象が多いかも。もちろん手順として通用するものも収録されています。

・The Fugitive Coins…ハーフダラーとクォーターを使用します。観客に2枚のコインを握らせて、手を後ろに回してもらいます。手は後ろのまま、右手にクォーター、左手にハーフダラーを握るように指示します。手を前に出してもらい、観客からハーフダラーを受け取ります。ハーフダラーを握り、観客の手に軽くぶつけると、観客の手からハーフダラーが、マジシャンの手からクォーターが現れます。(4/5)これはコインの大きさを利用したマジックですが、こんな使い方があるんだと、ある意味発見でした。観客の手の中で現象が起こるので、かなり面白いのではないかと。

・The Flurry…師のワンコインルーティンです。以前の記事のOne Coin Sequenceを参照のこと。

・Four Coin Vanish & Production…4枚のコインを一枚ずつリテンションバニッシュで消していきます。その後一枚ずつコインを取り出します。(3/5)いわゆる「IV」です。実演する動画を見ることができて嬉しいです。マニアにしか判らないクレイジーな手順。非常にマニアックです。

・The Accentric Purse…パースフレームから一枚ずつコインを取り出します。最終的に4枚になります。(?/5)本当に取り出すだけなので、コインマジックのオープニングに使えそうです。これだけだとちょっと…。

・Folding Coins Through Table…フォールディングコインを使用したコインズスルーザテーブルのルーティンです。(3/5)1枚目と2枚目の消え方はかなりビジュアルです。コインを覆い隠すことなく演じています。この瞬間的な消え方は美しいなと。

・They Both Go Accross…2枚のコインを使います。一枚を左手に握ります。もう一枚を左手に放り込みますが、おまじないをかけると、右手から2枚のコインが現れます。(4/5)久しぶりにひっかかりました。明らかに左手に投げているにも関わらず、いつの間にか右手にあるとは…。

・Deep Palm Tenkai Pennies…一枚ずつ両手にコインを乗せ、左手と右手に一枚あることを確認します。手を握っておまじないをかけると、右手に一枚コインが見えない飛行をします。(3/5)ハーフダラーで行う天海ペニーです。これは以前からやってみたいと思っているのですが、何度やってもあのムーブが上手くなりません。

・Triple Change Spellbound…右手で銀貨を上下に軽く振っていると、突然銅貨になります。もう一度軽く振っていると、銀貨に戻ります。そしてさらに銀貨がチャイニーズコインに変化してしまいます。(3/5)片手で行うスペルバウンド現象です。かなり難易度が高いです。

・Exhibition Coins Accross…一枚だけのコインズアクロスです。直前まで見えていた右手に握ったコインが、おまじないと共に左手に見えない飛行をします。(3/5)かなり角度的に厳しいです。また片手で行うので難易度も高くなっています。

・Coin Box - Copper & Silver…コインボックスの中から一枚の銅貨と3枚の銀貨を取り出します。コインボックスに銀貨を入れて、その上に銅貨と銀貨を入れて、コインボックスに蓋をします。一枚の銀貨が外に出ています。この銀貨がコインボックスの中の銅貨と入れ替わります。(4/5)現象的に地味ですが、個人的には結構好きかも。じわじわと面白さがこみ上げてきました。

・Wild Coin…紙コップと3枚の銀貨を使います。銀貨を右手に持ち、左手に放り込むと、銅貨に変わります。この銅貨をコップに入れておきます。次の銀貨を右手で軽く撫でると、銅貨に変化します。この銅貨もコップに入れておきます。3枚目の銀貨は銅貨に変化して、直後に銀貨に変わります。銀貨に戻ったところでコップに入れます。おまじないをかけると、コップの中のコインは全て銀貨に戻っています。(3/5)なぜかワイルドコインのコンセプトがそんなに好きではありません。個人的な好みなので仕方ありませんが。

・Squash…4枚のコインをテーブルの上に積み重ねます。右手で積み重なったコインを覆い、上から押し付けると、4枚のコインがテーブルを貫通します。(4/5)目を見張るくらいに鮮やかな現象でした。ちょっとした準備が必要ですが、機会があればやってみたいかなぁと。

|

« Stars of Magic Vol.8(前半) | トップページ | にんじんとうさぎとスポンジと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Stars of Magic Vol.8(後半):

« Stars of Magic Vol.8(前半) | トップページ | にんじんとうさぎとスポンジと »