« FINGER RING MAGIC | トップページ | リングを使った何か »

2006.03.04

CROSS ROAD-落としたクレ4-

3月4日に曳舟文化センターにて、社会人と学生のアマチュアマジシャンの発表会である「CROSS ROAD」が行われました。M.Itoさんに誘われて、喜び勇んで行ってきました。前日は半徹夜状態のオフを行っていたので、眠ってしまわないかどうかが心配でした。

会場に着くと、思っていた以上の人が既に集まっていました。こんなに人がいるの?と軽く衝撃を受けていました。会場に着いて、M.Itoさんを見つけて、チケットを受け取ります。なんと前から5列目のとてもいい席です。こういったステージマジックでもやっぱり前で見た方が、現象が良く判ります。まぁ当然と言うか、会場にはかなりの数の知り合いの方々がいたので、始まるまでは適当に話していました。久しぶりに会う人もいたりして、楽しかったり。

まずオープニングですが、スクリーンに少女(慶應義塾奇術研究会、舘野清香さん)が現れ、クレヨンを拾う映像が流れます。そしてそれがそのまま次の演者の導入となっています。彼女は幕間に度々現れ、次の演者の導入をいたずらっぽく行っていました。どこかで見たような気がしますが…。

そしていよいよ演技が始まります。一番手は社会人2年目の前野俊希さんです。花のプロダクションやミリオンフラワーからシルク、ミリオンカードの演技が続きます。そういえば、この発表会を通じて、全体的に花の演技が多かったのが気になりました。

続いて、2番目は横浜マジカルグループの石崎宏美さんの演技。個人的にブームになりそうなロープマジックです。ロープ切りを行った後に3本ロープの演技。そして最後には3本に切れたロープが繋がってしまいました。動きも手順も全体的に淀みなく、今回一番素敵な演技でした。

3番目はマラバリスタの山積隆之介さんのボールを使ったジャグリングの演技です。最近の流行りなんでしょうか、妙にダンスっぽい動きとトスジャグリングを融合させています。くねくね動き過ぎていた印象があって、少しもったいない気がしました。技術の下地はとてもすごいのですが。

4番目は東洋大学マジシャンズソサエティの市川えりかさんのダンシングケーンの演技です。導入がちょっと意味不明でしたが、彼女の動きとケーンの動きがかなりダイナミックです。途中の両手を広げて、くるくるケーンと一緒に回る場面には、かなり驚きました。

5番目は高知中央高校奇術部の西村峰龍さんです。美術家というシチュエーションでしょうか、絵筆のプロダクションやら、紙粘土のようなものを使っての4つ玉の演技です。全体的に演技が早くて、途中何をしているか把握できない場面も。美術家っぽくないような衣装が少しもったいないような気がしました。

6番目は中部奇術連合会の満仲宏さんの和妻。口上から昔の言葉っぽくて、すぐに世界に引き込まれました。紙を切って、雪にしてみたり、夫婦箪笥(あってます?)、和傘の取り出しを行っていました。この方の笑顔がとても素晴らしく、観ていて楽しかったです。

第1部の最後は、立教大学マジック研究会の森藤麻衣子さんの鳩出しの演技です。やっぱりこういう場所だと鳩は判りやすいし、綺麗に見えます。終始楽しそうな感じがひしひしと伝わってきました。しかしこの鳩は驚くほど、いうことを聞いていて、鳩に対する愛情も垣間見えたり。

ここまでが前半で、いったん休憩を挟み、第2部が始まります。8番目の演者は、鹿児島ファミリーマジッククラブの溝口直隆さんの「四季」をテーマにした演技です。一番演技に安定感があった感じがします。花が咲き乱れる春をフラワープロダクションで、傘の演技で夏を、秋は…なんだっけ?忘れてしまいました。そして冬をスノーアニメーターで表現していました。最後の最後はいつまで続くのかというほど、長いこと雪が降っていました。

9番目は慶応義塾奇術愛好会の矢野達也さんです。彼はマジックではなく、パントマイムを披露していました。サラリーマンがお金を拾って、お金を鞄に入れると、なぜか鞄が重くなり、その場から動けなくなってしまうというもの。こういった感じでパントマイムを見たのは初めてでしたので、かなり新鮮な感じがしました。

10番目は羽村マジッククラブの森近良子さんの演技。シチュエーションがさっぱり判らなかったのですが、花瓶を取り出して、増やしたり、花を次々と取り出して飾ってみたり、空の箱にネクタイが突然現れたり。なんだかちょっと意図が伝わらなくて残念。

11番目はびっくり箱のさとるさんです。私の今日の一番の目当てでした。なんとなくGarrett Thomas師のSOFT SALTっぽいシルクを使ったマジック。そしてお客さんを舞台に上げて、ジャンボカードを使用した演技でした。ラストのジャンボカードが繋がってしまったのには、かなりびっくりしてしまいました。普通に配っていたはずなのに…。お話も含めて、とても面白かったです。

12番目は明治大学マジックフェロー奇術研究会の山口真幸さんです。シンブルの演技です。彼はキャラがかなり勝っているので、それだけでずるいなぁと。音楽に乗せてのシンブルは圧巻でした。とても難しいことをやっていたり、最後の最後の部分は結構好きな感じです。やり過ぎ感も否めませんが。

最後の13番目の演者は春日井マジック同好会の田中大貴さんです。パラソルをこれでもかというくらいに取り出していました。なんとなく助手の女性の方がちょっと目立っていたので、その動きが気になってしまったりしたのはもったいなかったかなぁと。

エンディングでは、先ほど行われたマジックがバックに流され、演者を紹介していきます。こんなに早く編集をしているとは驚きです。途中演者の名前が、バックの色と重なって見えなかったりしたのは残念。そして最後はみんな揃って終了です。なかなかたくさんの見所と見応えがあって、とても楽しめました。最後の最後にさとるさんに挨拶だけして、会場を後にしました。

|

« FINGER RING MAGIC | トップページ | リングを使った何か »

コメント

ほんとに,おつかれさまでした!
楽しんでいただけて,良かったです(^-^)

投稿: M.Ito | 2006.03.07 07:19

M.Itoさんどうも。
先日はお疲れ様でした&ありがとうございました。また、何かあったら誘ってください。
2次会までとても楽しく過ごすことができました。あの後、無事に帰り着いたようで、一安心です。

投稿: HIGE | 2006.03.07 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CROSS ROAD-落としたクレ4-:

« FINGER RING MAGIC | トップページ | リングを使った何か »