« プロがあかすカードマジック・テクニック | トップページ | 今更ながら買ってしまった »

2006.02.04

チャーリーとチョコレート工場のチョコレート

DSC00328先日「チャーリーとチョコレート工場 特別版」が遂に届きました。久しぶりに映画館で観た映画です。しかもこの映画に惚れに惚れてサントラまでも購入したほどです。サントラを購入したの生涯で2回目です。でなんと劇中に登場するウォンカさんのチョコレートも発売になりました。これはもう迷わず購入です。このチョコがヴァレンタインコーナーに並んでいようが、周りが婦女子ばっかりであろうが関係ありません。見かけた途端、ぐわしと数枚掴み一目散にレジへと直行しました。時期が時期だけに今日以降はなんとなく買いづらいかなぁと。

まだDVDもチョコレートも封すら開けていないのです。というかDVDの方は観る時間が無さ過ぎ。チョコレートの方はなんとなくもったいないような気がしてます。3月31日までの期間限定生産で一つ450円です。このチョコの中にもしかしたらゴールデンチケットが入っていたりと淡い期待もしてみたり。って入ってるわけがないのです。入っていても工場の中に入れるのは子供だけなのです。見た目は大人、頭脳は子供!のHIGEさんはきっと入れないのです…。映画で我慢します。

肝心の映画の内容ですが、これがまた良いのです。オープニングからあり得ないけどリアルな映像に引き込まれました。ストーリー的にはそれほど目を見張るものもないのですが、現代を風刺していて、その場その場が刹那的に面白いのです。また脇役的に登場するウンパ・ルンパが主役を食っているほど良いアジを出しているのです。そしてそのウンパ・ルンパのダンスやパフォーマンスが観ていて楽しい。その時に流れる音楽がかなり癖になります。映像も前半やチャーリー少年の周りはモノクロっぽいのに、工場内に入ると原色バリバリだったりして、その対比ぶりが美しいのです。ストーリーはなんとなく観ているうちに読めてしまうような感じですが、内容がとにかく楽しいので良し。

|

« プロがあかすカードマジック・テクニック | トップページ | 今更ながら買ってしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場のチョコレート:

« プロがあかすカードマジック・テクニック | トップページ | 今更ながら買ってしまった »