« シール張り替え作業 | トップページ | Stars of Magic Vol.9(前半) »

2006.02.20

ライブ・ワークス

ゆうきとも師のクロースアップマジックショーとレクチャーとステージが収録されているDVDです。UGMレクチャーコンベンション&サマーナイトパーティー2005にて収録されたものとパッケージに記載されています。今から約半年前の映像です。

内容はクロースアップショーが行われ、その後レクチャーが行われます。クロースアップショーで行われているマジックは、私の知識では名称不明のものも多いです。「フラッシュバック」や「シングルショック」、「ポケットリセット」などが収録されています。「ポケットリセット」はかなり良い感じでやってみたいかも。この部分は解説なしの演技のみなんですが。ステージも収録されているのですが、これに収録されているリングとロープの手順がいいなぁと。今の私の状態としては、これが一番解説して欲しいところ。

レクチャーの内容は、今までに観たことあるようなものも含まれています。monthly Magic Leesonにて解説されているマジックもありました。1回のレクチャーとしてはかなりの数が収録されていて、もし行ったとしても覚えてられないなぁという感じが。以下の文の括弧の中は自分のやってみたい度です。

サウンドビジネス…マグカップを使用します。空中から100円玉を取り出し、マグカップの中に入れます。そして5枚入れたところでおまじないをかけると、マグカップの中から500円玉が出てきます。(4/5)これは簡単だし、現象も判りやすくていいなぁ。最近出た「クロースアップマジック秘密のネタ本」の「マグカップ両替機」とは逆の現象です。

スカーフの行方…1000円札とハンカチ(シルク)を使います。マジシャンは1000円札を折りたたみます。そしてハンカチを取り出し、ハンカチと一緒に1000円札を握ります。拳の中から1000円札を取り出し、そのお札でおまじないをかけるとハンカチが消えてしまいます。そして意外なところからハンカチが現れます。(3/5)お馴染みのある秘密道具を使うのですが、この使い方がかなり参考になりました。個人的には面白い現象ですが、観客の反応は微妙な感じが…。全然関係ありませんが、レクチャーの中で「野口英世」のことを「夏目漱石」と言っているのが気になりました。

接待トリック…観客に数枚の料理の絵が描かれたカード(絵はがき)を見せます。マジシャンはそのカードを操作して、最後に残ったカードと同じ物をご馳走しますという話をします。同じ事を観客にやってもらいますが、その最後に残ったカードが…。(4/5)セルフワーキングでできるマジックです。結構良いと思うのですが、この絵はがきを揃えるのが非常にめんどくさそうです。オチのカードなんてどこに売っているのやら。

やさしいカップと玉…monthly Magic Lesson Vol.5にて解説されているものと同様なので省略。以前の記事を参照してください。

シェイプアップ/EFP…ESPカードを二組使用します。マジシャンはESPカードを配っていきます。好きなところで観客に止めてもらうと、予言と一致しています。さらにESPカードを変えて、裏向きにスプレッドしますが、1枚だけ表になっていますが、放っておきます。観客にこのカードを適当に持ち上げてもらい、枚数を数えます。その枚数の場所から、先ほどの表向きのカードと一致しています。(2/5)2段に分かれているのですが、後半がちょっと説明しづらいです。あまり予言系は好きではないので、やらないかなぁと。

E-Zサイコ…5枚のESPカードを二組使います。観客とマジシャンが一枚ずつカードを選んでいきますが、全てのカードが一致しています。(5/5)厚川昌男師の「サイコ」のゆうきともバージョンのようです。「サイコ」は知らないのですが…。メンタルマジックを演じるのは好きではないのですが、こういった一致系のマジックは好きです。これはいいなぁ。ESPカード欲しいなぁ。

チープリボルバー…カードから1枚を予言として出しておきます。カードをはじき、観客に好きなところでストップしてもらいます。ストップしたところからカードを全部ひっくり返し、境目のカードを置いておきます。もう一度行います。さらに予言のカードを残ったデックの上で振ると、同じランクのカードがひっくり返っています。そして境目のカードも同じランクのカードです。(4/5)これはかなりすっきりした感じのマジックです。レクチャーで言っている原案と、パッケージに書かれている原案が違うので混乱してしまいます。

ハンカチを抜けるカード…ハンカチにくるまれたデックの中なら観客の選んだカードだけが抜け出てきます。(4/5)monthly Magic Lesson Vol.3に解説されているマジックなのですが、微妙に内容が違います。途中どうやっているのかが全く判らず、見事にひっかかりました。こっちの方が好みです。

マネーゲーム(実演のみ)…参加費100円で観客が参加できるゲームです。1万円札、5千円札、千円札、500円玉、100円玉、10円玉を使用します。1から6までの番号のところに観客が好きなようにお金を置いていきます。置いた後、マジシャンの指示書に従って操作をしていきますが…。実演のみなのが惜しいところ。これは面白いなぁ。

|

« シール張り替え作業 | トップページ | Stars of Magic Vol.9(前半) »

コメント

 私も「接待トリック」の料理の絵はがきを探していたのですが、ふと気付いたら、自分で印刷すればいいことに気付きました。
 ダイソーなんかでも、光沢の葉書が売ってますし、オチのカードも自分で机に置いて撮ればいいかなと。(^_^;)

投稿: アイラ | 2006.02.20 18:52

アイラさんどうも。
そうか!作ってしまえばいいのですね。これでやりたい度が上がってきました。確かに作る方が安上がりですね。

投稿: HIGE | 2006.02.21 00:10

このDVDは、好きです。
ゆうき氏の(レクチャー無しの)ショーだけの動画は、
見ることがありませんので、とても楽しめました。
アイラさん、そのグッツ格安で2組お分け頂ければ幸いです。

投稿: zazatto | 2006.02.21 09:48

>zazattoさん
 了解です!
 うまく画像が手に入れば、1セット送ります。

投稿: アイラ | 2006.02.21 20:54

zazattoさんどうも。
確かにショーだけの映像はかなり貴重かもしれないですね。この部分だけでも楽しめました。

アイラさんどうも。
いつか作った道具を見せてください。私もそのうち作成してみたいです。

投稿: HIGE | 2006.02.22 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブ・ワークス:

« シール張り替え作業 | トップページ | Stars of Magic Vol.9(前半) »