« いやはや | トップページ | 見直し »

2005.12.03

ソフトコインを作ろう-その2-

DSC00187前回の記事の続きです。前回は適当に色々家にある物だけでやってしまったため、やや間違った情報を晒してしまったのかもしれません。が、色々知り合いからアドバイスを受けて、紙ヤスリを購入したり、道具やらを揃えてコインを削っています。で写真ですが、一応の完成形に近い状態かな。もう少しだけ厚みを減らしたいような気もしますが、今回はこの辺までということで。※ソフトコインの作成については、あくまで自己責任でお願いします。

DSC00182この写真の状態が前回の状態から1200番の紙ヤスリで研磨した後の状態です。もう少し目の細かいヤスリで削っても良かったかもしれません。方法は紙ヤスリをテーブルに置いて、上から円を描くように、力がなるべく均等にかかるように擦っていきます。適度に傷が薄くなってきた程度で終了。仕上げだったので、ものの数分でした。まだまだヘアラインが目立ちます。どうしてもヤスリで削っているので、傷が目立ってしまいます。これはある程度仕方ないです。

DSC00185その後、コンパウンドを塗るかどうか迷ったのですが、最初ということで、色々と試してみて、最終的に優れた方法を採るということで、今回はコンパウンドで磨きをかけることにしました。で磨き上げた写真です。なかなか良い感じに磨けたと思っています。ちょっとソフトコインにしては、キラキラし過ぎなんですが、まぁ良しとしましょう。指で触った感じがツルツルで気持ちいい。また他のコインと摺り合わせても、音がかなり減少しています。そこそこ満足のいくものができました。

DSC00189イーグル面も一応削ったので、写真は晒しておきます。削っただけの状態とコンパウンドで磨いた後の状態です。イーグル面は元々、彫刻が深くないので写真だと違いがかなり判りにくくなっています。ちょっと力の入れ加減を誤ってしまったために、縁が削れすぎたようです。この辺は失敗。まだまだ試行錯誤が必要な感じです。

|

« いやはや | トップページ | 見直し »

コメント

こんにちは。はじめまして。この記事に触発されて私もモルガン削ってみました。滑り止めに下に紙やすり敷いて、紙やすりを巻いたカンナのような道具で(百均にもあります)先に外周部のみひたすら落として、その後全体を手で紙やすりにこすりつけて彫刻部を削るという方法をとりました。それなりに上手く行ったやり方ですので一応参考までに。

投稿: ポー | 2006.01.10 17:57

ポーさんどうもはじめまして。
モルガンを削ったのですか!?それはまた思い切りましたね。今はちょっと工作している余裕がないので、モルガンにはまだ手を付けていません。仕上がりを見てみたかったり。
こういった情報はすごく役に立つので、とてもありがたいです。

投稿: HIGE | 2006.01.10 23:08

追加情報
キッチンハイターにつけると黒・・・ではなく赤さびっぽい赤黒い色になる(^^;
シェルはそれよりも濃い色になる(^^;;
古いデジカメひっぱりだしてきたのですが何度やってもうまく撮れなかったので参考になりそうな画像がありません。ごめんね。

投稿: ポー | 2006.01.11 18:53

ポーさんどうも。
なるほど。削るとどうしてもピカピカになってしまうから、古めかしい色に戻したいですね。
わざわざデジカメで撮影していただいたとは、恐縮至極です。機会があれば是非拝見したいです。

投稿: HIGE | 2006.01.11 23:44

初めまして。
私もソフトコインを作るためにいろいろと試行錯誤をくりかえしましたが、今の段階で使っている手順が参考になればと思いまして、書きました。

まず、新品のモルガン、あるいは64のケネディーを漂白剤につけます。これは、銀を加工する職人たちもよく使う手だと聞きました。

すると、コインによって、灰色になったり黒になったり色の変化は様々ですが、無視してつけておきます。

ある程度色に変化があらわれたら(だいたい5分くらいですね)漂白剤からとりだして、キレイに洗ったあと水気をとります。

ここから、2つに分かれるのですが、
ソフトコインにしたい時は、紙ヤスリで地道にけずり落として、最終的に光沢を出せば、シブめの使い古したようなソフトコインができます。

また、ソフトコインはいらん、手あかがついたようなシブめに仕上げたいというかたは、姉や妹、あるいは母親のツメヤスリ(目がとても細かいもの)をぱくってきて、変色した部分を磨くとケネディーの顔やワシの輪郭の部分だけ黒みが残って、ほかの黒い部分はキレイにおちます。

すでにみなさんが知っているようなものだとは思いますが、念のために書いてみました。

投稿: nao | 2006.03.27 04:22

naoさんどうもはじめまして。
漂白剤に浸けるというのは知りませんでした。色々あるのですねぇ。情報どうもありがとうございます。
未だに勇気が無くて、モルガンは削れてません…。そのうち試してみて、記事にしますので、気長にお待ちください。

投稿: HIGE | 2006.03.27 23:12

HIGEさん、初めまして。

やすりんと申します。(mMLでは、いつもお世話になっております(^^;))

コインの渋みを出す方法についてなのですが、これもまた、皆さんよくご存じの方法かもしれませんが、私は銀貨に渋みを出すために、「六一〇ハップ(むとうハップ)」という『温泉の素』を薬局で買ってきて使っています。(私の地元の小さな薬局にも置いてありました。)

銀のアクセサリーなどの渋みを出す際にもよく使われるようですが、要は、硫黄なんですね。

この原液を小さな容器に出しまして、その中に銀貨を付けておくんです。
ほどなく、銀貨の色が変わって参りますので、自分の好みの色に仕上がったところで引き上げまして、銀磨きクロスで磨きますと、彫刻の浮き出た部分は銀色に、へこんでいる部分が渋い黒褐色になり、結構気に入っています。

もしよろしければ、お手軽ですのでおためし下さい。

なお、硫黄で色が付きすぎた場合は、銀の還元剤(銀専用の洗浄溶液)に付けると、新品のような状態に戻せます。

追伸
私も、モルガン削ってみようと思っています(^^;)

投稿: やすりん | 2006.03.30 01:07

やすりんさんどうもはじめまして。
こちらこそmMLではお世話になっています。最近は観る時間がなかなか無くて、少し溜まってますが…。

またまた貴重な情報どうもありがとうございます。六一〇ハップの話は聞いたことがありますが、まだ実際に試すことはやっていませんでした。これは簡単そうなので、近いうちに試してみたいと思います。

モルガン削った際は是非とも記事にしてください。楽しみにしています。

投稿: HIGE | 2006.03.30 01:20

naoさんに質問です
台所用漂白剤のキッチンハ○ターでも良いのでしょうか?

投稿: asdfg | 2006.03.31 09:02

HIGEさん こんにちは。
返事が遅くなって申し訳ありません。
台所のキッチンハイターは試したことがありません。;;
なぜなら私の家にキッチンハイターがないのです。;;

投稿: nao | 2006.04.03 07:39

naoさんどうも。
わざわざasdfgさんの質問に答えてもらってすみません。どうもありがとうございます。
私の方はそのうち、色々試して記事にします。

投稿: HIGE | 2006.04.03 22:19

・naoさん
そーですか
わざわざ質問に答えていただきありがとうございます

投稿: asdfg | 2006.04.05 22:48

どちらも黒くなりますが
六一〇ハップが硫化銀
キッチンハイターは塩化銀
とのことです。
薄いと(薄くなると)赤っぽく見える気がします。

投稿: ポー | 2006.04.18 17:20

ポーさんどうも。
情報どうもありがとうございます。成分が違うのですね。アートクレイシルバーセットを買った時にいぶし液が付いていたので、時間があれば、週末あたり試そうかと思っています。

投稿: HIGE | 2006.04.18 22:26

キッチンハイターもいいですが銀黒という、物もいいですよ
銀専用の燻液なのですぐに濃い黒になります
でも放置しすぎると落ちなくなるので注意
それでバーバーコインが1枚大変なことになりました

投稿: マジシャン | 2014.03.24 15:34

マジシャンさんどうも。
情報どうもありがとうございます。銀黒というのは知りませんでした。機会があれば試してみたいです。自然な感じを出して、染めるのは難しいですよね。私もバーバーを一枚真っ黒にしてしまったことがあります…。

投稿: HIGE | 2014.04.07 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトコインを作ろう-その2-:

« いやはや | トップページ | 見直し »