« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

続・今年最後のお買い物と忘年会

DSC00271何故かタイトルに「」がついてしまいました。かなりありえない状態になってしまいました。むぅ、全然想定していなかったので、こんな事態に陥ってしまいましたのです。急に新宿ハンズと高島屋に行ってしまいました。で写真はクリアーバイシクルの色違いです。そう色違いなんて売っているからいけないのですよ。私が悪い訳では…はい、私が悪いのです。こちらの方が色が綺麗で良い感じです。本当はこの前もこちらが売っていたら、こっちの方が欲しかったのです。さてと2種類もあるとなれば、話は別。なんだかこのカードの特性を上手いこと生かしたマジックがしてみたいです。考えてみます。そして2006年中には、披露したいと思います。

DSC00273もう一つがテンヨーのミステリーチャイナボックスです。なんだかもう既に廃盤になってしまったようで、急遽2個だけ入荷したようです。そのセールストークに負けてしまい購入。こういうセールストークには連戦連敗の全敗です。以前発売された当時は特に欲しくもなかったのですが、もう無いと言われるとねぇ。どこかのお店にはまだ残っていそうですが。結局開封もできないまま、秘蔵の死蔵品になりそうです。なんだか開けることができません。

DSC00275新宿高島屋には、年の瀬も押し迫っているというのに、知り合い多数。その場でマジックとか見せ合っていたのですが、いいのでしょうか?流れに流されて、そのまま私もいくつかやってしまいました。3ボールトリックとオイルアンドウォーターを久しぶりに。まぁ楽しいからいいか。そういえば、そこではビリーさんの秘蔵品(写真)を購入してしまいました。これは凄い色々と使えそうなのでお気に入りです。このトマトには凄い面白い秘密があるのです。

そのまま知り合いの方々と新宿フーズフーズへと移動してそのまま忘年会へと突入です。途中で別の知り合いが隣のテーブルに着き、合流してしまいました。ここでは初めて南海子さんを拝見しました。ティッシュを握り混むと、エビの寿司が出てきて、そのままエビがカードを当ててしまいます。さらにはフォーナイトメアーズ、色変わりハンカチなどを演じていらっしゃいました。とても楽しい演技でした。またフラリッシャーが二人もいたので、フォーエースの取り出しフラリッシュ競演なども見ました。フラリッシュは全然やらないジャンルなので、見ているだけで楽しめました。二人とも色々持っているなぁと。またむらやまじゅんさんがとても素敵なパスケースを持っていたので、これを見て即欲しいと思ってしまいました。結構丈夫にできているので、パケットケースにぴったりです。結局23時過ぎに我々は一足お先に帰りました。思いもよらずとても素敵な忘年会となりました。濃いー面子らしく、マジックも濃厚に堪能しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.30

今年最後のお買い物-パズル編-

DSC00265ルービックキューブ ちわわのくぅーちゃんキューブ」をついつい見かけてしまったので購入してしまいました。なんだか商売に乗せられている感がプンプンなのですが、こういうのを見つけるとかってしまうのです。ま、私のような人を狙った商品なんでしょう。これはただ単に1つの面にくぅーちゃんが描かれているだけなので、6面完成は簡単なのですが、何故に今頃くぅーちゃんなんでしょう?ここはすごい疑問です。配色が若干違います。こんな感じとかあんな感じです。写真だと判りづらいですが、赤が茶色で、青が水色っぽくなっています。

DSC00269ついつい見かけてしまったのもう一つが「数ダス。(カズダス。)」です。数独という日本生まれのパズルゲームです。学生の頃、パズラーとか買ってまでやっていたりしました。でExcelで解法を作ろうとか思ってプログラミングしてみたりもして。結局最後まで作ってませんけど。で買ってみたはいいんですけど、電池別売りでした。いつものように絶縁体外してピーってできると思っていただけに残念。電池買ってきてやってみたはいいけど、若干やりづらいかもしれません。そのうちタッチペンでできるやつがでそうなので、そっちの方がいいのかなぁとか思ってます。約100万問も入っているようですが、「約」ってなんで?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.12.29

今年最後のお買い物-マジック編-

DSC00257会社の納会をささっと抜けて、またまたハンズに行ってきました。3日ぶりのハンズです。そしてそこで見つけてしまいました。「前田知洋の魔法の扉ミニ」です。これはサークルバックのミニタリホーなんですが、なんだか不思議なタイトルです。写真は上がポーカーサイズで、下が今回購入したミニタリホー。これだけではなく、一応ブックレットもついてきます。エレベーターカードなど6種類の手順が解説されていますが、このサイズが必要なのは一つのみです。というかミニで普通の手順をやるには無理があるような…。おまけの手順のみがレギュラーサイズとミニのコンビネーションになっています。

DSC00258絵柄はこんな感じです。上の方にあるのがポーカーサイズです。写真の撮り方がまずかったのか、なんだか同じサイズにも見えないこともないですが、実際はこんな感じです。まぁおそらくコレクターズアイテムだと思います。きっとこれを使ってマジックをすることはないのだろうなぁと。ゴールドフレームなしですが、ジョーカーは2種類ついてきました。

DSC00262もう一つ、巷で話題のクリアーバイシクルです。プラスチック製なので、慣れの問題もありますが、色々やりづらいのは確か。スプレッドも上手いこと綺麗に広がってきませんし、透明なので使えなくなる技法も存在します。縁が透明なので、スプレッドした時はインデックスが良く見えるはいいかも。実用的な使用手順を考えるのがめんどくさいので、誰か効果的な使い方を教えてください。特に思いつかないし。絵柄もちょっとみづらいので、さてどうしよう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.28

クリスマスウィッチ終了後

さてと30秒経ちました。クリスマスウィッチも無事に終了し、2次会へと突入します。何故か急に幹事をやることになってしまい、慌てるHIGE。ま、いつもの居酒屋ビルに行って、人数が入る場所があればいいかと開き直りました。今回の2次会の参加者は16人+1人でした。プラスは2次会から参加の方がいらっしゃいました。また仕事があって、帰りたそうだった二川先生を無理矢理引き留めて、2次会に半ば強引に連れて行ってしまいました。二川先生どうもすみません。またありがとうございます。

2次会の会場は、前回の会場と同じTAPAと言うお店。ここは個室になっていて、マジックし放題だし、店員もなんだか暖かく見守ってくれる良いお店です。前回もやったのを覚えていらっしゃって、「また利用していただきありがとうございます。」と言われてしまいました。スウィッチの2次会はここで決まり。実はクーポン券が無かったにも関わらず、クーポン価格だったのです。こういったことも素直に嬉しいですね。

さて、主催者のにゃふーさんが少し遅れて登場してから乾杯です。個室のテーブルが4つに分かれているので、それぞれのテーブルで様々な表情を見せ始めます。ちょっと食ってからいきなりマジックが始まったり、マジック談義をしていたり、普通にお喋りしていたりと実に様々です。私のいたテーブルでは、静かにお喋りをしていました。今回の反省点やら、良かったところなど、さらに次回の会場はどうしようとか色々です。そのうちパチカが出てきて、私は必死に練習。アドバイスを色々もらっていたら、ちょっとだけできるようになりました。しかし私には天性のリズム感のなさがあるので、ちゃんとできるようになるかが不安です。

後ろの席では二川先生とトヒさんが同卓なので、女性二人の黄色い歓声が上がったりして、すごい気になります。ていうかこの二人を同卓にしてはもったいないでしょ?もっとみんなで観ようよぉと思いつつ、こっちはこっちで盛り上がっていました。松田さんのできないと言っていた「コインアセンブリー」を観ましたが、綺麗に出来ているような…。まぁ拘りの人ですから、きっと宿題発表時には、素敵なマジックに変貌を遂げていることでしょう。期待。途中、トヒさんが我々の席に来て、マニアックなコインアセンブリーやら、チャイナリングもやっていました。これはすごい好きな手順です。

そのうち締めの時間が来てしまって、1時間の延長です。ここでトヒさんと松田さんがお帰りです。トヒさんはこれから帰阪です。本当に色々魅せていただきありがとうございました。惜しげもなく様々なマジックを披露してもらいました。トヒさん、松田さんお疲れ様でした。

ここで少し席に動きがあって、サイトーさんが近くに寄ってきました。なんだかとても不思議なサイトーさん・ザ・ワールドが展開されます。いや、あの、ね、もうすごいのよ。なんでなんで?って感じのマジックばっかりです。もうとにかく「ビックリ!びっくり~!!」です。もう様々な人を巻き込んでの超不思議なメンタルマジック炸裂です。とにかく現象が終わった後には、皆黙る。それくらい強烈なんですよ。

この辺で2次会も終了です。はっ!そういえば二川先生と全然絡んでいなかったのです…。せっかくお誘いしたのに、もったいないことしました。この次は色々見せてもらいます。大半の人が帰ってしまう中、私を含めて7人ほどで3次会に突入です。3次会の会場はいつものもめん屋 花です。初めてのテーブル席でした。こんな席もあったのですね。新発見。

3次会はおとなしめに始まります。軽く自己紹介なども行い、色々お喋り。まぁ2次会で散々やってしまっていたので、出尽くしたのでしょう。と思っていたらそうでもない様子。サイトーさんのマジックを見せていない人に色々再演。なんど観てもダークな気分に持って行かれます。素敵。また普段聞くことのできない、オーバーハンドシャッフル、リボンスプレッド、カルなど技法のやり方などを様々な人に見てもらったり、見せたり。結局なんだかんだで静かに始まった3次会ですが、実は私も久しぶりにカードマジックをやってみたり。やっぱり若干適当になってしまったり、逆になっていたりとハプニングがあったりしましたが、楽しんでいただけたみたいです。

最終的に23時過ぎくらいまで延々とやっていました。いつもながら時間が経つのが早く感じる一日でした。HIGEは皆様にとても素敵なクリスマスプレゼントを戴きました。こんなに素敵な時間を皆と過ごせたのは、至上の幸福です。参加者の皆様お疲れ様でした。次回も楽しみにしています。長々と続いたクリスマスの一日の出来事は今日で終わりです。正に夢のような一日でした。どうもありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.12.27

第6回マジックスウィッチ開催(後半)

昨日は恐ろしく疲れていたし、怖ろしく眠かったので、適当に記事をぶったぎってしまいました。でも最後まで書くという気合いの表れが「続く」ではなく、「続ける」に込められていることを悟った人が何人いたか不明ですが、そんなことはどうでもいいのです。で強引に続けます。

お次は初めてのなにがしコーナーです。人前で初めてやるマジックを披露してしまうコーナーです。このコーナーでは失敗しても、皆が失敗した部分の記憶を無くしてくれるとても素敵なコーナーです。とりあえず挙手する人がいなかったので私が「カラーカップアンドボール+」をやってみました。前日も秘かに行っていたのですが、とりあえずフル手順は初めてということで。途中やっぱり詰まってしまうところがあったりして、ここでやって良かったと思った次第。後半は強引に繋げて、意味が判らなかったりする部分をなんとかしたい。

さて、他の方の初めての~ですが、順不同で紹介します。順番忘れた…。サイトーさんがとても不思議なマジックを行いました。なんだか子供混ぜしたカードの中から観客が選んだカードが出てきます。これには会場がどよめきました。マッキー小澤さんがボールを使ったマジックを始めたのですが、途中でコインマジックに変わってしまう不思議なことを行っていました。マジックを始められて一年とのことで、ここまでやってしまうのは正直すごいなぁと。
トヒデルアルデヒドさん(以下トヒさん)が3本ロープのマジックをやっていました。何故かとてつもなく凄いミスディレクションにかかってしまうのです。不思議。さらにM.Itoさんの熟練したシンブル。これも音楽に乗せて、またM.Itoさんも楽しそうに演じていました。これは何度見ても楽しめます。自分が全く手を出さない、神秘の部分なのでとても面白いです。

その後は少しの休憩を挟んで、お待ちかねのVTR鑑賞コーナーです。毎回毎回素晴らしいビデオが持ち寄られて、それをみんなで鑑賞するのです。今回は昔のTV番組でした。マジシャンはアダチ龍光師です。噂には聞いていたのですが、演技を観るのは初めてです。なんだかとぼけた感じで、それだけでもう引き込まれてしまいました。私だけかもしれませんが、目の前のそこに確かにアダチ龍光師がいるような錯覚に陥ってしまったのです。それぐらい存在感がありました。時計があんなとこから出てきたり、リングが凄いことになっていたりしました。観終わった後は自然と拍手喝采でした。

さてクリスマスウィッチも終盤です。最後は恒例の披露しちゃおう会ですよ。みんながみんな思い思いのマジックをやってしまおうじゃありませんかという主旨です。ここも順不同でお願いします。トヒさんが千切れた金の鎖と金貨を手の中に入れてしまうとそれが素敵なものに変化するマジック、素敵なフォーエースの取り出しからのコインアセンブリー、ダイスチョップカップなどなど、それはもう盛り沢山です。さすが関西マジック界の至宝です。懐が深いなぁ。A-GOさんがクリスマスソングをかけての、キャンドルを使ってのクリスマスチックなコインマジック。取り出して、移動して、消えて、最後に意外なところから出てきます。「ポエムだ!」と絶賛されていました。素敵なマジックでした。

お次のこりんさんはもう忘れられないくらい強烈な面白くて楽しいマジック。これはもうこの日の限定的なシチュエーションとか、こりんさんのキャラクターとか、多すぎる小道具とか、奇妙な音声だとか、様々な要素が相まって、会場中を大爆笑の渦に包んでしまいました。詳しい内容は、当日会場に足を運んだ人だけがこっそりと自分の宝物にしてしまいましょう。とっても素敵なクリスマスプレゼントになりました。こりんさんありがとう。

石丸さんが何度もカードが変わってしまう不思議な不思議なカードマジック。エースになったり白くなったりして意味が判りません。最後は全部のカードが変わってしまうし~。さらにはにゃふーさんの痺れるパチカ!これすごいっすよ。観たら欲しくなりますよ、パチカ!観たら練習したくなりますよ、パチカ!とっても難しいことをさりげなくやってしまうにゃふーさんが素敵です。普通に欲しくなって、買いに行きたくなっている自分がいますけむいちさんが出品している「曲がるスプーン&いか」の実演を行っていました。これも単純なのですが、いかがとても良い味を出しています。おそらくこれで全て書いたつもりですが、もし漏れた方がいらっしゃったら、本当に申し訳ないです。今回もノーメモ・メモリーオンリーで書いていますので、どうしても思い出せないこともあるのです。思い出したら追加します。

この辺りで終了の時間も近づいてきたので、片付けとアンケートを記述して終了です。いつも以上に濃くて、本当に時間が過ぎるのが早かったです。次回の開催日は1月29日(日)です。があくまでも仮の日程ですので、公式発表をお待ち下さい。次回はこの会場を押さえることができなかったので、次回は会場も変わってしまう可能性もあります。また2月にずれ込むこともありますので、注意してください。

今回もHIGEはとても楽しめました。いつも以上に盛り上がったような感じがします。参加者の皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。(続きは30秒後)(嘘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

第6回マジックスウィッチ開催(前半)

12月25日(日)のクリスマスの日に第6回マジックスウィッチが開催されました。人数の増加に伴い、今回はいつもの場所ではなく、一つ隣の少し大きな部屋で行われました。いつもの場所にはなんだか「ナポレオンズ」の文字が書いてあり、参加者の誰もが気になる様子。ま、全然関係はありませんけど。今回の部屋は、部屋の形がなかなか使いやすく、そして広いので、快適にマジックを楽しめる感じでした。椅子も多め。今回の参加者も43人とかなりの人数になっていました。今回はあまりにも内容が盛り沢山なので、2回にレポートが分かれます。単純に紙面の都合です。

今回はクリスマスと言うこともあり、会場にも様々な飾り付けや、サンタ帽を被った人やら、サンタクロースがいました。また大きなケーキとかクリスマスっぽいお菓子のつけとどけなど、会場はクリスマス一色。こういう手作りな雰囲気も良いですねぇ。正直ここまでやっていると思わなかったので、ビックリです。

まずはマジックスウィッチ限定品が買えたり、絶版物があったりとする楽市楽座です。今回は出品者も数多くかなり充実した内容です。初出店の方々が増えたのは頼もしい限りです。もう私は出店をしばらくお休みしてもいいかなぁと不届きなことを思ったり。名物のkitteさんのショップがなかったのが残念です。

開始と同時につけとどけの発表です。これはスウィッチ名物つけとどけを誰が持ってきたかを紹介するものです。毎回かなりの量のお菓子や飲み物があって、食べきれないほどです。また珍しいお菓子などがあって個人的には注目しているところ。好物のROYCEのチョコレートとかあったりして、嬉しいのです。私も目先を変えたりして、毎回探すのに苦労していたりするのです。

軽くつけとどけの紹介があった後、早速チャレンジコーナーの開始です。前回の「即席お札カッター」をおさらいして、マスターした方がマジックを行うというものですが、今回は誰もやる人がおらず。むーちょっと寂しい状況でした。結局前回のレクチャラーのA-GOさんがもう一度やって終了でした。とっとと次に行こうということなのかなぁ。

続いてレクチャーコーナーです。今回のレクチャラーは松田さん(スウィッチはこれで統一してしまいます)でした。今回の手順は「ジャンピングラバーバンド」です。単純なマジックですが、実は奥が深い。松田さんの魅せ方が上手くて、それはもう不思議です。最後の最後部分はレクチャーがなく残念。お手本マジックを観た後、輪ゴムに殺到する人が続出です。色々細かい部分までレクチャーしていただきました。知らないやり方があったりして。

その次は宿題コーナーです。今回の宿題発表者は、オイカワさん、にゃふーさん、けむいちさんの三人。まずオイカワさんの「コイン イン ボトル」です。いきなり瓶を持って登場ですが、不思議なことに瓶の中にコインが入っています。それを取り出したり、入れたりしますが、最後の最後に瓶の底が…!なんと素敵なエンディング。次はにゃふーさんの「カップ&ボール」です。実はウォンドが凄かったと言うオチが。実にスムーズにウォンドの機能の説明をこなしながら、マジックを続けていきます。途中で混乱したようで、一瞬まばゆい光に会場が包まれるハプニングなどもありました。でも楽しい演技を観られました。そして最後にはジングルベルが!あのウォンドちょっと欲しい。最後はけむいちさんの「ファンカード」です。これは近くで観るものではないなぁと判断した私は、ちょっと会場の後ろから観ることにしました。いや~綺麗なファンカードです。音楽に乗せて、次々とカードの色が変わってしまします。これはやっぱり少し離れて観て正解でした。コーナーの最後に次回の宿題発表者を募ります。A-GOさんが「三本リング」、松田さんが「コインアセンブリー」を行います。私もやろうかなぁと思ったのですが、何も思いつかなかったので、そのまま時間切れ。何か言えばよかったかなぁと。(続ける)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.25

第23回たっぷりとクロースアップマジック

さてと本日は遂に第6回マジックスウィッチ、通称クリスマスウィッチです。早いものでもう6回目です。明日はクリスマスなので、クリスマス限定のマジックを見ることができます。色々考えている人がちらほらと。私も少しだけ、ほんの少しだけ考えています。できるかな?

世間はクリスマスイブですが、そんなのは関係なく「第23回たっぷりとクロースアップマジック」に行ってきました。会場に着いたのが始まった直後でしたので、微妙に最初の部分が見られませんでしたが、もう全体的に大満足でした。全部で五つのテーブルに分かれていたのですが、どこも立ち見が出るほどの大盛況です。みんな好きだなぁ。

荒井晋一師の演技から拝見致しました。本でしか師の名前を拝見したことがなかったので、どんな感じなのか興味津々でした。途中から観たので、おそらく一つか二つを見逃しているでしょう。ライトが消えて、コインが現れてのコインズアクロスなどを行っていました。またお土産マジックとして、「TWO-BY-FOUR」なども行っていました。これをお土産でくれるのはとても嬉しいです。実際の演技では、もう一つのクライマックスが用意されていました。

次は守屋一郎師。まずは時事問題に絡めた小ネタを。危険すぎて書けません。テレビでも観たフレーズがぽんぽん飛び出してきます。面白かったです。じゃんけんマスターなどをやっていましたが、最後のがインパクト強すぎて…。最後の初めて行うというマジックは凄すぎでした。適当な数字やら色やら絵やらをスクラッチカードで予言しています。一番前の席の観客の反応が凄かったです。こんなに色々削るのは初めて観ました。

前半の最後は栗田研師。相変わらず冴えているシルクマジック。そして、ベルトを使ったパズルチックなマジックは個人的にちょっと深く掘り下げてみたいような気もします。いや、やり方判りませんけど。また最後にはかなり贅沢なカードマジックを行っていました。満腹です。

休憩中、驚くほど知り合いがいてびっくりです。ご無沙汰な人とも会えたり、いるだろうなぁと思う人とも会えました。そんなに知り合い多くないですけど。また休憩中に販売のあった商品なども数点購入してしまいました。コインアセンブリー(パケット)、Gypsy Curse、ミディアムディールの3点です。他にも若干気になった物があったのですが、今回はこれだけ。

後半の最初は、二川滋夫先生です。ここです。今日のポイントはここなんです。これを観に来ましたと言っても過言ではありません。いきなりウインナーストーリーからの入りが素敵。実はフル手順は初めて観たのですが、楽しすぎ。順番は忘れてしまいましたが、Crowded Coinのような3FLY、チャイニーズクラシックのおまけ付き、これでもかっ!エレベータのクライマックスが新しいバージョンや3カードトリックなどを心ゆくまで存分に楽しみました。最後の3カードトリックは、次のゆうきとも師の繋ぎでやっていたのですが、近くにゆうき師スタンバイ。でも最後まで観ることができました。お話できなかったのがちょっと残念です。

続いて今日のお楽しみのゆうきとも師です。なんだか不思議なことに今日初めてゆうき師の演技を生で拝見することができました。眼福です。オープニングはビルチェンジかなぁと思っていたら意外なオチにびっくり。さすがです。次にプレイボーイのトランプを使っての予言マジックとか、フラッシュバックっぽいシールを貼ったカードが増えたり減ったりひっくり返ったり、ともう色々驚きました。普通に食い付いて観ていましたよ。とても面白かったです。

私たちのテーブルを囲む最後のマジシャンは野島伸幸師。彼のマジックはいつも安心して観ていられます。もう楽しいのは充分に判っていますから。最後なので結構サービスしてくれたようです。トライアンフやら、交換現象やら、カード当てやら、それはもう色々てんこ盛りのカードマジックや輪ゴムのマジックを披露してくれました。もう何がなんだか判りませんが、とても面白い。

全体的にとても和やかな雰囲気の中、全ての演技が終了です。難を言えば、たまに他のテーブルで拍手やら歓声が起こると、自分のテーブルの演者の声が聞こえなくなってしまうことくらいです。これは会場の都合上しようがないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.24

おめぇとフュージョン

性懲りもなくまたこんな玩具を購入してしまいました。それは「ドラゴンボールZ バトル体感格闘かめはめ波~おめぇとフュージョン~」です。これはすごいです。詳しくはココ。正に自分があのかめはめ波を撃っている気分になれること請け合いです。めちゃくちゃ燃えます。脂肪も燃えます。たまたま友達の家で忘年会をやる前に買い物していたら、売っていたのでサクッと購入。そのまま友達の家に持っていくと、みんなの食い付き具合がすごかったです。結局腕がパンパンになるまでやってしまいました。

指にちいさい反射版(ドラゴンハンド)を付けて、各種コマンドを入力すると、様々な技も出せます。このコントローラーがすごい良くできていて、本当に撃っている気分も味わえます。実際にやるとかめはめ波のポーズをとってしまいます。声もついつい出てしまいます。かめはめ波が出ている最中は腕を震わせてしまいます。まだ悟空しか使えない状態なのが如何ともしがたいですけど。早くギャリック砲撃ちてー。また収録されているミニゲームがまた良いのですよ。特にカリン塔を上っていくゲームはイイ。センサーを上下に振ると上っていくタイムアタックはみんなでやりました。一応私の記録は8秒77が出ました。唯一の8秒台です。

これは一人でこっそりとなりきってやるのも良し、大勢でわいわい楽しみながらやるもの良し。とにかく良く出来ているので、とても楽しいです。ただ腕の筋肉は確実に鍛えられます。と同時に筋肉痛にもなります。マジックをやろうと言う前夜にはやるもんじゃないなぁと。後半のストーリーが原作と違うのでよく判りませんでしたが、ドラゴンボールを知っていたら、確実に燃えます。萌えませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

探索模索

職場がお引っ越しをすることになりまして、昨夜は日付が変わる直前に帰宅。なんと通勤時間が今の3倍近くになるので、かなり億劫です。しかも忙しいことが判っている年末に行うのも勘弁してほしい。今週は結構忙しいので、なかなか引っ越し準備に手が回らなかったので、自然と準備を開始する時間が遅くなるとともに、帰宅の時間もどんどん遅くなりました。そんなわけで昨夜の更新はできませんでした。というか全く何も出来ない状態で、このままマジックスウィッチに臨むことになりそうで怖い。練習時間や最適な道具を探す時間が欲しいです。

さて、今日はユザワヤに色々と買い込みに行ってきます。ナイスな物がたくさんあればいいのですが、なかなか無いのが現状です。もっとじっくりと丁寧に探せばあるとは思うのですが、時間も限られていることだし、それも難しい。まぁ無ければ無いで別の手段を執るので泣く泣くそちらで行おうかなぁと、バックアップの準備は万端。妥協の産物になることだけは避けないといけないと思いつつも、おそらくそうなってしまうだろうなぁ、と予言。有れば良し、無くても良しとすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

かどまる3

DSC00255以前一部で話題になっていた、角を丸く加工する文房具「かどまる3」です。何故に3なのかは不明です。写真は私が購入した半径5mmの丸に加工するものです。はさみコーナーをうろうろして探していたのですが、これはパンチのコーナーにありました。道理で今まで見かけなかったはずです。5mmだとちょっと大きいのかなぁと思っていたのですが、使ってみたら実は丁度良いかもしれません。ただ個体差なのかどうか判りませんが、若干切れ味が悪いかなぁと。

DSC00254こんな感じで使用してみようかなぁと目論んでおりますが、恐ろしいくらい使用頻度が低いのかもしれません…。作ってしまえば、もうしばらく作成する必要がないような。それ以前にこのカードは使用するのかどうかも不明。とりあえず思っていたことには使用ができそうな感じですので、まぁいいかと。

DSC00256カットしたカードはこんな感じになりました。非常に判りづらいと思いますが、真ん中のカードがカットしたものです。下の模様が他のカードよりも良く見えていると思います。本当はルービックキューブのシールのカット用に購入したのですが、意外とカードの方がしっくりきます。ルービックキューブのシールには5mmだとちょっと丸くなりすぎる気がします。3mmで試してみたいなぁと。普通にテンプレートを使って切った方が上手くできるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.21

準備NOW!

DSC00249さてと来週のクリスマスウィッチに向けて着々と準備をしています。写真はその一端。写真の道具はご存知テンヨーの悟空の玉です。一つはディズニー製が含まれていますが。これだけ数があるとカップスタッキングもやってみたくなります。やってみたけど、収まりが良すぎて無理。ま、実際はこんなに使う必要もないのですが、予備として買ってきて、大量にカップがあったので写真に撮ってみました。

さて何をやるのかは当日まで誰にも内緒。いや本当はもう喋ってしまいたいのですけど、我慢。ま、そんなに大したものでもないのですが。なんだかみんなも着々と準備しているようで楽しみ。困ったことにまだまだ手順が完成していないのですよ。手順が出来たと思って安心していたら、忘れてしまいました…。なんかどうにも思い出せないし、触っていても思い出せません。どうやってあれが出来たのかが不思議なくらい、今の手順はモタモタしています。思い出すよりも新たに作り出す気持ちで練り直します。

あ、今回も出店しますが、申し訳ないのですが、特に目新しい物もないのです。時間があれば前回の手順を綺麗に製本したり、おまけの手順を付けたりしようとしていたのですが、どうにもこうにもそれを作成している時間がないのです。今回は他の方々も色々と出店するみたいなので、そちらに期待。前回はあまりにも店が忙しくて、店を見る時間がなかったので、今回は少しは買い物をする余裕ができるでしょう。ま、何にせよ色々楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

クリスマスウィッチ

DSC00246来週の12月25日(日)は第6回マジックスウィッチの開催です。今回は特別にクリスマスと重なって、クリスマスウィッチとなっております。色々企画がありそうで、なんだか楽しみです。さてと一体何が飛び出すやら、とても楽しみです。写真もちょっとだけクリスマス気分で。家にこれくらいしかないので恐縮ですが。

かく言う私もなんとなくクリスマスっぽいマジックをやろうと思案しているのですが、準備が間に合うかどうかが微妙です。なんだか休みが足りません。また今週は仕事の方もピークになるし、時間があんまりないかなぁ…。肝心の道具がまだ揃ってないのもありますが。なかなか「これっ!」ていう素敵な物って探すとないのよね。構想を思いついてから結構探しているというのに。まぁ見つからなかった時の保険として、妥協して買った道具はあるのですが、それを使うのもなんだか私の気分が乗りません。これ重要。

まぁ今回は積極的に前に出てやってみようかと思っています。あまりやる人がいなければという条件付きです。私ばっかりがやるのもどうにもつまらないかもしれないので、それなりに控えるつもりです。いなきゃやるという感じで。最近のマジックスウィッチの傾向として、前で演じる人が固定されてきたのはちょっと残念なところ。もっともっとHIGEは色々な人のマジックが見てみたいのです。マジックは演じるのも好きですが、見るのはもぉ~っと好きです。

さてとまた今週は練習の日々です。あれもやりたいし、これもやっておきたいし、あぁそういえばこいつもやりたいなぁと盛り沢山なのですが、あまりやっても質が下がるし、そもそも練習時間がないので、5つくらいに絞ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.19

ほぼ日手帳2006

DSC00243ようやく待ち望んでいた「ほぼ日手帳2006」が届きました。リンク先はもうほとんど売り切れみたいです。うちには土曜日の午前中に届いたので、早速土曜日から使用開始。本格的に使用できるのは来年からなんで、書くスペースが若干狭い。でも無理矢理にでも毎日何か書いていこうかという気にさせる手帳ですね。結構なお値段だったこともあり、しばらく毎日持ち続けるつもりです。ま、このブログもなんだか毎日無理矢理書いていますので、なんとかなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

i4noさん迎撃オフ & 納会

DSC00242私が参加していると言うか、今回のオフ会に参加するためにメーリングリストに登録したとも言うJSCC(リンク先は登録していないと見れません)のオフ会があったので、参加してきました。写真はこの時にいただいた素敵な紙キューブです。当然回せませんが。発起人とも言うべきおばきいさんに誘われてしまったので、行ってみるかということで。実はマジック系以外のオフ会に行くのは初めてのことだったので、ちょっと緊張。会場が新宿だったので、会場に行く前にハンズと高島屋でお買い物。マジックに使う道具を物色。高島屋のテンヨーに山上兄弟の手品グッズがあったのが印象的。すごく色々遊べそうな予感で、とても欲しくなってしまったのですが、ちょっと荷物になるなぁと思い泣く泣く断念。次回行った時に売っていたら、買ってしまおう。

会場は新宿西口のマクドナルドでした。3階に集合なんですが、なんせ初めての参加なので、知った顔がまるでいないので、判るかなぁと思ったのですが、あっさりと判りました。だって入り口近辺で猛烈な勢いでキューブを回している人が2人もいるんですもの。軽い自己紹介して、まずは席取り。週末だし、年末だったので、お店は大混雑状態でした。場所を確保するにも一苦労でした。適当に食事をしてから、スーパー小学生ひこくんのキューブ回しぶりに目が点…。すごい小学生もいたもんです。かなりあっけに取られてしまいました。徐々に人が集まってくると、なぜか皆さん大量のキューブを持ってきている様子。私はまだリベンジプロフェッサー2×2×2も満足にできない状態なので、持っていきませんでした。みんなリベンジもプロフェッサーもできるのかぁ。いっぱい並ぶと壮観です。ここではどうやって手順を覚えているのかとかどういう考えのもとキューブを回しているのかを聞きました。時間が経つほどに徐々に人が集まってきます。軽い挨拶しかしていないので、誰が誰だか把握できませんでした。ただ店が混んでいたので、店員に何度か注意されてしまいます。なんとなく気まずいなぁと思いつつもそのまま居座っていました。

18時過ぎくらいまで、マクドナルドにいましたが、この辺で2次会に移動。1次会で終了する人たちと別れて、2次会の会場に向かいます。人数が結構多かったので、2つのテーブルに分かれて座ります。おばきいさんやしゅうちょうさんや幹事のずんこさん等の方々の近くに座りました。ここでもみんなやっぱりくるくるくるくる回しています。途中ルービックマジックの早作り(?)などの実演も始まったりしました。久しぶりにルービックマジック触ったのですが、久々過ぎて全然覚えていませんし、うまく動かすこと自体もできませんでした。注文している分が早く届かないかなぁ。ここであかねさんと対決してみました。人生初の対決です。…で、惨敗。次回は打倒あかねさんを目標で。練習する時間があるかなぁ?

3次会はお座敷のあるレストランで行いましたが、広いし、我々の他に誰もいないので、やり放題。しばらくしてからi4noさんが到着。3次会の主役です。ここで初めて普通の自己紹介が行われました。やっと人を把握できました。お世話になったサイトの方々ばっかりです。ここでスタックマットが大量に出てきて、これにもびっくり。みんな持ってるんだなぁと。私の場合は、カップスタッキングにも興味があるので、一緒に買うつもりです。カップスタッキングも楽しそう。そういえばここでてつさんと軽くマジック談義を。色々小道具を持ってきているのが素敵。私はすこぅしだけマジック披露。なんとなく位置が悪かったかも。途中で世界チャンピオンのハヤシさん登場。すんごく早くて、笑ってしまうほどです。あんまり絡めなかったのが残念でした。

3次会が終了して、ここで私はドロップアウト。さすがに徹夜はきついので、帰ってきました。参加するのに迷っていましたが、行って良かったです。すごい刺激にもなったし、良い勉強にもなりました。次回も日程があえば参加しようと思います。帰ってきてから黙々とキューブを回していたのは秘密です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.17

Impromptu Card Magic Vol.3

約三週間ぶりのレビューの続きです。今回は、Aldo Colombini師のImpromptu Card Magic Vol.3です。この巻に収録されているマジックはどれも非常に簡単にできます。カードマニアにはかなり物足りないものかと思いますが、私はまだカードマニアではないので、素直に楽しめました。いきなりなんかやってと言われた時とかは、収録されているマジックで凌げそうな気がします。また一番始めに買うカードマジックのDVDとして、お奨めできそうです。

・Topsy-Turvy Location (Stewart Judah)…観客にデックを3つに分けてもらい、そのうちの一つのトップカードを覚えてもらいます。選んだ山以外を表返して、裏表を混ぜてしまいます。その中から、演者は観客の選んだカードを当ててしまいます。(4/5)本当にテクニックいらずで、簡単です。なんとなく失敗する確率もありそうな感じがしますが。

・Dreamers Ball (Gavin Ross)…あらかじめ同じ色・ランクのカードを一組表返して、デックの中に入れておきます。観客に好きな数字を言ってもらい、そのカードを覚えてもらいます。デックの上と下をペアにして取っていくと、表返したカードの間から覚えたカードが現れます。(4/5)とても簡単ですが、現象的には面白いです。

・Untouched (Daryl)…観客にデックを渡し、演者がカードを選び、テーブルに伏せておきます。観客に好きな枚数だけ配ってもらいます。その山を2つにまた配ってもらいます。トップカードを見ると、演者が選んだカードのマークとランクが一致しています。(3/5)結構微妙な感じがしますが、実際やったらうけるのでしょう。

・Surprise Poker (Aldo Colombini)…デックから8枚のカードを抜き取ります。その8枚をダウンアンダーの要領で、観客にテーブルに置くか、カードの下に回すかを選ばせながら2つに分けます。4枚ずつのパケットの表を見ると、赤と黒に分かれた状態になっています。さらにあるポーカーハンドの状態にします。(4/5)なかなか綺麗な現象です。最後のオチも結構好き。

・Comedy Spelling (Aldo Colombini)…観客にカードを一枚覚えてもらいます。そのカードがスペリングカウントを使用すると、その場所から現れます。(1/5)非常にやりづらいマジックです。英語のやり取りができるのなら、演じることもできるのですが。

・Two Selected Cards (Stewart Judah)…観客に5枚ずつ配ってもらい、6つの山を作ってもらいます。残ったデックから2人の観客にカードを選んでもらいます。そのカードを6つの山のどこかに返してもらいます。その山を集めて、左右に配っていくと、最後に残ったカードが選んだ2枚のカードです。(4/5)なかなかこれも面白いです。でも不思議さがあんまりないような気もします。

・Telemental (Bob King)…なんだか手続きが複雑なので、現象省略。(1/5)ほとんど観客の操作とスペリングカウントを使用しています。

・Money Power (Roy Walton)…同じランクの4枚のカードを5組使います。よく混ぜて10枚を並べます。観客に好きなところにコインを置いてもらいます。演者もそれ以外のカードの上に置きます。残りの10枚をそれぞれのカードに重ねて配ります。重ねた2枚はペアになっていません。しかしコインを置いたところは…。(4/5)これは結構意外な結末で面白かったです。

・Another Aussie (Tom Craven)…16枚のカードを使います。演者は予言を書いておきます。ダウンアンダーの要領で観客にカードを最後まで配ってもらい、残ったカードを見ると予言と一致しています。(2/5)予言を使うカード当てはどうにも苦手。どうやって演じればいいのかよく判りません。

・The Jamesway Connection (Peter Duffie & Robin Robertson)…観客2人に手伝ってもらいます。演者と観客で5枚ずつのパケットを混ぜて、1枚覚えます。観客からカードを返してもらい混ぜ合わせます。パケットの上下をペアにして配ると、最後に残ったカードが演者のカードです。そのカードが観客のカードの位置を示しています。さらにもう一度…。(3/5)似たようなことを2回行いますが、効果は意外に違います。書くと長くなるので、省略します。

・Adagio (Aldo Colombini)…観客にカードを1枚覚えてもらいます。演者は3枚のパケットの山を4つ作ります。観客のカードはデックに入れたまま脇に置いておきます。その4つのパケットの一番上のカードから観客のカードを当てようとしますが、ことごとくはずれてしまいます。しかしそのパケットをまとめると観客のカードが出てきます。しかもそのパケットからは…。(5/5)かなり意外性があって良いかも。最後の最後が好き。

・Midnight (Aldo Colombini)…黒のキング2枚を抜いてテーブルに置いておきます。観客にデックを好きな場所でカットしてもらい、分かれた部分のカードを観客のカードにします。カットした上のパケットをテーブルに置き、その真ん中辺りに黒のキングを2枚とも入れてしまいます。もう一つのパケットの中に観客のカードを入れてしまいます。黒のキングを入れたパケットから、キングが消えて、もう一つのパケットから観客のカードを挟んでいます。(5/5)カードの飛行とサンドイッチエフェクトが組み合わさったようなマジックです。かなり好きかも。

・Switch-King (Aldo Colombini)…観客2人にカードを覚えてもらいます。4枚のキングを抜き出します。2枚のキングを脇にどけておき、もう2枚のキングを表返してデックの中に入れてしまいます。デックを広げると、キングが2枚のカードを挟んでいます。その2枚が…。(5/5)これもとても良いマジックです。こういう感じのマジックがさりげなく出来ると素敵かもしれません。

・Moderato (Aldo Colombini)…観客にデックをカットしてもらい、そこのカードを観客のカードとします。残ったデックをひっくり返して表同士をくっつけますが、観客のカードが消えてしまいます。デックのカードを全て調べますが、やはりありません。観客のカードのスペルを言うと、そこから観客のカードが出てきます。(3/5)最後の取り出し方を上手いこと工夫すれば、私好みになるかもしれません。スペリングカウントはどうにも好きではありません。

・Full Speed Ace (Aldo Colombini)…観客にカードを1枚選んでもらい、デックに返してもらいます。デックから4枚のエースを抜き出します。4枚のエースでアンビシャスカードのようなことをします。1枚ずつ上に上がってきたら、デックに返していきます。最後の1枚のエースはデックに戻さずにテーブルに置いておきます。デックを広げるとテーブルに置いたはずのエースが1枚表返っています。テーブルのカードを見ると観客のカードです。(4/5)カードの入れ替わり現象です。こういう感じのマジックも好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.16

フラッシュバック

DSC00241Monthly Magic Lessonから発売された、ゆうきともオリジナルパケット第2弾「フラッシュバック」です。パケットとDVDと解説書の3点セットです。サイトでは数字と絵札とエースのカードが選べます。今回注文したのは一番安いノーマルです。火曜日には届いていたのですが、ちょっと見る時間が無くて遅くなってしまいました。現象については、本家のサイトの動画を観るのが一番正確かと。私の拙い文章で書いてしまって、このマジックの良さが減少してしまっても勿体ないですから。

前回のバックハッカーもとても面白かったのですが、こちらも負けず劣らず素晴らしいです。なんとなくSam Schwartz師のBack Flipに印象は似ていると思います。これはDaryl師の「Fooler Doolers」のVol.3に収録されています。Back Flipの方はマークが一枚ずつ表返って見えるのですが、なんとなく手順的に無理な部分があるなぁと。フラッシュバックの方はそういった無理な部分もなく、常に観客の考えを裏切りつつ現象がどんどん起こっていきます。この辺はかなり好みです。終わった後にリセットされているのも良いですね。

手順の解説部分は、相変わらずとても丁寧で判りやすいのは言うまでもありません。今回はなんだか時間が余ってしまったのか判りませんが、対談風にゆうきとも師がフラッシュバックで使う技法について語ってくれている部分がとても役に立つかと。ま、詳しい技法名などは書けませんが、パケットトリックでは基本の技法なので、この部分だけ見るのもかなり有益かと。やり方も詳しく解説されているので、ここが一番の見所でした。

フラッシュバックはめんどくさがらなければ、どのようなカードでも行うことができるので、お気に入りのカードで作ってみようとか思っていたりします。また風の噂によれば、パケットシリーズは毎月新しいのが出るようなので、来月もまた楽しみにしています。パケットばっかり増えてもまたバランスが悪いのですが、面白ければいいのです。会員だと若干安く買えるから、ついつい買ってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.15

STACK TO THE MAX

DSC00238Warehouseから早速荷物が届きました。今回購入したのは、ダイススタッキングのDVDです。写真は一緒に購入した「ダイススタッキングチョップカップ」です。以前ダイススタッキングセットを購入したのですが、こちらはなぜかビデオのセットを購入して、直後にDVDのセットが出て、ほろ苦い思いをしました。こちらも丁寧に解説してくれるし、ダイススタッキングでのマジックが解説されているからいいんですが。

で今回のDVDですが、ダイススタッキングが既に出来るのならば、特に購入する必要はないんではなかろうかというのが感想です。透明のカップで解説し続けてくれるので、初めてやる人にとってはいいと思います。透明のカップをダイスが上っていくのを見るのは面白いです。基本的に入門編と考えて間違いないかと。しかしこのDVDの中では何故かデフォルトの個数が5個です。見所は26個くらい積み上げるハイスタッキングですが、見ていると途中でだれるよなぁと。またライブ映像があるのですが、観客に長いカップがぶつかりそうになってるのが気になりました。子供を前に連れてきて、子供の腕を取って行うスタッキングはちょっとやってみたかったりしています。

解説はとても丁寧で、判りやすいと思います。腕の振り方から、スクープの仕方、ストップの仕方と段階的に解説がしてあります。スタックの仕方もバリエーションとして、4往復、2往復、一度で行うスタック(Quick Stack)、左右の手でスタック、ハーフダイスを使ったスタック、スモールダイススタッキングなどの解説があります。さらにその中でもスタックしたダイスを1個ずつ取っていく技(Decapitating Stack、DVDの中ではTake Down)の解説は判りやすいと思いましたが、やっぱり難しい。これはできるようになりたいけど。またハーフダイス(カジノダイスを半分に切ったダイス)を使ったスタッキングは結構驚きました。ハーフダイスが欲しくなるほどに。

このDVDはダイススタッキングを初めてやる人にはいいかと思います。純粋にダイススタッキングのみで演技をしているライブ映像が収録されています。ダイススタッキングだけでここまで場が持つとは思っていなかったので、もうちょっと真面目に演技になるように取り組んでみようかと思い直しています。私のダイススタッキング魂に火がついたのは秘密。さらに小さいダイスに合うカップ(?)を探してこないといけなくなりました。

一緒に購入したダイススタッキングチョップカップなんですが、結構作りが安っぽいかも。まぁDVDのように5個でスタックするには丁度良い大きさです。手順はあってないようなものですので、各自工夫をしなければなりません。普通のチョップカップの手順はできます。ただちょっとアレが強いので注意が必要です。一緒に売り出したので、このダイススタッキングチョップカップを使った素敵な手順がDVDで解説されているのかなぁと思ったのですが、すごい簡単に解説していました。ちょっとここに期待していたので、がっくり。期待が大き過ぎたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

復刻版と新製品など

DSC00231なんとなくハンズに行く前に久しぶりに高島屋のテンヨーコーナーに行ってきました。特に買う物もなかったので、顔見せ程度に立ち寄ったのですが、ショーケースの中を何気なく見ていたら、なんと「魔法の絵の具」(税込み価格1050円)が並んでいるではありませんか。とりあえず即2セット購入してしまいました。以前も見かけたことあったけど、何故か買うに至らず、しばらくて欲しくなった時にはどこにも無い状態でした。やっぱりマジックの道具はちょっと気になったら、即購入しておかないとまずいことになるなぁということを学びました。がしかし復刻して売っていることもあるのですね…。まぁ購入できたので、良しとします。

DSC00230ハンズへ行ったものの、目的の品物は売っておらず、しょうがないので、売り場をウロウロしていたら、巷で話題のハリーポッターバイシクル(税込み価格840円)が売っていたので、つい売っているだけ買ってしまいました。4個だけですけど。特に欲しかったわけでもないのですが、見かけるとねぇ。

DSC00234またハンズで見かけたクラフトパンチ(税込み価格735円)は、見た感じちょっと大きいかなぁと思っていたけど、売り場にある定規で計ったら、なんと16mmでルービックキューブのシールの大きさとぴったりだったので、即購入。これで今使用中のテロンテロンのキューブのシールの張り替えにも目途がついたわけです。あとは適当なシールを探し出して、張り替え作業を行うだけです。このままだとあまりに角張っているので、角をどうやって丸くするかとか問題は残存しているのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.13

引き続き

DSC00225昨日から引き続きカラーカップアンドボールの練習をして、一通り最後まで無理のあるルーティンが完成しました。やっぱり無理があるんかいな?とりあえず、とりあえずは手順になっていると思うのですが、観客側から見た場合はどうなのかがやっぱり不安。自分で組んだ手順は(と言っても最後の最後の部分だけですが)、なんとなく愛着もあるし、今現在の自分の脳を最高に使っているわけなので、自信はあるのですが、どんな印象になるかが全然判らないのです。こればっかりは観てもらうしかないなぁと。最後の高き関門です。ま、手順は完成したので、後は練習を重ねるだけになりました。気に入った手順はとことん追求しなければ気がすみません。そのうちもっと優れた解決方法が出てくるかもしれないという淡い期待も込めて。

それよりもまずいと思うのは、ボールのマジックしか練習をしていないことです。他にはやっぱり3ボールトリックやったり、ツーカップコンボルーティンをやったり、スポンジボールをやったりと、本当にボールばっかりです。さすがにこれだけボールがかぶってしまうのはどうかと思うので、コインマジックもカードマジックも少し練習しないといけないなぁと。ボールだけでも、流れるように繋がっていけば、それはそれで美しいと思うのですが、使う道具が全然違うので、まるで流れ無し…。その都度取り出さないといけないのは、自分的にどうも気に入らないので、なんとかしたいところ。まぁこうやって考えてる時も楽しいので良しとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.12

カラーカップアンドボール

DSC00218ふと家の中にディズニー仕様のカップがあることに気が付きました。あ、これならワイズワークス5に収録されているカラーカップアンドボールが出来るじゃないと思いつき、家に大量にあるスーパーボールを持ち出してきて、練習中。この手順は抜群にいいです。かなり簡単ですし。

ただ一つだけ難点を上げるとすれば、立った状態ではやりにくいのです。じゃあ座ってやればいいじゃないという意見は無しで。また簡単な分だけ、クライマックスが若干物足りないかなぁと、マニア視点で考えてしまうのです。そのため立ってできるようにちょっとだけ変更しています。やっぱり座ってやる方が色々と負担がなくていいとは思うのですが。さらに一つクライマックスを追加した手順を組んでやっているのですが、少々冗長な感じも否めません。どうしても自分がやりたいことをやろうとすると、結構大変になってしまうのですが、自分の好みをとりあえず優先させています。まぁ知っている人に一度観てもらって、色々アドバイスを戴けたらなぁと勝手に思っています。駄目なら無しの方向も考えています。

この手順自体は非常にすっきりしていて、さらにカップとボールの色が違うということで、観客にも非常に追いやすい素敵な手順です。カップアンドボールというマジックは、真剣に見ていないと現状把握が難しいので、観客に負担がかかってしまうのではないかと常々思っていたのです。実際私も集中して見ていないと何が不思議か判らなくなる場合も稀にあります。でこの手順はその部分がクリアされているので、ちょっと頑張って練習中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

ハバネロキューブと

DSC00214土曜日の夕方に写真のハバネロキューブが届きました。荷を見た瞬間に形でキューブだと判ってしまったのが、ちょっと残念でした。封を解くまでハズレか判らないような感じにしていてくれたら良かったなぁと思いましたが、とりあえず一安心。一体誰がハズレを当てたのか気になるところです。ハズレを当てるとは妙な表現ですが、言い得て妙だと思います。

とりあえず来たのはいいのですが、なんとなく包装を開けるのにためらわれます。どうせ開けても、崩さないだろうし、絵の描いてあるキューブは未だにやったことないので、直すことが果たしてできるのかと言う不安もあったり。やはり保存用兼解答用として、もう一つ頼んでおくべきでした。そのうち心に余裕が出てきたら、取り組んでみようと思っとります。

他にもマジックの練習もしていました。3つぐらいの手順を続けて、だいたい10分間くらいの演技ができるような練習をしています。ん?ただマジックを偏って覚えているし、手順の連続性なども無視しているような感じなので反省多々。さすがに別々のボールのマジックを2個やるのはどうかと。判りやすくて、心理的負担の少ない方をやった方がいいかなぁ。こういう練習をしていると、なんだか自分の下手くそさばかりが目に付いて嫌な感じです。今後修正していければいいかと、今は思っています。というか今までが結構雑にやっていたのかもしれません。ま、どうなるかは判りませんが、こういう練習もやっぱり必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.10

これから届くもの

昨夜の記事がぶっ飛んで、昨日はやる気がまるでなくなってしまったHIGEです。でも自分の為に書いておかないと忘れてしまうので書いてしまいます。

昨日はようやく「ほぼ日手帳2006」を予約できました。予約開始の11時にはサーバに繋がりにくいという状態でした。余裕で予約できると思っていたのに、みんながそんなに欲しがっていたとは、思ってもみませんでした。全然繋がらなくて、結局注文ができたのは1時間後でした。その間仕事をしつつ、裏でブラウザの様子を見つつ。仕事が手に付かなかったのは言うまでもありません。買ったのは牛革マスタード。いや良い色やね。12月14日から発送開始とのことですが、早く届かないかなぁと心待ちにしています。

他にも早く届かないかなぁと思っているのが、ハバネロキューブです。こちらはそろそろ色々な方々に届いている模様ですが、うちはまだ。かなりギリギリに申し込んだので、1個しか頼んでいないのですが、やはり予備が欲しいところ。またハズレが来ても、嬉しいやら哀しいやら。ハズレはハズレでネタになるのでいいのですが、キューブが欲しいのです。近日中にどちらかが届くでしょう。

さらに早く届かないかなぁと思っているのが、Rubik's Onlineにて注文したルービックマジックと様々なキューブ達です。こちらは営業日で30日から40日で届くとのこと。1ヶ月半から2ヶ月ってことですので、年を越しそうです。なんで届くまでの日数が営業日なのかはとても謎。こちらはまだまだじっくりと待たなければならないようです。

そしてさらに早く届かないかなぁと思っているのが、Monthly Magic Lessonから発売される、ゆうきともパケットシリーズ第2弾「フラッシュバック」です。こちらは12日発売なのですぐに届くと思います。とりあえずこういう現象は大好きなので、とても楽しみです。注文はノーマル。

まだあるのですが、早く届かないかなぁと思っているのがWarehouseにて注文してしまった商品達。こちらは不覚にも注文してしまいましたよ。以前は円高だって散々悩んでいたのに、今回は一切迷いなし。ちょっと魅力的過ぎなのと、ちょうどやりたいことがマッチしていたので、即購入です。休み中に届くと練習できて吉。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.09

はぁ~

せっかく書いた記事が消えた。もう二度と書けない…。ココログ憎し!ここ最近軽いから油断していた…。いつもなら記事をコピーしてから反映していたのですが。もういいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.08

スポンジ色々

最近多い自分のコレクション自慢。ネタ切れ感プンプンなんですが、お付き合いください。

スポンジを使ったマジックが大好きです。普通にスポンジボールを使ってマジックをするのも好きなのですが、やっているうちにどうしても物足りなくなってしまい、結構色々購入してきました。色付きのボールは色移りしてしまうのであんまり好みではありません。また物によっては非常に硬かったり、大きかったりするので、使い難い物だったりします。

DSC00204基本のピカチュウスポンジです。これはさすがにテンヨー製なので、触り心地とか、収縮性などは完璧です。しかもこんなに愛らしいので、持っていて眺めているだけで幸せになります。完全に世間に認知されたキャラクターなので、使いやすいです。これは洗えるし。

DSC00210こちらもテンヨーから販売されているトマトアンドボウルです。これはほとんど一目惚れで購入。スポンジボールをプチトマトにするなんて洒落ているじゃないですか。とても可愛いし、私のスポンジボールの手順には必須アイテムとなっています。大きいのがもう少し大きければ文句なかったのですが、まぁ良し。

DSC00209これも基本かなぁ?スポンジバナナです。ミスターマジシャンで購入。これもなかなか面白いです。形状によって手順や演出がガラッと変わってしまう一品です。買った当時はなんとなくバナナに見えなくてお蔵入りしていたのですが、なんだか最近は妙に愛着が沸いてきています。

DSC00208こちらはDaryl師のPAPA RABBIT HITS THE BIG TIMEです。このマジックの手順は師のDVD「Fooler Dooler」のVol.3に収録されています。先にDVDで手順を見た時にすごい良い手順だなぁと思っていても、このスポンジがないから出来ないなぁと、長い間思っていました。それが去年くらいに単品で販売されたので、ささっと購入してしまいました。とは言っても今のところ実演はおろか練習もしていないお蔵入り状態です。駄目じゃん…。

DSC00207これはマジックの道具として買った物ではなく、秋葉原の平野さんのお店「コスモ物産」にてなんとなく購入しました。動機はなんとなくでしたが、買ってから結構お気に入りになりました。最近はなんだかG's Factoryで単品でも購入できるみたいです。

DSC00206こちらはカードのマークのスポンジです。「Pip's a Popin'」と言うカードマジックです。スポンジマジックではありません。この商品にこれらのスポンジともっと大きなハートのスポンジが付属しています。海外製なので、若干手触りが硬いかなぁ。でもこの形は捨てがたいし、なんだか色々イマジネーションが沸く、素敵な一品です。

DSC00211これは2年くらい前のなっちゃんの1.5リットルに付いていたおまけです。小さいのはフルーツの形をしています。こういうのは売り出し時期に一気に買わないとすぐになくなってしまうので、集めている時は結構飲むのがつらかった思い出があります。

家のどこかに3Dラビットもあるはずなのですが、今のところ見つかりません…。どこにいったのだろう。

これだけあっても、一番使いやすいのはやっぱりテンヨー製のボールかなぁと思ったりもします。洗えるし、大きさも手頃だし、なんといっても扱いやすいですね。あらためて眺めていると、こんなに持っているのに使っているのはボールとトマトくらいだったりする哀しい事実が発覚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.07

3つの柱

と、とりあえず色々やりたいことが飽和状態になってきたので、かなり時間が足りません。年末独特の忙しさがちらほらと職場でも目立ってきました。そんな中でも、今はたくさん練習をする時間が欲しいのです。がしかし、今は3つのことを同時進行でやっているため、どれもこれも中途半端になりつつあります。どれもこれも楽しいので、一つに絞ることもできません。元々集中力がたりないかつ飽きっぽいので、一つのことをずっとやり続けるのが苦手。

一つ目はもちろんマジックです。マジックもカードやったり、コインやったり、ボールやったりと浅く広く手を出すもんだから、これと言った得意なジャンルというのがない状態です。その中でも3ボールトリックだけは、まだ続けているなぁ。途中飽きたりもしたけれど、ほぼ半年は続けているかも。とりあえずこれだけは納得いくまで続けていこうと思っています。コインは相変わらずポケットの中でにぎにぎしていたり。

二つ目はジャグリング系の3ボールカスケードとか、ダイススタッキングとか。こちらはとりあえず出来ないと先に進むことができないので、進捗具合はとても地味かと。ボールジャグリング入門という本を購入したのですが、カスケードができないとお話にならないので、まだ12ページまでしか読めないのです。読んでもいいけど、できないからどうしようもない。ダイススタッキングも久しぶりにやっています。ここ数ヶ月触っていなかったのですが、身体が覚えたことは忘れにくいみたいで、久しぶりでも結構できるもんです。

度々記事にも出てきているので、予想できると思うのですが、もう一つがスピードキューブです。こちらはまだまだ考える時間がかなり長いので、タイム取ったりとかはまだ。そのうちスタックマットとかを購入してしまいそうな自分が怖い。そしてあるキューブ系のブログで来週あたりオフ会が開催されると言うので、それにも出席してしまいそうな自分が好き。その日は仕事になりそうなので、非常に微妙…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.06

恐れていたことになってしまいました

もう12月だなぁとのほほんと思っていたら、Monthly Magic LessonからVol.5が届いてしまいましたよ。まだVol.4も未見だというのに…。こうやって徐々に溜まっていってしまうのかと思うと、早く見ないといかんという強迫観念に襲われ、本当に見ただけという状態になってしまうので、それはそれでどうかと。まぁ見るだけでもそれなりに勉強にはなるけど、身に付けたいのですよ。時間作って早いとこ見ます。

また、自分を見つめ直す月間として、今現在自分が覚えていて、道具さえあれば、いきなりできるマジックをリストアップしてみたのですが、驚いたことに売りネタ含めて30個くらいになりました。あ、細かい演出とかは無しの場合で、とりあえずできるってのが30個くらいです。真剣に自信持ってできるのはそのうち10個もないかなぁ。でも、もっと少ないと思っていたのに、自分でもびっくりです。もちろんセットやら準備やらが完璧にできていないとできないのがほとんどですが。そのうち半分くらいがカードマジックでそのうちの三分の一くらいがパケットというのは、若干偏りがありますけど。なんかコインマジックについては、いきなりできるのは3個くらいというのは哀しいところ。事前に練習時間があるという前提ならば、もう少し増えますが。

とまぁ本当に自分を見つめ直したいと思っている月間なのに、なぜか気になる商品を見つけてしまいました。それなら探さなければいいのにと言う声は一切聞く耳持ちません。一体何かはまだ内緒。新しいのを買わずに、今ある道具で頑張ろうとしている矢先に見つけてしまったので、買ってしまう勢いです。いつもみたいにあれもこれもと言わずに、最小限に抑えればいいのかなぁ。と自分にとても甘い言い訳。これを買わずに何を買うというくらいの道具なので、早いところ買っておきます。売り切れてもやだし、あることに使えるはずだし、色々必然性があるし、もう買うしか。結局買うのね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.05

地球儀

DSC00196少数ですが、地球儀コレクションです。なーんとなく適当に目に付いたら買ってしまう物です。本当に自分でも何故買ってしまうのかが判りません。本当になんとなく購入してしまうのです。大きくて、正確な地球儀には、全くと言ってもいいほど興味が沸きません。ガラス玉の小さくて綺麗な地球儀に心奪われてしまうのです。小さい分大陸も適当だし、縮尺も結構適当だったりします。でもなんだか見ているとほっとします。

DSC00197この写真は今のところ一番のお気に入りです。今年の夏に福岡空港で購入した物です。なぜか空港でガラスの工芸品を売っていました。わざわざ空港で買う必要もないだろうと思いつつも、こういうのは機会を逃すと二度と巡り会うことがないだろうという気持ちになってしまい購入してしまいました。やっぱり買って良かったと思った一品です。

DSC00198こちらは去年の夏に小樽オルゴール館にて購入した物です。わざわざ小樽くんだりまで出向いて、なぜか買ってきたのが地球儀ってのも可笑しな話。まぁこれもほとんど一目惚れして、ついつい購入。地図はかなり崩れていますが。なんとなくカナダドライな雰囲気も醸し出しています。


DSC00199これは2003年にTAKARAから発売された「王立科学博物館」のおまけです。宇宙船関係はほとんど興味はなかったけど、これだけは欲しかったのです。青く透き通ってる感じがかなり綺麗です。その後のシリーズは未購入。

なんだか買った順番をあらためて書いてみると1年に1個のペースで買っていることに気付いた。一気に揃えずにこうやって地道に増えていくのも楽しいかも。なんとかこれらをマジックに生かせないかなぁと強引に結び付けてみます。しかし使えそうってものほど使ってない真実。なかなか難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.04

見直し

常に新しいものを追い続けることも楽しいのですが、過去のものを見つめ直すことも必要かと思い始めて、自分の今までやったことのあるマジックを見直し中。というか強化月間。けしてジャグリングの練習とか、スピードキューブに挑戦しているとかで時間が足りないわけではありません。実際、時間が足りないのは真実。無類の新しもの好きとしては、かなりの方向転換ですが、こういうことも必要なのでしょう。まぁ今まで買ったものが確実に消化しきれていないことも多々あるわけですが。

実際問題として、DVD1枚に10個弱のマジックが入っているとして、100枚以上所有しているので、重複しているマジックがあったとしても、そこだけでゆうに1000は越えているわけです。さらにその上本やら、道具やらを加えるとそれはもう大変なことに…。DVDだけでも、そのうち好みのものが20%程度だとしてもおよそ200個くらいのマジックはこれまで練習してきているというのに、今現在実演しているものはおそらく10固程度です。その大半は、一度から二度くらい実演して、新しいマジックに追いやられているという真理。いくらなんでも少し消費(浪費)し過ぎではないかなぁと、思ったりもしているわけですよ。思っているだけで実行できないのが意志の弱いところで、じゃんじゃか新製品を追い求め、今に至る。

というわけで、過去に演じたことのあるマジックを見つめ直して、新たに生命を吹き込んでみたいと思っています。というかただ単に、思い出して、手順を組み直してみようと思っているだけです。良いものを見落としている又は忘れている可能性が大いにあるので、その辺も掬っていけたらいいなと。けして新しいのを覚えるのがめんどくさいとかでは…少しはあるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

ソフトコインを作ろう-その2-

DSC00187前回の記事の続きです。前回は適当に色々家にある物だけでやってしまったため、やや間違った情報を晒してしまったのかもしれません。が、色々知り合いからアドバイスを受けて、紙ヤスリを購入したり、道具やらを揃えてコインを削っています。で写真ですが、一応の完成形に近い状態かな。もう少しだけ厚みを減らしたいような気もしますが、今回はこの辺までということで。※ソフトコインの作成については、あくまで自己責任でお願いします。

DSC00182この写真の状態が前回の状態から1200番の紙ヤスリで研磨した後の状態です。もう少し目の細かいヤスリで削っても良かったかもしれません。方法は紙ヤスリをテーブルに置いて、上から円を描くように、力がなるべく均等にかかるように擦っていきます。適度に傷が薄くなってきた程度で終了。仕上げだったので、ものの数分でした。まだまだヘアラインが目立ちます。どうしてもヤスリで削っているので、傷が目立ってしまいます。これはある程度仕方ないです。

DSC00185その後、コンパウンドを塗るかどうか迷ったのですが、最初ということで、色々と試してみて、最終的に優れた方法を採るということで、今回はコンパウンドで磨きをかけることにしました。で磨き上げた写真です。なかなか良い感じに磨けたと思っています。ちょっとソフトコインにしては、キラキラし過ぎなんですが、まぁ良しとしましょう。指で触った感じがツルツルで気持ちいい。また他のコインと摺り合わせても、音がかなり減少しています。そこそこ満足のいくものができました。

DSC00189イーグル面も一応削ったので、写真は晒しておきます。削っただけの状態とコンパウンドで磨いた後の状態です。イーグル面は元々、彫刻が深くないので写真だと違いがかなり判りにくくなっています。ちょっと力の入れ加減を誤ってしまったために、縁が削れすぎたようです。この辺は失敗。まだまだ試行錯誤が必要な感じです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005.12.02

いやはや

正直ね、最近はマジックをやったりする時間がなかったりするし、家に帰り着くのが22時過ぎていたりするので、そんなに書くことがありません。でもなんとなく毎日更新をしていると、書かない日は落ち着かなくなったりするのです。もう癖と言うか、習慣になってしまったようなものです。

で最近やっていることと言えば、会社の残業時間の待ちの間にキューブを回したり、家に帰ってきてもトスジャグリングの練習したり、思い出したようにダイススタッキングをやったりするぐらいしか時間がありません。マジックも少し練習したいのですが、なかなか他の事に時間を取られて、そこまで時間を回せません。ジェミニリングをもう少し弄くりたいなぁと。「頭と体が強くなる四時間短眠法」でも読んで、睡眠時間を人の半分くらいにすれば、1週間で一日以上の覚醒している時間が稼げるのですが、なかなか実践するにはハードルが高そうです。

後は最近購入した「なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて」を読んでいたりします。この本で少しぐらいマジックに生かそうかなぁとも思っていますが、導入するかどうかは思案のしどころ。初対面の人に見せる場合に役立つかなぁと。

昨日の情報ですが、ついに「チャーリーとチョコレート工場」の予約が開始されました。これは素直に嬉しいので、即予約。オープニングから引き込まれて、最後の最後まで楽しめた映画です。もう2ヶ月以上前に観たのに結構鮮明に場面とかを覚えていたり。なんといっても映像で魅せる映画ですから。2月3日が今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

[eg]

DSC00163部屋を色々と漁っていると、自分でも不思議なものを発見したりします。写真は[eg]と呼ばれる卵型の塊。いや本当に塊なんです。4~5年前ぐらいに博品館で1500円くらいで購入した覚えがあります。そういえば最近は全く見かけなくなりました。もう絶版なのかなぁ?なんだか他の色も欲しくなってきています。風水的な意味合いが色に込められていて、黄色は金運です。当然です。

これはパズルなのか玩具なのかが未だに謎。なんでもとある方法を用いると、この卵型の塊[eg]が自立します。おそらくこれを考えさせるパズルなんだろうなぁと思った次第。まぁしばらく考えて、思いついた時にはそこそこ感動しました。この自立している[eg]の写真を撮るのにえらく苦労したと言えば、若干のヒントになるでしょうか。元々パッケージの中に台が付いていて、立てて飾ることができるようになっているのですが、この台が小さいので、もうなくしてしまいました。家の中のどこかにあるのかと思っていますが、探し出せません。台くらいは作成してもいいかな。

む、書いていて思い出したけど、パズルコレクションの7号を買っていないなぁ。数百円で買える物をわざわざ1680円出して買う贅沢感。なかなか厳しいものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »