« Sleight Of Hand Required Vol.1 | トップページ | 来年のカレンダー »

2005.11.20

Sleight Of Hand Required Vol.2

Lance DeLong師のSleight Of Hand Requiredの第2巻です。2巻の方が面白かったです。実用的な手順も結構解説してありました。中でもSweet n' Lowは結構お気に入りです。面白いのも多いのですが、ギミックコインが必要なのが、多くて困ったり。でも実はFree Flyが一番面白いかなぁと思います。解説がないのがとても残念です。そのうち解説してくれると喜んで買ってしまいます。なぜかこの巻にも「Coin Talk」が入っています。

・Coins Through Glass…左手にコインを3枚握りますが、1枚ずつ右手の透明のカップの中に飛び込んでいきます。3枚目はひっくり返したカップの中に目の前でコインがカップの中に飛び込みます。(4/5)かなり3枚目の移動が素敵です。透明なカップに飛び込んでいくので、かなり印象が強いかと。これは修得してみたいマジックです。

・Perfect Prediction…演者は4枚のキングをデックから取り出しておきます。予言と言って、デックのカードを一枚ひっくり返して入れておきます。その後観客にカードを1枚選んで貰って、キングの中に入れてしまいますが、観客のカードは消えてデックの中から出てきます。(4/5)第一印象は良くなかったマジックなのですが、何回か見ていると良く思えてきました。それなりに色々難しいことをやっていますが。

・Sweet n' Low…4枚のコインを使用したチンカチンク現象です。バックファイヤーあり。DVDの中では、シュガーパックでも同じ事をしています。(5/5)ちょっとした準備でかなり不思議なチンカチンクが行えます。初めて見た時は「あれ?」と思うところが何カ所かありました。

・IHT…スタンディングで行えるトライアンフです。 (2/5)特に目新しさは感じませんでした。やっぱりトライアンフの最後はリボンスプレッドで行いたいものです。

・Family Affair…チャイニーズコイン(?)、銀貨、銅貨と小さなパースを使用します。銀貨を手に握り、他のコインをパースにしまいますが、コインの位置が入れ替わってしまいます。(3/5)例によって道具を所有していないので、できないマジックです。DVDで師はかなり良い道具を使っています。

・Slick Trick…カードの下で行われる銀貨と銅貨の交換現象です。(3/5)これもある道具が必要です。しかも気軽に入手はできないかもしれない道具なので、惜しいなぁ。かなりビジュアルに位置が入れ替わるので道具さえ揃っていれば即やってみたいです。

・Free Fry(Performance only)…3Flyのようなコインの出現、移動、消失現象。解説のみなのが残念なところ。これはちょっとやってみたい。どうやっているかは正確には判らないのですが、道具を使っているのかなぁ。

|

« Sleight Of Hand Required Vol.1 | トップページ | 来年のカレンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sleight Of Hand Required Vol.2:

« Sleight Of Hand Required Vol.1 | トップページ | 来年のカレンダー »