« Inside The Mind Of Garrett Thomas Vol.3 | トップページ | No Smoking »

2005.11.08

Close-Up Connivery

なんとなくレビューが続いています。とりあえず買った物を半分程度観たので、勢いのある今のうちにガッと書き上げてしまおうかと。間を開けてしまうと、書く気もなくなるし、記事にするのが億劫になってしまうのです。ちょうどpacemagicさんともレビューがかぶってしまいましたが、色々な人の感想があるのもいいかなぁと、自己弁護。まぁ私の場合はレビューとはほど遠く、個人的な感想だけなんで。

Dan Garrett師のDVDです。以前発売されていた物がDVDになったようです。全体的に演技が若干古めの印象を受けますが、なかなか魅力的な現象が揃っています。

Pin-Demonium…安全ピンのリンキング現象です。安全ピンが繋がったり外れたりします。観客に手渡すことも可能です。ラストはとてもビジュアルです。(5/5)これはかなり好き。手渡し可能なのもいいし、現象もすっきりとまとまっています。これは是非とも覚えて披露してみたい物です。

Hand Sandwich…観客にカードを選んでもらい、サインしてもらいます。デックの中に返してもらい、観客に2枚のエースを手で挟んでもらいます。その挟んだカードの間からサインしたカードが出てきます。(3/5)微妙な印象です。が観客の手の中で起こる現象は受けがいいので、覚えていても損はないかと。

Signed Card to Pocket…エースでカードを挟みますが、いつの間にかポケットに入っています。Hand Sandwichから続けて演技できます。(2/5)これはどうだろう?うーんと唸ってしまいます。なんとなく不思議に見えませんでした。

O.H.S. Card Change…片手で行うカードチェンジの解説です。パームの解説があります。

The Mouse That Roared…ジュディ・ザ・マウスの演技です。(3/5)結構生き生きと動いているのが可愛いです。この演技は観賞用ですね。解説部分は未見です。テイル・オブ・ザ・リングが家のどこかにあったなぁと思い出しました。

American Ninja Spellbound…銀貨とチャイニーズコインのスペルバウンドです。若干普通のとハンドリングが違い、手のあらため方がクリーンな印象を受けます。(4/5)一瞬騙されました。なんとなく手の形が不自然な印象も受けますが、手の中のクリーンさと求めるならいいかと。この辺はバランスですかね。

The Faustus Ring…リングとロープの演技です。ロープからリングが抜けたり、通ったりします。(5/5)これはすごく良い!このDVDを買ったのもこれが観たかったため。レギュラーのロープとレギュラーのリングでやっています。ってなんだよ、レギュラーのロープとリングって…。こういう即席系のマジックは少し覚えていこうかなぁと思っているので、ちょっと練習してみたり。即席と言いつつロープが必要なんですけど。

|

« Inside The Mind Of Garrett Thomas Vol.3 | トップページ | No Smoking »

コメント

初めましてHIGEさん。
こちらのページにはGoogleで「Close-up Connivery」を検索してて辿り着きました。

ちょっとお尋ねしたいのですが、お持ちの「Close-up Connivery」は読みとり面が青色で、パッケージの紙は背表紙との境にミシン目が入った厚紙のようなものでしょうか?
先日オークションで入手した「Close-up Connivery」が本日届いたのですが、そういう作りの物なので、もしかしてコピー商品ではないかと思い悩んでいます。

もし良ければ教えて下さい。よろしくお願いいたします。

投稿: サトリ | 2006.04.21 00:12

サトリさんどうもはじめまして。
早速DVDを引っ張り出してチェックしてみました。ディスクの読み取り面は青色のような紫色のような感じです。パッケージの紙には確かにミシン目のようなのがありますねぇ。気が付きませんでした。
まぁ海外のDVDにはこのような製品も結構見受けられます。なのでおそらく正規品だと思います。

投稿: HIGE | 2006.04.21 00:28

お早いお返事、ありがとうございました。

>まぁ海外のDVDにはこのような製品も結構見受けられます。
>なのでおそらく正規品だと思います。

そうとは知らず、危うく出品者に怒りのメールを書いてしまうところでした。(^^;)
本当にありがとうございました。m(_ _)m

投稿: サトリ | 2006.04.21 00:52

サトリさんどうも。
何事もなく、無事に済んだみたいで何よりです。内容がかなり良いのでじっくり見てください。

投稿: HIGE | 2006.04.22 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Close-Up Connivery:

« Inside The Mind Of Garrett Thomas Vol.3 | トップページ | No Smoking »