« また変なのを… | トップページ | どんどん増えていく »

2005.09.17

たのしくたのしくやさしくね

華原朋美の歌ではありません。いやまぁ歌のタイトルはそうなんですが、そんなことを言いたいわけではありません。これは私のマジックをやる時の一応の理想が簡潔にまとめられている言葉なのです。理想と言っても、自分の中でも様々な方向性があるのですが、一番近いのではないかと。

「たのしくたのしく」というのは、観客にとっても楽しく、演者にとっても楽しくという意味が込められています。演者が楽しくないと、やっぱり観客も面白くないと思うのです。これは色々なスタイルがあるので、一概に「こう」とは決められないのですが、私が目指したいところです。そして「やさしく」というのは、できるだけ演者が簡単にマジックを行えるような易しさも含み、現象を理解するのも易しくできるようにという意味です。マジックが簡単であれば、演者はマジックの演出に力を入れることができます。まぁ簡単で現象が派手で解りやすいマジックを探し出す、あるいは作り出すのが本当に大変なことなんですが。

いや、3日前に難しいことを練習していると書いたばっかりでこんなことを書くのは、気が引けたのですが、早いうちに言葉にしてまとめておきたいなぁと。難しいのを練習するのも楽しいのです。あえて難しいのを練習しているのではなくて、いいなぁと思う手順が難しかっただけなんです。ただ難しさを見せてはいけないと思うので、軽くさらりとできるようになるまで、やりせませんが。マニアの前ではつい苦労の跡を観て欲しくてやってしまう自分もいるのが、なんかいやらしいところではあります。本当は駄目出しをしてもらうのが目的ですよ。

|

« また変なのを… | トップページ | どんどん増えていく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たのしくたのしくやさしくね:

« また変なのを… | トップページ | どんどん増えていく »