« やっとこさ購入 | トップページ | マジックマスターズオープン2005 »

2005.08.14

さテクニカル

土曜日は天気も悪かったので、家に引きこもって「テクニカルなコインマジック講座」を読んだり、付属のDVDを見たりしていました。かなり面白い本です。テクニックのクレジットが以外な人だったり、有名なマジックがバリエーションであったりと色々と発見もありました。DVDの方はあくまでもおまけですね。唐突にテクニック紹介していたりするので、本を読み返してやっと判ったり。でも動画があると無いとでは全然印象が違うので、付いていた方が良いですねぇ。

手順の方は、「サイレント・ディスティニー/静寂な運命」と「幽霊銭のミステリー」がお気に入りです。まだ全部の手順を読んだわけではありませんが、動画の方を見て好みのマジックのみを練習しています。「スペルバウンド/銀貨の彼方に」も練習してみようかと思いますが、解説が少し長めなので、もう少し後でもいいかなぁと。普通のスペルバウンドもまだまだ出来ていると言えるレベルではないし。

「サイレント・ディスティニー/静寂な運命」の方は名前が良いです。マジックにおいて格好良い名前は結構重要な気がしています。なんか練習をしてみようって気になるのは私だけ?実際はどんな名前でも、現象が素敵であれば良いと思うのですが、「Winged Silver」とか「Long Gone Silver」とか格好良い名前は好きです。またこの手順は自分ではかなり苦手なテクニックを使用しているので、練習用にちょっと頑張ってみようと思っています。苦手なのはバックピンチと天海ムーブです。前者はどうにもこうにも手の形がいびつになるのが、自分の中でかなり不満で、今までバックピンチを使う手順は避けていたのですが、これを機に修得してみたいと思います。天海ムーブはどう見ても、そうは見えないので(明確に書けないので判りにくいですが)、使ったことはありませんでした。丁度好きな手順と苦手なテクニックを同時に練習できるので、これはいい機会です。要猛練習。

「幽霊銭のミステリー」の方は、よく見るプロットだとは思いますが、なんとなく気に入りました。個人的に最後が結構難しいです。基本的にハーフダラーとイングリッシュペニーとチャイニーズコイン(本の中では古銭ですが)を使用するコインマジックは好きなので。3種類を使う分難易度は上がってしまうのは否めないですが、これはそんなに難しくないように思えます。ただボタンを押すと言うパターはそんなに好きではありませんが、その辺は適当にうまい具合に変更しようと思っています。普通にやってもいいかな。

やっぱりコインマジックはいいなぁと再認識。魅せるようになれるまでに時間がかかり、継続して練習しないと人前では演じられないのが、つらいところ。でも練習も楽しいから、ついやってしまいます。練習中に、これはとても無理だと思って諦めた手順も数多くあります。こういうのが取っつきにくい原因ではないかと。ほんのしばらく(2週間ぐらい)コインマジックから離れていたけど、再度熱発しました。あまり高熱にならなければいいのですが、なってしまいそうな勢いです。

|

« やっとこさ購入 | トップページ | マジックマスターズオープン2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さテクニカル:

« やっとこさ購入 | トップページ | マジックマスターズオープン2005 »