« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

穴銭と矢

DSC00036よく聞かれる話なので、ここに書いてしまいます。今後聞かれてもここを見てとしか言いません。などと冷たい態度は良くないので、きっと普通に答えてしまいます。根がLittle Heartなもので…。

昔からマジックとか見るのは結構好きだったのですよ。テレビでやっていたら、食いつくように見ていたし。ただし自分でやろうとは、全く思わなかったわけです。で時は過ぎゆき、3年ほど前になりますが、急に、なにやら急にこのピンぼけの写真の事が気になりだしたのです。いや正確には写真に写っている「穴銭と矢」です。これは穴の中に継ぎ目のない木の矢が入っているという不可能物体です。で仕事中に色々とネットを検索していたのです。そこで出会ったのが、マジェイアの魔法都市案内ですよ。説明は不要ですね。ここをずっと仕事もせずに読み耽っていたら、なんとなく面白そうだなぁと思ってしまったので、現在に至る。我ながら理由も浅いなぁ。

これを機にすっかりとそしてしっかりとマジックの魅力にハマってしまいました。飽きっぽい自分がこんなにずっと続けていることにもびっくりです。まだ全然飽きていません。というか飽き足りません。知的好奇心を刺激してくれたり、歴史があったり、素敵な道具があったりとするからでしょう。これ以上書くとなんか恥ずかしくなってくるので、強制終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.30

追い込まれる?

先週の土曜日で仕事がやっと一段落しました。さてそれで月曜から、9月末までの予定をあらためて見直してみると、とても不可能な仕事量(Misson Impossible)であることが判明しました。飛び込みの仕事多すぎ…。こんなときでも私は決して慌てない。そう、こういう時ほど、私はどっしりと落ち着いて考えます。マジックの事を…。現実逃避。よっしゃ、楽しくなってきた!

休日になんか面白い物が家の中にないかなぁと探索していたところ、カードマジック入門事典を埋もれていた様々な物の中から発見し、久しぶりに読んでみました。あれ?こんなの載っていたのと思う作品がそこかしこに。本の初めから読んでいたけど、そのうちに他のことに興味が移ってしまって、途中までしか読んでいなかったので、ざっと後ろの方を読んだら面白いのが結構載っています。中でも「魔法の絨緞(Flying Carpet)(P349)」なんかは、現象はそれほど面白いとは思わなかったのですが、原理がすごい不思議。こんなのよく考えついた物です。どうやって発見したのか、是非本人に会って…って考案者の記述がありません。どのようにやっても同じ結果になるのが素敵。なんだかやってる本人しか楽しさが伝わらないような面白さがありますね。

その他にも少しずつ読んで練習をしたりしています。人間追い込まれると、追い込まれた環境から逃げてしまうものです。やっとタイトルに繋がりました。いつもタイトルは適当に付けて、後から本文を書くので、結構困る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.29

物色中

なんと20日連続の更新です。自分でもびっくりしています。最近は更新が日常化していて、書くのも随分と楽になってきました。ただし更新のネタがあればの話ですが。無いときは無理矢理作っているのがバレバレな記事も多分にありますが、それがHIGEクオリティ。

さて最近はマジックを練習する暇もないくらい忙しかったのですが、やっと少しだけ落ち着きそうです。ほんの少しだけ。久しぶりの休日だったこともあり、一日中カードとコインをいじりまくっていましたよ。なんとなく今まで覚えた手順のおさらいだけでほとんど終わり、新しいのは全然練習してないです、はい。コインの方もなんか世界のコインマジックを引っ張り出してきて、読んだりしていました。日、暮れました。

本題ですが、買い物したいです。もちろんマジック関係の物品の購入をちょっと考えています。warehouseで、色々と気になった物をどんどこカートに入れていったら、やっぱり途方もない金額になってしまうので、ここから取捨選択を行います。これがねぇ、かなり時間のかかる作業なんですよ。実際に欲しい物ばっかりだから、どれも落としたくないし。思ったよりも品切れが多くて、時が満ちてから買います。まぁ富豪でもセレブでもないので選別をしていかない哀しさが…。と言っても次回に回すことになるのがほとんどなんですがね。次はStevensから選択していくとするか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.28

monthly Magic Lesson Vol.1

やっと見ました。「monthly Magic Lesson Vol.1」です。これは一番始めの巻ということもありまして、随分と丁寧に解説しています。だってね、カードの選び方から、持ち方とか、こんなに事細かに解説してあるDVDを私は知りません。いやただ単に他にもあるのかもしれませんが。こんな素敵なDVDで、マジックをやり始める人がとてもうらやましいとか思ってみたり。収録されている内容については、本家のサイトを参考にしてください。

感想はと言うと、見事に騙されました。いや~すごい不思議。本当に簡単なことしかやっていないのですが、これがなんともお手軽でいいですね。さすがにある程度マジックをやっている方には物足りないとは思いますが、それにしてもいい内容だと思います。まぁ書いてある技法名を見れば一目瞭然の部分もあるのですが、そこはゆうきとも師が詳しく、より効果的に細かい内容を教えてくれます。師のこだわりはやはりすごいですねぇ。

結論から言うと、良い買い物をしました。この内容でこの値段(定期購読会員価格¥3,980)はちょっとお得感があります。これはDVDの他にテキストも付いてくるので、ふと思い立った時にテキストが役に立ちそうです。若干テキストが読みにくい感もありますが、おまけと考えれば充分に納得できます。この辺は好みの問題。次号以降も非常に楽しみです。さっさとVol.2を申し込んでしまおうかと思案中。ちょっと来月以降は出費が重なりそうな予感がするので、ちょっとずつでもいいかなとか思っていたりいなかったり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.27

行ってきます

これは書くかどうか非常に迷いましたが、あまりに嬉しいので我慢しきれずに書いてしまいます。第47回テンヨーマジックフェスティバル(夜の部)に行ってきます。とあるとても親切な方から、券を1枚譲っていただきました。こうして書いてみるものですねぇ。

まさか行けるとは思っていなかったので、個人的にはとても嬉しいです。私が誘った方々にはとても申し訳ないのですが、独りで楽しんできてしまいます。もう来週なんですね。もちろん少しでも当日の雰囲気が伝わるように、レポートもがっつりと書きます。もちろん当日はたくさん散財してしまうことでしょう。なんだかドキドキしてきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.08.26

死蔵品その1

家で眠っている死蔵品の数々を晒していこうという記事をこれから書いてみようかなぁという企画。それでその1。「もうすんごい欲しいの」とか言う脳みそが溶ろけているようなコメントがあればなんとかしてしまうことももしかしたらあるかもしれません。そんな記事の第1弾です。紹介したからと言って、別に売ることが目的ではありません。半分自慢と四分の一は眠っている道具を生かせるきっかけにでもなればいいかなぁと。残りの四分の一はなんだか拭いきれない何か。

さて数ある中からどれを一発目にするかは、迷いがありませんでした。2~3年ぐらい前にG'sファクトリーさんから購入したジーズ・ダイスボックスです。木とアクリルで密閉された箱の中にカジノダイスが一つ入っています。その中にあるダイスはどうにか頑張れば回せそうなんですが、どうやっても回らないのです。しかしマジシャンは容易に回すことができるのです。なんだかパズルチックな一品です。

なにやら木箱とかに入っていて高級感たっぷりです。物もすごい良いです。値段に見合っていると思います。これはハンドメイドみたいで、もうずっと売り切れ状態が続いてます。でこの商品なんですが、買って以来ずっと眠り続けています。結構な値段なのに、欲しくて欲しくてたまらなかったはずなのに、なんだか一度も実演したことがありません。がっかりしたとかそんなことではなくて、なんとなく挑戦的な感じがして、自分的にはどうも好きではないんですね。TVで放送を見ていたくせに、こんなこと言ってる自分にヘキサゴン。まぁこの辺は好みの問題なので、しかたありません。

ある日部屋の掃除をしていたら、ひょっこりと出てきたので、懐かしさのあまり一回ぐらい実演してみても良いかなぁとか思ってみたりもしています。このまま眠りに眠らせているのもちょっと道具に対して、失礼かとも思っていたり。この道具自体はかなり好き。さて実演するかどうかはその時の気分次第です。この辺はいつもストリート。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.25

同じ物を2個以上買うということ

最近はなんだか赤い鼠が気になる今日この頃です。なんだか隠されてしまうと妙にそそられます。チラリズム。なんでスポンジがこんな値段?一体これはどういう商品か?まぁほっといてもそのうち購入してしまう勢いがありますので、少し放っておきましょう。

表題の話。これは何もマジックに限ったことではないのですが、なぜかお気に入りの物は2個買ってしまうことってありませんか?そんな男の話。私はたまーに、極稀に買ってしまうことがあります。いや本当にたまにですよ。マジックの道具を買い始めてからが多いかなぁ。お店の人に「もう無くなってしまうよ」とか「最後だよ」とかのセールストークにはとても弱いのです。とはいえさすがにそう言われても初回に2個は…。そこは大人になりましたから、大人買い。

例えばスポンジ物は大抵2個買います。クライマックス用にたくさん出ると嬉しいじゃないですか。ただそれだけです。他にはテンヨーの3ボールトリック等も2個ありますねぇ。練習用と観賞用が。タイニィリングもチャイナリングもリングキャッチャーもダイススタッキングもまるで同じ物が2つずつあります。意外に多いかも。まぁ2セットあれば楽しめる物がほとんどなので、それはそれでいいかと本人は納得しております。ある日突然、急に売ってなくなっても困りますし。そうそう予備ですよ、予備。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.24

The Essential Aldo Colombini Volume 3

さてと本日は遂に最後の巻に到達です。引き続きAldo Colombini師の「The Essential Aldo Colombini Volume 3」のレビューです。あまりの反響の無さに、レビューやめようかと思ったほどですが、とりあえず書き上げました。この巻には惚れ惚れとする3ボールのルーティンが収録されています。これだけでもこのシリーズを買った甲斐があるというもの。本当にどれもこれも楽しく見ることができました。ある意味自分の演技の理想の一部分が収録されていると言っても華厳の滝ではナイアガラの滝廉太郎(BEEPより引用)。

・Have A Nice Day…観客に1枚のカードを選んでもらいます。カードをデックに戻してもらい、デックを混ぜます。デックから4枚のカードを取り出し、スマイルマークのシールを1枚に貼りますが、カードを数えていくうちにスマイルマークが増えてしまいます。そして今度はスマイルマークが減っていき、1枚だけに戻ります。そして…。(4/5)これは現象自体がとても面白くて気に入っています。

・Four Red Card Trick…いわゆるホーミングカード現象です。4枚の赤いカードを使いますが、1枚黒いカードが混じっています。演者は黒いカードをテーブルに置きます。残り3枚の赤いカードを使うのですが、また1枚黒いカードが混じっています。2枚の赤いカードを見ると、やっぱり黒いカードが1枚あります。(3/5)なかなか楽しく演じるのは難しいと思っているマジックです。この演技ではジャンボカードで行っています。

・Barefoot In The Park…3人の観客に1枚ずつカードを秘かに覚えてもらいます。さらにもう一人の観客にカードを3枚選んでもらいます。そのカードがなんと…。(2/5)なんともやりづらいマジックです。かなりの演技力が必要になるような気がします。

・Mini-Maxi…ジャンボカードの箱とミニカードの箱に予言が入っています。普通のカードを観客にカットしてもらい、そのカットしたところのカードが予言と一致しています。(4/5)これはお手軽にできるので、ちょっとやってみたいです。最後の当て方が結構好きです。

・Get The Ball Rolling…一目惚れをした3ボールの手順です。机を使用しないので、立ったままでもできます。3ボールトリックに興味がある人は是非一度見ておいてください。(6/5)素敵すぎます。これは毎日練習を続けています。師のように優雅に演技できるようになりたいですねぇ。

・Rubber Illusion…クイーンと赤のカード2枚を使います。クイーンを赤いカードの間に挟んで、クイーンを引っ張ると、クイーンが伸びてしまいます。そして最後には…。(4/5)これは面白い。現象もはっきりとしているので、条件が揃ったら、是非実演したいです。

・Packed Bags…赤のデック一組と青のデック一組を使います。赤いデックは予言がしてあります。観客にカードを1枚選んでもらいます。赤いデックを取り出して、カードを確認しますが、観客の選んだカードではありません。しかしその赤いデックは…。(2/5)これはちょっと微妙かな。それなりに面白いとは思いますが、用意が大変です。

・Throw In The Sponge…2つのスポンジボールを使った手順です。(3/5)この手順に触発されて、自分の手順を組みました。従って、この手順はやりません。

・That's Amore…演者はデックから4枚のキングを取り出し、テーブルに裏向きに置いておきます。デックの中からクイーンを取り出すと言って、カードを混ぜます。観客の1人に一枚のキングを選んでもらいます。演者の取り出したクイーンと観客の選んだキングのマークが一致しています。最後には…。(5/5)ちょっとロマンチックなカードマジックです。小粋にお洒落に決めてみたい…無理か。

・Another's Bet…3巻の中に唯一収録されているコインマジックです。銀貨とチャイニーズコインを使用したコインズアクロスです。(1/5)ちょっと何をやっているのか現象がイマイチ把握できませんでした。

・Perpetual Calendar…手帳の日付に一日ずつカードが記入してあります。カードを使って日にちを指定します。その日にちのカードと手帳の中にあった封筒の中のカードが一致しています。(1/5)こういうのはちょっと好きではありません。

・Ultimate-M…予言の封筒をあらかじめ観客に持ってもらいます。さらに4分割されたジャンボカードを使います。その中から観客に4枚を選んでもらうのですが、そのカードは…。(4/5)ジャンボカードを切るのは…。でもそれ以上に面白いので作成予定です。

・Heart To Heart…ハート型のスポンジとカードを使用した手順です。最後のロードの部分はとても参考になりました。(3/5)これはそのまま演じても面白そうです。がしかしスポンジ物は参考にする程度にしか、今のところはなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.23

The Essential Aldo Colombini Volume 2

本日はなんとなぜかゲームボーイミクロを予約をしていしましました。このコントローラーの形状を見たら、もういつもの悪い癖ですが一目惚れですよ。この機能を有しているマシンは4台目ですよ…。買ってもほとんど動かす予定もないのだけれど。

さて昨夜に続いて、レビューです。Aldo Colombini師の「The Essential Aldo Colombini Volume 2」です。2巻はカードマジックが中心ですが、あまりカードマジックを行わない私もお気に入りの作品がいっぱい詰まっています。特にオイル&ウォーターとエレベーターカードは本当に素敵。

・Pocket Repeat…いわゆるシックスカードリピートです。最初に観客にカードを一枚選んでもらいます。12枚のカードを使うのですが、カードが次々にポケットの中に移動してしまいます。最後にはカードも当ててしまいます。(4/5)このタイプのマジックにできる物がないので、これを覚えてみようかな。

・4' Wave…ジャンボカードを使ったB'Wave現象です。途中で松山フォースを使用しています。(2/5)普通のB'Waveの方がすっきりしていて好きです。

・Hypno-Cards…2人の観客にカードを選んでもらいます。カードをデックに戻してもらい、2枚のカードを抜き出しますが、選んだカードではありません。催眠術をかけるような素振りをすると、2枚のカードは観客のカードになってしまいます。(4/5)なかなか面白い現象です。いずれ練習してみます。

・Grand Prix…デックを4つのパケットに分け、その一番上から4枚のエースを取り出します。その後スペードのカードを次々と色々な方法で取り出していきます。(4/5)すぐにやってみたいのですが、スペリングカウントを使用する部分がやっぱり気になります。何か考えないと。

・Oil And Water…4枚ずつの赤と黒のカードを使ったオイル&ウォーターです。赤と黒のカードを観客に手伝ってもらいながら、混ぜますが、なぜか赤と黒に分かれてしまいます。これを2回行った後、今度はカードを重ねて軽く振ってあげると、赤と黒が混ざります。最後にはっきりと赤と黒を混ぜますが、最後には…。(6/5)既にレパートリー入りしています。オイル&ウォーターに関しては私はこれだけ覚えればいいと思ったほどです。なので6。

・Probably Knot…ロープの結び目がどんどん移動していきます。(4/5)これは面白かったです。がいかんせんロープが…。

・Elevon…いわゆるエレベーターカード現象です。最後の一枚の移動がファンタスティックです。(5/5)普通のエレベーターカードよりも好きです。最後の最後はいらないかな。

・Shenanigans…売りネタになっているパケットのルーティンです。無くならないうちに買っておきます。(4/5)そのうちにミスターマジシャンから購入しようと思っています。とても楽しいマジックです。購入するまで4ですが、買ったら5。

・One For All…3人の観客にカードを引いてもらいます。演者が1枚のカードを示しますが、3人のどれとも違うカードですが、カードのマークと色と数字はそれぞれに一致しています。最後には…。(4/5)初めはなんだかなぁと思っていましたが、見ているうちに面白いかもと思いました。

・Fast Food…3枚の赤裏のジョーカーと青裏のデックを使います。観客に2枚のカードを引いてもらいます。ジョーカーの間に引いたカードを挟みますが、ジョーカーの間から選ばれたカードが消えてしまいます。3枚のジョーカーをデックの上に戻しますが、忽然とジョーカーが1枚消えてしまい、観客のカードを探し当てます。(5/5)これは結構強烈です。消える感が非常にクリアです。

・Balls & Cups…師のカップ&ボールの手順です。2つのカップを使用しています。最後にはなんと…。(4/5)非常にすっきりした手順でちょっと練習をしてみたくなりました。最後は本当にびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.22

The Essential Aldo Colombini Volume 1

なんともうmonthly Magic LessonからDVDが届きました!すんごい早さの対応を実際に体感して本当にびっくりしました。まだ見ていません。「パケット・トリック」もどんどん読んでいかないといけないし、コインマジックも秘かに練習しなくてはならないし、ダイススタッキングもそろそろ本格的に取り組まないといけないし、やることが盛り沢山になってまいりました。どどうしよう。

本当に久々にレビューです。レビューを書くのは時間がかかってしまうので、最近は全然レビューなど書いていませんでした。レビューは見ながら書くと楽なんですが、時間をおくと評価が変わってきたりするので、数度見てから書くようにしています。

括弧の中は自分でやってみたい度です。5点満点。今回以降書いてみようと思います。書いている時点での基準ですので、後々変わってしまうかもしれませんが。また個人的な感想なので、参考程度にお願いします。また現象の内容が拙い文章だと伝わりにくいかもしれませんが、そこはご勘弁ください。ある程度内容をぼやかしながら書いています。やってみたい度の基準は以下の通り。

5点が今すぐに覚えてやってみたい。もしくは既にやっている。
4点がやってみたいが、準備が大変だったり、難しくてすぐには出来ないけど、いつかはやってみたい。
3点がいずれはやってみたいけど、今はいいかなぁと。
2点はおそらくやらないと思います。がしかし環境が整えばやるかも。
1点はとりあえず保留または現象もイマイチ。
0点は絶対にやらないでしょう。意味が判らない。

で表題の「The Essential Aldo Colombini Volume 1」です。Aldo Colombini師の演じるマジックはどれも楽しく見ることができました。全3巻ともかなりのお気に入りです。ただし、ほとんどの手順で何らかのギミックなりを使用するので、準備や用意が大変かもしれません。面白いけど、すぐにできないようなマジックも多々含まれています。その辺の準備の苦労をしたとしても、効果は絶大だと思っています。そんなに難しいことも行っていません。全てレギュラーで行いたい人には向いていないかもしれません。DVDを見て師の感情表現の豊かさには感服しました。表情を見ているだけでももしかしたら楽しめるかもしれません。観客とのやりとりで笑いが絶えず起きているのですが、そこは英語力の無さでイマイチ状況を把握することができない部分が多々。ところでこのDVDで使われている曲は何という曲なんでしょうか?とても気に入っていますが、歌のない音楽には疎いので曲名が判りません。誰か教えてくれると嬉しいです。

・Joker Dilemma…デックの中に一枚色の違うカードがあります。それは予言として、別に置いておきます。ジョーカーを2枚取り出しておきます。観客にカードを一枚選んでもらい、ジョーカーの間に挟んで、選んだカードを見ると予言と一致しています。さらになんと残りのカードは…。(4/5)なかなか面白いのですが、ある物を揃えるのが大変そうです。

・Draw A Blank…ブランクデックを一組取り出します。一人の観客に好きなマークをもう一人の観客に好きな数字を言ってもらいます。その後4枚の白いカードを取り出し、観客に2枚選んで、それを取り除きます。さらに1枚を選んで貰うと、最初に観客の言ったカードが印刷されています。(4/5)綺麗な現象です。そのうち練習したいです。

・Hollow Hole…穴の空いたデックを一組取り出します。その穴にはリボンが通してあります。そのデックから観客に一枚カードを選んでもらいます。カードをデックに戻して、箱に入れてリボンを通して結びます。風船を取り出して、風船を割るとその中から観客の選んだカードがリボンと箱を通り抜けて…。(2/5)このデックを作るのがめんどくさくて、やる気にはなりませんでした。

・Jumbo Coincidence…上下半分に切ったジャンボカードを使います。適当にカットした後、観客に一枚カードに触ってもらいます。その位置のまま上半分のカードと下半分のカードをめくっていくと、観客の選んだカードだけ一致しています。さらにそのカードで残りのカードを軽く触ると、全ての上下が一致しています。(4/5)結構テレビとかでもやっている印象があります。ジャンボカード切るのが…。

・This Goes On…なんとも書くのが非常に難しいです。予言の封筒を取り出します。その紙には様々な予言が書かれていますが、ことごとくはずれます。観客にカードを選んで言ってもらい、そのカードをスペリングで取り出します。言って貰った数字を3枚と同じマークのカードを全て取り出します。最後に残ったデックを見ると…。(0/5)なんだかよくわかんなかったので、いずれ英語力が上がったら見直します。

・Bleached…3枚のクイーンと一枚のブランクカードを使用します。クイーンをマットの上に置きますが、いつの間にかクイーンとブランクカードが入れ替わってしまいます。ブランクカードを手元に戻しますが、クイーンの中に入れるとブランクカードが消えてしまいます。最後におまじないをかけると…。(5/5)このマジックは結構好みのタイプの物でした。

・Magnetic…観客2人にカードを選んでもらいます。カードを戻した後、デックを8つのパケットに分け、裏表バラバラに混ぜます。すると観客の選ばれたカードが…。(5/5)これはイイですよ。早速練習します。

・Missing Link…2本のロープを使います。一本のロープを結び、もう一本のロープを通します。一人の観客に出てきてもらいまだ結ばれていないロープを結んでもらいます。観客に全てのロープを握ってもらい、手を離すと2本のロープの輪は取れてしまいます。(3/5)手元にロープが無いので、練習もできませんが、面白そうでした。ロープはまだやりません。

・Ringing Around…リングとロープのルーティンです。ロープの結び目に次々とリングが飛び込みます。(4/5)これも面白かったです。こういうのが出来ると、サロン的な場でも使えそうです。

・Apache…4枚の同ランクのカードを使います。赤と黒に分け、観客にどちらを使うかを決めてもらいます。観客が黒を選び、マジシャンが赤を使用します。赤いカードのフェイス同士をくっつけ、観客の手の下に置いておきます。同様に黒のフェイス同士をくっつけると、瞬く間に赤のカードに変化します。観客が手の下のカードを確認すると…。(5/5)これは初め見た時はどうかと思ったのですが、やっぱり面白そうなので一度披露してみたいです。

・Take Off…2枚の黒のジャック(J)、1枚のクイーンと真ん中に丸く穴の空いた封筒を使います。クイーンを封筒の中に入れます。ジャックで封筒を挟んで、観客にまん中の封筒を引き抜いてもらうと、クイーンが消えています。最後には…。(3/5)なかなか面白い現象ですが、実際にやるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

パケット・トリック

やっとなんとか読む時間を作って、「パケット・トリック」を読み始めました。買ってからもう20日ほど経っているというのに…。読む時間を作ると言っても、休日出勤している時の待ち時間に読んだだけなんですが、さすがにカードをいじりながらとはいきません。そこそこ待ちもあるので、始めのの2つほどを読んでみました。ふむふむなかなか面白いじゃないですか。これは練習のし甲斐がかなりあります。みんなが買うわけだ。仕事も終わって、家に帰ってきてまた2つほど練習しました。今日のところは「変換」までを練習しました。

とりあえず面白そうな作品を読んでいくのは、今回は無しとします。始めからじっくりと読んで、ゆっくりと練習します。そう記述されている全てのマジックについて、変な先入観を持つことなく、一度以上は手を動かしてみるつもりです。気に入った物については重点的に練習してみたいと思います。特にカードのマジックは誰かに見てもらわないと、効果がまるで判りません。特にカードマジックは読んだだけではつまらなく思えてしまうからです。

さて少なくとも1日に1つぐらいは読んでいきたいところ。覚えてレパートリーに入れるかは別にして。これでも軽く2ヶ月はかかってしまいます。まぁこのうちいくつかが自分のレパートリーに入ればいいかと。基本的なカウントは押さえているので、自分では結構読みやすいと思っています。いきなりこの本を買ってしまうときっとつらいでしょう。巻末に使う技法が簡単に説明してありますが、ちょっと判りにくいかもしれないです。また普段何気なくやっていることについて、正式名称が付いていたことにもびっくりしました(バリアント・スルー・ザ・フィスト・フラリッシュとか)。
長い間楽しめそうです。が移り気な私のことなので、いつまでもつことやら。

女王の教室」は相変わらず楽しく見ています。今回の初っ端にはやられました。やっぱりと言うかなんと言うか…。16○さんの予言はズバリ的中していました。まぁそれ以外は考えられないわけですが。来週お休みなのがとても残念なところ。それにしても進藤さんがとてもイイ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.08.20

monthly Magic Lesson

monthly Magic Lessonの定期購読会員に早速なりました。早速ってほどでもないか。16○さんやいくともさんのお奨め(お墨付きとも言う)だし、もう前から気になっていたし、とりあえずいつでも退会も可能なので、お試しみたいなものです。もっとも退会するつもりは毛頭ありませんが。聞いた話によると、既に4号までが撮影済みなのだとか。さらに聞いた話によると、カードマジックばっかりでもないとか。さて届くのがとても楽しみです。ただこの時期、受け取れる時間に家に居るかが怪しい。

ゆうきとも師のマジックはとても簡単にできて、現象がはっきりとしているので、練習したくなります。たまに複雑なのもありますが、ほとんどは演者にも観客にも負担がかからないものばかりです。また原案通りに行うと非常に難しかったりする部分には、とてもクレバーな解決方法を示してくれたりするので、参考になります。と言ってもコインマジックほどカードマジックの技法を知っている(できる)訳でもないので、自分で代替案を考えついたことは皆無に等しい。

こういった物が毎月届くとなれば、少しは買い物の量が減るかもしれません。一枚が結構なボリュームですので、本当にまじめに練習するとなれば、一ヶ月だと少々厳しいかも知れませんね。まぁ全部を練習することは無いかと思っていますが。ただ、もしかしたら物足りなく感じてしまうのでは、といらぬ心配をしていたり。物足りない場合は、家にある未見のDVDでも見ればいいか。未見のDVDも10枚ぐらい堪っているし…。マニアックなマジックを練習するのも楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.19

何を書こうか

最近はなんか頑張ってほぼ毎日更新を続けているのですが、極稀に何にも書くネタが何も無い日があるわけです。普通の生活をして、仕事していたら、書くことも無いのは当たり前に思いますが。まぁ書かなければいいのですが、本当に何もない訳でもなく、ほんの数行であれば書きたいこともあるのです。とりとめもなく羅列でもしていこうかと。

今週は「テクニカルなコインマジック講座」のお気に入り手順「サイレント・ディスティニー」ばっかりを練習しています。なんとか手順を覚え、通しで最後までをなんとなく演じることができるようになってきました。が、まだまだ飛行しているようには見えませんので、練習がかなり必要です。どうしても最後の移動の部分が納得いく形でできないのです。完成形がぼやけて見えず、これは苦労しそうです。バックピンチについては、徐々に「これは使えるかな?」って感じになってきました。やっぱり練習してなかっただけみたいです。

また最近読んだ本の感想なども書いてみたいです。「マジックの心理トリック」については、既に旬が過ぎた感じもしますが、かなり楽しく読めたので、時間が取れたら書いてみたいですねぇ。金曜日から仕事がビジーになってしまうので、難しいかも。そうそう「パケット・トリック」の方もそろそろ読んでみたくなってきました。面白そうな手順から、適当にチョイスして読んでみます。最終的には掲載されている全てのマジックを一度は演じてみたいという、壮大過ぎる野望を、ほんの少しだけ抱いています。持っているのと知っているのは省きますけど。

とまぁまとまりも無く書いてみたのですが、そこそこの文量になりましたねぇ。なんか最近は書くことが随分と日課になっているので、そんなに苦ではなくなってきています。ネタにさえ困らなければ、という条件が常につきまといますが。その分睡眠時間と練習時間が削られてしまうのですが、そこはしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.18

妖怪とか

DSC00025昨日掃除していて出てきた物です。写真はFURUTAから出ていた「妖怪根付」シリーズです。写真左から狗神、閻魔大王(赤)、閻魔大王、閻魔大王(赤)、ぬらりひょん、豆腐小僧、小豆洗いです。閻魔大王はシークレットなので、持っている限り並べてみました。今見てもかなり良い出来です。ぬらりひょんはやっぱり格好良いなぁ。本当はもっともっといっぱいあります。がなんだか部屋のもっと深いところに埋もれているようです。少し探すかなぁ。欲しがっている人もいるみたいなので。

なんか今よく判らないけど妖怪ブームらしいじゃないですか。色々な所で妖怪の話を耳にします。「妖怪大戦争」なる映画もあるし、この前は池袋で水木しげる展みたいのをやっていたり。こういうのが好きな者にとっては堪らないですねぇ。昔っから怪しい物やいかがわしい物が大好きですから。マジックファンにはこういう人が多いかも?

かなり前にアホのようにこういう物を買い込んでいた時期がありました。毎日毎日会社へ行く前に、コンビニに寄って本当によく買っていました。欲しい物があるときは、昼休みも買いに行ったりして。かといって、大人買いはそんなにしませんでした(大人買いはたまに)。ちょっとずつ買って、コンプリートするのが楽しみでした。そんなことしていたら、いつのまにかコンビニの店員と仲良くなって、仕入れる物を決めたりなんかもしてました。他にはお店にあるペプシを全て、店員の公認で盲牌したりして。さすがに今はそんなに買っていません。たまぁ~に何かを集めたりしていますけど、かつての情熱は失われたようです。置き場にも困ってきているし。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.08.17

あふれかえる

今日はなんか少し遠いところで地震がありましたねぇ。そこで部屋の片づけをなぜか始めてしまいました。本当に何の脈絡もなくお掃除です。いやなんだか家の中が汚いのは前からなんですが、少しでもいらないと思える物を捨てようかなと。で掃除していたら出てくるわ出てくるわ。自分でもびっくりするぐらい変な物であふれかえっています。ほとんどがゲーセンで取った物と食玩のおまけと忘れていたマジックグッズなんですが…。こんなの持っていたんだって新発見ですよ、旦那。再発見が少し楽しかったりします。

それに関連しているかどうかは全くの不明ですが、最近はなんだかマジックに関連する機会が異常に多いので、後から後からなんだかアイディアがあふれてきます。専ら演出面のみなのが、少しだけ寂しいところでございますが。こういう風に書いてしまうと変に期待されても困ります。ほとんどがくだらない、取るに足らない、ほんの些細なものばかりなので、どのように生かしていくかは、これから考えなくていかなくてはなりませぬ。まぁこのように演出を考えている時間も楽しいので、なんとか使えるようにしたいです。最も私の趣味が全開ですので、他の方にとって面白いのかどうかは判断がつきかねます。だがしかし妙に自信があったりする不思議。

しかし、なんか演出面のみが先行していて、肝心のマジックの方は思いついていません…。マジックに結びつける必要もないような気もしてきています。実際マジックを創作する場合は、演出が先か、現象が先か、どちらなんでしょうか?現象が先の方が圧倒的に楽な気がします。演出が先だと実現不可能な場合がありそうです。どっちにせよ、なんとか実現させたいなぁ。仕事とかが忙しくなるとこんなんばっかですよ。時間があるときはほとんどなんにもしない自分がいます。そんな自分にあきれかえる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.16

禁破りと「なか。たつや」師

本当に久しぶりにトリックスに足を運びました。しばらく行っていなかったので、なんだか新製品が色々とありました。中にはかなり魅惑的な商品や、馬鹿馬鹿しい物(誉め言葉です)などが増えていましたねぇ。

と言うわけで既に以前立てた禁をあっさりと破ってしまいましたよ…。一週間持たなかったなぁ。でも後悔はしません。好きなだけ買うがいいさ。でも抑制はしますけど。ほんの少しだけですが、買ってしまいましたよ。「ルイ・ヴィトンな電卓!?」とスポンジボール中と「とりっくBOX1」のみです。たまたまゆうきとも師のDVDが売っていなかったから、この程度で済みました。だって売っていたら全部買ってしまいますよ。

その後池袋に移動し、サンシャインの展望台で行われる「バラエティマジシャン なか。たつやマジックショー」を観覧しに行きました(「。」が結構曲者ですねぇ)。会場に着くと、既に結構なお客さんの数です。なかなか盛況な様子です。夏休み中ということもあり、かなりの数の親子連れがいました。一番後ろで立ち見でした。始まってすぐに「なか。ワールド」に引き込まれました。面白れ~。やっぱりマジックはこうでありたいものです。小難しいテクニックを秘かに練習するのも楽しいですが、非常に簡単なマジックを面白く魅せるのが変な負担が無くていいです。演者にとっても観客にとっても、負担になるのはできるだけ排除する方向が自分の目指している位置ですかねぇ。難しいのにもこっそりと挑戦しつつですが。

ショーの終了後、ちっちゃなディーラーブースに「なか。さん」がやってくるというので、もうそれは大盛況でした。我々も少し待つことにします。その間、子供達の手の中でウサギが増えまくりでした。「なか。さん」がやってくるとそれはまた人がどこからかわらわらと集まります。少しだけ売りネタをやって、少しだけお喋りしたり、サイン貰ったり、写真撮ったり(サインと写真は私ではありませんが)。ここでもサービス精神満点で色々とお忙しそうでした。

たっぷりと楽しんだ後、食事を取りつつ軽い談笑をしつつ家路へと戻ります。ふ~急遽会社を休んでまで行った甲斐があったと言う物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

マジックマスターズオープン2005

16○さんに誘われて、マジックマスターズオープン2005を見に行ってきたよ。16○さんと小羊さんと私の3人で会場へ。両国さんは残念なことに日付を一日間違えて不参加になってしまいました。かなり見たがっていたのに…。

まず、最初はテクニカルアワード決勝から観戦。これはどう書いたら良いんでしょうか?なんとも感想が書きにくいです。コインロールやらマッスルパス、カードセット等の回数やら高さ、スピードを競うのですが、見ていてもなんかすぐに勝敗が全然判らないし、見所がよく判りませんでした…。周りは盛り上がっていたのですが。マジックに使わないテクニックを競うのもなんか肌に合わない感じでした。いや、使っているよって言う人がいたら、申し訳ないですけど。中でも16○さんはリコレクション(デックを5秒間リフルして、何枚目にどのカードがあるかを覚える)が気に入ったみたいでした。これはちょっと純粋にゲームとしては面白いかも。とてもマジックに使おうとは思いませんでしたが。

続いてクロースアップトーナメントの決勝1回戦が開始されました。このトーナメントは会場内で見ている人が、どっちが面白いかを投票する対戦形式です。なんだか全員1回戦はカードマジックでした。それに自分の席からはほとんど現象が見えないのがつらいところです。まぁ自分はなんとなく雰囲気が面白い方か、他にも見たい方に投票しました。なんだか見たことある人が出ていたのには驚きました。でこの1回戦は香港のマジシャン(名前失念、思い出したら修正します)が一番よかったです。

2回戦に進むとシード選手が出てきます。ここからは結構楽しめました。やっとカード以外のマジックを見ることができ一安心。全員が全員カードをやるのではないかと内心ひやひやしていましたよ。全体を通して、特に林さんの演技はまとまりがあって、安定感もあったのでお気に入りです。この人が一番面白かったです。準優勝なのが不思議なくらいでした。優勝した遠藤さんは、ストーリー性のあるマジックをやっていたのですが、個人的になんか消化不良の感が強かったです。時間も5分以内なので、それも難しいのでしょうか。最後の表彰式の段取りの悪さはかなり不満でした。

全体を通してみると、マジックと対戦形式は全然合わないということが判りました。だって負けちゃった人のとっておきの演技が見れないのですよ。それは非常に残念。5分以内というルールもよく判りません。5分以内ならば何でもよくて、5分過ぎるとペナルティを課すのは、個人的にどうかと。やる人はいないでしょうが、10秒ですんごいマジックをやっても良いわけですから(規定はあるのでしょうが、会場での説明はそう取れました)。

終了後、16○さんと小羊さんと矢吹さんと私の4人で、例の如く飲みに行きました。色々裏話を聞けたり、知らないイベントの情報などを入手したり。ただしここで一番盛り上がった話は「女王の教室」です。来週はお休みなので、非常に残念。前回の予告が気になって気になって、夜しか眠れません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.14

さテクニカル

土曜日は天気も悪かったので、家に引きこもって「テクニカルなコインマジック講座」を読んだり、付属のDVDを見たりしていました。かなり面白い本です。テクニックのクレジットが以外な人だったり、有名なマジックがバリエーションであったりと色々と発見もありました。DVDの方はあくまでもおまけですね。唐突にテクニック紹介していたりするので、本を読み返してやっと判ったり。でも動画があると無いとでは全然印象が違うので、付いていた方が良いですねぇ。

手順の方は、「サイレント・ディスティニー/静寂な運命」と「幽霊銭のミステリー」がお気に入りです。まだ全部の手順を読んだわけではありませんが、動画の方を見て好みのマジックのみを練習しています。「スペルバウンド/銀貨の彼方に」も練習してみようかと思いますが、解説が少し長めなので、もう少し後でもいいかなぁと。普通のスペルバウンドもまだまだ出来ていると言えるレベルではないし。

「サイレント・ディスティニー/静寂な運命」の方は名前が良いです。マジックにおいて格好良い名前は結構重要な気がしています。なんか練習をしてみようって気になるのは私だけ?実際はどんな名前でも、現象が素敵であれば良いと思うのですが、「Winged Silver」とか「Long Gone Silver」とか格好良い名前は好きです。またこの手順は自分ではかなり苦手なテクニックを使用しているので、練習用にちょっと頑張ってみようと思っています。苦手なのはバックピンチと天海ムーブです。前者はどうにもこうにも手の形がいびつになるのが、自分の中でかなり不満で、今までバックピンチを使う手順は避けていたのですが、これを機に修得してみたいと思います。天海ムーブはどう見ても、そうは見えないので(明確に書けないので判りにくいですが)、使ったことはありませんでした。丁度好きな手順と苦手なテクニックを同時に練習できるので、これはいい機会です。要猛練習。

「幽霊銭のミステリー」の方は、よく見るプロットだとは思いますが、なんとなく気に入りました。個人的に最後が結構難しいです。基本的にハーフダラーとイングリッシュペニーとチャイニーズコイン(本の中では古銭ですが)を使用するコインマジックは好きなので。3種類を使う分難易度は上がってしまうのは否めないですが、これはそんなに難しくないように思えます。ただボタンを押すと言うパターはそんなに好きではありませんが、その辺は適当にうまい具合に変更しようと思っています。普通にやってもいいかな。

やっぱりコインマジックはいいなぁと再認識。魅せるようになれるまでに時間がかかり、継続して練習しないと人前では演じられないのが、つらいところ。でも練習も楽しいから、ついやってしまいます。練習中に、これはとても無理だと思って諦めた手順も数多くあります。こういうのが取っつきにくい原因ではないかと。ほんのしばらく(2週間ぐらい)コインマジックから離れていたけど、再度熱発しました。あまり高熱にならなければいいのですが、なってしまいそうな勢いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.13

やっとこさ購入

タイトル通りにやっと「テクニカルなコインマジック講座」を売っている本屋で最後の1冊を発見し、無事に購入することができました。しばらく私の行く本屋では売っていなくてやきもきしていましたが、これで少し落ち着けました。見つからなかったら、通販にて購入する予定でした。読みたくて読みたくて堪りませんでしたよ。周りの人はみんな買っているし。

まだまだ読み始めたばっかりなのですが、なかなか面白いです。まぁ私はコインマジックが好きなので少し贔屓目で見ているのかもしれませんが。演技の前のテクニックの解説が非常に多くて、名称を覚えていられないので、途中その名前が出てくると、なんだっけこれ?といった感じで前のページに戻ったりして、読むのが少し困難です。楽しいから結構こういうのは苦になりません。まだ演技部分には入っていないのがなんですが。

誤植が若干多いような気がしますが、版を重ねるうちに修正されると勝手に期待。直前でクリップと書いていて、そのうちグリップに変わっていたりするのはかなり微妙な感じがしました。コインのスライトにおいてクリップとグリップは結構違うと思うのですが。私の中では、クリップは挟むイメージで、グリップは握るイメージです。読んでいればどっちか判るので、そんなには気にならないですが。

この本には、DVDも付属しているので、読んだだけでは魅力の伝わりにくいコインマジックのマイナス部分もカバーできているので、これはかなり良いです。今までも読んでつまらないと思った手順も、実演を見ると面白いと思ったコインマジックがいったいどれほどあるか…。いまだに埋もれている作品もかなり多いと思います。是非とも誰か色々見せてください。日本語で書かれたコインマジック専門の4冊目(と認識)の本ですから、とても嬉しい限り。洋書よりも格段に読み易いです。そうです。洋書はかなりの確率で積まれます…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.08.12

はずれ

あぁ見事にはずれてしまいましたよ。第47回テンヨーマジックフェスティバルが…。様々な人に声をかけていたので、期待していた人達に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。この場を借りてお詫びします。ごめんなさい。

9月4日はすっかりと予定が空いてしまいました。私の心の中にも塞がらないほどのスキマが空いてしまいました。誰か心のスキマを埋めてください。チケット余ってる人いませんか?

私は昔から「くじ運」が微妙な人でした。こいつは欲しいと思っているものは見事にスカします。今回も見事にスカしてしまいました。しかしどうでもいいようなものはなんか一等とか当たったりしてしまうのです。まぁ一等と言っても、まるで欲しくないプラモデルとか使い途に困ってしまうような物ですが。

そう言えば2002年のワールドカップのチケットは駄目もとで適当に日本の予選3試合を一番高い席で申し込んだら当たったことがありました。インターネットで申し込み最終日に、当たるはずが無いと思い、3試合で6万円強の席を申し込んだら、忘れた頃に見慣れない英語のメールが舞い込んできて、一生懸命読んでみると、いついつまでに送金してねと書いてありました。結果、一人で埼玉、横浜、大阪を巡ったのも今ではいい思い出です。

全然関係ないですが、そろそろここがオープンしそうですねぇ。一応毎日チェックしているので、画面が変わると期待してしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.11

買い過ぎのあまり

8月も10日程度しか経っていないと言うのに、今月はマジック道具・本を買い過ぎです。目に余るぐらいに買ってしまっています。あ、計算はしないですよ。恐いですから。だってね、私の心の中に居を構える悪魔が「買ってしまえばいいじゃん」とシャウトするのです。とても大きな声で。そんなこと言われたらねぇ、買わないわけにはいかないじゃないですか。ちなみに私の心の中には天使は住んでいません。

先日もマジックランドに行ったのですが、そこでもなんだか面白い物がいっぱい出てくるのです。ホームページに載っていない様々に興味深い物が次々と出てきます。そんなの見たら買うっつーの!本当は複数欲しかったりしたのですが、現金の都合により買い物もそこそこにしました。現金をたっくさん持っていたら、確実に購入していたでしょう。お目当ては「The New York Magic Symposium」だったので、それを買ったらほとんど現金が尽きてしまいましたので、今度買いに行こうっと(えっ?)。

道具って買っても一回ぐらい実演したらおしまいってのが、多いのです。なんとなくもういいかなぁ、などと不埒な事を考えてしまうのです。その中でも実演回数が多いのが、今のレパートリーとなって生き残っている物ですが。やっぱカードとコインのコストパフォーマンスってのは、抗いがたい魅力がありますね。カードはとりあえず一組持っていれば、様々なマジックが出来るし、コインは少々高いですが、一度買ってしまえば、無くさない限り一生使える物ですし。皆がこの辺をやる理由が少し垣間見えた気がします。そこでちまちまとコインをいじっています。なんかオリジナルのルーティンを組んでみようとか目論んでいます。

と言うわけで今月はもうマジック関係に金を使わない宣言です。でもテクニカルなコインマジック講座は未購入なので、これだけは見かけ次第直ちに購入しますが、それ以上の金は注ぎ込みません。と言うか注げません。限界点を既に突破しているので、本当に控えないとまずいのです。でもお食事とか飲み会とかは、誘われてしまったら、ほいほい行きます。これは交遊費ですので、大丈夫なのです(何が?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

マジックバトン

うちにもアイラさんからマジックバトンなるものが届いてしまいました。さてさて案外に困りましたよ。とりあえず渡す人をどうしようかと。みんなこれに困っているようです。まぁ無条件に無作為に適当に渡してしまうので、無視したり、流したり、あるいは書いてみたりしてください。では、質問に答えて行きましょう。

1:持っている手品DVD、ビデオの数

む、いきなり困る質問です。数えたことないから、数えてみましょう。……120本ぐらいありました。え!?こんなに持っていたっけ?まぁ最近は2ヶ月に一度くらい10本単位で購入しているのでこんなもんでしょうか。そろそろ控えないと本当にヤバイです。金銭的にも、置き場所的にも、人間的にも…。

2:今練習しているマジック

もうこれは、3ボールトリックです。こればっかです。少し安定してきたと個人的に思っている始末。誰か注意してあげてください。他には、適当にカードマジックとか、コインマジックとかを細々と。後はスポンジボールも練習しています。これから練習してみたいのは、カップ&ボールとか3シェルゲームとかですかね。書いてしまうのもなんですが。でも本当に練習しているのはジャグリングですから切腹です。

3:最後に舞台に立ったマジック

むぅ舞台ですか。無いです。まぁオフ会とかマジックスウィッチとかでは適当にやってます。微妙過ぎだなぁ。ステージマジックはやったことが無いと言うのがアンサーでいいですか。

4:よく見る、または特別な思い入れのあるマジシャン、または演技。

最近はAldo Colombini師のマジックが大好きです。これは堪りません。他にもたくさんたくさん居ますが、なんとなく書くのと調べるのがめんどくさいので、この辺で勘弁をば。楽しいマジックを見せてくれるマジシャンはみんな好きです。つまらないのは論外。

5:バトンを渡す3人。

はてさて、とりあえず名前を上げましょうかね。
JUNさん(許可済み)
Dr. MagicMusic940さん(以前Musical Batonが廻ってきたので、今度は私が)
アオキヒデトシさん(なんとなく面白いことを書きそうなので)
の3人に廻しておきます。もう来たけど、断ったよとか、本当に嫌だったら、連絡してください。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.08.08

さて帰還

無事に法事も済んで、本日無事に帰宅しました。なかなかハードな3泊4日の日程でした。なんとも睡眠時間が自由に取れないのがつらかったです。また久しぶりに一人きりではない生活をしたので、自由時間がほとんど無かったです。

とかなんとか言っても、録画予約してくるのを忘れた「女王の教室」は一人でゆっくり見たり、マジックファニーへと行ったりしてはいました。「女王の教室」はなんか先週くらいにやっていたダイジェスト版を延々と見ていてすっかりとハマってしまいました。どう終わらせるのかに興味津々。またマジックファニーでは少しだけ商品を購入したりしました。目的の3シェルゲームがなかなかの出来と思えたのでとりあえず購入してみました。説明書が無いので、自分でとりあえず考えてみようかと。また全然眼中になかったパケットのアソートメントデックを購入してしまいました。Wインデックスカードあり、アルティメット3カードモンテあり、ワイルドカードありでカードの出来が良かったのでついつい購入をしてしまいました。こちらも説明書無し。説明はなんかDVDで解説していて、それが8000円するのでそれはいらないかなぁと。他にも数点購入してきました。しばらく色々と遊べそうです。

そういえば家を離れている間にマジックバトンなる物が遂にうちにも届きました。まぁとりあえず書いてみようと思っています。あんまり書くことないのですが、なんとか書いてみようかと。また廻す人を考えるのが大変ですが、一日分の記事が書けるのでいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.06

マジックファニー

折角遠い福岡の地まで来たわけですから、こちらのショップにも出向きたくなるのが人情ってなもんです。というわけでマジックファニーに行ってみます(リンク先は音が鳴るので注意してください)。もう一つショップがありますが、電車では行きにくいのと、めぼしい商品が皆無だったので、そちらはパス。

マジックファニーのHPを見る限り、それほど欲しいのは無いのですが、少し気になる商品がたくさんあります。一番気になっているのはコインダイボックスです。クライマックスだけが気になります。これのサイコロ版は持っているので、現象が気に入れば購入してしまうでしょう。スリーシェルゲームも前から気になっていたので、物が良ければ購入するでしょう。どれだけ高級感を漂わせているかが、購入の決め手です。やはり演じるには、道具が良い方が演じる本人も楽しい物です。まぁ後はなんか置いてある商品がどんな物か見てから決めます。

ってまだ行ってない(これを書いているのは出発前)から、記事の内容が薄いです。この辺は実際に買った物を含めて後日、書いてみようかと思っています。さてここに行く時間が取れるかが今回の最大のポイントです。もう既に目的が変わっているのが、おかしいです。人間として誉められたもんじゃありません。そうです、目的は法事です。いかん、忘れるところだった…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.05

読書なんかしてみる

折角遠い福岡の地までの道程ですので、移動時間には読書をしてみようと思っています。読書といっても最近大量に購入したマジック関連の本ですが。どれもこれも途中まで読んでは、他のを読んでみたり、全く読まなかったりと全てにおいて中途半端なんです。とはいえ全部持って行くにはそれこそ荷物になってしまうので、何を持っていくかをそろそろ決めないといけません。どれにしよう?読む時間はおそらく移動時間に限られてしまうので、あまり後を引かないような感じの本がいいかと。

マジックの心理トリック―推理作家による謎解き学」は現在読んでいるなかで、非常に面白いので、持っていくのは決定です。しかしそろそろ読み終わりそうなので、これだけでは足りません。「パケット・トリック―手品から超不思議現象まで」は持っていくかは、非常に悩んでいます。だって読んだら練習したくなってしまうのが目に見えているからです。練習する姿は誰にも見られたくない部分ですから。読むだけだとちょっとつらいような気がしています。もし空港に行くまでの間に手に入れば「テクニカルなコインマジック講座」がいいんですけどねぇ。どっかに売っていないかなぁ。ていうか探します。まぁ現地調達でも構わないところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.04

旅立ち

8月5日から8月8日まで、法事で福岡に行ってます。第3回マジックスウィッチがある時に行かなければならないというのは、かなり後ろ髪引かれますが。と言うわけで、更新が滞ると思います。もしかしたら、携帯の方から少しだけ更新するかもしれませんが、おそらくネタになるような事も起こらないと思います。時間に余裕があったら、6日辺りに博多にあるマジックショップに出没するかも知れません。というかこれだけが楽しみだったりします。動けるかなぁ?まだ何にも準備などもしていません。夕方の飛行機なので、ゆっくり動こうかなと。休めるのは今のうちだけだし。お土産もコメントで受付中です。生もの以外。

本日はフォーサイトから購入した物が届きました。一つは今更ですが、ゆうきとも師の「温泉レクチャー」のDVD。これから見ます。もう一つはパケット物の「クローン・クローン・ピエール」です。どんなんかなぁと思って、とりあえず購入しました。ちょっとムッシュ・ピエール師の顔が恐いです…。今回はなんとこれだけです。まぁ特に欲しい物も無かったので。これなら「トランプの友・知の参」が発売する8月6日以降にまとめて買った方がよかったかなぁと思っています。それにしてもここはいつから開始なのでしょうか?気になっているだけに、なかなか開始しないのが待ち遠しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.02

ビバ!エアコン

と言っても霧ヶ峰ですけど。エアコンを無償交換していただきました。掃除がいらないタイプみたいです。かなり快適です。これで私も普通の生活が送れることでしょう。ここ2、3日は暑くて眠れない日々が続いていたのですが、ようやくぐっすりと眠れそうです。さらに言えば、少し身体を動かしてもそんなに汗かかないので、練習にも熱が入るってなもんです。

さて本日は会社帰りに本屋寄って(ばっかりだなぁ)「パケット・トリック―手品から超不思議現象まで」と「クロースアップ・マジック」の2冊を購入してきました。本当は「テクニカルなコインマジック講座」が目当てで買いに行ったのですが、そちらは無くて残念。まぁ一気に3冊も買っても読むことはなかなか難しいのですが。しかも今は読みかけの本が2冊ほどあります。いつ読むかは適当に時間を作るしかないのですが。通勤時間が20分ほどなので、本を読む暇が作れないのです。実質電車に乗っているのは5分ほどしかありませんし。

「パケット・トリック」の方は言わずと知れたマックス名人著の「Focus」です。パケットトリックばっかりがこれでもかってくらいに載っています。中にはギミックが必要なのも多いのですが、まぁその辺は必要になれば作ってしまえばいいわけで。どうしても無理な物は演じなければいいわけで。ということでかなり期待して買いました。

「クロースアップ・マジック」は松田道弘著の復刊された本です。本屋に並んでいるとは思っていなかったので、勢いで購入してしまいました。最近はなぜか「クラシック・マジック事典」ばかりを読み返しているので、欲しくなったのも事実。まぁ解説してあるネタがかぶっているなぁと思いつつ。少しまたクラシックを見直してみようかと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.01

楽しくなってまいりました

いやぁ今月は嬉しくなるほど、忙しくなります。なる予定です。8月も19日以降は休日がありません。うわぁ嬉しいなぁ。そんなに忙しくていいの?なんだか悪いなぁ。今月は稼いじゃうよ!MONEY!!

とまぁ自虐的にテンションを上げるのはこれぐらいにしておかないと自分のことが嫌いになってしまいます。さて最近は専らボールばかり触っています。素敵なボールをたくさん入手できたのも大きいかも。ピンクが鮮やかでかなり素敵です。3ボールトリックについては、手順を3つばかり覚えているので、少しぐらいは自分で手順を考えてもいいかなぁと思っています。所詮組み合わせでしかないのですが、少しでも新鮮に見えるような手順を考えようかと。

他にはAldo Colombini師のDVDのマジックを中心に練習していたりします。これはかなり当たり!です。普通DVDを買った場合、1つか2つ覚えたい手順があればいい方なのですが、それどころじゃありません。半分ぐらいはやってみたい手順ばかりなのです。3枚セットだったので、1枚にやってみたい手順が5つとして、15コもあるというとんでもないくらい当たりなのです。特殊なギミックが必要な物もあるのですが、それを作ってまでやりたいと感じる物も少なくありません。久しぶりにいい買い物をしました。これはそのうちレビューします。

それにしても先月買ったDVDはかなりの傑作揃いでした。色々といい刺激にもなるし、しばらくは物欲が抑えられそうです。後3日ぐらいはきっと大丈夫でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »