« 送別会 | トップページ | 初レクチャー(後編) »

2005.07.25

初レクチャー(前編)

7月24日(日)に江東区文化センターにて、第12回メリーゴーラウンド・マジックショー&レクチャーが開催され、私もレクチャーと言う物に初めて参加しました。なんか私の知り合いに初めてだと言うと、えっ?という反応が返ってくるのは何故?そんなにマジックはやってないですよ。好きなだけです。

まぁレクチャーデビューですので、当日はやや緊張しました。少しビビりながら会場入り。会場に着くと既に長蛇の列が形成されています。これに並んで良いのか不安になりつつそのまま並びます。並んでいる最中に周りの人たちがバイシクルを出して一安心。並んで待っていると前の方に二人ほど知っている顔がいます。さらに安心しきって暑い中時間が過ぎるのを待ちます。受付が済んで、どうしたら良いか勝手が判らず、3つある部屋を覗いたり、行ったり着たり、うろうろしています。とりあえずめるしー渡辺師のいる部屋へ入りました。しばらくすると、知っている人が徐々に増えてきます。少し楽しくなってきました。

開演時間を10分ほど過ぎた頃、めるしー渡辺師の動物を使った様々なマジックが開始されます。あひるのウェブスター君に始まり、ロッキー君、ハム吉君ともうそれは盛りだくさん。本当に命が吹き込まれたかの如く、めるしー師の手の中を、腕を、そして背中を動き回ります。やはりペット調教師の名前は伊達じゃありません。面白いし、可愛いし。

続いて、カズ片山師のマジックショーが始まります。この方の演技も今回のショーの楽しみでした。Coin to the glassに始まり、カードマジック、シルクマジックと続きます。カズ師は喋りがメインのようで、それは面白いものでした。コインもなんか不思議な方法でコップに入れていたので、そこには反応してしまいました。凄い。

3人目は田村浩太郎師です。現役大学生とかで。予言のマジックに始まり、カードの復活、カードインレモン等を行っていました。ちょっぴり私の好みに合わないようです。なんだろうこの感じ?マジック自体は面白いのですが。感覚的にどうも。

ここで一旦休憩に入ります。とりあえずですねぇ、会場がですねぇ、暑いんですよ。異常に!この日はそれほど暑くないはずですが、徐々に観客の熱気も加わってしまったのでしょうか、妙に蒸し暑い…。これにはかなりまいりました。廊下に出ると少し涼しいので、そこで涼を取ることに。

いよいよショーも後半です。4人目はHiroshi師です。芸人のヒロシではございません。オープニングは何やら自己紹介的に白いカードから名前が出てきます。そういえばこの方はビジターもやっていました。やっぱりインパクトがある手順ですねぇ。

さて遂にショーン・ファーカー師の登場です。色々なサイトで前評判は上々ですので、かなり期待大。で結果期待を裏切らないくらい面白いのです。ポーカーチップを用いた妙に不思議なマトリックスや、オムニデックを用いたカードマジック、そしてなんと言っても最後のカップ&ボールはすんごいのです。あのカップであれをやったりこれをやったりしていたの?って感じです。とにかくなんというかハイテンションで楽しいのです。手順的にも無理が無いし、すっきりとしているのです。素敵です。時折混じる日本語は、少しずるい感じですが。

さて熱気のこもる室内で、2時間近い全てのショーが終わりまして、その後にレクチャーが始まります。この時までにマジックを見まくっているし、暑かったせいかあんまり記憶がありません。既に結構へとへとになっています。身体は結構汗でべとべとになっているし。さてこの後16時から遂にレクチャーの開始です。前編は微妙にタイトルとは違うのはご勘弁を。書いていてこんなに長くなるとは思っていなかったもので。(後編へ続く)

|

« 送別会 | トップページ | 初レクチャー(後編) »

コメント

HIGEさん、お疲れさまでした。初レクチャーだったんですか!長野から来ていた友人と一緒だったり、暑かったので、あまりお話できずに残念でした。

投稿: いくとも | 2005.07.25 16:29

いくともさんどうも。
なんか私が初レクチャーだと驚く人が多いのはなんででしょう?
暑かったので体力がめきめき奪われてしまいました…。本当はもっとお話したかったのですが。

投稿: HIGE | 2005.07.25 22:28

いくともさんこんにちは。かなりハードなレクチャーでしたね。次はどこでお会いできるか、楽しみにしてます。

投稿: 両国 | 2005.07.26 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初レクチャー(前編):

« 送別会 | トップページ | 初レクチャー(後編) »