« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

第3回マジックスウィッチとか

来る2005年8月7日(日)にいつもの場所にて、第3回マジックスウィッチが開催されます。気になっている人は一度行ってみることをお奨めします。特にマジックが趣味の人は周りを気にせずに、マジックの話ができるだけでも楽しいと思います。別に実演しなくても見るだけでも楽しめます。演じたい人は本当にいっぱい来てるので。

今回私は不参加となります。遠く福岡の空の下から、成功を祈っています。また行けないことを恨めしく思っています。売りたい物も地味に作っていかないとなぁ。秘かに皆勤賞を狙っていたのに、3回目で断念しなくてはいけないとは。まぁ宿題の期間がもう一ヶ月延びたと思えばいいのですが、準備期間が2ヶ月もあると、あれもやりたい、これもやってみたい等と欲が出てきて、それはもう収拾がつかないことになっています。

宣伝はここまでにして。今週の土日は先週アクティブに動き過ぎた反動か、ほぼ2日間引きこもって、未見のDVDを見たり、3ボールルーティンやダイススタッキング等を練習したりしていました。やったことと言えば、コーヒーを買ったことと、携帯を機種変したりぐらいです。コーヒーは結構好きな豆が最近固定してきているので、少し買う店を変えてみようかなぁとか思っていたり。携帯はこれに変更しました。機種変分が売っていなくて、3軒ほど店をはしごする羽目になってしまいましたが、かなり満足。あんまり使うことはないのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.30

パーフェクトダイス

perfectdice金曜日の仕事帰りにたまたま新宿の東急ハンズに寄ったら、ナランハパーフェクトダイスが売っていました。パーフェクトダイスの詳しい説明はリンク先の説明を読んでください。写真の青いダイスです。この色がいいなぁとか思っていたのですが、ネットでは売り切れていて、こうなったら直接お店に行くしかと思っていました。が売っていたので、即買い占めです。この青さがなんとも美しいのです。実際はダイススタッキングのセットに付属しているダイスと変わらないのですが、この色が無いのでしようがないです。そして久しぶりにダイススタッキングの練習を再開してみました。といっても何となくこの青いダイスを使用することは無いのですが…。ん~なんか下手くそになってる?

まぁ仕事帰りにたまたまハンズに行くわけもないのです。この日はたまたま仲の良いマジックの仲間と飲む約束をしていたので、ハンズに寄ったのは予定外というわけです。ハンズでは他にはダイススタッキングのセットをもう一つ買ったのです。なぜかって?それは両手でやりたいとか秘かに思っていたりするのです。できるかどうかは今後の練習次第です。これ以上は第4回マジックスウィッチにて披露する予定ですので書くことはできません。なお期待は絶対にしないでください。期待されたら裏切ります。期待しない場合も裏切りたいものです。他にも秘密道具を数点購入しました。予定外の出費でしたが、いずれ買う物なので、今のうちに買ってしまえと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.07.29

Emergency!!

緊急事態です。エマージェンシーです。エアコンが…壊れた?かな。ぬるい風が出てくるばかりで、そのうちに止まってしまいます。最悪だ。フェーン現象で異常に気温が上がっているこの時期に!うっわー!!何もやる気がしないです。練習なんて以ての外!少し動いただけで汗がだらだらと出てきます。まぁカードもすごい湿気にやられてしまいますし、ジャグリング系はかなりつらいです。エアコンって偉大だよなぁとしみじみと動かなくなってから感じました。

さらに楽天の個人情報漏れもかなり怖いです。漏れた情報だけでも普通にネットで買い物ができてしまいます。恐ろしい。つい最近楽天を利用した身としてはかなり震えます。またクレジットカードに恐怖を与えられたわけですが、便利なので、実被害を受けるまで使い続けてしまうのでしょう。

さてさて本日はテンヨーから第47回テンヨーフェスティバルのお知らせが届きました。2005年9月4日開催です。これは是非とも申し込んでおかねば!また新製品情報も記載されていました。こちらでは気になる商品もちらほらと。名前しか載っていないのですが、「オピウムコイン」という物が非常にきになりますなぁ。どんな物になるのか今から思いを馳せております。面白ければ買ってみようかなぁと。

アンビリバボーを見ていたら、今自分の中でマイブームのコールドリーダー石井裕之氏が出ていました。番組では透視をする少女のトリックを見破るようなことをやっていました。結局本物に認定されたようなんですが。病気を透視できるみたいですが、よく判りませんでした。まぁ今読んでいる本の著者が動いているのを見られるとは思っていなかったんでびっくりした所存でございます。こんなことは今までなかったので、少し不思議な感覚でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.07.28

セレクティブメモリ

「一瞬で信じこませる話術コールドリーディング」を結構面白く読んでいます。まだ半分ぐらいしか読んでいませんが、なかなか興味深いことが書いてあります。それがタイトルのセレクティブメモリと言う概念です。

人は、事実を記憶していると言うよりも、印象を記憶している(「一瞬で信じこませる話術コールドリーディング」より引用)ということです。これにはすごく思い当たるところが多分にあるので、すぐに納得できます。なるほど~、と電車で一人本を読みながら、声に出しそうになってしまいました。危ない危ない。

要は印象深い物ほど、覚えているということです。そりゃそうです。些細なことまで覚えていたら、私ならすぐに頭がパンクしてしまいます。そして不思議なことに、その場面を思い出すと、自分が見えるのです。あり得ない話ですが、客観的に自分を見ています。逆に言うと、人は正確に記憶できないということになります。何らかの加工が行われ、記憶として格納されるという、何とも信じがたいことが行われているのです。

面白いじゃありませんか。この話を知ってから、なぜか無理矢理自分の記憶に自分の目線でしか記憶しないようにしている天邪鬼な自分がいます。まぁ所詮そんなことは無理な話なんですが。またマジックの手順が覚えられないのも、印象が薄いせいなんですね。ってそれとは違うだろう…。覚えようとして覚えることはなかなか難しいことです。楽しく覚えれば、覚えも早いってことですね、きっと。

と言うわけで、すぐに忘れてしまう自分用メモ。どれもこれも欲しい。
ドラえもん記念硬貨
愛知博で限定ドコモダケをGET
ドコモダケの絵本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

7連覇

本日の記事はマジックにほとんど関係ありません。興味ない人は読み飛ばしてもらって構いません。久しぶりに好きなことを書きます。タイトルを見てピンときた方だけでも読んでくれたら嬉しいです。少し書きたいネタも堪ってきてはいるのですが。

今年のツール・ド・フランス(以下、ツール)にて遂にランス・アームストロング(アメリカ)がやってしまいました。7連覇の偉業達成です。いや~凄いですねぇ。去年が前人未踏の6連覇だったのですが、今年もやってしまうとは。恐るべし。と言いつつランスに勝てる選手が見あたらないのも事実。まぁ今年のツールではステージ1勝だったわけですが。来年(もし引退を撤回したらですが)は8連覇を目指して欲しいような、負ける姿を見たくないような、複雑な気持ちです。あの恐ろしく強いと感じたミゲール・インデュライン(スペイン)でさえ6度目は適わず、負けたときは少しショックを受けたものです。強者は強者のまま去るのが美しいかもしれませんが、それでもやはりツールでの勇姿が見たいのです。

私はそんなにランスには思い入れはないのですが、やはり7連覇は偉大過ぎて、尊敬してしまいます。3連覇した頃からは、そろそろ負けて欲しいなぁなどと思っていたのですが、5連覇をしたときからもうこれは記録を作って欲しいと思うようになったのです。私の大好きな選手、マルコ・パンターニ(イタリア)が亡くなってからは、特に好きな選手もいなかったので、ランスの強い部分しか見えませんでした。ここまで強いと自然と応援してしまいます。ランス復活のきっかけなどを読むと泣けてきます。

自転車競技は特にこのようなレースだと、個人戦でありながら、チーム戦でもあるのがとても面白いです。各チーム10人(だったかな?)の選手の中にエースと呼ばれる選手を決めておいて、他の9人はこのエースを勝たせるためにアシストするのです。アシストの仕事はエースを勝たせることです。アシストが強くなければ、エースも勝てません。また他のチームでありながら、駆け引きによっては協力してレースを進めたりします。またエースの不調・リタイア等でアシストがエースになったりします。なんかこの辺はマジックに生かせそうな予感。強引すぎますが。4枚くらいのジョーカーをアシストに見立てて、そしてエースでなんかできそうです。なんてったってカードがバイシクルだし、ジョーカーは自転車乗っているし。ん~なんか手順考えてみようかしら。

今年は地上波での放送が無くて、専らネットのレポートだけを楽しみにしていたのです。以前は毎日深夜に1ステージずつやっていたのになぁ。去年は2回しかなかったし。もう絶対にやらないんだろうか?スカパーニャ?

いつかはツールをこの眼で見てみたいものです。プロローグから、シャンゼリゼまでを同行するのが夢です。無理だとは常々思っていますが、夢はでっかくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.26

初レクチャー(後編)

前編はレクチャーと言うタイトルを付けながら、延々とショーの部分しか書けなかった訳ですが。

20分ほどの休憩を挟み、レクチャーの開始です。まずはメリーゴーラウンドのメンバーの方々のレクチャーから始まります。いきなり二川先生の「札束モンテ」から開始で個人的にテンションが上がります。現象とかは省きます。書くとまた長くなりそうです。解説は懇切丁寧でした。このマジックは二川先生だからこそ出来るような感じがします。現象が起こるまで少し長いので、実際に演じるかどうかは微妙です。

続いて石山貴浩師のロープマジックの手順の解説。私はロープマジックはほとんどと言っていいほどやらないので、むしろ知りたくなかったのが本音です。やはりレクチャーだとこういう事も多いのだろうなぁなどと思ってみたり。まぁ今後ロープは手を付けてみたい分野でもあるので、自分に期待。

その次に栗田研師のシルクのカラーチェンジの解説。こちらは手順と言うよりも道具の紹介がメインのような感じでした。細かい注意点等も付け加えながら。

最後は石崎彰師のレクチャーというよりか、自分で作っている道具の紹介です。なかなか面白い道具があったのですが、自分で演じることができるかということを考えると、使わないかなぁ。使う場面がまるで想像できないのです。

そして、少し休憩した後、遂に待ちに待ったショーン・ファーカー師のレクチャーの開始です。結果を先に言ってしまうと、レクチャー自体はとても面白かったです。しかしながら、なんかギミックを用いるマジックが多くて少し残念な気もします。まぁ会場で売っているギミックを2つほど購入したんですが。

ていうかレクチャーしてもらわなかったマジックが凄い気になっています。新品のデックから1枚を引いてもらい、そこでSTINGの「Shape of my heart」(映画レオンのテーマ曲ですね)に合わせて、アンビシャスカードらしきことをしていたのですが、それが凄く格好良い!まぁこれはレクチャーされなくてもなんとなくできそうですが。私のキャラに合わなそうなので、きっとやりません。で最後にそのサインしたカードを新品のデックの中に戻すと言うマジック(正式名称は知りません)をやっていました。生でこれが見られるとは思っていませんでした。オーダーも揃っているのが凄い不思議。

レクチャーの内容ですが、これまた懇切丁寧に解説をしてくれます。英語は部分的に切って、訳が入るので、そこそこ聞き取れました。師のレクチャーは根底に「Easy」と言うのがあって、何度も繰り返していました。たまに「チョーカンタンデース!」等と言ったり。確かにクレバーでナチュラルな解決方法を示してくれ、何度も頷きます。どれもこれも簡単にできる方法ばかりです。他にはオムニデックを使用した手順や、面白い写真の復活等々。

長時間に及ぶレクチャー(3時間半ぐらい)の間立ちっぱなし、また暑い会場のせいで3度ほどふらついて倒れそうになったりもしました。なんだかお金もたっぷりと使ってしまったし。面白いのですが、体力が少しついていきませんでした。また参加するときは事前に予約しておこうと思った次第です。真夏の時期も外したいかなぁ。

レクチャー終了後、Iさん、16○さん松田さん、両国さんと私の5人で近くの居酒屋へ。なんだかみんな疲労感が取れなくて、結構お話中心でした。両国さんのリクエストもあり、GET THE BALL ROLLING(Aldo Colombini師の3ボールルーティン)をやってしまいました。手が疲れていたのか、緊張していたのか判りませんが、手がプルプルしてしまったのはご愛敬。Iさんがベベル師のリセットを見せれば、松田さんが原案通りのリセットやったり。この場で、何やら8月14日のあの大会に行こうかと言う話が出ました。1度ぐらいは見ておいてもいいかなぁと。まぁ予定が合えばの話なんですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.25

初レクチャー(前編)

7月24日(日)に江東区文化センターにて、第12回メリーゴーラウンド・マジックショー&レクチャーが開催され、私もレクチャーと言う物に初めて参加しました。なんか私の知り合いに初めてだと言うと、えっ?という反応が返ってくるのは何故?そんなにマジックはやってないですよ。好きなだけです。

まぁレクチャーデビューですので、当日はやや緊張しました。少しビビりながら会場入り。会場に着くと既に長蛇の列が形成されています。これに並んで良いのか不安になりつつそのまま並びます。並んでいる最中に周りの人たちがバイシクルを出して一安心。並んで待っていると前の方に二人ほど知っている顔がいます。さらに安心しきって暑い中時間が過ぎるのを待ちます。受付が済んで、どうしたら良いか勝手が判らず、3つある部屋を覗いたり、行ったり着たり、うろうろしています。とりあえずめるしー渡辺師のいる部屋へ入りました。しばらくすると、知っている人が徐々に増えてきます。少し楽しくなってきました。

開演時間を10分ほど過ぎた頃、めるしー渡辺師の動物を使った様々なマジックが開始されます。あひるのウェブスター君に始まり、ロッキー君、ハム吉君ともうそれは盛りだくさん。本当に命が吹き込まれたかの如く、めるしー師の手の中を、腕を、そして背中を動き回ります。やはりペット調教師の名前は伊達じゃありません。面白いし、可愛いし。

続いて、カズ片山師のマジックショーが始まります。この方の演技も今回のショーの楽しみでした。Coin to the glassに始まり、カードマジック、シルクマジックと続きます。カズ師は喋りがメインのようで、それは面白いものでした。コインもなんか不思議な方法でコップに入れていたので、そこには反応してしまいました。凄い。

3人目は田村浩太郎師です。現役大学生とかで。予言のマジックに始まり、カードの復活、カードインレモン等を行っていました。ちょっぴり私の好みに合わないようです。なんだろうこの感じ?マジック自体は面白いのですが。感覚的にどうも。

ここで一旦休憩に入ります。とりあえずですねぇ、会場がですねぇ、暑いんですよ。異常に!この日はそれほど暑くないはずですが、徐々に観客の熱気も加わってしまったのでしょうか、妙に蒸し暑い…。これにはかなりまいりました。廊下に出ると少し涼しいので、そこで涼を取ることに。

いよいよショーも後半です。4人目はHiroshi師です。芸人のヒロシではございません。オープニングは何やら自己紹介的に白いカードから名前が出てきます。そういえばこの方はビジターもやっていました。やっぱりインパクトがある手順ですねぇ。

さて遂にショーン・ファーカー師の登場です。色々なサイトで前評判は上々ですので、かなり期待大。で結果期待を裏切らないくらい面白いのです。ポーカーチップを用いた妙に不思議なマトリックスや、オムニデックを用いたカードマジック、そしてなんと言っても最後のカップ&ボールはすんごいのです。あのカップであれをやったりこれをやったりしていたの?って感じです。とにかくなんというかハイテンションで楽しいのです。手順的にも無理が無いし、すっきりとしているのです。素敵です。時折混じる日本語は、少しずるい感じですが。

さて熱気のこもる室内で、2時間近い全てのショーが終わりまして、その後にレクチャーが始まります。この時までにマジックを見まくっているし、暑かったせいかあんまり記憶がありません。既に結構へとへとになっています。身体は結構汗でべとべとになっているし。さてこの後16時から遂にレクチャーの開始です。前編は微妙にタイトルとは違うのはご勘弁を。書いていてこんなに長くなるとは思っていなかったもので。(後編へ続く)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.24

送別会

7月23日の土曜日に、拙ブログの常連でもあるJUNさんの送別会が、ブログの常連さん達を誘って、ひっそりと執り行われました。東京を離れ、実家の方に行くとのこと。マジックスウィッチには参加できそうなので、送別会とは少し違うのですが、けじめ。場所はたけぞうさんのお店である「美登利寿司」です。ここは以前他のオフでも使用させていただいた会場です。非常に美味い寿司が食べられるので、たまらないです。食べた人は全員言葉にならないぐらいの美味さです。お奨めです。

参加者は、A-GOさん、かおりんさん、JUNさん、たけぞうさん、千代田さん、Yさん、両国さんと私の8人です。千代田さんは横浜のレクチャーでたけぞうさんと一緒だったらしく、飛び入りで参加です。びっくりしました。Yさんはマジックを全くやらないそうですが、かなり見るのは好きみたいでいい観客になってくれていました。もちろん魅せるのはYさんが中心になります。

ていうかそれよりも何よりも地震です!こんな予想外の展開は、こんな日だけには勘弁です。私は歩いていたので全く気付きませんでしたが、ちょうど移動時間とかぶってしまって、電車はもう凄いことになっています。で集合時間の18時にはとても間に合いませんでした。なんでこんな日に重なるかなぁと。移動だけで疲れましたよ、本当に。私とかおりんさんがお店に着いた時には、JUNさん、Yさん、千代田さんしか居ませんでした。途中A-GOさんから電車が動かないとの連絡があり、やはり遅れるとのこと。両国さんと連絡が取れず少し心配でしたが、単車で向かっていたようで、約2時間遅れで登場。

始まりは非常にまったりとしていて、寿司を頬張ることに皆夢中。しばらくするとA-GOさんにバーサク発動です。リングだけであんなに時間が取れるのは本当に脱帽です。またキラーアイテムである、ピカチュウを取り出してきます。ピカチュウを取り出すと隣のテーブルに居た小さな女の子がこちらをちらちら見ているので、召還。A-GOさんが見事にピカチュウを小さな女の子の手の中で大きくしました。さすがにこういうの持たせると敵なしです。この女の子はさらにリングにも参加していました。さてこの子がどうなるか将来少し楽しみです。

両国さんはいつも以上にマニアックなコインマジックを魅せてくれます。COINventionに収録されている手順を行っていました。GTのハンギングコインです。凄い…。他にもソリッドクライマックスの手順を2つほど披露していました。相変わらずこれは面白いです。少しこういった物も覚えようかと思ってしまいます。あ、当然ながら、両国さんにはあの伝説の鼻眼鏡もリクエストしました。

私はと言うと、自分で組んだスポンジボールのルーティンを披露しました。この手順はなんかコインマジック的な要素をスポンジボールに生かした物です。面白いのかどうか自分では不明だったのですが、意外なくらい受けていたのに自分でもびっくりです。やっぱりスポンジボールはいいなぁ。やっていても楽しいし。まぁ少しもたついたり、手順をかなり省いてしまったりと反省する部分も多分にありましたが。他にもお気に入りのAldo Colombini師の3ボールルーティンを披露しました。あり得ない部分でミスったのはなんとも如何ともしがたいです。練習中に着ている服と違ったのもありますが、所詮言い訳。もたついている部分を指摘して貰ったりして、それなりに収穫はありました。クラシックな手順も含めてまだまだ練習が必要です。結局1週間しか練習していなかった割には、そこそこできていたようです。

そうそうJUNさんにとっても素敵な贈り物をしました。これです。なんと75種類もマジックが出来てしまいます。こいつぁ凄い!と言うわけでJUNさんにそのうち「1~75までを順番に披露してもらうオフ」を是非とも開催しましょう。決定事項。他にも両国さんから興味深いマジック道具を貰っていたり。

結局、23時過ぎまで送別会は続きました。その後何やら不穏な空気が流れ始めます。なんと2次会を敢行しようというのです。実際はそこでお開きになりましたが、危ないところです。とても濃い~時間をまたまた過ごしました。先週もこんなことをやっていたのに…。参加者の皆様、お疲れ様でした。お陰で私はとても楽しい時間を時間を忘れるぐらいに過ごせました。急な話にも関わらず、場所を快く提供してくれたたけぞうさんには特に感謝しています。

最後にJUNさんへ(私信)。
少しばかり距離が遠くなってしまいましたが、ネットでもリアルでも仲良くしてくださいね。次回のマジックスウィッチでは、遂に宿題宣言をするそうですが、その勇姿を見ることができなくて残念ですが。その次のマジックスウィッチにて、私と同時に披露することになりそうですねぇ。お互いに頑張りましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.07.22

トランプの秘密

巷では7月下旬に発売されると噂されているマックス・メイビン著「パケットトリック」がそろそろ並んでいたら嬉しいなぁ、などと考えて、本当に久しぶりに本屋に寄ってみました。まぁ当然まだ売っているはずもなく、適当にマジック関係の書籍コーナーを見ていて、去り際に目に飛び込んできたのが、表題の「トランプの秘密―The little book
という本です。

なんとも魅惑的なタイトルではありませんか。占いのコーナーにあったのですが、関係ありません。即座に手に取って少しばかり読んでみました。なんとなく面白そう。と思って購入決定です。なんか生まれた日のカードとかがあったりして、これはマジックに使えるのではないかと目論んでみたのです。でその本を持ってウロウロして、もう一冊なかなか面白そうな本がありましたので、そちらも購入。変な組み合わせの2冊です。本のタイトルは後で。

で家に帰ってきて少しだけ「トランプの秘密」を読んでみました。正に占いの本でした。ジ・占い。カード一枚一枚を誕生日に当てはめて、それを占うのです。まぁこういうのは特に信じたりはしないのですが、なかなか興味深いことが書いてありますので、なんとかかんとかマジックに生かせそうです。大変そうなんですが。

もう一冊の本は、占いと真っ向から対抗するような本です。タイトルは「一瞬で信じこませる話術コールドリーディング」です。こんな組み合わせで買う人はおそらくいないんだろうなぁとか思ってみたり。こっちはなんとなく興味だけで買ったのですが、こちらもまだ前書きしか読んでいないのですが、なかなか面白そうな本です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.21

立つか、座るか

様々なマジックの練習をしていて、ふと気がつきました。自分はなぜか立って練習をすることが多いのです。家には適当な机も無いので、仕方なく家の中のかなりの面積を占めている全自動雀卓に天板を敷いて、必然的に立って練習をしている次第です。座って練習する場合には、胡座だし…。でも実際にマジックをやる場合って、かなりの割合で座ってやるんですよねぇ。で、このギャップを埋めるのにいつも苦労しているわけですよ。

座ってやるのに適したマジックもあるし、立ってやった方が際立つマジックもあるので、一概にどちらがいいかは決めきれませんが。じゃあ座ってやった方がいいのは座ってやればいいし、立ってやるマジックは立ってやればいいですね。結論出ました。更に言うと自分は全部立ってやればいいのかもしれない。新発見。

適当な高さの机が欲しいかなぁ。座卓みたいなのを置くスペースがあればいいんですが、家の中はそれはもう訳のわからない物ばかりでスペースがありません。訳のわからない物とは、マジックの道具に限らず、それはもうたくさんあるのです。主にゲーセンの景品なんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.20

目的地は何処?

最近は継続的に同じマジックを練習中です(3種類ほど)。少しずつ身体が動きを覚えてきて良い感じに動けているような錯覚に陥ります。この程度のことで、満足するつもりもありませんが。とりあえずDVDを観て、気に入った手順を中心に練習しています。少しでも画面の中の人に近づきたい一心で繰り返し練習あるのみです。極力コピーにはならないように。まぁ目的を持って練習するのは上達が早い。とどこかに書いてあったのを思い出しながら。

この継続するということが大事なんですが、なかなかつらいところもあります。元来新しい物が大好きなので、飽きが早いというかなんというか。少しできてくると、他のも覚えたいなぁなどと不遜なことも考えてしまうのです。しかしここはぐっと我慢して、同じ手順を最低1日1回やるようにしています。そう寝る時間を削ってでも。

しかし、昨日から一番練習しているのがジャグリングなんですよね、これが。なんか楽しい。明らかに上達するのが判るのが楽しいのです。昨日よりも今日。今日よりも明日。そんな風に上達できるのも今のうちだけでしょうが。近頃なぜかジャグリングも楽しく思えてきますが、元々インドア人間なんで、屋外でしか練習できない物には手を出さない。…つもりです。今後どうなるか本人もさっぱり判りません。

マジックがしたいのか、ジャグリングがしたいのか少し判らなくなってきました。ただ今は自分が好きと思えることをやるだけです。楽しければやるし、つまらなければやらない、そういったデジタル人間でもあります。さて自分の目的地を探しながら、また練習を続けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.19

ボール

balls最近はなんか自分の中でボールを使うマジックがとっても熱いです。なんだろうこの気持ち?スポンジボール然り、3ボールトリック然り、カップ&ボール然り、3ボールカスケード(ジャグリング)然り。まぁジャグリングは置いておくとしても、なんか妙に練習をしています。

スポンジボールは何となく自分のルーティンを組むのがとても楽しい。もう少しで完成しそうなんですが、まだ少し迷いがあります。完成しそうで完成しないのが、なぜか楽しいです。どういう風にしよう?とかこんなのも面白いかも?とか色々考えながらやっています。この考えている時間がいいですねぇ。堪りません。少しおかしいかもしれませんが。

3ボールトリックは以前教えていただいた手順も継続して練習しています。しかし最近買ったDVDに収録されていた3ボールトリックのルーティンが非常に素晴らしく、久しぶりにマジックを観て、感動してしまったので、そのルーティンを必死に練習中です。これは台詞が全く無いので、非常に演じるのが難しいのですが、少しでもAldo Colombini師に近づけるように練習中です。本当にこのルーティンは格好良いので、是非とも習得したく思っています。

カップ&ボールは久しぶりにツーカップコンボルーティンを練習中です。この手順はG'sFactoryの手順まんまです。変えてしまうのが少し勿体ないので、このままを演じています。このマジックはオフで結構実演しているので、久しぶりにやっても身体が覚えていました。やっぱりいいなぁと再度実感している次第です。Eccentrics1に入っていたカップ&ボールの手順がなかなか面白かったので、時間があれば練習したいのですが、如何せん練習する時間があまりなくて残念。

で、もう一つの3ボールカスケードですが、なんとなく練習を始めてしまいました。まだまだ一つで練習しているのですが、やっぱり難しいです。昨日購入したビーンバッグはとても使いやすいので、結構楽しいです。こちらはそう簡単に習得できなさそうなので、しばらくこっそりと練習だけでも続けたいです。

と言うわけで、カードもコインもほとんど触っていません。マジックスウィッチでもほとんどの人がカードマジックを披露するので、たまにはこういったマジックも良い物です。特にカードは他の方々におまかせしたいと思っています。と言っても第3回マジックスウィッチには参加できないのが、哀しいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.18

なんか食事会

3連休の最終日に、A-GOさんからメールが来てお食事でもしませんか?とのこと。ちょうど池袋の東急ハンズに行こうかと考えていたので、話はとんとん拍子に進み、JUNさんも誘って3人で池袋で夕食を一緒に食べました。まぁこの面子がいたら、食事だけでも済むわけにもいかないんですが。

まずはハンズでお買い物。3ボールトリックに使いたいスーパーボールを購入。10ヶ入りなので、9個は使わないのですが。またジャグリング用のビーンバッグも購入。こちらは練習するのかどうかも微妙ですが、所有欲というやつです。他にはなぜか3人ともファラオの復活(テンヨー)を購入しています。確かに最近観ないネタだったので、つい購入してしまいました。また私は別のマジックに必要なフライングライト(2代目です)を購入。各人それぞれなんかを購入しましたが、ファラオの復活が3連続売れているのは店員の方もびっくりでしょう。

その後、PARCOの8階に移動してイタリアンレストランでお食事。まず腹ごしらえをしてから、ショーの始まりです。A-GOさんがリングを取り出して、相変わらず冴えまくりの演技をしています。飯を全て食い終わったら、どうしても始まってしまいます。その後コインを取り出して、マトリックスやったり、色々しています。私も練習中のBack Flipを少しだけ披露。解決策をA-GOさんに教えて貰ったり。またAldo Colombini師のDVDに収録されていたオイル&ウォーターもたどたどしく演じました。まだ覚えたばっかりで手順が頭に入っていませんでした。反省。JUNさんは紫電を披露していたり、ビヨンドESPを出してきたり。ていうかJUNさんの鞄を観たのですが、マジック道具がぎっしり!その中からリングとロープを取り出して、みんなで触ったりとかもしていました。

途中、隣の席のカップルから「すごい!」との声が聞こえてきたりしています。A-GOさんがすっくと立ち上がり、カップルの席に行って、マジックを披露しています。アンビシャスカードでしたが、大きな声で驚いています。しばらく忘れていた感覚です。最近はマジックをしない人にマジックを見せていないことを改めて実感。オフ用に少しマニアックな手順しか練習していないことが少し悔やまれます。アンビシャスカードもやっぱり練習しようかなぁとか思ってみたり。この日は2回もホッピングしていました。2回目は店員さんも巻き込んでのマジックでした。

最後の方はなんとなくまったりして、色々なことについて話しました。マジック以外の事とかも結構話したかも。店を出て、エレベーターを待っている間にA-GOさんが4つ玉を披露してくれました。面白いです。いろんな事ができる人です。結局22時半ぐらいまで、食べたり、話したり、マジックしたりしていました。非常に楽しく濃い時間が過ごせました。まぁこの面子は前日にチャットなんぞもしていたりしたのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.17

DVD鑑賞な一日

昨夜、というか今朝方のCOINventionを観た興奮冷めやらぬまま、本日は寝たりDVDを観たりして過ごしました。やっと半分を消化。勢いで観ないとしばらく放っておくので、今のうちに観ないとまずいのです。と言っても、本日鑑賞したのは、「Eccentrics1&2」、「TIED」だけなんですけどね。

少しCOINventionでお腹がいっぱいと言うかなんと言うか…。しかしながら、Charlie Frye師のDVDは面白かったです。この中に解説のあるマジックをやるかどうかは別にしても、観ていてとても楽しかったです。解説部分が無かったら、全くマジックをやらない人に観せたいぐらいに演技が楽しかったのです。観る前はジャグリングが上手い人なんだろうなぁという印象しかありませんでしたが、マジックもベーシックな部分も凄いです。マジックとジャグリングとフラリッシュが高いレベルで融合しているような感じです。説明しても、言葉で伝えるのはかなり困難な作業になりますので、楽しみたい人は観てください。きっと期待を裏切ることはないでしょう。

もう一つ観た「TIED」は自分的にはなんとなくイマイチでした。演技部分が映画風であったりするのが、非常にかったるく感じてしまいました。「The MOVIE」のように楽しい感じではないので、意味があるのかなぁと思ってみたり。一つのマジックが長いのも観ていて、疲れます。解説もどれがどの演技の解説かが判りにくいのもちょっと。とまぁこんな風に書いていますが、個々のマジックには練習してみようと思う物が結構あります。カードマジックなんですが。コインマジックはCOINventionと一つ重複していたり。

明日はもう一度COINventionを見直して、余裕があれば、他のDVDでも観ることにします。他のDVDは主にカードマジックが多いので、今はそんなに観る気がないなぁと言うのが本音です。あぁまた練習用のマジックが増えてしまいます。

ああ、そういえばこんなのを見つけてしまって、非常に気になっている次第です。詳細が判らないので、何とも言えませんが期待大です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.16

観了、そして感無量

COINventionを一通り見終わりました。感想はと言うと、「なんなんだ!この人達!!」って感じです。いやもうそれは凄まじいほどにマニアックな手順をこれでもかというくらいに見ることができます。コインマジックが大好きな人ならば、さらに深みにハマること間違いなしです。そんなにコインマジックが好きじゃない人が見ると嫌いになってしまうのではないかというぐらいに濃いです。

2枚組で約4時間ありました。つまらない箇所(ほんの少しですが)は、飛ばして見ていたのですが、それでもかなり時間がかかりました。というかいつの間に空が少し明るくなっていたのかと言うくらい夢中になっていました。途中確かに眠くなったりもしたのですが、その途端びっくりすることがあって、その度に目が覚めてしまったり。今は興奮冷めやらぬ感じです。

しかしながら、出てくる手順がそれはもう難しいのばかりです。あれをやりながら、これをやりつつ、それも行うのかといった具合です。要猛練習です。この中に少しぐらいは出来るのがありそうですが、時間をかけてじっくりと練習をしてみたいです。できないマジックが大半を占めています。しばらく鑑賞用になりそうです。

特に面白かったのが、それぞれのDVDの後半に収録されているフォーラムでした。ここはコインマジックの名人達が、それはもうとてつもなく熱く、それぞれの技法やマジックについて語ります。ヒアリングがもっとできれば、もっと細かいところまで聞き取れるのですが、アウトラインを押さえるぐらいで精一杯でした。なんとなくは判るのですが。

惜しむらくは、画像が少し汚いのと、何をやっているのかが判らないマジックがあったり、ライティングが酷かったりしています。何をやっているのかが判らないマジックはかなり致命的だと思います。David Roth師のマジックでやたらと拍手が起こっているのですが、何に対して拍手が起こっているのかが理解できない箇所があったり、レクチャー部分で顔が真っ白く飛んでいたりとか不満も若干あります。Chris Kenner師の演技が入っていなかったのは、かなり哀しいです。喋っている姿が確認できたのはいいのですが。後エンディングの意味が判りません。

とにかくコインマジックが大好きな人であれば、買いです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.07.15

待望の

えー今からWarehouseからの荷物を取ってきます。待望のCOINventionやら何やらの荷物が届きました。先週の日曜日の深夜に注文したのですが、今週は長かった…、待ち遠しかった。

コインマジックが好きな人と電話をしていて、話を聞くと、色々と期待が膨らんできています。破裂寸前です。詳しい内容はそれほど聞いていないのですが、もうとにかく楽しみです。荷物取ってきたら、きっとそのまま見続けます。まぁとりあえずは観賞用になるとは思いますが、その中の一つでも演じられるようになりたいです。何年かかるか想像もつきませんが。少し気合いを入れて見ようと思います。

他にも買ったDVDがあるので、そちらもまた楽しみです。Beeさんに強烈にプッシュされたDVDも非常に楽しみ。

計ったように明日から3連休なので、見続けてしまうかもしれません。駄目駄目な3連休になりそうです。ザ・不健康。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

ドコモダケ

DSC00015今日は久しぶりに友人と焼肉を喰らい、その足でゲーセンを3軒はしごして、写真のぬいぐるみをゲットしました。特に欲しかった訳でもないのですが、見てたらなんとなく欲しくなってしまい、散財。左側のでかい方はどうやら偽物っぽいです。小さい方はドコモのコピーライトが入っているので本物かと。他にも「ルイヴィトントランプ」と言う景品もあったのですが、こちらはどうにもこうにも取れませんでした。どっかに売っているのでしょうか?

実はゲームセンターの景品は侮り難いんですよね。意外にマジックに使えそうな小物が結構あるような気がします。実際に使用している物も少なからずあります。まぁ9割方はなんでこんなん取ったんだろうと思えるような景品ばかりですが。なんでもかんでもマジックに使えそうと思うくらいアホウになっている自分がいます。そんな自分も好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.13

久しぶりにマジックランド

会社を休んでなぜかマジックランドに行ってきました。約4ヶ月ぶりになりますかねぇ。何となく足が遠のいていました。行くと大量に買い込んでしまうので、控えていました。行かなければ行かないで、通販で買ってしまうので意味がありませんので、結局行ってきました。

目的はChris Kenner師のレクチャーノートを購入したいと思っただけなんですが、やっぱりと言うか予想通りと言うか、結構他の物も買い込んでしまいました。ママさんにも買い過ぎと言われる始末です。いやそんなに驚くほど買ってはいないのですが、レクチャーノートが目的としたら、買い過ぎと言うわけです。自分的には目的が果たせて良かったのですが。

しかしこのお店は色々楽しい所です。カタログに無い商品とかもたくさんあるし、長い時間居ても飽きることがありません。やっと慣れてきたのでしょうか?購入した物は以下。

・Kenner Japan(レクチャーノート)
・BAND GLOBE(レクチャーノート)
・グリーンデック(バイシクル、おまけ付き)
・B'WAVE(パケット)
・DAZZLE(パケット)
・ワンダラー(4枚)
・キャラバン(赤・青)

まぁレクチャーノートが目的としたら、確かに買い過ぎです。実はキャラバン等のマイナーなカードが売っているのが判ったのが収穫かもしれません。中身はAviatorです。最近はカードを使う場合は、この系統のカードばっかり使っています。しっとりと手に吸い付くような感じがとても使い易いです。まぁ当然のことながらギミックカードが無いのですが。なんといっても1デック400円ですし。ワンダラーも適当に数枚欲しいなぁと思い購入。まだ使用するかどうかは決めていませんが、使えるようになれるといいなぁと。グリーンデックは結構高かったのですが、おまけが欲しいのでつい購入してしまいました。食玩みたいにおまけ目的です。

ここ数日は何故かすっかり買い物日記になっていますねぇ。特に無駄になるような物は買っていないつもりなので、これは無駄遣いとは呼ばないのです(無理矢理)。必要でしょうがなく、かなり選別して買っている…つもりなのです。

これで欲しい物を随分と買うことができました。あと少しで購入欲も満たされそうです。本当にあと少しです。えぇそうですとも、まだ買い物自体は続きます。こういうのは一旦始めたら、終わることが無いのでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.12

買ってしまった物リスト

買いたい物リストの続きです。あんな記事を書いてしまったばっかりに、もう猛烈に購買意欲が沸点に達してしまいました。既にあの中からほとんどの物を注文してしまいました。なぜかあそこに書いていない物も一部含まれています。ゴッシュマンのうさぎもついつい買ってしまいました。スポンジ楽しい。ニンジンも欲しい。

COINvention
Eccentrics1&2(Charlie Frye)
The Art of Card Splitting(Marty Grams)
TIED(Jason Wethington)
The Essential Aldo Colombini(Aldo Colombini)
Impossibilia(John Bannon)
Bill in Kiwi(Carl Cloutier)

David Wiliamson師とDoc Eason師のDVDは今回は涙を飲んで見送りました。まぁ前者はセットで買っても安くならないので、徐々に揃えていけばいいのかなぁと。両国さんのコメントを読んだら、若干早まった感がありますが。またすぐに買う機会はできるので、楽しみは取っておこうかと。後者は、Anniversary Waltzが非常に気になっているのです。これは是非とも演じてみたいと思ったのですが、3巻だけ買うのはなんとなく気持ち悪いし、どうせならセットで買った方が安いので、見送り決定です。

さて買いたい物リストがそこそこ順調に消化できたので、次は「買いたい物リスト~ミスターマジシャン編~」でも書こうかなぁと(未定ですが、なにかしら買うのは決定)。根本さんが外出中みたいなので、新作が並んでからまた選んでみたいです。そんなに買わないつもりですが、はたして。

どこかのお店でまとめて買えれば一番いいのですが、なかなかそういう自分の欲しい物が全て売っているような理想のショップはありません。っていうか、まだまだ買いたい物があるのが自分でも恐ろしくなってきます。全部宿題をこなす為に必要なのです。と自分に都合の良いように理由付けをして、正当化しています。これからバリバリ働かないとさすがにまずいでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.10

スポンジ系の話

本日は本当に久しぶりに無性にスポンジボールに触りたくなったので、少しだけスポンジボールの手順を復習したりしていました。久しぶりだったので、形が変形していたので、軽く洗ってから練習をしました。結構様々なスポンジを持っていますが、なんとなく人前で演じたことは数回ぐらいと驚くほど少ないです。

magicalheart持っている種類は、ボール、卵、バナナ、岩、ハート、トマト…ぐらいですかね。この中で一番のお気に入りはハートです。これは以前テンヨーから販売されていた「マジカルハート」と言う商品です。写真は、マジカルハートのセットと比較用のハーフダラーです。スポンジ物は2つ買えの鉄則通り2つ買いました。このハートは一つが結構小さいので、2セットを扱ってもそれほどストレスにはなりません。小さいハートが4つで、大きいハートが一つあると、あれを思い出してしまうのです。なぜか最近は販売がされていないようです。再販がかかれば、結構売れるとは思うのですが、その辺は素人考えですかね。

スポンジ系のグッズをいじくっていて、なんとなく開けたこともなく、以前買ったスポンジバナナを本日開けて少しだけ練習してみました。今まで開けていなかったのは、色が微妙に納得できなかったのが原因です。しかしいざ練習を始めてみると結構面白いのです。なんで今まで触らなかったのだろう?もったいないことこのうえないです。しかもこれはフリーマーケットへの出品候補だったのですが、売らなくてよかったとまで思いました。売ったり、寝かせておくには惜し過ぎる一品です。添付されている手順では少し物足りないので、パターを少し練る必要がありそうです。

やっぱり色々触っていると他の形状のスポンジが自然と欲しくなってきてしまいます。なぜか持っていないウサギとかが欲しいとか思っていたり。また買ってしまうのでしょうか?色々な物を買って、手順を考えてみようかとも思っていたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.09

買いたい物リスト

書いていた記事が一回消えてしまって、もうなんだか書く気が失せてしまいました。近況なども少し書いていたのですが、もういいです。

早速表題の件。以前から気になっていた物や、人づてに聞いた物、Magic Reviewさんのレビューを読んで欲しくなった物など。

COINvention(確定)
Eccentrics1&2(Charlie Frye)(確定)
The Art of Card Splitting(Marty Grams)(確定)
TIED(Jason Wethington)(確定)

The Essential Aldo Colombini(Aldo Colombini)
Slight of DaveDave2Magic Farm(David Wiliamson)
Impossibilia(John Bannon)
Bar Magic(Doc Eason)
Bill in Kiwi(Carl Cloutier)

上から4つは確定です。Coinventionはとにかく内容を見てみたい。大好きなChris Kenner師の演技を見てみたいのもあります。Eccentricsはダイススタッキングの練習に少しは役に立つのかもしれないので購入します。The Art of Card Splittingは現在ピーリングに凝っているので、こちらも購入します。マニアにしか判らないようなカードを作ってみたいと思っています。TIEDは前から気になっていたのとレビューを読んで是非とも見てみたいので購入します。

後は気分次第とコメント次第で買うかどうかを決めてみたいと思います。また現在レパートリーに加えたいような手順があるかも重要です。全部買ってしまうと$400越えをまたしてしまいますので、その辺はなんとか心のブレーキをかけてみたいと思います。がしかし私の心のブレーキは効きが非常に悪いです。まぁでも円安気味なんで、そこは少しはセーブして買わないといけないなぁとも思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.07.07

宿題

なんか久しぶりにこの言葉を聞いたような気がします。しかも私が自ら進んで課した物ですからしょうがないのですが。私の拙ブログを熱心にお読みになっている方なら、もうご存知かもしれませんが、ダイススタッキングを次回のマジックスウィッチで披露しなければなりません。しかもなんだか本家の掲示板がすごい事になっています。次回にぶつかってしまうと、なんとなく参加しにくいかも。

とりあえず、もう猛練習を行っているわけですよ。今日も2時間ほどずっとダイスを立てていたのですよ。最近はかなりコツを掴んだようで、だいたい9割ぐらいの確率でスタックできるようになりました。徐々に名前のついた技もできるようになってきました。できない技の方が当然多いわけですが。私が知っている技の中でも一番できそうにないのが、「Decaptitating Dice」です。これは4つに積み上がったダイスを上から一つづつ掬っていき、もう一度スタックするものです。なんかこれだけはできそうにないです。できると格好良いので、是非とも習得してみたいところ。

ダイススタッキングだけで魅せられるようになりたいわけですが、さすがにスタックだけを延々とやる訳にはいかないよなぁ。後半になればなるほど、どうせ出来るんでしょって感じになってしまって、徐々につまらなくなっていきます。これを解消すべく、ある映画を参考にしてみようかなぁと思っています。これは普通の映画ですが、もう一度見直してみて、取り入れられる箇所は取り入れてみたいです。映画のタイトルは、まだ内緒。比較されてしまうと猛烈に恥ずかしいので。

さてと少しはマジックの話もしておかないと。最近はなんとなく以前購入したPaul Wilson師のレクチャーノートを読み返して、やっぱり面白い物が入っていると再認識して、こちらも練習中です。色々と面白い作品が詰まっています。何故か師のコインマジックにはクラシックパームを使用している手順がありません。これはコインマジックではかなり珍しいような気がします。逆にファン状に扱うことが多いです。こちらの方があまり慣れていないので、難易度的には難しいような易しいような。特にDVDには収録されていない手順を中心に練習しています。

他には3ボールトリックはもう毎日1~2回ぐらいは手順を繰り返しています(少ない?)。これは既に日課と化しています。いいことだ。なんとなく手の運びにまだ自信がありませんが。後はハムスターもテレビを見ながらちょこちょこ動かしていたり、マジックだけじゃなく、様々な物に手を伸ばしすぎです。こんなんではまた身に付かないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.05

第2回マジックスウィッチの後で

午後5時に第2回マジックスウィッチも無事に閉幕。今回もとても楽しい時間が過ごせました。この後はまだまだ物足りない猛者達が2次会へと雪崩れ込みます。2次会はおよそ15~6人の方々が参加しました。ここまでは名前を把握できていません。次こそは。

2次会の会場は高田馬場駅の近くの笑笑です。結構な大人数なので、2つのテーブルに分かれてしまいます。私は結構腰を落ち着けてしまうと動かない人なので、ずーっと同じ席でした。とりあえず乾杯をする前ににゃふーさんにハムスターについて、色々とレクチャーをしてもらいました。やっぱりトリミングが必要でした。妙に毛が絡まると思いました。さすがにトップブリーダーだけあって、動きが違います。生命が宿っています。絶対に同じ商品ではない、とまで思いました。

乾杯後、それぞれがそれぞれにあちらこちらでマジックを披露し始めます。乾杯して間もないのに向こう側のテーブルの方から銀貨の音がかなりの頻度で聞こえてきます。なぜかこちらのテーブルは濃いお話が中心になってます。次回のマジックスウィッチのレクチャーを何にするか、こんなのが良いとか、ああだこうだと。結局次回のレクチャーって何にするか決まったんだっけ?覚えていないです。

途中、3ボールトリックオフで披露した自作のちっちゃいタイニィリングを取り出したところ、しのぶさんが我々のテーブルに寄ってきました。みんなこういうの好きだなぁ。滅茶苦茶やりにくいのに、なぜかポケットリングの持ち方でやってみたり、タイニィリングの持ち方でやってみたり。両方やりにくいです。がただ単にネタとして楽しんでいただけたら、嬉しいです。匂いを嗅ぎつけたのか、A-GOさんもこちらのテーブルにやってきました。お待ちしておりました。でA-GOさんの腕には数え切れないほどのチャイナリングがぶら下がっています。なんとその数、8本!ぐらいでしたか?それを全部使って、手順を行ってしまうところが素敵。さすが師匠。この後リングの話題が続いて行きます。そういえばチャレンジコーナーでリングをやろうとかいう話が出ていました。

Shanlaさんの自作ウォンドがいつか出品される模様です。要チェックです。これはかなりの出来なので絶対に買いたい一品です。噂のらせん型のウォンドも見てみたいところ。個人的にはもう少しだけ太いのが好みです。他にも出品したい物とかを聞いたりして、予約してみたり(できるのか?)。

午後7時半過ぎに2次会も無事に終了。外は少し雨が降っている様子なので、外に出ることなく、そのままビルの8階のいつもの3次会の会場へGO!3次会は、もめん屋 花です。4回目でやっと名前を書くことができました。

3次会はしのぶさんの近くになったので、しのぶ節炸裂です。おそらくレパートリーをほとんどやったのではないかというぐらい見せていただきました。また今回初対面のサイトーさんからリクエストで紫電をまたやってみたり、お返しに噂のフラッシュバックを見せていただきました。これは良いなぁ。やはりワイズワークス買うべきですね。サイトーさんから、すっごい不思議な携帯電話を使ったマジックを見せていただきました。これすごい!こんなやり方があるんですねぇ。また私は前回参加していない方に安全ピンのマジックをやってみたり。これはやっぱり観客受けがいいので、レパートリー入り決定です。もう少し手順と台詞を練ります。

3次会にも摩耶一星師が参加していたのですが、ちょっと席が遠くて最後の方でお話をしただけでした。最後の最後のぶっちゃけトークは危なすぎて書けません。参加者の特権です。途中途中で色々と面白いことをやっているなぁと遠目で見たりしていました。これでもかっていうぐらい惜しげもなく、レクチャーもしていたみたいです。これは少しもったいないことをしました。

結局午後11時過ぎまで、3次会を行ってお開きとなりました。毎度のことながら、10時間以上マジックに関わっていました。これでもやっぱりあっという間に時間が過ぎていきました。好きなことをしていると、時間が経つのを忘れてしまいます。3次会まで参加された方々、本当にお疲れ様でした。

さほどいつもと変わらない文章を長々と書いてしまいました。本当の楽しさはここに書くことが出来ない部分であったりする訳なのですが、どんな事が待っているか気になる人は、次回以降のマジックスウィッチに是非参加してください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.04

第2回マジックスウィッチ(1次会)

2005年7月3日(日)に第2回マジックスウィッチが無事に開催されました。今回は少し広い部屋での開催でした。私は所用で若干遅れての入場ですが、すでに多くの人数が集まっています。これにはもうただただびっくりでした。この時点で前回の人数を上回っているか、それと同等の人数になっています。少しでもこのレポートを見て、新たに参加者が増えたのであれば幸いですが、さすがにそれはないでしょうね。最終的な参加者はもう把握するつもりもなく(頑張ってもできない)、よく判りませんが、26~7人ほどいたのではないでしょうか。すごい数です。前回の参加者が結構来ていたのは嬉しいですね。そうそう女性の参加者も今回は3人もいたのですよ。

まず目に飛び込んできたのは、kitteさん経営のマジックショップです。これはもうマジックスウィッチ名物となるのも時間の問題でしょう。私も早速しょぼい店を開きます。今回は本当に適当にチョイスした物しかないので、さすがに出しづらかった…。A-GO工房は今回もGood!早速私は買いました。

主催者のにゃふーさんの妙な高いテンションの「はじまりっ!」の声で第2回マジックスウィッチが開催です。簡単に自己紹介を済ませた後、チャレンジコーナー(仮)で幕開け。前回のレクチャーで教わったマジックを行おうということになったのですが、誰もやりませんでした。ちょっと寂しい。

そのままの勢いで紙玉のテンカウントのレクチャーのスタートです。また正式名称が不明です。なにゆえ?ティッシュを丸めて、にゃふーさんが実演を行い、その後これに関してのレクチャーが行われました。実はコインで行うものしか見たことがなくて、結構新鮮に見えました。そのうち続々とティッシュを丸めて、みんなが練習を始めます。人によって微妙にカウントの仕方が違っていたりして面白かったです。私は結構後半を適当にやってしまうので、カウントが微妙。

次に前回の宿題コーナー(仮)が行われました。自分にあえて宿題を課し、次回参加した時にみんなの前で披露しようというものです。千代田さんがワンハンドパームを使用した手順を、にゃふーさんがリフルシャッフルをそれぞれ披露。さすがに自分に課した課題だけあって練習をしてきているので、上手いです。次回の宿題を課す人を挙手で募った所、誰も挙手しないではありませんか。む、このままではこのコーナーの危機と思い、私が挙手をしました。「ダイススタッキングを見せられるようにします。」と思わず宣ってしまいました。あぁ言っちゃった…。これにはある目論見もあって、とりあえず言ったのですが、この後とんでもないことに…。

その後、VTR鑑賞会です。今回の提供者はしのぶさん。本人から一度話には聞いていたのですが、あのバイオリンは幻想的で感動的でした。本当に泣きそうになりましたよ。すごすぎる。こんなの見れるのもオフ会ならでは。次回も期待大です。

VTR観賞後少し休憩です。休憩時間と言っても、特にやることは変わるわけでもなく、喋っていたり、技法についてあれこれ議論したりといった光景があちらこちらに見受けられます。この辺りの時間だったと思うのですが、驚くことに摩耶一星師登場です(本人許可の元、記事を作成しています)。なんかよく似ている人だなぁと思っていたら、本人でした。サプライズ!名札が笑えます。

この後「初めてのなにがし」と言う新コーナーがスタートです。このコーナーは今まで人前では演じたことがないマジックをここでやってみようというものです。なんとすごいことに、このコーナーでは、失敗をしてしまうと、目映いばかりの閃光が会場を襲い、みんなの記憶がマジックを始める直前まで時間が戻ってしまうのです。ここでも様々なマジックを披露していました。が閃光の出番はそれほどありませんでした。さすが。私も練習中のマジックがあったのですが、非常にあっさりしているし、まだまだ動きがぎこちないので断念。

そして楽しみな発表会の始まりです。ここでは各々好きなマジックを好きなだけ披露できます。ここでは本当にいっぱいマジックを見ることができます。今回は私など出る幕がなくて…って単に練習不足とも言いますが。もうここは本当にすごいのですよ。普段マジックを見たことがない人が見ると悪酔いするって噂です。夢に出てきます。それぐらい見ることができます。全部覚えていないし、覚えきれないぐらい見ることができるのです。全部書いていたら、それこそ記事が何日分になるか判ったものじゃありませんが。

一旦休憩を挟み、この後も引き続き発表会が行われます。特筆すべきはやはり摩耶一星師のマジックでしょう。これは本当に楽しくて、不思議なマジックでした。しかもこれでもかっていうぐらいにマジックを演じていました。さすがにプロは見せ方を心得ていて、楽しくて笑いが絶えませんでした。こんなにもたくさんのマジックを入場料だけで見られる幸せ。今回のマジックスウィッチに参加できて本当に良かったと思える一瞬でした。

そろそろ終了時間が近づいてきて、感想文を書きながら、会場を片付け、次回の開催日を決める段取りになりました。そうここで宿題コーナーの目論見が脆くも崩れてしまったのです。次回は8月14日(日)8月7日(日)です。お盆が近いので、勝手に8月7日(この日は法事で参加できません)と読んでいて、宿題も2ヶ月あれば大丈夫かなぁと思っていたので、挙手してみました。し、失敗したぁ。まぁとりあえず必死に練習します。急遽開催日の日程が変更になりました。これでじっくりと焦らずに練習ができるってなもんです。とりあえずダイススタッキングが収録されているDVD(3枚ほど)とパーフェクトダイスとダイスチョップカップと革製のカップを購入してやるとしますか。

この後、当然のように2次会へと雪崩れ込むのですが、続きは次回更新時に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.02

準備その2

さて日付的にはもう明日、第2回マジックスウィッチが開催されてしまいます。しかし最近は天気が安定していないので、当日の天気がどうなることやら。晴れないまでも、雨が降らないといいです。

今回は前回ほど準備ができていないので、少し不安。最近はそこそこ忙しくマジックの練習をする時間が充分に取れませんでした。と先に弁解するのもどうかと。マジックの練習時間が少しパズルに流れてしまったのと、ダイススタッキングも練習していれば、それは時間がないのは当たり前です。まぁどれもこれも好きでやっているので、どれか一つに絞れないのもありなのかなぁと。さすがに色々手を出して、どれもこれも中途半端になっている状態です。

出品用のカードについては、土曜日の夜にでも仕上げられるでしょう。ただいま乾燥中。ぎりぎりまで仕上がり具合が判らないのがつらいところです。前回作成時はそこそこ上手くいったので、それほど心配はしていませんが、やはり見てみないことには少々不安です。運次第で出品できるかどうかといったところ。他にも売る物を選定していかないとなぁ。前回出した物はおそらく出さないでしょう。

ダイススタッキングも後ろの方でこっそりと披露してみたいのですが、いかんせん少し大きな音が鳴ります。ダイスも3つまでならば、かなりの確率で立つようになりましたが、まだまだ修行が足りんのです。3つじゃ駄目でしょ。15回に1回ぐらいで4つ立つぐらいに成長しました。こちらはもう少し練習が必要です。

ダイススタッキングのセットを用いたマジックの練習はほとんどできていないので、お披露目はもう少し先になるかもしれません。手順的にはそれほど難しくないのですが、なんか台詞があまり練られていないのです。これもどうしたものか。マジックの方は今まで覚えた手順で乗り切るつもりです。

やはり今回はお店を中心に、ハムスターを習おう!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »