« 手品板関西オフについて | トップページ | 手品板関西オフ(2次会と3次会) »

2005.05.02

手品板関西オフ(1次会)

4月30日に行われた手品板の関西オフです。参加者はアイラさん、くしおさん、Shanlaさん、Takuさん、チムさん、トヒさん、二重落ちさん、ハヤトさん、Beeさん(幹事)、pkgさん、BEATMOXさん(五十音順)と私の総勢12名。ほとんどの人が初対面なので、かなり会うのが楽しみでした。

朝10時ぐらいに品川発の新幹線に乗り一路京都へ。新幹線の中では、今更ですが、最近購入できた「魔法の心理学(高木重朗著)」を読み切ってしまいました。読み物として凄く面白い上に、とても参考になる一冊でした。12時過ぎに京都に着いて、とりあえず先に待ち合わせの場所を確認してから、河原町周辺を少しぶらつき、昼飯も適当に食べたら、そこそこいい時間になりましたので、Beeさんからの連絡を受け、待ち合わせ場所へ移動。

待ち合わせ場所には、Beeさん、アイラさん、BEATMOXさんが既にいらっしゃいました。軽く自己紹介も済ませてるうちに徐々に人が集まってきました。オフに参加表明をした後にメールをくれたハヤトさんが面白い物(はっきりとは書きづらい)をいきなり出していました。というかイメージが全然違うのでそこにも驚きました。勝手に想像していただけなんですが。またpkgさんがレッサーパンダのレンダちゃんを取り出して「とったどぉっー!!」と叫んでいたのが印象的だったり。参加者がほぼ集まったところで、早速1次会の会場へ。

カラオケ屋に着いて、まだ来ていない人を待つ間にトヒさんにタマリッツ師のサインを見せていただきました。「タマリッツ」とカタカナで書いてありました。すげー。さらにトヒさんは一人黙々とマットを広げだし、デックを取り出し、コインを取り出して、既に臨戦態勢を整えています。座ったところが手品席ですしね。
Beeさんは森羅万象さんのところで話題になった生首を出してみたり。正直気になっていたけどあれは怖くて手元には置いておきたくありません。
一仕事終えたハヤトさんが戻ってきて、遅刻してきたShanlaさんも揃ったところで、自己紹介を行いました。私は私で自虐的な自己紹介をしてみたり。

さて早速トヒさんマジックショーの始まりです。もうそれはすごいことになりました。中でもダイスを使ったマジックは圧巻でした。あれを一式揃えるには、なかなか大変そうです。また様々なアセンブリーを披露していました。2種類のコインで行うアセンブリーが個人的には大好きです。最近研究しているというカンガルーコインも良かったです。
くしおさんの予言マジック凄いです。何から何まで予言してありました。関西らしくつっこみまでをも予言してるのには笑いました。さすがです。またカラーチェインジングアンビシャスなども披露していました。
BEATMOXさんが何やら怪しいグッズを取り出しました。なんと自作したとのこと。すごいです。こんなものを自作するなんて…。是非とも商品化して欲しいような一品でした。
Shanlaさんはやはりリクエストがあれば、何でもやっていました。3種類のコインを使ったアセンブリーは横から見ても、やっぱり不思議でした。また自作のウォンドを持ってきていました。先端がアクリルのウォンドは是非欲しいです。早く量産してくれないかなぁと。
pkgさんは「テーブルが狭い」と言いながらも、ダイススタッキングを披露。これは生で見たことがなかったので、結構嬉しいです。やっぱりこれはいいなぁ。またBeeさんの依頼で作成したグッズを披露。これは何かと使えそうな予感。
アイラさんの見たことないウォンドで行うチョップカップルーティンも面白かったです。あんなウォンドあるんですね。ていうかウォンドでは無いのですが。チョップカップの最後にはシューマイが!また帽子とロープを使用したテイクワンのマジックも。この帽子もマジック様に改造してありました。
Beeさんは知り合いの方に作成してもらったという、カードインデックスを見せていました。初めて見ました。本で読んで知っていたのですが、さすがに作ることは…。しかも結構よくできているのです。しかもこれが試作段階。
チムさんはまだ始めて数ヶ月ということで、色々教えてもらっていたようです。私もこっそりとトヒさんのハンピンチェンムーブの解説をしっかりと聞いていたり。バルーンドリンキングを是非見たかったなぁ。
Takuさんは、1次会では披露せずに見ているだけでしたが、この後結構なマニアということが判明しました。この辺については後記。えーとマニア認定です。
二重落ちさんのマジックは秘かに今回のオフの楽しみだったのですが、見られませんでした。うーん残念。しかし会話の途中のカード捌きはかなり綺麗でした。またの機会を楽しみにしておきます。
ハヤトさんには、色々といい物をいただきありがとうございました。あの名刺のようなものにはみんなが夢中になって回していたのが面白かったです。あれは使えます。

私はというと、例の自分で考えついたという「The Sinking Silver(仮)」を披露しました。一応フル手順なのですが、ラッピングに失敗したり、手付きが怪しすぎたりと反省点が多すぎました…。また手順を少し練り上げないといけないなぁ。落としてしまったコインを途中参加の二重落ちさんがマッスルパスで返してくれたのには笑いました。

そんなこんなで本当はもっといっぱいあったのですが、さすがに全ては書き切れません。もし記憶違いや失礼なことが書いてあったら指摘お願いします。

これだけで1次会なんです!書くのに2時間ぐらいかかりました。がまだまだ続きます。盛り上がるのはこれからなんです。書くのが遅れれば遅れる程記憶が薄くなりますので、なるべく早いうちに書きますが。

この後、「手品板関西オフ(2次会と3次会)」へと続きます。

|

« 手品板関西オフについて | トップページ | 手品板関西オフ(2次会と3次会) »

コメント

徹夜でマジックオフなんて、すごいですね!
そのうち関西オフにも参加したいです。
マジックしながらボケたりするのかな ^^

投稿: JUN | 2005.05.02 23:24

JUNさんどうも。
徹夜と言っても、私は30時間一睡もしなかっただけです。アホですね。
関西に行ってかなり刺激を受けてまいりましたよ。楽しいので一度是非。

投稿: HIGE | 2005.05.02 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手品板関西オフ(1次会):

« 手品板関西オフについて | トップページ | 手品板関西オフ(2次会と3次会) »