« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.30

コインズ・スルー・ザ・テーブル

二川滋夫パケット・シリーズ・7「コインズ・スルー・ザ・テーブル」の紹介です。
現象はテーブルのカード・ブランクカード・4枚のコインのカードからなる6枚のパケットで、コインマジックの傑作コインズ・スルー・ザ・テーブルを表現しようというものです。ラストにはとんでもないオチが待っています。この最後がたまりません。

これはここ最近で買ったパケットの中でもかなりのお気に入りです。ただ結構手順が複雑なので、覚えるまで時間がかかりました。特に難しいテクニックを使用することは無く、パケット物を一つでもやったことがある人ならば、難なくできると思います。

ただ悲しいことに、私のレパートリーの中にコインズ・スルー・ザ・テーブル(コインでやる方)が入っていないのです。これを機に少し練習をしないといけないなぁ。以前Shanlaさんに教えてもらったことだし。
コインズ・スルー・ザ・テーブル(コインでやる方)を一回でも見せていれば、このコインズ・スルー・ザ・テーブル(パケット)がすごい生きてくると思っています。

しかしコインマジックをパケットでやるという二川先生の発想がすごい素敵です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.28

底なしの努力

マジシャンは努力家です。

一つのマジックを覚えるのは、結構大変なんです。
そして人前で演技できるようになるには、もっと大変なんです。

しかし、なぜか、そのような努力を惜しまないのがマジシャンなんです。

いや、本当に大変なんですよ。マジックを演じるというのは。
どうしても人前で「プレゼンテーション」を行わなければなりません。
また人によっては、苦手な英語を聞いたり、読んだりしなければなりません。良い教科書やレクチャーDVD等は英語の方が豊富なためです。

なんでこんな大変な思いをしてまで、マジックを趣味にしているのか、時々不安になります。
楽しいと思えることが上まっていないとやってられないはずです。
楽しいと思えることはなんでしょう?

観客に喜んでもらえた時
楽しいマジックを見た時
新しい原理を知った時
面白い手順を発見した時
演じたマジックがうまくいった時
演じる手順が増えた時

私としては、こんなところでしょうか?他にもあると思いますが、個人によって当然比重は変わってくると思います。
やっぱりマジシャンとしては、観客に喜んでもらえた時が一番嬉しいのではないかと思います。
影でこんな大変な努力をしているのは、微塵も見せずに、サラリとやってしまうのが、格好良いのです。がしかし裏の努力があってこそなんで、この辺りも見る人に伝えたいけど、直接伝えるのもどうかと。

そこで私はいつもこう言っています。
「練習しました。」と。
ってずいぶんと直接的ですね。

マジックって、何が楽しいのでしょうか?何かが楽しいのですよ、マジックは。そうとしか言えません。
こんな風に悩んでしまうのも、楽しみの一つです。
そんな楽しいことには、努力は惜しめないのです。 いや、惜しまないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.26

ついに届きました

待ちに待ったDVDのセットがやっと発売日を迎え、我が家に到着しました。
以前にも書いた「刑事コロンボ 完全版 コンプリートDVD-BOX」です。

圧巻の大きさとボリュームです。もう少し省スペース設計になってくれると嬉しかったり。
23枚組でこのお値段はかなりお得です。1枚当たりおよそ1000円。1話当たりおよそ500円のハイコストパフォーマンスです。まぁ律儀に買っていた人にとっては、不満爆発なお値段になっておりますが。
これでしばらく、心おきなくコロンボを楽しめそうです。
1日1話見ても、45日かかる訳です。一月半かぁ、ゴールデンウィークを超えても、見終わっていないとは…。
でもなんかもったいなくて、まだ開けていません。しばらくこのまま眺めます。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005.03.24

お札で折り紙

以前、奇術古書レッドスケルトンズさんのところで購入した本「THE BUCK BOOK」を見ながら、ゲーム用のお札で折り紙です。
直接はマジックには関係ないのですが、妙に惹かれたので購入しました。他にも欲しいのがあったのですが、抽選に漏れてしまいました。欲しい物が確実に購入できないのが、古物の面白いところです。

で今日はマジックの練習を一休みして、折り紙をしておりました。
今まではお札で折れる物と言えば、余りにも有名な「千円シャツ」のみでした。千円シャツは結構笑いが取れるので、たま~に財布の中に忍ばせていることもあります。
この本では、象と蛙と孔雀が折れるようになりたいのです。他はリングぐらいかなぁ。後は日本のお札で折った時に、結構微妙な感じです。外国のお札の様に顔が真ん中にあるのが前提の作品があるからです。
そういえばマジックランドのショーケースの中にお札で折った何かがあったような気が。次回行くときには確認しておこう。

これはマジック以上に披露する機会がありません。折っているときは、無言で真剣に折っているので、人に見せる物ではございません。即興的にピュピュッと折れたらいいかもしれません。
他にもこういう本があるのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.22

失敗

そういえば先日の日曜日に休日出勤をして、帰りの飲み会で久々にマジックを披露しました。

最近はマニアックな手順しか練習しておらず、何をやるかすごい悩みましたよ。持ち歩いている道具は、コイン、カード、輪ゴム、チャイナリング、タイニィリング、リングキャッチャー、シルク数枚(以上鞄の中)、ワンダーランドダラー、さっかく定規(以上財布内)という状況でした。って結構いっぱい持ち歩いているなぁ。

見る人がマジックをやる人達ではなく、会社の飲み会での席。こういう状況自体が久しぶりでした。

さぁいざやってと振られると何を出していいのやら。女性が結構いたので、スターゲイザーでもやろうかと思いましたが、いきなりこれをやってしまうのもあれかなぁと。基本的にはこのマジックは1対1の状態でしかやらない自分の中ではとっておきなので。

コインも最近は練習をさぼっているし、リングも全然触っていないし、ワンダーランドダラーは判りにくいし、さっかく定規も今はちょこっといいセリフを思いついていて、整理できていない状態だし、シルクはガイドラインしか頭に入っていない状態。チャイナリングもよかったのですが、酔っぱらいが多いところでは自粛しています。

まぁとりあえずリングキャッチャーをやりましたよ。微妙な空気が流れましたよ。えぇ。
ってこれだけで終わらせようと思っていたのですが、まだ見たいとのこと。嬉しいじゃありませんか。
じゃあカードマジックでもやろうかなぁと思っていたところ、マットが当然ながらありません。やりそうな状況の場合はいつも鞄に入れますが、今日は不測の事態なので、マットがありません。しかたないので、マットの影響があまり無いようなマジックを思い浮かべます。あぁあれとあれとあれでもやろうかって頭に構成が浮かびました。

テーブルに直にスプレッドしましたが、ここで「おぉ」と言う歓声。あんまりうまくできなかったのですが、ちょっと気分が良くなります。
さて実際に演じたのは、アクロバティックエーセスです。これなら人数がいっぱいいても、マット無くても大丈夫だろうと思いました。が現実は散々たる物でした。テーブルに置いたカード一枚を取り上げるのにこんなに苦労するとは…。しかも最後の部分はどれもひっくり返らず、手で捲りました。この部分はマットが全然関係ないのに失敗しました。この時点でやる気が徐々にフェードアウトしていっています。
せっかくエースを取り出したので、次にクラシック4エースを行いました。これは並べるだけなので楽勝と思っていましたが、やっぱりカードをうまく持ち上げることができません。手順以外にこんなところにも気を回すとは。

とりあえずは喜んでもらえたようでよかったとしましょう。実はこの後にエアロ~又はツィスティング~に繋げようかと思ったのですが、自分の中の気が萎えていましたので、ここで終了しました。毎回反省点多々。

う~んマットが無いだけで、こんなにも余計な気を遣わなくてはならないとは思ってもいませんでした。いかに今まで恵まれていた環境で実演・練習していたのかと勉強になりました。これからはマットが無い場合にも行える手順を少し研究して、増やしていかないと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.19

これでもかっ、エレベーター!

皆様ご存知だと思いますが、あまりにも有名な二川先生のレクチャーノートのレビューです。あぁ恐れ多い…。

現象は、デックをカットするとスペードのAが表向きで現れます。続けてカットすると、スペードの2と3が表向きで現れます。その3枚を使ってエレベータカードを行います。さらにその後デックから4~Kまでを順々に取り出していきます。最後にはなんと全てのマークと数字が…。

とにかくカードを次々と順番に出しているのは、見ていて面白いし、格好いいです。というか格好良くカードを取り出したいと思わせる手順です。
セットは慣れてしまえばなんてことないです。また手順の中に難しい部分もほとんどありませんので、かなり実用的ではないかと。別にページを割いているカットの説明は、文字だけだとよく理解できませんでしたが。こういうときは動いているのを見ると理解が早いのでしょうが、仕方ありません。

問題点はやっぱり初めのエレベータカードの部分が判りづらいところでしょうか。私だけなのかもしれませんが。ここをうまいことクリアにできるようになりたいものです。最後のカットもスムースにできたらいいなぁ。今度マジックハウスに伺うことがあったら、絶対に聞いておかないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.17

セリフ

ちょっと書くネタがないので、自分にどうしても足りないところなどを書いてみたり。
マジックにおけるセリフについて思うところを少しだけ書いてみようと思います。

実はマジックを演じる上で一番重要で、一番難しい部分ではないかと考えています。
テクニックやら技法やらはしっかりと練習すれば、うまくなると思っています。まぁどうしてもできない技法などもかなりありますが…。

マジックを演じる上でのセリフとは、実況中継にならないように、観客に現在の状況を伝えなければなりません。このさじ加減がとても難しいのです。ともすればずっと実況しているようなセリフになりがちなんですね。
また演出に懲りすぎて、現在の状況を観客が把握しないまま、現象が起きてしまうとちっとも不思議ではありませんしね。演出過剰のマジックは現象が起こるまでが長くなってしまいます。
あぁ上の例は全て自分の場合ですので。
こういうのもやっぱり練習をしていけば、うまくなるものなのでしょうか?実戦を繰り返さないとやっぱり難しいかな?

やっぱり練習するときには、セリフをじっくりと考えないと、不思議だけどつまらないマジックになってしまいます。やっぱり自分にとっては難しいところだなぁ。逆にセリフを考えて、しっくりくるセリフがみつかったときは嬉しいものです。他の誰かが使っているセリフとかぶっていないかとかも気になってしまうのですが。

何やらまとまらない文章になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

若気乱舞

数日前にJUNさんからお誘いがあったので、本日はドラマジの松田さんのレクチャーCD「若気乱舞」を購入しにトリックスに行きました。

でトリックスに行く前には、やっぱりマジックランドでしょ!ってことでマジックランドにも立ち寄ってきました。

マジックランドでは、特に買いたいって思うものはなかったのですが、小型のパースが欲しかったのでそれを主目的に、またパケット物やレクチャーノートなど見てよかったら購入しようということで。
後、ウォンドのいいやつがあったら欲しいと思っていたので、ママさんにウォンドありますか?って聞いたら、ママさん曰く「いいやつしか無いよ。」とのこと。これはママさん語録ではなく、本当に物が無いらしいです。で見せてもらったらこれがとても良い!黒檀のウォンドです。値段が4200円と若干高めなので迷っていたら、ママさんがワックスで拭いて「つや」を出したら、これは買わねば!と思って購入です。ザ・予定外。
またJUNさんがパケットでリクエストを出していたので、それを横で見ていたら、やっぱり欲しくなってしまい、「とうめいアンフ」のみを購入しました。オイル&ファイヤーも見たかったけど、すっかり忘れていました。

そんなこんなでマジックランドを辞し、一路トリックスへ。
6時過ぎにトリックスに着き、閉店時間辺りまで待ってから、若気乱舞の実演販売が始まりました。
CDに収録されているオイル&ウォーターを実演していただきました。えーとかれこれ一時間ぐらいカードマジックを見せていただきました。こんなに同じ現象をこれでもかってぐらいに演じていました。どれもこれも楽しかった。
その後輪ゴムのマジック(これは本当にすごい)とか、10本以上リング(何本でやっていたんだ?)なども見せてもらいました。本人曰く疲れたとのこと。そりゃあれだけやればねぇ。

でトリックスを辞して、JUNさんと飯でも食べようということになったのですが、八重洲地下街は9時閉店の店が多いのね…。店を探すのに手間取ってしまいました。
飯を食して、適当にマジックを見せ合っていました。今日マジックランドに行く前にDVDを見て思いついたマジックをJUNさんにチェックしてもらったり、輪ゴムレクチャーなどをしていたのですが、閉店が10時だったので、あっという間に終了してしまいました。時間が短くて残念。
なんとも最後は消化不良気味に帰宅したのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.11

再生

引き出しの奥に眠っている。
タンスの中にしまいこんだまま。
解説書を読んだだけでくだらないと思った。
準備があまりにもめんどくさいので、結局一度も日の目を見ることがない。等

あなたの家にこんな寂しい思いをしているマジックグッズはありませんか?
もちろん私の家には数多く眠っています。

ある人の実演を見たところ、実は面白いのでは?と思ったことはありませんか?
もちろん私には多々こういった事があります。

本を読んだだけでは効果が判らないので、くだらないと思ったが、実演を見たら意外なほど面白い!と思ったことはありませんか?
これは多分一番共感してもらえるところでしょう。実際に自分でやってみろと言われそうですが。

こういった自分ではボツネタ、しかし他の人から見たら「当たり」、と言ったマジックが数多く存在しているのではないのでしょうか?そういったネタをもう一度見直して、なんとかして「再生」できないかなぁと思った次第です。マジックは演出次第で面白くもなり、つまらなくもなるものですから、一概には言えませんが。

こういったボツネタを各々が持ち合って、実演できる人に見せてもらうようなオフとか面白いかなぁとか考えています。まぁこういったネタだからこそ、誰も実演ができないという場合も多いような気がしますが…。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.03.09

オフ会報告その2

3月6日の夜に新宿で、両国さんとJUNさんと私の3人でひっそりとオフ会を行いました。
新宿のハンズの1階辺りで両国さんと待ち合わせたのですが、なぜかいるところはマジックコーナー。

ここの売り場で、マジックのDVDが売っていたことにかなりの衝撃を受けました。アマー師のEASY TO~シリーズが売ってたり、オスタリンド師のDVDが売っていたり…。ここで私は道化師の微妙なサイズの500円玉を購入。道化師の商品がハンズで購入できるとは。

まぁ関係ない話はここではおいておきましょう。
両国さんの案内で、お店「串八珍」に到着。たまたま通されたのがマジックをやってくれと言わんばかりの個室だったのです。マジックやりやすいなぁ。

JUNさんと私はまず腹を満たすことに専念。串キャベツはかなり気に入りました。ただ単にキャベツに味噌つけてたべるだけなんですが、なんか後ひきます。
空腹を満たしてからは、マジックの連発でした。
両国さんはお得意のコインマジックを次々と披露。知らないメソッドやルーティンを堪能しました。
たまたま両国さんも「TOTALLY OUT OF CONTROL」を持っていたので、わざわざ「Long Gone Silver」をチェックしてくれていました。色々と書いてみるもんだなぁとしみじみと実感。やっぱり同じ箇所に疑問を持っていたようでした。あそこはなんとなく私もひっかかっていたところでした。
そして今日はなんとJUNさんがカードマジックを連続で披露!!おぉ普通にマジックを見るよりも驚いた(言い過ぎ??)。以前見た「奪還」がかなり完成度を増してきて、面白くなっていました。他にもハッピーバースデーを歌うマジックはかなり不思議だったなぁ。
私はと言うと、Aとキングの混ざるやつとか、手順忘れまくりのリセットだったり…。このリセットは酷かったなぁ。もっと練習をしなくては。他には初っ端を思い出すのに必死だった、エアロダイナミックエーセスを披露。このマジックはとても好きなんですが、意外に知らないのでびっくりです。何に載ってるのかを聞かれてしまいました。カードマジック事典なんですけどね。また現在思考中で未完成の「Sounds of the Silvers(仮)」を披露しましたが、手のコンディション最悪でポロポロこぼしまくってしまいました。なんたること!練習ではそこそこに見えたのに…。

こんな風にマジックを見せ合ったり、日頃の疑問やらを聞き合ったり、練習中の手順のアドバイスをいただいたりとしながら、結局23時の閉店間際までマジック談義を行いました。なんかすごい久しぶりにマジックを見せた気がしました。この頃ほとんど見せる機会がなかったしなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.08

オフ会報告その1

3月6日の日曜日の昼に、マジックハウスに行きたい人達で集まり、二川先生のところにお邪魔しました。
当日は天候が心配されましたが、雪も雨も降らなかったのは幸い。
メンバーはたけぞうさん、JUNさん、lagranさんと私の4人。
特に呼びかけもなく、場所が場所なんで、ひっそりと裏で進行していました。

着いて早々二川先生がメモライズドデックを使ったマジックを披露。
あ、鮮やかすぎる!!
その場でMnemonicaを買おうかどうかを迷ったほど。
すんごく分厚いので絶対に読まないだろうなぁと思い購入を踏みとどまりました。
まぁいずれ読んでみたいのは読んでみたいのです。
他、色々と私が気になっていたパケットを見せてもらいました。
結局、全部面白いので購入しました。
パケットは手順が似ているから、いっぺんに買うとどれがどれの手順か判らなくなるのが玉に瑕。

途中二川先生に「なにかやってよ」と二度程言われたのですが、何もできませんでした…。
う~ん最近まとまった手順の練習していないし、なんも思いつかなかったので、断念。次回行くときはなんか考えていきます。
lagranさんがトライアンフからのカードアンダーザカードボックス(?)を披露しました。微妙に失敗したのが惜しい!!でもいいマジックなので、完成品を見たいなぁ。

その後コインマジック(二川先生のはコインを媒介した魔法)が始まりました。
奇術入門シリーズ コインマジック」の最初の方に載っているコインズアクロスを見せていただきました。
あぁ私はまだコインマジックに入門してすらいなかったのだなぁと実感…。もうちっとがんばらないと。
やり方は知っているのですが、二川先生が行うと本当に不思議!
その後コインボックスを使ったマジックも見せていただきました。
コインボックスもやっぱり面白いなぁ。少し練習するかな。

途中、他のお客さんが二人ほど来て、一緒になって二川先生の魔法を楽しみました。
帰り際アタッシュケースを持った小学生が二人入ってきました。
アタッシュケースの中身は、様々なマジック道具が入っていました。すごいなぁ。この小学生にマジックを頼んだら、見たこともないパケットのマジックを見せてもらいました。こんな時からマジックやっているのは、正直うらやましい。

以下、マジックハウスでの購入品。パケットは各1500円。
ブラジャー・トリック(パケット)
魔法のランプ(パケット)
チュクチュク・トレイン(パケット)
キャッチ・ザ・キャット(パケット)
これでもかっ、エレベーター!(レクチャーノート)(2000円)
Ja-Pun(レクチャーノート)(3000円)
PAUL Wilson(レクチャーノート)(3000円)

マジックハウスを辞して、たけぞうさんの運転で経堂まで。
たけぞうさんの時間があまりないので、軽くお茶をしながら、輪ゴムマジックのレクチャー状態になりました。
輪ゴムはお手軽でいいですよね。私も結構好きでよくやります。

この後、たけぞうさんがお仕事で、lagranさんも翌日就職活動があるらしくここでお別れしました。
さて私とJUNさんは、両国さんとの待ち合わせ場所の新宿に、2次会へと馳せ参じました。
続く

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005.03.07

オフ会報告(予告)

以前マジックハウスについて書いたところ、行きたい人がいたので、では行きましょうということになって、我がブログ初オフを開催しました。
ただ店舗が狭いので、大きく参加を呼びかけられなかったのが残念なところ…。
また機会があれば、こういうことをやってみたいですね。

内容は後日アップします。
ちょっと今はやることが多々あるので、長文を書いている暇が無いのです。

大まかには昼間にマジックハウスに行って、二川先生のマジックを堪能。
夜は残れる人と来れる人で23時ぐらいまでマジックを見せたり見られたり話したり。相変わらず興味深い話や、ディープな話、他では聞けないことなどを語り合いました。
個人的には実に1ヶ月ぶりぐらいにこういう場に参加できて満足でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.04

LONG GONE SILVER

「TOTALLY OUT OF CONTROL」に載っているコインマジックです。

この本は黒い表紙側と白い表紙側があって、両方から互い違いになっています。
真ん中辺りで180度反転している訳です。伝わるかな?
一応白い方が本当の表紙みたいです。目次はそっち側にあるし。
カードマジック、コインマジック、ラバーバンド、ロープ等が載っています。

でタイトルのコインマジックを練習中なのであります。
3枚の銀貨とウォンドを使用します。
現象はお決まりの消失・出現現象なのですが、ここで使っているあるテクニックが非常に面白いです。
特別なテクニックではなくて、あれとあれを組み合わせた感じです。
これを習得すべくこのマジックをやっていると言っても過言ではありません。

実はこのマジックの中盤の動きが、困ったことによく判らないのです。
まぁ適当に同様の現象が起こせるようには変えているのですが、本当はどうやっているのだろうと疑問がわき上がってきます。
知っている人がいたら、是非拝見したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

洋書で練習

現在我が家には分厚い洋書が2冊とそれよりも薄いのが1冊あります。
今は積んであるだけなんですが、一念発起して読み始めました。
とりあえず買っておけと思って買っただけなのもなんかもったいないし、今月は新しい物もそんなに買えないので、読んでみようと思いました。
読み始めたのは、以前購入した「TOTALLY OUT OF CONTROL」です。

これが思っていたよりも読めました。
自分でも不思議です。

それとも、もしかして、英語力が上がった?
レクチャーDVDではそこそこ聞き取れるようになってきてはいるように感じています。
が、きっと勘違いでしょう。

まだ気になる現象を一つだけしか読んでいませんが、必死に練習中です。
このルーティンの中にかなり使える技法が載っていたので、これはレパートリーに加えたいと思っています。
本だと動きとかタイミングとかがよく判らない上に、英語なんでますます大変。

はてさていつ頃身に付くのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

オフ会開催告知

3月6日(日)の夕方あたり(18時くらい)にちっちゃなオフ会でもしようかなと考えています。
場所は、新宿あたりを考えていますが、まだ何も考えていません。
この日は昼間に他のマジック愛好家の方にお会いするので、せっかくなので夕食がてらやってみようかと。

こんなしょぼいサイトに人が集まればなんですけどね。
出てもいいかなぁとか、気になるなぁとか思っている人がもしいるのでしたらメールください。
まぁ急な話だし、日曜日の夕方ってこともあるので絶望的に集まらないとは思っていますが。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »