« マジック実演報告2 | トップページ | ニンテンドーDS »

2004.11.28

EASY TO MASTER CARD MIRACLES Vol.1

Michael Ammar師のカードのレクチャーDVDです。
前からその存在は知っていたのですが、カードをほとんどやらず、買うのは見送っていました。
しかし最近急にカードマジックばかりやるようになって、本だけでは判りづらい部分を補完するために購入。
現在は9巻まで出ている模様。
ちなみにMagic Warehouseにて3枚ずつセットだと、85$(1枚31$)となり安く買えるのが嬉しいです。

以下のマジックが収録されています。

8 Card Brainwave(Nick Trost)…マジシャンは8枚のカードの表を見せて、一枚選んでもらいます。その選んだカードだけが、なんと…。

Red Hot Mama(Ryan/Everhart/Leech)…一組のデックから一枚のカードを選んでもらいます。デックに返してもらいカットします。客がデックを上から指でぎゅっと押すと選んだカードだけバックの色が変わります。

Acrobatic Aces…マジシャンはデックを裏向きにスプレッドし、そこから4枚のエースを客に探し出してもらいますが、当然エースではありません。しかしマジシャンはその4枚のカードをビジュアルにエースに変化させます。

Thr Secret To A Perfect Royal Flush…マジシャンはポーカーの時にどうやって配るかを一度実演します。マジシャンの所に4枚のエースが集まります。その後配ったカードを戻し、再度配り直すとマジシャンのカードは…。

Triumph(Dai Vernon)…客に一枚カードを選んでもらいます。マジシャンは半分を表に半分を裏にしてシャッフルします。その後マジシャンがデックに手をかざすと…。

Further Than That(Stewart James)…なんだか説明しづらい現象です。ポーカーデモンストレーションとでも言えばいいでしょうか。

Las Vegas Leaper(Paul Harris)…10枚のカードを客にマジシャンが触れないように持っていてもらいます。マジシャンはデックから3枚のカードを1枚ずつ消します。消した後、客が持っていたカードが13枚に増えています。また客に13枚のカードを持ってもらいますが、今度は16枚に増えています。

Cannibal Cards(Lin Searles)…4枚のキングを取り出します。3枚のカードを客に選んでもらいますが、1枚ずつ客のカードがキングに食べられてしまいます。

A Night as the Improv(Eric Mead)…マジシャンはカードを捲りながら、即興でストーリーを作成していきます。果たして本当にこんな現象なのかは不明ですが。

BONUS EFFECT:
The Insurance Policy(Tommy Windsor)…カードを一枚選んでもらいます。デックをシャッフルし、マジシャンが選び出しますが、それは客の選んだカードではありません。マジシャンはポケットから失敗したときの保険を読み上げます。その保険とは…。

この巻は素晴らしい手順がぎっしりと詰まっています!
A Night as the Improvとボーナスエフェクト以外はすぐにでもやってみたくなる手順です。
A Night as the Improvはなんかストーリーを即興で作っているらしいのですが、なんともよくわかりません。
またThe Insurance Policyは英語で全て書かれているので、若干使いにくいかと。
しかも難しいテクニックはほとんど使いません。あえていえばパームぐらいでしょうか。
まぁそこは解説があるので大丈夫でしょう。
じっくりと練習をして、演じることができるようになりたいトリックが満載です。

|

« マジック実演報告2 | トップページ | ニンテンドーDS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EASY TO MASTER CARD MIRACLES Vol.1:

« マジック実演報告2 | トップページ | ニンテンドーDS »