トップページ | 松田道弘 »

2004.10.25

泡坂妻夫

最近泡坂妻夫先生の本をめちゃくちゃ探しています。
読む時間はあまり無いのですが。なんせ通勤の電車が5分ぐらいしかないもんで。
ちゃんと読みますよ。
先日「生者と死者」をみつけたので即買しました。
しましたが、この本はちょっとどころかすごい特殊な本で、袋とじの小説なんです。
古本屋でみつけた物で、もちろん袋とじは全部開かれています。
とりあえずうまく読めば楽しめるかなと思ったのですが、どうもどこからどこまでが袋とじかはわかりません。
初めは袋とじを開けずに読んで、その後袋とじを開けて読むらしいのですが。
むぅこのままじゃ読めないまま、しばらくお預け状態となりそうです。
早く復刊してくれないかなぁ>復刊ドットコム
そうすれば、復刊のやつは袋とじを開けないで読めるではないですか!
1冊は開けないで読んで、次に開いているのを読めばいいのです。
でも復刊されるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
興味を持った人は是非投票してください。

|

トップページ | 松田道弘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泡坂妻夫:

トップページ | 松田道弘 »